2015年3月3日

【SPAC県民劇団】劇団MUSES・近江木の実インタビュー

2013年度に結成した「劇団MUSES」。
大入り満員の中、旗上げ公演『赤鬼』を成功させました。
さあ、今年はどんな公演になるのでしょうか?
『Right Eye』本番を間近に控えた近江木の実さん(劇団MUSES代表)にインタビューしました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

――「劇団MUSES」を率いて2年目を迎えられましたが、改めてSPAC県民劇団に応募されたきっかけ、動機を教えてください。
県内各地域のいろいろな人との出会いがあって、新しい創造ができる。一年目がとても楽しかったんですね。作品の中身に関しても、手応えがあった、成果が出たというか。もう一度挑戦してさらに刺激を得たい、自分の演劇活動のプラスにしたい、必ずプラスになると思ったものですからね。なので2年目続けてやらせていただきたいと思いました。

――昨年は『赤鬼』、今年は『Right Eye』ですが、野田秀樹さんの作品を選ぶ理由は何でしょうか?
単純に僕、好きなんですよね(笑)。今までいろいろなお芝居を観たのですが、やはり野田さんのお芝居は自分の性に合っているというのもあります。どうして好きかというと、一番演劇的だと思うんですよね、演劇ならではの特徴、特色というのが野田さんの舞台に一番詰め込まれている、という風に思います。なのでそれに挑戦して、演劇人としてその演劇的なものを身につけたい、体験したいというのはありますね。
1998年にNODA・MAP番外公演で上演された『Right Eye』は、少人数でいろいろな創意工夫をして想像力を刺激するような作り方をしていました。道具がごてごてしているとか、大きな舞台でというお芝居ではないんですが、そこにこそ演劇の面白さや手作りの面白さがあり、想像力をかきたてる。それは『赤鬼』もそうだし、『Right Eye』もそういう風に創られている。それが僕らアマチュアも、親しみやすくできるというか、まあお金の問題とかを含めて(笑)、やりやすいと思います。でもそれなりに難しいですけどね、やりだせば(笑)。

――野田秀樹さんの演出では3人で上演されたお芝居ですね。今回どんな演出を試みるつもりですか?
3人での上演は野田さんの挑戦だったと思うし、台本自体はやっぱり大人数でやるにふさわしい芝居ではあるんですね。役はたくさんあって、ほんとに細かい役を入れれば30くらいの役があるんですね。僕らは10数人でやるけれども、それでも足りない(笑)。一人何役かやることで、3人での上演と同じような体験はたぶんできる。しかも見栄え的にはやはり大人数いるので、その戯曲にあったような形の人数の使い方、例えば花火のシーンで人ごみとかになった場合に、僕らは人ごみとかを作れるわけですね。だからこそ、より戯曲に近い形の場面づくりが、書かれている通りのことがやれると思うんですよ。戯曲の持っているものをストレートに出すとこうなりますよ、という風にやりたいと思います。

――近江さんの企画に賛同して集まったメンバーで、「劇団MUSES」が結成されたわけですが、浜松で主宰されている劇団「M-planet」とはどんな違いがありますか?戸惑いや困った点、逆に魅力に感じる部分について教えてください。
戸惑った点、困った点というのはそんなにないです。むしろいい点の方が多いので!ただ、初めて会う人が多いので、どんな人でどんなタイプでというのを把握するのに少し時間がかかります。県民劇団は、劇団とはいえ一種のプロデュース的な公演なので、それぞれが自分の所属劇団があったりして公演をかかえながら参加しているということがあって、全員がMUSESの方にそろうということがなかなか難しい。だから協力していくんですけど、ひとつの芝居を創るのに期間が長くなりますね。劇団MUSESの活動は一年で一本ですけれど、これでちょうどいいくらいですね。半年で一本やるというのはとても同じメンバーではできないですよね。
だからこそ、準備期間がじっくりとれて、考える時間がたっぷりありますよね。いずれにしても時間には追われるんですけど(笑)、自分の中でいろいろ考えたり温めたりする時間はけっこうあります。だから逆に考え過ぎちゃうというか、どんどんやっていかないといけないのに、あーでもないこーでもないとか、途中で変えたくなってしまったり(笑)。考える間がある、そういう利点といっていいのかな、じっくり構えられるというのが魅力でもありますね。

――2年目の挑戦となりますが、去年と比べて何か変化はありましたか?
去年とメンバーが半分以上替わっているのですが、今回の方が年齢層が高いんですよ。昨年は、若い人から年配の方までわりと均等だったんですけど、今回は年配の方が多くて。みんな何も言わなくてもしっかりやってくれますが、ただ統一していくときにいろいろな意見が出てくるものだから、どう統一するか、どちらの意見をとるかという悩みはありますね。喧嘩にならないようにもっていくのが、ちょっと苦労しますね(笑)。
でもすごく個性的かつそれぞれのキャリアがあって経験を積んできた方が多いので、やはり助かりますよね、助かる部分が多い。僕が稽古場に来れないときでも、出演者の滝浪さんを中心に、ちゃんとスタッフワークなども進めてもらっています。

――最後に公演まで残りわずかになりましたが、意気込みを聞かせてください。
寝ずに頑張る!(笑)
最近はあまり寝ていないです…。私の場合家が浜松で遠いのでなかなか通うのが大変ですね。僕の方がもっとしっかりしてばんばんやっていければよいのですが、まあ自分の力量もあるもんだから、これですよってところで止まるんですけども。時間との戦いというか、これから本番まで個人練習などもどこまでやれるかっていう気がかりな点も、ちょっとだけありますよね。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

謙虚な語り口ながらも、作品について熱く語ってくださいました。
経験豊富な劇団員たちに対して「助かる」という言葉を何度も仰る近江さん。
2年目を迎え、劇団員との信頼関係も感じさせられます。
劇団MUSESが織りなすアンサンブル、ご期待ください!

==================================
SPAC県民劇団 劇団MUSES
『Right Eye』
日時:2015年3月7日(土)13:30/19:00開演、8日(日)13:30/17:00開演
会場:舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」
http://spac.or.jp/kenmin_201503.html
==================================


2015年3月2日

【県民劇団ブログ】次は劇団MUSES!!

2/28・3/1、「劇団壊れていくこの世界で」旗揚げ公演、『オレステス』が幕を閉じました。
ご来場ありがとうございました。

さて、終演後には劇団員総出で片付け。
数時間前まで、生け花や石が飾られ、和のテイスト溢れる舞台があったのですが・・・
すっかり空っぽに。

終わってしまったなあと思い、少し感傷的な気持ちになってしまいます。

しかし!
今週末には「劇団MUSES」の『Right Eye』が!!
入れ替わりで、早速仕込みや道具作りの仕上げが始まりました。

真剣な眼差しで、急ピッチで作業が進められています。

結成から2年目を迎え、さらにパワーアップした劇団MUSESに、どうぞご期待ください!

==================================
SPAC県民劇団「劇団MUSES」
第2回公演『Right Eye』
日時:3月7日(土)13:30/19:00開演、3月8日(日)13:30/17:00開演
会場:舞台芸術公園 稽古場棟 BOXシアター
チケット:SPACチケットセンター Tel.054-202-3399(10:00~18:00)
http://spac.or.jp/kenmin_201503.html
=================================


2014年12月19日

【SPAC県民劇団】 劇団MUSES、劇団壊れていくこの世界で

12月に入り、すっかり冬らしい景色&寒さとなった舞台芸術公園。
そんな寒さを吹き飛ばすくらいの熱気に満ちた、SPAC県民劇団「劇団MUSES」「劇団壊れていくこの世界で」の稽古場にお邪魔してきました!

劇団MUSESは結成2年目。
昨年の『赤鬼』に引続き、野田秀樹さんの戯曲『Right Eye』に挑みます!

ちょうど場面稽古の真っ最中!

ひとつひとつの動きを確認しながら、場面を作っています。

『Right Eye』は野田さん自身のエピソードや、今は亡き報道写真家の名前が登場し、フィクションとノンフィクションが交差する、とても手ごわい作品。長台詞もとても多いんです…。

この難しい戯曲を、劇団MUSESのメンバーはどう描くのか…、今からドキドキです!

そして、今年結成の劇団壊れていくこの世界で。
今県内で最も勢いがある、と言っても過言ではない若手演出家・木田博貴さんとメンバーが挑むのは…、
ギリシャ悲劇の傑作『オレステス』。

こちらも場面稽古が始まっています!

「母殺し」の罪により、「復讐の女神」に追い立てられるオレステス。

木田さん曰く、「ギリシャ神話と和のビジュアルとの融合」を目指すのだそう。
和のビジュアルとの融合…???
まだまだ場面稽古ではその全容がわかりませんが…、
未だかつてない『オレステス』が生まれる予感…。こちらも見逃せません!!

「劇団MUSES」の『Right Eye』
「劇団壊れていくこの世界で」の『オレステス』
全くタイプの異なる2つの劇団が体当たりで演じる現代と古典の名作戯曲、是非お楽しみに!!
今週末20日(土)から前売りスタート!!

SPAC県民劇団 劇団MUSES
『Right Eye』
日時:2015年3月7日(土)13:30/19:00開演、8日(日)13:30/17:00開演
会場:舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」
http://spac.or.jp/kenmin_201503.html

SPAC県民劇団 劇団壊れていくこの世界で
『オレステス』
日時:2015年2月28日(土)13:30/19:00開演 3月1日(日)13:30開演
会場:舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」
http://spac.or.jp/kenmin_201502.html


2014年2月19日

<制作部よもやまブログ#68>真夏に赤鬼に此処か彼方処か〜…3公演を振り返って

こんにちは。SPAC制作部の谷口裕子です。

2月前半のSPACでは、SPAC『真夏の夜の夢』、SPAC県民劇団『赤鬼』、SPAC×地域劇団『此処か彼方処か、はたまた何処か?』といった、3つの芝居が上演されました!(『真夏の夜の夢』は引き続き上演中です♪)

これらについて少しご説明しますと、
『真夏の夜の夢』はSPAC芸術総監督宮城聰が演出し静岡芸術劇場で上演、
『赤鬼』は公募で集まった静岡県民による県民劇団「劇団MUSES」が舞台芸術公園の「BOXシアター」にて上演しました。
そして『此処か彼方処か、はたまた何処か?』は静岡県立美術館で開催されている「グループ『幻触』と石子順造」展に合わせて結成された地域劇団とSPACによる新チームで、会場は倉庫を利用して作られた劇場、「アトリエみるめ」で上演されました。
会場も全てバラバラの、カラーの全く異なる作品たちです。

これらを通じて感じたのは、『真夏の夜の夢』のように、SPACの劇場で作品を作り上演するのはSPACの最も大切な仕事のひとつですが、それとは別に、県民劇団事業や、今回の県立美術館の展示との関連企画のように、SPAC以外の方々、異なる分野の人々と接点を築き、作品を創造し発表できるって、こんな楽しいことはないなー、ということです。
この2週間で静岡に存在する力を感じ、今後の展開の可能性を想像しました。
そして私も様々な分野のことを見たいし知りたいと改めて思いました。色々出かけて新しい出会いがあるといいな、と思います。
ついつい、目の前のことに忙殺されがちですが…(笑)

っと、ぼやいてしまいました。
それではまた寒くなるようなので、みなさまどうぞお気をつけてお過ごしください!


2014年2月15日

舞台写真公開!県民劇団MUSES

2月8日・9日、SPAC県民劇団 劇団MUSES『赤鬼』の公演が終了しました。
4月に劇団を結成して以来、 演出家の近江木の実さんを中心に、この公演を目指して稽古を重ねてきました。
ところが初日は静岡では稀にみる大雪・・・!何とか予定通り公演を行なうことができました。
足元の悪い中、大勢のお客様にご来場いただき心より感謝申し上げます。

それでは『赤鬼』の舞台写真初公開です!

これまで県民劇団は野外劇場で公演を行ってきましたが、今回は初のBOXシアターでの上演。
客席100席ほどのコンパクトな空間なので、お客様には役者の気迫を間近で感じ、お楽しみいただけたのではないでしょうか。

そして来年度の県民劇団 演出家・制作者の募集は、17日(月)が締め切りです!!
詳細はこちら


2014年1月29日

作業日!県民劇団MUSES

1月26日(日)、この日は舞台芸術公園新稽古場での作業。
装置となるパネルや布に色を塗っていきます。

『赤鬼』の世界を彩る装置がどんどん出来上がっていきます♪
会場となる稽古場棟「BOXシアター」は固定の舞台や客席がなく、作品によって自由に設置できる空間です。
『赤鬼』もそんな会場ならではの上演になる予感。
お楽しみに!

*****
県民劇団『赤鬼』
作:野田秀樹
演出:近江木の実
2月8日(土) 13:30開演/17:00開演
2月9日(日) 13:30開演
舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」
http://spac.or.jp/kenmin_201402.html

☆チケット好評発売中! ※2月8日13:30の回、2月9日の回は完売しました。


2014年1月24日

劇場稽古!県民劇団MUSES『赤鬼』

1月19日(日)、県民劇団MUSESは本番を行う稽古場棟「BOXシアター」での通し稽古を行いました!
朝から劇団員が舞台芸術公園に集合。

コツコツ作った装置を…

SPAC創作技術部スタッフとともに、BOXシアターへ運び出します。

BOXシアターでの様子は…本番を見てのお楽しみといたします。
客席との距離も近く、迫力満点です。
空間を活かしたパワフルな舞台にご期待ください!

2月9日(日)はチケット完売!
8日(土)はまだ予約を受け付けております。ご予約はお早めにお願いいたします。

また、配役が一部ダブルキャストとなります。
詳細はお問い合わせください。

*****
県民劇団『赤鬼』
作:野田秀樹
演出:近江木の実
2月8日(土) 13:30開演/17:00開演
2月9日(日) 13:30開演
舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」
http://spac.or.jp/kenmin_201402.html

☆チケット好評発売中!


2014年1月6日

ただいま稽古中!SPAC県民劇団 劇団MUSES『赤鬼』

今年度2つめの県民劇団 劇団MUSESが、2月8・9日に『赤鬼』を上演いたします。(→詳細はこちら
5月の結成から定期的に稽古を行っており、現在は週に2回、舞台芸術公園の稽古場で活動しています。

こっそり稽古場を見学・・・のはずが、気づかれてしまいました笑
写真左に映っている方が、企画立案者・演出家の近江木の実さんです。

こちらは小道具でしょうか?黙々と作業中です。

本番まであと1か月!

==========
県民劇団 劇団MUSES
『赤鬼』 (演出:近江木の実 作:野田秀樹)
2014年2月8・9日
舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」
詳細はこちら

SPAC県民劇団 劇団MUSESのブログ
☆Twitter @gekidanmuses
☆Facebookページはこちら
==========


2013年9月9日

<制作部よもやまブログ#52>舞台芸術公園より近況報告です

こんにちは、最近は舞台芸術公園に勤務している制作部の谷口裕子です。
9月になりましたがまだまだ暑いですね。
とはいっても爽やかな風が吹くようになり、夜にはコオロギが鳴いていたりと、秋の訪れを感じてちょっと切ない気持ちになったり・・・。

IMG_1889本部からの眺め
舞台芸術公園本部棟デスクからの眺め

SPACはグランシップ内の静岡芸術劇場と日本平にある舞台芸術公園の2つを拠点に活動しています。
担当するプロジェクトによってその時々で勤務する場所が決まります。
私が今舞台芸術公園にいる理由、それはずばり「SPAC県民劇団」を担当しているから!
昨日は今年結成した2劇団が舞台芸術公園で稽古に励んでいました。
特に4日後に野外劇場での本番を控えた「劇団静岡県史」は、降り注ぐ太陽、そしてときどき雨のもと、繰り返し繰り返し稽古を行っておりました。


う〜暑い!

もう1劇団の「劇団MUSES(ミューズ)」は2月の公演に向けて本読み中。

カラーが全く異なる2劇団の公演、ぜひどちらも味わっていただきたいです!
まずは9/13(金)・14(土)公演の劇団静岡県史による『丸山静江物語 〜静岡にもいた、おしん〜』をお見逃しなく!

そう、今年でSPAC県民劇団は4劇団になりました。
2008年結成「劇団静火」、2010年結成「がくらく座」、そして「劇団静岡県史」、「劇団MUSES」。
1つとして似たような劇団はなく、県民劇団の幅がどんどん広がるのを感じます。
先輩劇団の「劇団静火」「がくらく座」はこの秋自主公演を行います。
県民劇団の中から、お好みの劇団、応援したくなる劇団を見つけてみるのもいかがでしょうか。
静岡の演劇を盛り上げる、4劇団の活動にどうぞご注目ください!

2013.9.9 晴天の舞台芸術公園より


2013年8月29日

SPAC県民劇団 ただいま稽古中!

4月に結成された2つの県民劇団、「劇団静岡県史」と「劇団MUSES」。
それぞれの本番に向け、ただいま稽古中です!

劇団静岡県史は、9月13日(金)・14日(土)に『丸山静江物語~静岡にもいた、おしん~』を上演します。
普段は屋内での稽古ですが、先日初めて、会場となる野外劇場「有度」で稽古を行いました。

IMG_1746
2つのグループに分かれ、声が客席の一番後ろまで届くかチェックし合います。
合格のサインが出ました。

IMG_1759
歌あり、踊りありの作品!

舞台上にホースで水を撒き、雨が降った時にどれほど滑りやすくなるかのシミュレーションも行いました。
野外劇場を体感し、上演のイメージも膨らみます。

本番に乞うご期待!

☆劇団静岡県史「丸山静江物語~静岡にもいた、おしん~」劇団員によるブログはこちら


1 / 212