2015年7月8日

『マハーバーラタ』 モスクワ日記(6)

SPAC文芸部 横山義志
2015年6月30日

初日が明けたので、今日はちょっと遅めの10時劇場集合。俳優は13時のトレーニングから。リハーサル室がちょっと小さめなので、小さめの動きで訓練。
0630-1

0630-2

国営放送が再びニュースで稽古の様子を取材。

0630-3

開演前のメイク室。

0630-4

本番二日目。当日券を求める方々。

0630-5

初日には海のものとも山のものとも知れない作品なので、大笑いするお客さんと戸惑っているお客さん、という比較的大味な反応だったが、今日は昨日より落ち着いた客席で、集中して物語に着いてきてくれている感じ。ギャグにも爆笑せず、クスクス笑って次の場面の演技もじっくり見てくれる。ずいぶん反応が違うものだ。

宮城さんの作品がモスクワに来るのは、これが二回目。前回は『メデイア』で、2001年に劇団ク・ナウカとして、メイエルホリド・シアターセンターでの公演だった。実はク・ナウカという名前はロシア語の「科学へк науке」から来ていて、ロシアの演出家メイエルホリド(1874~1940)の「ビオメハニカ(バイオメカニックス、生体力学のロシア語読み)」と呼ばれるメソッドとも関係がある。メイエルホリドは歌舞伎を含む東洋の様式的な演劇に影響を受け、「日本のスパイ」との嫌疑をかけられて粛清された。つまりこの名前は、ロシア経由で日本の伝統演劇に向かう、というちょっと複雑なアプローチを示していた。だが、この『マハーバーラタ』でも、パーカッションが刻むテンポのスピード感とユーモアで、伝統演劇でないということはきちんと伝わっているようだ。

最後の一音が鳴り終わると同時に、競い合うように「ブラヴォー」の声。演劇祭の関係者からも、これだけ盛り上がるのは久々だと聞いた。

0630-6

0630-7

早速ロシア第1チャンネルがニュースで三分半にわたって取り上げてくれた。大高さん、宮城さんのインタビューもたっぷり使ってくれている。
http://www.1tv.ru/news/culture/286911

東洋との縁も深いお国柄なので、オリエンタリズムを越えた評価がなされるきっかけになればよいのだが。


2015年7月1日

『マハーバーラタ』 モスクワ日記(5)

SPAC文芸部 横山義志
2015年6月29日

いよいよ初日。スタッフは今日も9時に劇場集合。俳優は12時のトレーニングから。

いつも楽屋口から入って、薄暗い楽屋で過ごしていたが、はじめて劇場のロビーに出てみると、外光がふんだんに入って、けっこう明るい。かなり広いバルコニーがある。

0629-1

劇場の外は噴水があるすてきな公園になっている。笛を吹く牧神。

0629-2

0629-3

このモソヴィエト劇場も、ふだんは俳優のアンサンブルがあるレパートリーシアター。演劇祭の受け入れ担当者アンナさんによれば、モスクワにはこういう劇場が300くらいあるという。世界でも有数の劇場都市。この町の目が肥えたお客さんたちは、どう受けとめてくれるのだろうか。

ロシアの劇場では、よく「劇場美術館」というのがあって、ロビーの一角に劇場の歴史に関する展示がある。

0629-4

そして廊下には、これまで劇場に所属していた俳優や上演してきた作品の写真がびっしりと飾られている。

0629-5

もちろんチェーホフの作品はどこの劇場でも必ず上演されている。

0629-6

このモソヴィエト劇場は1940年から1977年まで、ソ連時代を代表する演出家・俳優の一人、ユーリー・ザヴァツキーが芸術監督を務めていた。ザヴァツキーはスタニスラフスキーの弟子で、ソ連邦人民芸術家や労働英雄の称号を得て、スターリン賞やレーニン賞を受賞している。名前の通り、ソ連を代表する劇場だったと言える。

ザヴァツキー時代のフランスツアーのポスター等々

0629-7

昨日の大高さんへのインタビューでスタニスラフスキーやチェーホフについての質問が出たのは、こういう歴史を前提としているわけだ。この劇場で極東の劇団がヒンドゥー教の神話を上演するというのも、モスクワっ子にとってはちょっと複雑な心境なのかも知れない。

モソヴィエト劇場を襲撃する象の群れ。象はスタニスラフスキーシステムでは演じにくいかも。

0629-8

18時15分ロビー開場。ビュッフェでコーヒーを飲む方がちらほら。徐々にお客さんが増えてくる。入り口で立っていると、プログラムを売っている女性が、「コンニチワ!私、北海道に行ったことがあるんです。ボリショイ・サーカスで」と話しかけてきてくれた。なんと以前はアクロバットをやっていらしたらしい。一緒に「ドーブルイ・ヴェーチェル(こんばんは)!」とお客さんを迎える。19時開演だが、定時になっても人の流れは全く途切れず。開演は基本10分押しらしい。

0629-9

月曜日の夜だが、客席はほぼ埋まっている。演奏隊の俳優が一人登場してくるたびに拍手が起きる。ちょっとおとぎ話的な舞台に、お客さんもはじめはどう反応していいか戸惑っているような印象だったが、猟師がダマヤンティー姫を口説く「Love is touch!」の台詞でどっと受け、あとはどんどんお客さんが乗ってきた。「婿選び式開催記念、ダマヤン・ティー、新発売。フクースナ(おいしいよ)!」と、コサックダンスバージョンになったCMの場面ではかなり盛り上がった。

ロシアのお客さんは打楽器の演奏をかなりじっくり聞いてくれている。お客さんのなかで、スタニスラフスキー的感性とストラヴィンスキー的感性が闘っていたのではないか。最後の場面、ドラムに合わせて手拍子が起こり、演奏が終わった途端に次々と人が立ち上がっていく。ドラムソロへのリスペクトなのか、特に吉見さんへの拍手が大きい。

劇場を去って行くお客さんに「スパスィーバ(ありがとう)!」と声をかけると、多くのお客さんが、笑顔で胸に手を当ながら「スパスィーバ!」と応えてくれる。なんだか去りがたい感じになっているのは、公演がうまくいった証拠だろう。

終演後、国営放送による宮城さんのインタビューがあった。洗濯等を終えて、23時頃退館。


『マハーバーラタ』 モスクワ日記(4)

SPAC文芸部 横山義志
2015年6月28日

今日は夜にゲネ(本番前の通し稽古)。スタッフは今日も9時に劇場集合。よく見ると、楽屋入り口のけっこう高いところに歓迎の言葉が貼ってある。身長差を思い知らされる。

0628-1

ロシア人化したダマヤンティー姫。
0628-2

照明・音響の調整がつづく。俳優は12時のトレーニングから。

0628-3

劇場の地下はラビリンス。至るところに「出口выход」と書いてあるのだが、どこから出ればどこにたどりつくのか、さっぱりわからない。

0628-4

今日はプレスが15人くらい。ロシア国営放送等々。

0628-5

ゲネ開始前、大高さんのインタビュー。

「どういう気持ちを表現していますか?」
―「私たちは気持ちは表現しません。観ている人が気持ちを感じ取ってくれればいいのです。」
「スタニスラフスキーシステムはご存じですか?」
―「とてもよくできたシステムだと思っていますし、個人的にはとても興味深いけれども、私たちの舞台は様式が強い舞台なので、あまり関係ありません。人間の気持ちではなく、運命を伝えたいと思っています。」
「チェーホフはご存じですか?」
―「チェーホフ、もちろん!」と、露文出身の大高さんがロシア語で答える場面を撮って、インタビュー終了。

今回、このゲネが本番前は唯一の通し稽古となる。駿府城公園でやったばかりとはいえ、だいぶ勝手が違う舞台。今回は床面が真っ白なターポリン(テントなどに使うビニール系の素材)で、これまでの生成りの床と色味もだいぶ異なり、ちょっと幻想的な雰囲気。記者たちがひっきりなしにシャッター音を響かせている。

0628-6

0628-7

俳優等は22時頃退館。衣裳部・制作部は洗濯後、23時頃に退館。


2015年6月29日

『マハーバーラタ』 モスクワ日記(3)

SPAC文芸部 横山義志
2015年6月27日

スタッフは9時に劇場集合。今日は一日雨らしい。蒸し暑かったり、ちょっと涼しかったり。まあ静岡とそれほど変わらない気温なので、過ごしやすい。湿度が高いので、俳優さんの喉にはいいが、打楽器には乾いていた方がいいという。むずかしいところ。

IMG_2070

モソヴィエト劇場は20世紀に作られた劇場だが、19世紀までの西欧の劇場のように馬蹄形の客席で、舞台の両脇にバルコニー席がついていたりする。「台詞を聞く」芝居には悪くないが、客席の構造上、どうしても見切れ席が出てしまう。(公演までは一階客席にシートがかけられています。)

IMG_6176

チケット料金は1500ルーブル~5000ルーブルと、最高で日本円換算12,000円以上になり、けっこう高い。ただ、演劇科の学生は国立劇場なら無料では入れるのだという。どの席からでもきちんと見ていただけるよう、入念に客席をチェック。

IMG_2072

15時サウンドチェック。打楽器の音が響き渡ると、ようやく劇場がマハーバーラタ仕様になったような気がしてくる。場当たりもできた。1000席近い劇場ではあるが、アヴィニョン石切場や駿府城公園に比べると、だいぶコンパクトな空間。とはいえ、ダマヤンティー姫役の美加理さんによれば、リング上舞台では円周100メートルの舞台を一周するところを、今回は客席を回ることになって、「100メートル走が障害物競走に」なり、逆に運動量は増えるかも、とのこと。演奏スペースが変わるので楽器の配置が変わり、演奏する楽器が変わってしまった俳優さんも少なくない。

IMG_2069

22時頃退館。昨日よりちょっと早いが、チェーホフ演劇祭で先月から連日働きづめのモソヴィエト劇場スタッフを休ませるためだという。照明デザインの大迫さんによれば、「照明はまだまだ。明日一日、はじめて使うLEDの調整です」とのこと。明日はいよいよゲネ。


『マハーバーラタ』 モスクワ日記(2)

SPAC文芸部 横山義志
2015年6月26日

8:40ホテルのレセプション集合、9時に小屋入り。

0626_1

装置のトラックも無事に到着。屈強なロシアの舞台班が、重い木箱をどんどん運び出してくれる。

0626_2

ロシアの劇場では客席の真ん中に大きな通路があるのも普通らしい。なんだかもったいない気もするが、俳優が客席から登場するには絶好の配置ではある。

0626_3

早速各班に分かれて作業。アヴィニョンの石切り場と違って、ちゃんとした劇場なので、作業がスムーズ。

0626_4

0626_5

この劇場では昨晩まで伝説的バレエダンサー、シルヴィ・ギエムが踊っていて、楽屋で残り香を探す人も。

▼ こちらはヘアメイク用の楽屋
0626_6

今回、上演場所として提案されたのは1923年創立のモソヴィエト劇場(Театр Моссовета)。ソヴィエト連邦が誕生して間もないころに作られた。当初は私設の劇場だったらしいが、のちに「モスクワ市ソヴィエト(評議会)劇場」を意味する現在の名前に改称された。『マハーバーラタ』はアヴィニョン演劇祭でのリング状舞台を完成形として、それ以外の形式ではもう上演しない方針だったが、モスクワでも有数の歴史を誇るこの劇場での上演を熱望され、「プロセニアムバージョン最終上演」として公演することになった。

0626_7

作業は順調に進み、俳優は19時前に退館、翌日は午後入りに。スタッフは23時頃退館。


『マハーバーラタ』 モスクワ日記(1)

SPAC文芸部 横山義志
2015年6月25日

午前3時半、芸術劇場前に続々と人が集まってくる。おはようございます!あ、こんばんはかな?等々。東名高速を飛ばしていくなかで、徐々に夜が白んでくる。

unnamed (2)

12時成田発。10時間のフライト。

unnamed (1)

シベリアを通り過ぎ、ウラル山脈を越えると、見渡す限り平原が広がるなかに、忽然と巨大な街が姿を見せる。人口1200万人。そこから一歩出てしまうと、あの茫漠とした大地が広がっているかと思うと、そこに降り立っていくのがどことなく不安になる。

モスクワへ。なんだか妙な感慨がある。演劇をよくご覧になる方は、チェーホフの『三人姉妹』で、何度となくこの言葉を聞いただろう。姉妹にとってモスクワは、憧れと希望の代名詞だった。

今回『マハーバーラタ』一行が向かっているのは、モスクワで開催されるチェーホフ国際演劇祭。アヴィニョン演劇祭やエディンバラ演劇祭と並んで、ヨーロッパで最も重要な演劇祭の一つである。これまでストレーレル、ピーター・ブルック、ムヌーシュキン、ペーター・シュタイン、マルターラーといった巨匠たちがプログラムを彩ってきた。

去年のアヴィニョン演劇祭で、たまたま劇場で隣の席になったチェーホフ演劇祭のディレクターが、挨拶もそこそこに「宮城さんに会いたい。いつ、どこで会えるだろうか?」と真剣な面持ちで切り出してきたのを思い出す。前の晩に『マハーバーラタ』をご覧になったらしい。それから一年も経たないうちに、モスクワを訪れることになった。

「ただいまの現地時間は、よんじ…ろくじゅっぷんでございます。」ロシア人客室乗務員が澄ました声でシュールなアナウンス。「じゅうろっぷん」と言いたかったらしい。機内でクスクス笑いが起きて、なんだかちょっとホッとする。16:30頃モスクワ着。

unnamed

通関の手続きなどに時間がかかり、ホテルに着いたら20時を過ぎていた。スーパーで食料を買い込み、明日以降に備える。24時まで開いているスーパーがあったりして、ロシアもすっかり様変わりした印象。