2016年7月30日

カムチャッカ、体の重みを受けとめること(SPAC文芸部 横山義志)

SPAC文芸部 横山義志

カムチャッカの『三島の異邦人』、見ているあいだはすっかり楽しんでいたが、寝る前に思い返してみると、だいぶ違った気持ちになってきた。

『三島の異邦人』(ふじのくに野外芸術フェスタ2016)
http://spac.or.jp/kamchatka_2016.html

三島駅から徒歩8分ほどの白滝公園。木陰で湧水に足を浸してみると、真夏なのに痛いほどに冷たい。炎天下、なぜかコートを羽織って、古ぼけたトランクを持った異国の男女8人が、信号を渡って公園にやってくる。うちわで涼んでいる女性を見かけ、興味をおぼえ、女性を見つめる。女性が少しあおいでやると、すごく快適そうな表情を浮かべる。それを見て、一行の他の人々も女性の前に並んで、うちわの風を所望する。

人を追って、靴のまま水に入っていく。トランクを開けると、モノクロの写真が出てくる。愛する人らしき写真を掲げてまわりの人々に見せ、消息を尋ねる。このとき、観客の女性の一人が、やはり懐から古い写真を出し、異邦人たちに見せた。異邦人たちは女性のまわりに集まり、愛おしげに抱擁する。

河床のうえに建てられた縁台で昼寝をしている男性を見つけ、旅行カバンを枕に、同じように横になってみる。観客も昼寝を誘われる。しばしの休息のあと、起き上がり、川を渡ろうとする。縁台のうえから、向こう岸にいる観客に旅行カバンを見せて、取りに来てもらう。観客のうち何人かが川のなかに入って、トランクをリレーで向こう岸に渡してくれる。そして、数メートルの高さの縁台から異邦人たちが降りるのを手伝う。

最後に残った女性は縁台の縁に立って、下を眺めている。さらに人を集め、腕を組んだところに、女性が身を投げていく。受けとめた観客の一人は、「かなり腕に来たよ」と語っていた。

この作品の原題は『カムチャッカ(Kamchàtka)』といい、これが劇団名にもなっている。見知らぬ町から来た人々をイメージしたという。スペインのバルセロナを拠点としているが、パフォーマーたちはヨーロッパや南米の様々な国々から集まってきている。この作品では、彼らは言葉は一言も発しない。土地の言葉も風習も全く解さない人々がやってきて、その町の住民となんとかコミュニケーションを取りながら助力を求め、その町で生きていくすべを見出だそうとする。移民をテーマにしたこの作品は、これまで25カ国で300回以上にわたって上演されてきた。今回同時に上演された『ライフ・アット・中央幼稚園 ~ふしぎなじかんのながれるところ~』(原題:『住処(Habitaculum)』)はその続編で、異邦人たちが住み着いた空き家に招かれ、彼らの不思議な生活を分かち合うことになる。

家に戻って眠りにつこうとしたときに、ふと思ったのは、実際にそんな異邦人に出会ったときに、自分は同じことができるのだろうか、ということだ。作品を見ているあいだは、惜しみなく与えたい気持ちになったが、実際に自分の町で出会ったとき、それができるのか。あるいは、ふだんできているのか。ふだんからしょっちゅう出会っているのに、時には求められてさえいるのに、気づかないふりをしているのかも知れない。三島には日本大学国際関係学部があることもあって、白滝公園にも外国出身の方が少なくなかった。

目の前にいる人にどれだけ共感できるか、という能力は、今の社会で生きていくうえで、あまりにも問われることが少ない能力なのかも知れない。会社でも学校でも、こういう能力が評価されることは滅多にない。競走を勝ち抜いていくためには、むしろ余計なものにもなりかねない。数限りない世界の悲惨を日々ニュースで目にしているうちに、目の前の不運や悲しみに鈍感になってしまっているのかも知れない。

言葉を忘れ、目の前にいる人の顔つきや身ぶりを見つめ、その人の重みを受けとめてみること。生身の人間との出会い方を、あらためて教えてくれる作品だった気がする。

13710059_1098871103531505_7982101433304982326_n


2016年7月18日

『三島の異邦人』千穐楽

7月9日(土)からスタートした「ふじのくに野外芸術フェスタ2016」。

昨日、『ライフ・アット・中央幼稚園』はおかげさまで大盛況のうちに終了しました!

そして、今年のフェスティバルのフィナーレを飾るのは、カムチャッカ・カンパニーによる
『三島の異邦人』(KAMCHÀTKA)。

写真で『三島の異邦人』をご紹介します。

7月14日(木)には静岡市内でも『異邦人』を上演。

2
【静岡市役所旧館をバックに】

静岡公演本番の数時間前、舞台芸術公園では、
青空の下、稽古が行われていました!
DSC_0869
【小道具のトランクを持って稽古場へ】

4

5

本日、千穐楽『三島の異邦人』にぜひお越しください。

≪公演情報≫
ふじのくに野外芸術フェスタ2016in三島
『三島の異邦人』
7月18日(月・祝)15:00~
無料上演
予約不要

★スタート地点が変更になりました!
スタート地点:白滝公園(三島市一番町1-1)
※本作は、移動しながら上演されます。


2016年7月8日

明日より開幕!『ライフ・アット・中央幼稚園』現場写真レポート

開幕直前、ふじのくに野外芸術フェスタin三島(7/9~7/18)。

『ライフ・アット・中央幼稚園 ~ふしぎなじかんのながれるところ~』
が上演される会場は、たくさんの園児たちが過ごした三島市内の由緒ある旧・幼稚園。

閉園されて以降、ひっそりとしていた幼稚園に
スペインからカムチャッカ・カンパニーの俳優たちがやってきました!

1

左からアンドレアさん、リュイスさん、エドュさん
クラウディオさん、マイカさん、ゲリーさん

ただいま、仕込み作業の真っ最中!
教室はもちろん、トイレや廊下、キッチン、倉庫、など幼稚園のあらゆるスペースが
不思議な空間へと生まれ変わっています!

古いテーブルやイス、タンス、バスタブや冷蔵庫といった家具の改造も
お手のもの。あっという間に「舞台美術」に変身です。

日中には、釘を打つコンコンコンという音、電動のこぎりのブィィーンという音
が響き、陽気な彼らの笑い声とともに、園内には再び活気があふれています。

2
【廃材を再利用!】
エドゥさん

3
【線路を設計中。】
ゲリーさん

DSC_0860
【3つのドアをつなげて大きな壁を作ります!】
左からクラウディオさん、リュイスさん、アンドレアさん

DSC_0867
【幼稚園廊下には靴の部屋が・・・!?】

6
【ハーブに朝の水やりも忘れずに!】

7

8
【作業終了後には、必ずみんなで作品づくりのディスカッション】
一つ一つ部屋を回りながら意見を出し合って、プランを練っているようです。

この作品では、俳優たちが幼稚園に棲みついた住人となり、
その生活を私たちが覗きにいきます。

彼らの部屋は、植物や雪の部屋、砂、写真などで満たされ、
私たちを不思議な世界へと歓迎してくれます。
訪れた先でどういった体験ができるのでしょうか?

彼らの創った部屋を見に、そして彼らに出会いに来てみませんか?
道筋も、滞在時間も決められていない、自分だけの時間。
あなたが主役のパフォーマンスです。
ぜひお気軽にご参加ください!

≪公演情報≫
================================
7月10日(日)、15日(金)、16日(土)、17日(日) 
各日15:00~18:30

入場時間:
①15:00 / ②15:20 / ③15:40 / ④16:00
⑤16:20 / ⑥16:40 / ⑦17:00 / ⑧17:20
18:30パフォーマンス終了

集合場所・受付: 三島市役所中央町別館1階 正面玄関
        (三島市中央町5-5、三島駅 南口より徒歩15分)
会場: 旧・三島市立中央幼稚園

入場料: 500円 (小学生以下無料)
要予約 (当日券の有無は予めお確かめください)
SPACチケットセンター TEL.054-202-3399

http://spac.or.jp/habitaculum_2016.html
================================


2016年2月27日

『イナバとナバホの白兎』~新作誕生までの道のり~vol.1

本日いよいよ「ふじのくに⇄せかい演劇祭2016」のチケットが一般発売開始となりました!
このせかい演劇祭の目玉作品の1つが宮城聰演出SPAC新作『イナバとナバホの白兎』です。

nabaho

昨年の『マハーバーラタ~ナラ王の冒険~』に引き続き、駿府城公園での野外劇として上演いたします。

駿府城
↑ 『マハーバーラタ』2015年公演の様子

実は『イナバとナバホの白兎』は1月中旬から稽古がはじまっており、ただいま作品制作真っ最中でございます。
今作品の特徴の一つが台本作りに俳優も加わって1から作っているところです。そのため稽古場には古事記やナバホ神話、クロード・レヴィ=ストロース(フランスの人類学者)、民俗芸能に関する資料がずらりと並んでいます。

「クロード・レヴィ=ストロースはどんなことを考えていたのか?」
「白兎は何者だ?」
「兄弟ってなんだろう?」「水は?火は?」

古事記やナバホ神話に出てくるエピソードやキーワードをもとに、
時にはそのものの根源までつきつめていくような話し合いを繰り返し、
具体的に台詞や身体表現にしてみて試行錯誤を重ねに重ね、ようやく少しずつ台本が出来上がっていきます。

0226-1

今週は<アメンボチーム>と<蒸し風呂チーム>に分かれてそれぞれシーンを作り発表しました。
アメンボ?蒸し風呂?と気になるところですが、今日はここまで。

まだまだ、形のみえない作品ですが、このブログで壮大な祝祭音楽劇が誕生するまでをご紹介していきたいと思います。

0226-2

(文:仲村悠希)

=============
ふじのくに野外芸術フェスタ2016
フランス国立ケ・ブランリー美術館開館10周年記念委嘱作品
『イナバとナバホの白兎』
5/2(月)~5(木・祝)
駿府城公園 紅葉山庭園前広場 特設会場
◆公演の詳細はこちら
=============


2015年5月20日

<スパカンファン>最強チームが仲間入り!?

さて、今週末23日(土)、24日(日)に清水マリンパークで初お披露目となる新生スパカンファンによる『ANGELS』。
公演まで秒読みの段階に入り、稽古もより一層熱が増してきました。
そんなスパカンファンに、心強い仲間が加わりました!
それは、『ANGELS』と同日、同会場にて『ダンシング・アフリカ~メルラン・ニヤカム 太陽のステップ~』に出演する6名のカメルーン・ダンサーたち。来日直後の長旅の疲れも感じさせず、スパカンファンとの合同トレーニングを笑顔で楽しんでいます!

言葉が通じなくても、カメルーン・ダンサーズとスパカンファンはダンスを通じてすっかり打ち解けた様子。
子どもたちはステップを教えてもらったり、一緒に振りを合わせてみたり・・・とお互いに刺激し合って、『ANGELS』の進化は止まりません!

『ANGELS』 in 「ふじのくに野外芸術フェスタ2015」は、海風の心地よい清水マリンパークの屋外ステージにて5月23日(土)・24日(日)各日16:30開演、そしてニヤカムさん&カメルーン・ダンサーズが出演する『ダンシング・アフリカ~メルラン・ニヤカム 太陽のステップ~』こちらは『ANGELS』の終演後すぐ、17時より開演いたします。
いずれも入場無料・予約不要です!客席は入れ替え制ではございませんので、ぜひ2作品続けてたっぷりとお楽しみください。
テンションが最高潮に達したエンディングでは、きっとあなたも踊り出したくなるはず!

☆「スパカンファン・プロジェクト」の詳細はこちら
☆「ふじのくに野外芸術フェスタ」の詳細はこちら

☆『ANGELS』紹介動画も公開しました!ぜひご覧ください。


2015年5月13日

<スパカンファン>動物観察!

先週の日曜日、スパカンファンの子どもたちは、ニヤカムさんと一緒に日本平動物園を訪れました。
来たる5月23日(土)・24日(日)に清水マリンパークにて上演される『ANGELS』では、
動物たちの動きをダンスに取り入れています。

ということで、今日は皆で一緒に<動物のリアルな動き方>を観察しました!

ニヤカムさんが語りかけると…?
なんと動物たちはニヤカムさんのそばに寄ってきましたよ!
ニヤカムさんの笑顔に、チンパンジーくんも微笑み返してくれました。

aba1dd9afd994bc383f5259806be7bb41-800x600

6ac2397867767a902ce2217f0a58282f1-800x600

f6f77a1616e27fc34eb1a81aa7dc62621-800x600

最後は皆で一緒に歌を歌いました!
オランウータンくんも興味津々で、一緒に楽しそう♪

ed80de20dfec1bd144442f3c2532b6bb-450x600

DSCN0096-800x600

さて、動物たちの動きを取り入れた『ANGELS』、どんな作品になるでしょうか。
あなたもスパカンファンたちに会いにきてみませんか?

『ANGELS』 in 「ふじのくに野外芸術フェスタ2015」は、海風の心地よい清水マリンパークの屋外ステージにて
5月23日(土)・24日(日)各日16:30開演、入場無料・予約不要です!

衣裳や小道具も準備中!

DSCN0083-800x600

2015-05-09_17.06.16-800x450

☆「スパカンファン・プロジェクト」の詳細はこちら
☆「ふじのくに野外芸術フェスタ」の詳細はこちら


2015年5月10日

いざ、『マハーバーラタ』!

ゴールデンウィークの「ふじのくに⇄せかい演劇祭2015」、
たくさんのお客様にお越しいただき、無事に幕を閉じました。
遅ればせながら、ご来場いただいた皆様、
いろいろな形でご支援くださった皆様、
本当にありがとうございました!
私はほぼ全演目の劇場受付で皆様をお迎えしていましたが、
お客様が楽しんでくださっているのをひしひしと感じる
嬉しい毎日でした。

さて、演劇祭が幕を閉じた翌日、駿府城公園では早くも
ふじのくに野外芸術フェスタ2015『マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~』
仮設舞台・客席の仕込みが始まっておりました。
昨日には舞台はほぼ完成!

IMG_7985_s (1)

本日は俳優による場当たりです。
午前中に会場入りし、小道具や楽器を出してセッティングを行なったのち
正午頃から、『マハーバーラタ』のあの音楽が
駿府城公園の広い広い空の下に響き始めていました。

青空、強い日射し、周りの緑、大きなリング状の舞台に
この音、そして台詞が聞こえてくると、
ブルボン石切場のとてつもない崖こそありませんが、
昨年7月のアヴィニョン演劇祭での日々が
湧きあがるように思い出されます。

DSC_1860(c)新良太small
▲アヴィニョン演劇祭 ブルボン石切場の様子

連日、約1,000人のお客様を2週間に渡ってお迎えしたアヴィニョン公演、
そして9月のKAAT神奈川芸術劇場での凱旋公演でも
満員のお客様に熱い声をいただいた『マハーバーラタ』。

やっと、やっと静岡で凱旋公演が出来る喜びといったら、ありません!!

『マハーバーラタ』はもう舞台芸術公園で観たよ、という方、
どうぞ油断なさらずに。
リング状の舞台に囲まれて観る『マハーバーラタ』は、
間違いなく新たな体験になります。

そしてアヴィニョン版はKAATでもう観たよ、という方も、
ぜひ、野外で! ばーんと開けた、静岡の夜空の下で!!!!!!

DSC_1921(c)(small)

今回も、多くのお客様にお会いできるのが
ただただ楽しみです。

チケットは好評販売中。
16日(土)へのお問い合わせが多くなっておりますが
どの日もまだご予約承っております!

そして、同じくふじのくに野外芸術フェスタ2015の中で上演される『身も心も』と
シズオカ×カンヌウィークさんのマルシェ、
駿府城公園での『マハーバーラタ』をぜーんぶハシゴできる
浜松、三島・沼津からの無料バスも運行いたしますので、
こちらもぜひご利用ください。

お待ちしております!

制作部・中野三希子

★=========================
ふじのくに野外芸術フェスタ2015
『マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~』
5/15(金)・16(土)・17(日)
駿府城公園/各日19時開演
http://spac.or.jp/15_yagai_mahabharata.html
=========================★


2015年4月1日

新生スパカンファン!稽古場リポート

舞台芸術公園稽古場では、スパカンファンの稽古が行われています。
昨年『タカセの夢』が幕を閉じ、現在は新作『ANGELS』のクリエイション中です。
SPAC俳優・牧山祐大が稽古場の様子をリポートします。

☆「スパカンファン・プロジェクト」の詳細はこちら
☆「ふじのくに野外芸術フェスタ」の詳細はこちら

======================================

<3/29 スパカンファン稽古場リポート>
スパカンファン新作『ANGELS』稽古開始7日目にお邪魔しました。

ポップな音楽。
時折、掛け声を交えたウォーミングアップ。
ニヤカムさんと木野さんの息のあった進行と指示。
そして体を動かしているのは、プロのダンサーに引けをとらないしなやかでキレのある動きの静岡県の各地から集まった中高生たち。

14名
女子11名男子3名(本日は一人お休みで13名)

新メンバーによるSPACのENFANTS=子どもたち、くっつけてスパカンファン。
野外芸術フェスタ@清水マリンパークでのお披露目公演にむけて、稽古中です。

ニヤカムさんのウォーミングアップは、ウォーミングアップにとどまりません。ある動き、ある振りをキッカケに実践的な振付へと変わっていきました。
断片的だった動きと動きをつなげ、シークエンスを紡ぎ出します。
大人顔負けのスピードで正確にその振付を記憶していく。

しかし、バレエの動きの入った振りに男の子たちは苦戦しているようです。

弱点をみつけそれを補うプログラムを即興でつくる、ニヤカムさん。
そのプログラムを解決するすべを即興でつかみ子どもたちに伝える、木野さん。
すごいコンビネーション、さすがの二人です。
2010年からスパカンファンプロジェクトが始まっているので、二人の共同作業も5年目になります。

何度か、繰り返すうちにとあっというまに吸収していく姿に、ちょっと感動してしまいました。

ニヤカムさんから稽古の態度についてのアドバイスも
「他の人の練習はちゃんと見ましょう。見ることも練習です。自分のためになります。」
厳しく、言うことはいう。そのときの顔はダンサーではなく、子どもたちのお父さんやお母さんの顔に見えました。

30分ほどで新しい振付を身につけたスパカンファンたち。
前日に覚えた振りを思い出します。極めて日本的な小道具をつかった愉快な振付です。
修正を加えてより密度の濃い振付へと変えていき、さっきの振付とつなげます。

・・・すごい・・・ほんとに今日できた流れなのかしらん。

振付を終えて、ニヤカムさんから一言。ダンスというものの特徴。音楽の特徴を捉えること。他人を感じて、周りから学ぶことの大事さ。

2時間みっちりとウォーミングアップ???して一時間のお昼休憩です。休憩の前に、練習中でも疲れたらしっかりとお水を飲むことを子どもたちに伝えます。暑くなると特にですが、水分の吸収は必須ですからね。

休憩前に作った振付は、クラシック・ギターの響きからの流れの最後になります。ギターを奏でる女とそれを押す女が舞台を横切る。一人踊る女が周りに注意を払うと扇子をもった少女たちが数人あらわれ、ともに踊る。
再び、ギターを奏でる女を押し、舞台を横切る女。

姿が消えると音楽がなり、再び少女たちが現れ、同じ振りが繰り返えされます。群舞の中に、他のグループやソロのダンスがパッチワークされ、最後の締めは今日、覚えたてのシークエンス。

修正の時間の過ごし方で、ニヤカムさんと木野さんからもう一度、一言。
みんな、自分の振りの修正や確認に夢中になり、ニヤカムさんが他のグループへの修正をしているということに無関心になってしまう。
ニヤカムさんは言います。この作業はグループで行う作業です。まず共演者の振り付けや修正にも興味をもつことが重要。自分は他の振付にも生きる基本的な修正を指示していることが多い。聞いていてくれれば、自分の振付の参考にもなるので、関心を持ってください。

みんな、懸命に上達しようとしているが故に起こってしまうことなんですよね。

最後はクラッシックバレエ定番のあの曲からの振付の確認。

ゴールデンウィークを挟んで2ヶ月弱。スパカンファンたちはどんなお披露目公演を見せてくれるのでしょうか。楽しみです!


2015年3月12日

◎『身も心も』ができるまで(1)◎ あの!イロトピーが滞在制作中!

昨年、一昨年と清水港で上演された『夢の道化師~水上のイリュージョン~』
色とりどりの花火、幻想的な音楽、おとぎ話のような情景、ユニークな人々のドラマ・・・これら全てが海の上で展開されるという、
驚きの作品を上演したフランスの野外パフォーマンス集団「イロトピー」。
そのイロトピーが日本で新作を上演するために
今、舞台芸術公園で滞在制作を行っています!

 
『夢の道化師~水上のイリュージョン~』映像

新作のテーマは「食と身体」。
タイトルは『身も心も』です。


▲ 「JAPON RESIDENCE 2015」と書いてあるファイルを発見


▲ ここが創作現場

今は衣裳・音楽の製作、食べ物の試作を中心に行っています。
・・・といっても、奇想天外なパフォーマンスを行うイロトピーの創作過程では、一般的な衣裳・音楽・食べ物を作るのではなく、どうしたら作品のイメージ世界を具現化できるのか、といったシステム作りの試行錯誤から始まります。


▲  試作品について打ち合わせ。手前が演出家のブリュノさん、中央がシェフのシリルさん、奥が衣裳デザイナーのギッタさん

この作品は5月に「ふじのくに野外芸術フェスタ2015」にて上演されます。
この日は「シズオカ×カンヌウィーク2015」も同時開催しており、七間町名店街にはマルシェもオープンします。
あの!イロトピーのことなので、街中で驚きのパフォーマンスを見せてくれることと、
私たちスタッフもどきどきわくわくしています。
次回のブログは創作現場にもっと踏み込んでお届けしますね!
A bientôt!(またね!)

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ 
『身も心も』
日程:2015年5月16日(土)・17日(日)
場所:七間町名店街(静岡市葵区)
<観劇無料/予約不要>
▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ 


2013年7月7日

<制作部よもやまブログ#43>まるふ2013ギャラリー

「ふじのくに⇄せかい演劇祭2013」 「ふじのくに野外芸術フェスタ」ともに無事に閉幕いたしました。
ご来場まことにありがとうございました。
今年も演劇祭を通してたくさんの素敵な出会いがありました。


『室内』のクロード・レジさんと宮城聰 芸術総監督


『脱線!スパニッシュ・フライ』出演者とスタッフ


『生と死のあわいを生きて』の小島章司さんと宮城聰 芸術総監督


かえっこバザールでのワークショップの様子


かえっこバザールでにぎわう劇場ロビー


グランシップ広場で上演した『ポリシネルでござる!』


『母よ、父なる国に生きる母よ』の舞台装置に「言葉」を書き込むカンパニーメンバー


SPACTシャツを着た『Hate Radio』メンバー


大盛況! 『ベトナム水上人形劇』(清水マリンパーク)


こちらも大盛況!『夢の道化師』(清水マリンパーク)


『夢の道化師』記念撮影(清水マリンパーク)


1 / 212