忠臣蔵



◎プロモーションビデオ


        写真撮影:SPACシアタークルー平尾


        宮城聰 Satoshi MIYAGI
        1959年東京生まれ。演出家。SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術総監督。東京大学で小田島雄志・渡辺守章・日高八郎各師から演劇論を学び、90年ク・ナウカ旗揚げ。国際的な公演活動を展開し、同時代的テキスト解釈とアジア演劇の身体技法や様式性を融合させた演出は国内外から高い評価を得ている。2007年4月SPAC芸術総監督に就任。自作の上演と並行して世界各地から現代社会を鋭く切り取った作品を次々と招聘、また、静岡の青少年に向けた新たな事業を展開し、「世界を見る窓」としての劇場づくりに力を注いでいる。代表作に『王女メデイア』『マハーバーラタ』『ペール・ギュント』など。04年第3回朝日舞台芸術賞受賞。05年第2回アサヒビール芸術賞受賞。

        平田オリザ
        Oriza HIRATA
        劇作家・演出家、劇団「青年団」主宰、こまばアゴラ劇場芸術監督。大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授、東京藝術大学・社会連携センター客員教授、四国学院大学客員教授・学長特別補佐。
        1962年東京生まれ。1995年『東京ノート』で第39回岸田國士戯曲賞、2003年『その河をこえて、五月』で第2回朝日舞台芸術賞グランプリ、2006年モンブラン国際文化賞を受賞。2011年フランス国文化省よりレジオンドヌール勲章シュヴァリエ受勲。近年はフランスを中心に各国との国際共同製作作品を多数上演している。02年以降、中学国語教科書にも採用された平田のワークショップの方法論に基づき、年間30万人以上の子供たちが教室で演劇を創作している。



        ◎速報チラシ


        ◎チラシ(A3二つ折)
        オモテ面↓

        ナカ面↓


        ◎アーティスト・トーク【ゲスト:山崎ナオコーラ氏】


        ◎アーティスト・トーク【ゲスト:宮沢章夫氏】

「だって無理だよ、そんな、籠城とか討ち入りとか。」
「どうして?」
「現実感ないじゃん、そんなこと言われたって。」
“戦(いくさ)を知らない侍” たちの右往左往をコミカルに描く、『忠臣蔵』爆笑編!


演出: 宮城聰 
作: 平田オリザ 

出演: 赤松直美、阿部一徳、大高浩一、奥野晃士、片岡佐知子、桜内結う、下総源太朗、鈴木麻里、関根淳子、永井健二、前田知香、牧野隆二、山下ともち、若宮羊市

いまこの文を書いている段階で、すでに稽古は半分を終えています。
そして、何日稽古をしても、毎回、僕は稽古場で笑ってしまいます。
それほど、平田オリザさんの『忠臣蔵』のセリフは可笑しいです。
14年前に静岡での「シアターオリンピックス」のために書き下ろされた戯曲なのですが、古びるどころか、いっそう今の私たちにぴったりきます。

自分の立脚点があやふやで、人生というのは何を目指して生きるものなのか、どうもよくわからない私たち。
これはたぶん「日本人特有の」とかいった狭い話ではなく、こんにち人類の半分くらいが抱えている不安定さなのでしょう。
平田さんの『忠臣蔵』は、そういう私たちの、不思議なくらい明瞭な自画像です。あまりにもあっけらかんと明瞭なので、もう、笑うしかなくなってしまうんですね。
人間って、可笑しいです!

宮城 聰

公演情報

12月
14日(土) 16:00開演
15日(日) 14:00開演
21日(土) 16:00開演
22日(日) 14:00開演
23日(月・祝) 14:00開演

静岡芸術劇場

上演時間:70分
日本語上演/英語字幕

※平日の中高生鑑賞事業公演あり。一般のお客様もご覧いただけます。
日程、開演時間などの詳細はこちらをご覧ください。
※12月22日(日) 14:00開演の回で、託児サービスを行います。詳細はこちらをご覧ください。

【宮崎公演】
12月26日(木) 19:30開演
メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場) 演劇ホール
※公演詳細についてはこちら
主催・お問い合わせ:公益財団法人宮崎県立芸術劇場 TEL:0985-28-3208

関連企画

アーティスト・トーク
12月14日(土)、21日(土)、23日(月・祝)の終演後に、宮城聰(SPAC芸術総監督)とゲストによるアーティスト・トークを行います。
ゲスト:
12月14日(土) 山崎ナオコーラ(小説家) 司会:大岡淳(SPAC文芸部)
12月21日(土) 宮沢章夫(劇作家・演出家)  司会:横山義志(SPAC文芸部)
12月23日(月・祝) しりあがり寿(漫画家) 司会:大澤真幸(SPAC文芸部)

バックステージツアー
「あの仕掛けはどうやって動かしているの?」「舞台裏を覗いてみたい!」
そんなお客様の声におこたえして、SPAC創作技術部スタッフが、日頃ご覧いただくことができない舞台裏を特別にご案内します。
12月15日(日)/22日(日) 終演後
定員:40名
参加無料・要予約 (ご予約はSPACチケットセンター:TEL.054-202-3399まで)

「カフェ・シンデレラで逢いましょう!」
終演後、劇場2階のカフェ・シンデレラにて出演者と交流いただけます。

着物で劇場へ行こう!
『忠臣蔵』に合わせて、お着物で観劇を楽しみませんか?
一般公演当日にお着物でご来場のお客様には、ささやかなプレゼントをお渡しします。

忠臣蔵とは

元禄14年(1701年)3月14日、幕府の年中行事である勅使饗応(ちょくしきょうおう)の際、赤穂(あこう)の藩主浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)は、江戸城殿中松の廊下において、高家筆頭吉良上野介(きらこうずけのすけ)に対して刃傷におよんだ。浅野内匠頭は即日切腹、浅野家はお取り潰し、しかし吉良はお咎めなし、という裁断となる。浅野家では大会議が開かれ、復讐、殉死、籠城(ろうじょう)、開城と様々な議論がなされた後、家老大石内蔵助(おおいしくらのすけ)は人心を統一し、城を明け渡す。そして密かに計画を進め、翌15年12月14日、同志46人とともに、吉良邸へ討ち入り、上野介の首をあげ仇討ちを遂げる。翌16年2月4日、大石以下全員が幕命によって切腹した。
――この赤穂浪士の仇討ちを題材として、人形浄瑠璃、歌舞伎の世界はもとより、小説、映画、テレビとジャンルを越えておびただしい作品群が生まれている『忠臣蔵』。
さて、今回SPACが上演する『忠臣蔵』は・・・一味違います。

作品について

日本の師走には、サンタよりサムライでしょ!?
決められない、やさしい日本人のあなたに送る『忠臣蔵』内幕劇!!

SPACの舞台を観たことがある外国人に聞いてみたところ、SPACの俳優を最も的確に表す日本語は?の問いには「サムライ」が堂々1位のランクインをしたとか、しないとか。日頃の鍛錬と礼節を欠かさない、SPAC俳優陣のストイックさは、彼らのイメージの「サムライ」に通じるものがあるのかもしれない。でもほんとうにいつの時代も「サムライ」たちはストイックだったのだろうか?選択肢なくして「サムライ」として生まれた彼らは「オレらって一体何よ?」と思っていたのかも…。集団で生きる人間の孤独とおかしみを描き出し、古典劇ファンも現代劇ファンも満足すること間違い無し。先のことが分からない、僕らの笑う門にこそ福来たれ!

平田オリザが時代劇?いや、宮城聰の口語演劇?
と演劇界を騒がせたあの名作
13年ぶり、静岡にあの衝撃が、いや笑劇が帰って来る!!

この『忠臣蔵』には「拙者」も「ソレガシ」もでてこない。武士達は「田中さん」「鈴木さん」と呼び合って「殿が吉良を斬っちゃった」後の始末を考える。時代劇の常識を打ち破る、平易な言葉で書かれた現代人のための『忠臣蔵』は、1999年に平田オリザが宮城のために特別に書き下ろした戯曲。静岡県民100人が参加した清水港マリンパークでの初演バージョン、そして2000年にこの静岡芸術劇場で、がらりと趣向を変えて7人のサムライたちの一糸乱れぬ演技の妙を見せたバージョンがある。今回は元禄の熟れた文化の粋が夢幻のように立ち現れる「一力茶屋」の舞踊シーンを含む7人バージョンが、久々に静岡の年末にお目見えする。

バス運行情報

便利でお得な劇場直行往復バス運行!
<東京バス>
12月14日(土) 往路 11:30渋谷発→15:00劇場着

<浜松バス>
12月21日(土) 往路 13:30浜松発→15:00劇場着

劇場直行往復バスの詳細はこちら
劇場直行バス

 チケット情報

SPACの会会員先行予約受付開始:8月28日(水) 10:00
一般前売り開始:9月1日(日) 10:00

チケット料金
一般4,000円/大学生・専門学校生2,000円/高校生以下1,000円

☆SPACの会特典のほか、ゆうゆう割引、ペア/グループ割引料金などがあります。
☆静岡県内の小学生ご招待…1公演日5名様まで、無料でご観劇いただけます。お電話、窓口にてお問い合わせください。

チケット情報、ご予約方法の詳細はこちらをご覧ください。

中高生鑑賞事業公演 「SPACeSHIPげきとも!」

SPACでは「劇場は世界を見る窓である」という理念のもと、劇場を広義の教育の場ととらえ、静岡県内の中高生を対象に招待公演を行っています。

12月10日(火)13:30、11日(水)13:30、12日(木)13:30、13日(金)13:30、16日(月)13:30、17日(火)13:00、18日(水)13:30、19日(木)13:30

一般のお客様もご観劇いただけます。
※鑑賞事業公演の一般販売は電話・窓口のみでのお取り扱いになります。
(限定数販売/お問い合わせはSPACチケットセンターまで)

スタッフ

演出補:中野真希
振付:中村優子
ヘアメイク:梶田キョウコ
舞台監督:山田貴大
照明デザイン:樋口正幸
照明操作:小早川洋也
音響・映像:大塚翔太
演出部:佐藤聖、坂田ゆかり
衣裳:大岡舞
衣裳製作:梅原正子
制作:高林利衣、仲村悠希
宣伝美術:しりあがり寿(イラスト)、野口美奈子(デザイン)


支援:平成25年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
後援:静岡市 
ふじのくに芸術祭共催事業