2008年11月14日

SPAC+静岡シネ・ギャラリー 共同企画ミニセミナー「ハムレット ON MOVIE」が開催されました!

葵区のサールナートホール・静岡シネ・ギャラリーは、静岡でミニシアター系映画が好きな方ならきっとご存じでしょう。このたび、静岡の文化を担う「劇場」同士、初めて共同企画を立ち上げることができました。

「SPAC秋のシーズン」で上演される『ハムレット』と『ドン・キホーテ』、この二人の人間像が、古今の映画ではどのように取り上げてきたかを探る連続講座です。
まずは第一回目の「ハムレット ON MOVIE」が、さる10月25日(土)にサールナートホールの2F「研修室」で開催されました。講師はSPAC学芸係・横山義志。
ホンモノの舞台は11月9日(日)から、静岡芸術劇場で開幕となりますが、その前フリに映画でのいろんなハムレットも押さえておこうというわけです。
イーサン・ホークやローレンス・オリヴィエはもちろん、「メル・ギブソンやシュワルツェネッガー(!)も演じている『ハムレット』。
それぞれのハムレットの魅力から、時代を超えた個人の悩みの普遍性、シェイクスピアが生きたイギリスといまの日本との意外な共通項など話題は尽きません。

質疑応答の時間には、お客様からも「インノケンティのハムレットを観たことがある」「静岡で生瀬勝久と古田新太がやった『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』を観た」といったお声がぞくぞくと挙がり、おおいに賑わいました。この日のお客様は、映画にも舞台にも造詣の深い面白い方々で、とても濃い時間を過ごすことができました。

帰りに、次回11月30日(日)開催の『ドン・キホーテ ON MOVIE』を予約していかれた方もいらっしゃって、この企画の今後が実に楽しみです。

次回の講師は静岡県立大学准教授、スペイン語・文学の大楠栄三先生。今回以上に縦横無尽に掘り下げられた講義が展開されることでしょう・・・『ドン・キホーテ』をご予約いただいた方も、まだの方も、ぜひ肩の力を抜いて豆知識を蓄えてみませんか !


2008年11月7日

朝のラジオの宮城聰をチェック!

11月7日7:15~7:24 SBSラジオの情報三枚おろし に宮城聰が出演します!

まもなく初日を迎える『ハムレット』の見どころなど、たっぷり語ります。

情報三枚おろし以外の部分にも時々登場しますので、通勤の車中などでぜひ聞いてみてください。

もちろん、毎週月曜日のK-mixラジオの「県人・賢人・ご意見人」にも引き続き登場していますよ!

K-mixのパーソナリティの小林千穂さんは、11月23日の「ハムレット」の終演後のトークゲストにもなっていただいています。

宮城との息の合った掛け合いを劇場で聞くことができますのでお楽しみに。

 


2008年11月6日

まもなく開幕!直前の稽古風景取材放映!

いよいよ今週末開幕となる「SPAC秋のシーズン」。本日、SPAC新作の『ハムレット』の稽古風景の取材が行なわれました。迫力の舞台の一部を少しでもご覧ください。臨場感溢れる劇場内での演出家宮城聰からの見どころの紹介も併せて放映されます。

放映は 静岡ドリームウェーブ(ケーブルテレビ) 11月10日(月)17:30~

 どうぞお見逃しなく!

 


2008年10月27日

清水ハムレット極楽ツアー(日帰り温泉割引情報つき!)

清水ハムレット極楽ツアー(日帰り温泉割引情報つき!)

みなさんご存じのように、静岡は『ハムレット』ゆかりの地でもあります(ご存じない方は至急、SPAC秋のシーズン『ハムレット』 [1]・『新ハムレット』 [2]のページをご覧下さい!)。というわけで、静岡のハムレットの足跡を訪ねて、昨日清水・三保の松原にある三保園ホテル [3]に行ってまいりました。

1941年、太宰治はこのホテルで『新ハムレット』を執筆いたしました。当時としてはかなりハイカラな、洋館風のホテル。静岡市内で数少ない、源泉掛け流しの温泉で知られています。今回は日帰り温泉を試してみました。

さっそく大浴場に足を踏み入れてみると、ミネラル分で黒ずんだ床に期待をそそられます。体を洗って、秋風に凍えながら板敷きの床をくだっていくと、奥には隠れ家風の露天風呂が。「天女の湯」だそうです。黄色く濁り、少しとろみのある、やさしいお湯。海に近いせいか少し塩気があって、ちょっと浮きます。湯温もちょっとぬるめで、ゆっくりつかっていると内側からぽかぽかとしてきます。湯から出ると海風がさわやかで、ひさびさに胸の奥まで、いい空気を吸った気がします。ごくらくごくらく。

ちなみに男湯には一つ、ちょうど肩胛骨の間のツボにはまる岩がありました。男性の方はぜひ探してみてください。

極楽ついでに、「美味なるものの饗宴 [4]」でおなじみの清水・なすび総本店 [5]で「街道一のまぐろ首領(どん)」を食べてきました。その場でぐつぐつ煮立ててくれる漁師風磯汁は絶品で、清水港水揚げの赤身とトロ、静岡のおろしたてワサビ、煎り胡麻とアサツキでつくるまぐろ丼は大満足です。「美味なるものの饗宴」セット券でお召し上がりの際には、これに1ドリンクが無料でつくとのこと。

天女の入った湯につかって、清水であがった魚を食べて、という生活をしていたら、なかなか「生きるべきか死ぬべきか」なんていう台詞は出てこなそうです。太宰は三保の松原で何を悩んでいたんでしょう?

・・・と思ったら、ぜひみなさんも「清水ハムレット極楽ツアー」を試してみてください。

三保園ホテル様のご好意で、『新ハムレット』の公演がある12月20日・21日にフロントで「『新ハムレット』見ます/見ました」といえば、日帰り温泉通常1,000円のところ、500円になるそうです!

[1] http://spac.or.jp/08_autumn/hamlet.html
[2] http://spac.or.jp/08_autumn/hamlet_dazai.html
[3] http://www.mihoen.jp/
[4] http://spac.or.jp/08_autumn/culture.html
[5] http://www.nasubi-ltd.co.jp/honten/index.html


2008年10月17日

SPAC秋のシーズン 『ハムレット』稽古見学会報告

SPAC秋のシーズン開幕に先がけて、ラインナップ紹介と『ハムレット』の稽古見学会が開催されました。劇場のホワイエで椅子を丸く囲んで芸術総監督宮城聰から、今回『ハムレット』と『ドン・キホーテ』を並べた理由など秋のシーズンの見どころを紹介、また、リハーサル室で約50分に渡る『ハムレット』の稽古を見学していただきました。

舞台と同じ面積を取ることができるリハーサル室とはいえ、やはりその近さには迫力もの!演出家から次々と出される指示に俳優も集中した稽古を行なっていました。間近で聞く俳優の声の大きさにびっくりしたり、演出家とのやりとりに観客からの笑い声もあり。本番までどのように舞台が出来上がっていくのか、その工程を少し垣間見ることができました。

      

14:00からと16:00からの回、どちらも開催前に40名の定員になってしまい、ご覧いただけなかった方、本当にゴメンナサイ!

参加者のみなさんからアンケートをたくさんいただきました!本番まであと少し、みなさんからの熱い言葉を受けてまた頑張ります!

以下一部ですが参加者のみなさんの感想です。

★本番さながらの迫力ある稽古で監督のするどい指摘に演ずる人も大変だなあと感じました。

★ああ私はハムレット型人間だと確信し、胸のつかえがとれすっきりしました。

★俳優の方々がこんな風に稽古をしているんだと素直に驚きました。本当に一つ一つのセリフに重要な意味があるんだと思いました。

★1mの近さで俳優さんの眼差しや声を聞いて、これは心に響くものがあります。

★50分が50秒くらいに感じました。宮城さんのお話し、うなずきっぱなしでした。


2008年10月13日

速報!稽古見学会の模様が放映されます!

本日、14:00からと16:00から開催している「SPAC秋のシーズン ハムレット稽古見学会」の模様が、本日18:15~のテレビ静岡のニュース番組内で放映されます!

芸術総監督宮城聰や俳優のインタビューも取材されました。

早々に定員になってしまったこの企画、その模様がちょっとでもご覧いただけるかと思います!どうぞお楽しみに。

 


2008年9月14日

SPAC秋のシーズン 『ハムレット』稽古開始!

SPAC県民劇団『三文オペラ』のチラシとともに、SPAC秋のシーズンの速報チラシが皆様のお手元に届いたでしょうか。今回のSPAC秋のシーズンは、『ハムレット』と『ドン・キホーテ』の大作2作品を中心に『ハムレットマシーン』、『新ハムレット』を上演、11月9日~12月21日まで開催します。詳細が載った大判チラシ、ハムレットとドン・キホーテの顔が正面に浮かぶポスターは、9月24日に出来上がります。どうぞお楽しみに。

稽古場では、『ハムレット』の稽古が早速始まっています!出演者は以下のとおり。

『ハムレット』

演出:宮城聰 作:ウィリアム・シェイクスピア 翻訳:小田島雄志 音楽:棚川寛子

出演:武石守正、植田大介、高橋等、牧山祐大、野口俊丞、瀧井美紀、布施安寿香、池田真紀子、いとうめぐみ、佐藤七美、青島美奈子、他

実は(他)の部分で秘密兵器が出演するんです!今日はその秘密兵器ちゃんたちとの初めての稽古でした。さてさて、どんなハムレットが誕生するのか、乞うご期待!