2011年12月4日

<オイディプス>森川弘和インタビュー

SPAC初出演の森川弘和さんにインタビューさせていただきました!

IMG_0538

2009.11.21-593            撮影(写真下):三浦興一

Q)普段はダンサーとして活動されていますが、現在に至るまでの経緯について教えて下さい。
A)大学3年の頃に「自分にしかできないことをやりたい」という思いが強くありました。それまでは化学の勉強をしていました。悩んだ末に中退し、その後、「ちょっと旅行に・・・」とフランスへ行ったのです。そうしたらなんだか不思議にフランス生活が気に入って、もっと長く住みたいと思ったのですね。ビザを取るために学校を探すことになったのですが、フランス語は話せないし、お金もないし、それとちょっと変わったことをやりたくて・・・。たどり着いたのがマイムの学校だったのです。体ひとつあればよかったし、マイムはしゃべりませんから。「どこに向かうか分からないけど、とにかく何かが始まった」そんな気持ちで一生懸命練習しました。それまで身体や舞台のことに興味を持ったことがなかったので、本当にゼロからのスタートでしたね。結局3年半ほどフランスにいました。日本に帰って来たものの行く先は見えず・・・。そんな時にたまたま受けたワークショップで、モノクロームサーカスというカンパニーに出会いました。彼らの「からだへの向き合い方、探究心」をすごく面白いと思って、事務のお手伝いをしつつ練習に参加させてもらうようになったのです。ダンスを始めたのはこれがきっかけです。また未知なものに向かってスタートしたわけです。5年間活動した後、フリーランスになりました。今もってなんら確信はないのですが、ぼくの信じたいものがからだと舞台にあるようだ、ということだけは感じています。何もはっきりしないのですが、はっきりさせられないところにやりがいと生きがいがあるのかもしれません。そんな思いで、ひとつひとつをただ丁寧に一生懸命やっています。

Q)ここまで踊り続けてきた中で、一番影響を受けていると思うものは何ですか?
A)演出家や振付家、共演するキャスト、その人たちとの出会いです。それと自分自身ですね。負けず嫌いなところと恥ずかしがりなところ。こだわりが強いところと逆に執着しないところ。

Q)今まで出演した作品で印象に残っているものは?
A)モノクロームサーカスの出前プロジェクト。「交通費とお食事をいただければ、どこにでも出かけてパフォーマンスをします」というプロジェクト。タイに出かけた時、ちょうど駆け出しの頃でぼくは記録映像のカメラマンとして同行していたのですが、ひょんなことから押し出されるように出演。これが初舞台です。

Q)今まで観た作品で印象に残っているものは?
A)Alain Platelの『Wolf』です。ダンスを始めて間もない頃にドイツで観ました。これを観ていなかったら、もしかしたらダンスを続けていなかったかもしれないです。

Q)静岡に約2ヶ月滞在してみてどうですか?
A)とてもうれしい経験です。SPACのすばらしい環境で練習できて、それとキャストもスタッフも制作チームもとてもすてきな人たちばかりで。それにみんな個性的な人たちで、稽古場に笑いが絶えないですね。大好きな人と出会えて、環境も最高でとにかくうれしいです。山の中にある宿泊施設もとても快適です。満天の星空を見ながらおいしいビールを飲んでいます。料理がちょっとだけ上手になったかもしれません。

Q)自分の出演シーンで観てもらいたい所、好きなシーンは?
A)スフィンクスを倒してイオカステにいざなわれるところ。「昔の彼女に逢ったように喜ぶんじゃない!」というダメだしを受けたシーン。たきいさんの微笑みについうれしくなってしまいます。それと、三叉路でライオスに出会うシーン。なかなかうまくできないのですが、なんとか・・・。一番シンプルな動作で最大のイメージを伝える。そんなことに挑戦しています。それとそれと・・・動きです、やはり。

Q)今回のオイディプスの見所は?
A)戯曲を抜粋したり、お話から現れるイメージをシーンにしたり、現代的な要素を加えたり、今までのオイディプスとはひと味もふた味も違うと思います。それらの要素が相まって、観客の皆さんがそれぞれにオイディプスを感じていただければと思います。

普段は穏やかな雰囲気の森川さんですが、一旦舞台に立つと、クールで独特の存在感を放ちます。そんな森川さん出演の『オイディプス』、千秋楽(一般公演12/4、中高生鑑賞事業公演12/9)まであと僅かです。皆様、是非劇場に足をお運びください!


2011年12月2日

【画像あり】<オイディプス>12/4(日)まで上演中!

先週末に一般公演の初日が開きました! 今週末の12月3日(土)、4日(日)は、早くも一般公演の最終週となります。 残席が少なくなっておりますので、まだチケットをご購入されていない方はどうぞお早めにお買い求め下さい。 また、一般公演終了後も12月9日まで中高生鑑賞事業公演を行っていますので、日中にご都合のつく方はどうぞお越し下さい。こちらの公演にご来場のお客様には、中高生用に配布している『オイディプス』鑑賞パンフレットを差し上げています。さらに終演後には、俳優から中高生に向けてのメッセージがありますので、こちらも合わせてお聞きいただけます。(12/9の最終日は、演出の小野寺修二氏から中高生に向けたメッセージがあります。) 日々進化する『オイディプス』の舞台、皆様のご来場をお待ちしております!

2009.11.21-8522009.11.21-296
2009.11.21-302

2009.11.21-756

2009.11.21-3282009.11.21-3972009.11.21-4332009.11.21-8452009.11.21-904

撮影:三浦興一 【SPAC秋のシーズン2011『オイディプス』公演詳細はこちらへ】 http://spac.or.jp/11_autumn/oedipus.html


2011年11月16日

<オイディプス>藤田桃子インタビュー

SPAC初出演の藤田桃子さんにインタビューさせていただきました!

IMG_0512

2009.11.21-296

Q)マイムを中心とした表現活動をされていますが、その経緯について教えて下さい。
A)今でも、舞台に立っているのを不思議に思うことがあります。人前に出るのが好きじゃないので。引っ込み思案なところを変えたくて、カンフル剤じゃないけど真逆なことをしてみようかくらいな感じで始めました。パントマイムを一人でやっている人を子どもの頃に舞台で観たことがあって。“一人の人をみんなで観ている”状況がすごく印象に残りました。
大学4年の時にマイムを始めて、気付いたらマイムの学校に毎日通っていました。大学を卒業した年にマイムグループ(パフォーマンスシアター水と油)の旗揚げをしたんですけど、大きな一歩を踏み出す感じでもなかったです。マイムって先駆者的な人がいないので、先が続いていく実感は全然なく、そんなに夢見ることもなくて。

Q)藤田さんは舞台上での動きや佇まいに、ある種、中性的な存在感があると思うのですが。
A)マイムのグループにいた時は、4人中女性は私一人で、それってグループ内で特別視されそうですがそうされず、今思えばすごくラッキーでした。それはたぶん他のメンバーの女性観によるところが大きかったと思うんですけど、当たり前にフラットというか。
よく小野寺さんが言うんですが、いわゆる「女優さん」タイプじゃないからこそのラッキーさがあるじゃないかと。自分に酔っちゃうのは格好よろしくなくて、眼がくらんでいるうちに結果定型になっちゃう。疑う姿勢でいろんなことを見られたらと思います。

Q)日常の中で、「オイディプス」の話と何か相通じると感じる部分はありますか?
また、今回の作品の見所について教えて下さい。
A)“知らない”状態の自分に、すごくゾワッとするものがあって。怪談で聞いた、個室トイレを誰かが上から覗いてた話とか、膝の皿の裏にびっしり貝が寄生してた話とか。そういうの、生理的に大嫌い。本当にぞっとするのですが、最近は、気付いていない自分をそんなに怖がらなくても良いのかも、と思い始めてます。もっと“うかつ”で良いじゃないと。失敗しないことは無理なので。
今回の『オイディプス』は、大昔の話に感じてしまうのですが、そうではなく観てもらえればと思っています。俯瞰してみるのと、前のめりでみるのとでは受け止め方が全然違う。観る人がいかに前のめってくれるかは、やる側のことだとも思っています。

今回の『オイディプス』では可愛らしい動物?にも変身する藤田さん。一瞬見せるそのキュートな藤田さんの姿もお見逃しなく!


2011年11月15日

<オイディプス>いよいよ劇場入り!

『ガラスの動物園』の余韻を味わうのもつかの間、
静岡芸術劇場では、既に『オイディプス』の劇場仕込が始まっています。
窓の無い劇場空間に、次々と装置が建て込まれ、照明による陰翳が生まれ、そして、日々俳優達の熱気が満ちていきます。少しずつ、スタッフと俳優たちによって、空間に命が吹き込まれていきます。

仕込み画像(ブログ用)

今から2400年以上も前に作られたギリシア悲劇は、はるか昔にその地にまつわる神話や伝説を元に成立した、あらゆる時代に生きる、あらゆる地域の全ての人々にとって他人事ではないような問題、つまり人間にとって普遍的な問題を扱ったお芝居です。得るもの以上に失なうことの多いこの日々において、ありえないような出来事を語りながら、人間とは何か?この世で信じられるものは何か?といった、多くの問いを投げかけながら、今もなお世界各地で上演され続けています。

自分自身に立ち向かってゆくギリシャ悲劇の名作『オイディプス』を、全く新しい手法でスタイリッシュに描きだした今回のSPAC版『オイディプス』は、普段演劇やダンスを見慣れていない方々にも、きっと新たな身体表現を発見するこのできる、確実に楽しんでもらえる作品です。舞台の上で、記憶が語り、死者が語り、影が語る『オイディプス』。本番まであと一週間、いよいよこれからです!

衣裳画像(ブログ用)
オリジナル衣装も必見!


2011年10月31日

【画像あり】小野寺修二×SPAC『オイディプス』稽古の様子

現在、静岡芸術劇場で『ガラスの動物園』の公演が続く中、一方稽古場では、小野寺修二さんとSPACのコラボレーションによる新作『オイディプス』の稽古が日々行われています。

ご注目いただきたいことの一つとして、マイムを源泉に自身のカンパニーで独自のムーブメントを追求、進化させてきた小野寺修二さんの、その身体性とムーブメントの哲学が、芸術総監督 宮城聰のもとで日々オリジナルのメソッドトレーニングに取り組むSPAC俳優たちへ、どのように注入されているか、という外部演出家とのコラボレーションならではの醍醐味があります。SPAC俳優が、これまでの作品ではなかったスリリングで意外な動きにも挑戦しているのです。

醍醐味があります。SPAC俳優が、これまでの作品ではなかったスリリングで意外な動きにも挑戦しているのです。

IMG_0304

IMG_0441

IMG_0483

IMG_0418

IMG_0424
ときに出演者自身がアイデアを出し合い動きを再構成し、小野寺さんへ提案、そこに小野寺さんによる追加、修正、そしてまた確認、ということが繰り返され、最終的にまとめあげられるシーンもみられます。
思わぬSPAC俳優の動きが採用されることもあります。
今回SPAC俳優とともに出演していただくカンパニー・デラシネラの藤田桃子さんや小野寺さんの演出作品にしばしば出演される森川弘和さんらとの競演にも是非ご注目ください。

何気ないしぐさを、まるで踊るようにみせてしまう小野寺さん独自の手法、そのなかでSPAC俳優たちは小野寺さんのムーブメント、演出を身体に吸収しながらもあくまで俳優としてパフォーマンスに取り組んでいるようです。

一つ一つの動きに時間をかけて丁寧に創り上げられていく「オイディプス」の稽古場は、出演者たちの根気と忍耐が渦巻いています。小野寺さんとSPACの新作『オイディプス』、是非ご期待ください!

IMG_0367

IMG_0471

IMG_0445

IMG_0492

IMG_0448

IMG_0408

IMG_0478