ブログ

2019年9月6日

【メロス、ラグビーに挑む③】チーム・フクロイーズ!

『走れメロス 袋井編』本番の会場は、袋井市月見の里学遊館に隣接する「月見の里公園」。一面芝生のひろーい広場です!(詳しくはブログ①会場紹介&稽古スタートでご紹介しています。)
実際に走り回って広さの感覚を掴もう!ということで、去る9月2日に静岡芸術劇場のあるグランシップ前の広場にて稽古を行いました。(写真:平尾正志)
 
P2220895
▲屋内の稽古場から開放され、みなさんのびのび。
 
P2220890
▲思いっきり投げて、蹴って、走って。通行人からは大人ラグビー部と見えていたことでしょう。(笑)
 

さて今回のブログでは、出演者の役どころをご紹介します!

主人公・メロスを演じるのは、ながいさやこ。ラグビーチーム「フクロイーズ」の一員です。
劇中では歌って踊って、投げて走って飛んでと大忙し!
最初はラグビーのルールを全く知らないところからでしたが、いまは毎日ボールに触れだんだんとラガーマンに近づいてきています。

HO023318
 
チームメンバー、泉陽二
高校のときにラグビー部だった泉さんは、休憩中もほかのメンバーに熱心に、そして丁寧にラグビー指導をしています。稽古終わりは写真のとおり汗びっしょりになっていました。

P2220950
 
同じくチームメンバー、牧山祐大
この日誰よりも広場での稽古が嬉しそうで、休憩時間もずっと走り回っていました。
体育会系の部活動並みの運動量なので、最近は毎日の稽古終わりのごはんが美味しく感じるそう。(笑)

HO023198
 
泉さんと牧山さんはとっても仲良しで、劇中にはメロスとの連携プレーがたくさん。
どんなシーンももちろん全力です!
 
HO023404
 
「フクロイーズ」の精神的な柱・キャプテンを演じるのは、若宮羊市
「ハカ」のシーンでは、雄叫びをあげてメンバーを鼓舞します。
王に刃向かったメロスに代わり磔の刑に処され、捕らえられてしまいますが、彼の運命はいかに…!?

HO023229
 
そして邪智暴虐の王・ディオニスを演じるのは、木内琴子
この容姿からは想像がつかない野太い声で、メロスたちを挑発します。
にこにこ笑顔で右手に持っているのは、、?劇中でどんなふうに使うのか、本番までのお楽しみ!
HO023174
 

★ 木内がナビゲーターを務めるリーディング・カフェを袋井メロープラザで開催 ★

木内琴子は、SPAC「秋→春のシーズン」3作目『RITA&RICO(リタとリコ)~「セチュアンの善人」より~』にも出演。今週末9月8日(日)に袋井メロープラザにて行われる、リーディング・カフェのナビゲーターを務めます。20世紀ドイツ最大の劇作家ベルトルト・ブレヒトの代表作『セチュアンの善人』の魅力を、参加者の皆さんと一緒に読み解いていきます。
まだまだ参加ご予約受付中です!ご予約はメロープラザ サポータークラブ(0538-30-4555)まで。

*詳しい開催情報はこちら
*「秋→春のシーズン」詳細はこちら

 
天候に恵まれアツいなかでの稽古でしたが、あっという間に陽は落ち稽古はおしまい。
その後も俳優のみなさんはボールが見えなくなるまで自主稽古を重ねていました。

P2230029

ここからさらに作品を立体的に作り上げていきます!
次回ブログでは、作品のおおきな要素のひとつ、音楽チームをご紹介します。

====================
ふじのくに野外芸術フェスタ2019 in 袋井
『走れメロス 袋井編』
2019年9月21日(土) 11:00 / 15:00開演
会場:月見の里公園 ※雨天決行
無料・予約不要
上演時間:約40分(予定)

構成・演出:山田裕幸(ユニークポイント)
原作:太宰治
出演:泉陽二、木内琴子、ながいさやこ、牧山祐大、若宮羊市

詳細はこちら
====================

【メロス、ラグビーに挑む】これまでのブログ

yagaifes2019_1

fukuroi_2

2019年8月28日

【メロス、ラグビーに挑む②】演出・山田裕幸さん&「オカン食堂」

8月ももう最終週。朝夜は過ごしやすくなってきましたが、ふじのくに野外芸術フェスタ in 袋井『走れメロス 袋井編』の稽古場は”アツイ”です!
今回のブログは2本立て。今作の構成・演出を務める山田さんについて、そして会場「月見の里学遊館」内にある「オカン食堂」についてご紹介します。
 
yamada_photo昨年の野外芸術フェスタ in 掛川に続き、今作の構成・演出を務めるのは山田裕幸さん。
劇作家・演出家であり、劇団「ユニークポイント」代表。2015年より静岡に移り、18年藤枝市に「白子ノ劇場」を開設、芸術監督を務めています。

HO131025
▲昨年の様子(撮影:平尾正志)
  
IMG_2145
▲左手前が山田さん

この日は前回からしばらく開いての稽古だったので、まずはその間何してた?というざっくりトークからはじまりました。稽古場ではざっくばらんなお喋りタイムがよく設けられ、どんな話でもじっくり聞く山田さんの姿が印象的です。
 
IMG_2212

こちらは太宰治の小説『走れメロス』を音読している様子。今一度じっくり小説を読み込み、なぜ「メロスは激怒した」のか、「激怒」とはどういう感情なのか、座組みんなで探求しました。
国語の教科書に載っているとっても有名な小説ですが、改めて声に出して読むことで太宰独特の文体の流れや勢いに気づきます。みんなでたくさん考えれば考えるほど太宰がふっと離れていくような、知的で不思議な時間でした。
この場においても山田さんは俳優から出てくる意見をひとつも否定せず、ご自身もぐるぐると考えつつ話していて、とっても楽しんでいるのが伝わってきました。
 

 
ちなみに山田さんは、ラグビーのパス回し練習にも参加しています。(笑)
この日は「走りながら投げる」練習をしました。相手に向かって、ではなく、相手が走りこんでくる場所に向けてパスを出すのがポイント。
こんなふうに『走れメロス 袋井編』の稽古場では、学校の授業に例えると国語と体育をギュッと一つに凝縮したような感じで、知力も体力もフル活用しています!
 
さて、前回のブログでもお伝えしているとおり、「ふくろい野外音楽・芸術フェスタin月見の里」では、SPACの野外劇のほか様々なイベントが開催されます。
食イベントもあり、「ラグビー出場国 料理ダイニング」ではラグビーWカップ出場国の料理が食べられます!(要予約)

「月見の里学遊館」には、ほかにもおススメしたい食スポットが。それが「オカン食堂」です。
 
IMG_1855
▲プールの受付の横に入り口があります
 
「オカン食堂」のフードメニューは、写真の通りワンプレートの日替わりランチのみ。
買い出しから調理・接客まですべて一人で行っているため限定15食のみの提供で、完売してしまう日がほとんどだそう。
マヨネーズやドレッシングなど市販の調味料は一切使わずすべて手作り、地元農家さんのつくった野菜たっぷりの優しい味です。
 
IMG_1844
▲会場下見で伺ったときにいただいたランチ。どれも美味でしたが、オクラの乗った塩でしめたお豆腐がもっちり濃厚でした!
 
IMG_1862
▲お店を切り盛りするオカン・鈴木さん。キッチンはこじんまりとしていながらも、無駄なく整頓されていて、そのなかでてきぱき働くオカンさんを観察するのも楽しいです。

『走れメロス 袋井編』を上演する9月21日(土)も通常通り営業されるとのことなので、気になる方はぜひご予約を!
「オカン食堂」Facebook:https://www.facebook.com/okanshokudou
 
次回ブログでは、気になる配役を紹介します。おたのしみに~。
 
====================
ふじのくに野外芸術フェスタ2019 in 袋井
『走れメロス 袋井編』
2019年9月21日(土) 11:00 / 15:00開演
会場:月見の里公園 ※雨天決行
無料・予約不要
上演時間:約40分(予定)

構成・演出:山田裕幸(ユニークポイント)
原作:太宰治
出演:泉陽二、木内琴子、ながいさやこ、牧山祐大、若宮羊市

詳細はこちら
====================

2019年8月19日

【メロス、ラグビーに挑む①】会場紹介&稽古スタート

SPACの夏は人材育成事業!毎年恒例「シアタースクール」「スパカンファン」ですが…、実は9月21日開催のふじのくに野外芸術フェスタ in 袋井『走れメロス 袋井編』の稽古もスタートしています!
本番日まで約1ヶ月。今日から制作・西村が、稽古場の様子などをお伝えしていきます。
 
yagaifes_fukuroi\静岡県にラグビーがやってくる!/
静岡県の袋井市がラグビーで盛り上がっているって知っていましたか?アジア初開催のラグビーワールドカップであり、袋井市にある小笠山総合運動公園エコパスタジアムでは、日本VSアイルランド戦を含む4試合が実施されます!
その応援イベントである「ふくろい野外音楽・芸術フェスタin月見の里」を盛り上げるべく、「ふじのくに野外芸術フェスタ」を同時開催!
SPACは袋井やラグビーにちなんだ演出盛りだくさんの野外劇『走れメロス 袋井編』を上演します!

 
会場となるのは袋井市月見の里学遊館の「月見の里公園」
「月見の里学遊館」は静岡県出身の建築家・長谷川逸子氏による設計で、ホールや図書館、プールなどを備えた複合型ワークショップセンターとして2001年にオープン。「月見の里公園」は、隣接する月見の里学遊館と一体的に設計され、市民の憩いの場となっています。
\\ 一面ひろーい芝生! // この広場を駆け回る”アツい”野外劇になる予定です!
IMG_1881
 
IMG_8629
▲「月見の里学遊館」館内の様子。下見に訪れた際も老若男女たくさんの人でにぎわっていました。
 
「ふくろい野外音楽・芸術フェスタin月見の里」では、SPACの野外劇のほか、建物全体を使って音楽、展示、ワークショップなど様々な催しがあり、ラグビー体験コーナーも用意されます。
そしてイベント全体が入場無料!!ぜひSPACの野外劇だけでなくイベントまるごとお楽しみください!イベント詳細はこちら(袋井市月見の里学遊館ウェブサイトにリンク)。
 

今回上演する作品は『走れメロス』×ラグビー!?ということで、最初の稽古はラグビーを学ぶところから。まずはボールと仲良くなってみようということで、パス回しからはじめました。座組のうちラグビー経験者である、俳優の泉と制作担当の丹治が中心になってラグビーの基本をレクチャー。

IMG_2007
▲意外とまっすぐ投げられず苦戦。
 
IMG_8686
▲スクラムも組んでみました。
 
IMG_2010
▲作中にぜひ取り入れたい!ということで、ニュージーランドチームの「ハカ」を研究。
 
IMG_1985
▲『走れメロス』の稽古もやっていますよ!こちらはオープニングを試行錯誤している様子。
どんなふうになるかはまだ未定ですが、写真からもわかる通り躍動感あふれるシーンになることは間違いナシです。(笑)
 
9/21の本番まで”アツい”稽古が続きます!
次回のブログでは引き続き稽古の様子をお伝えするとともに、月見の里に併設している「オカン食堂」をご紹介します。おたのしみに!
 
====================
ふじのくに野外芸術フェスタ2019 in 袋井
『走れメロス 袋井編』
2019年9月21日(土) 11:00 / 15:00開演
会場:月見の里公園 ※雨天決行
無料・予約不要
上演時間:約40分(予定)

構成・演出:山田裕幸(ユニークポイント)
原作:太宰治
出演:泉陽二、木内琴子、ながいさやこ、牧山祐大、若宮羊市

詳細はこちら
====================