2015年12月10日

いよいよオペラ《妖精の女王》本番です!

ただいま宮城聰と一部のSPACメンバーは東京北区にある、「北とぴあ」に来ています!
まもなく本番を迎えるオペラ《妖精の女王》の劇場での稽古も大詰めになってきました!

image (3)

北とぴあ国際音楽祭2015で上演されるこの作品は、
「指揮:寺神戸亮×演出:宮城聰」という強力タッグに、
出演歌手は、エマ・カークビー、波多野睦美、大山大輔、ケヴィン・スケルトン、
ほか総勢18名の豪華な顔ぶれ!
そしてレ・ボレアードによる古楽オーケストラの生演奏!
そしてそして、個性豊かなSPAC俳優15名も出演します。

北とぴあ さくらホールという大きな会場ですが、おかげさまで、チケットは両日とも完売です。
たくさんのお客様にご予約いただき、本当にありがとうございます。

image (5)

稽古は、北とぴあとSPACの両方の劇場施設を使っておこなわれてきました。

11月には、指揮者の寺神戸さん、エマ・カークビーさんはじめ歌手の皆様と、
チェンバロ、チェロ、ヴィオラ・ダ・ガンバ、テオルボ奏者の方々が
SPACの静岡の稽古場に来てくださり、仮で仕込んだ舞台装置を使って稽古も行いました。
稽古場から古楽器の豊かな音楽と、歌手の皆様の美しい歌声が響き、
SPACの稽古場がいつもとは違った光景に!

image (2)

そして12月6日からいよいよ劇場での仕込み作業そして劇場稽古がはじまりました!

image (4)

すでにお気づきの方もいるかもしれませんが、SPAC『真夏の夜の夢』で登場した、
あの真夏の夜の森が再び出現するのです!
《妖精の女王》は簡単に言いますと、
シェイクスピアの『夏の夜の夢』にパーセルの音楽が随所にちりばめられたイギリスのバロック・オペラです。

パーセル(作曲)とシェイクスピア(原作『夏の夜の夢』)を同時にた~っぷり楽しめる全5幕上演!
美しさとユーモラスにあふれた、あっという間の3時間半(休憩含む)でございます。

どうぞ皆様お楽しみに!

<公演情報>
パーセル作曲 オペラ 《妖精の女王》 
原作:シェイクスピア『夏の夜の夢』

指揮:寺神戸 亮  
演出:宮城 聰(SPAC)
 
歌手: エマ・カークビー(ソプラノ)、ケヴィン・スケルトン(テノール)、
    波多野 睦美(メゾソプラノ)、大山 大輔(バリトン) ほか

俳優: 劇団SPAC
泉陽二/大高浩一/春日井一平/加藤幸夫/貴島豪/
小長谷勝彦/大道無門優也/たきいみき/武石守正/
保可南/本多麻紀/牧山祐大/吉見亮/若宮羊市/渡辺敬彦

合唱・管弦楽: レ・ボレアード(オリジナル楽器使用)

公演日
2015年12月11日(金)
18:00開演 17:30開場
2015年12月13日(日)
14:00開演 13:30開場

会場
北とぴあ さくらホール
詳細はこちら


2015年11月19日

【フェスティバル / トーキョー15『真夏の夜の夢』】 お祭り騒ぎはまだ終わっちゃいない!?もうひとつの夏の夜の夢、いざ、再び東京へ!

静岡芸術劇場を飛び出し、東京は西巣鴨にてSPACワールドを炸裂させたフェスティバル/トーキョー15『真夏の夜の夢』
たくさんのお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました!

会場となったのは2001年に閉校した豊島区立朝日中学校の校舎や体育館をそのまま残し、04年8月にアートファクトリーとしてオープンした<にしすがも創造舎>。

②

客席会場の外観は一見普通の体育館ですが、中に入ってみると、霧が立ち込める幻想的な真夏の夜の森…、ならぬ富士の麓の<知られざる森>が広がっています。この会場の最大の特徴は、とにかくステージが近いこと。最前列桟敷席からは、手を伸ばせば届いてしまいそうなくらいのド迫力です!所狭しと縦横無尽にステージを駆け回る俳優たちの息遣い、渾身のライブ演奏の臨場感・・・<にしすがも創造舎>だからこそ実現できた超至近距離版『真夏の夜の夢』、お楽しみいただけましたでしょうか?

SPAC作品は初めて、というお客様も多く、「音響だと思っていたら、生演奏でびっくり!」「新聞紙でできた衣裳やセットが面白い」「役者さんの鍛えられた体幹がすごい」など、SPACの世界観を存分に味わっていただき、そして「今度は静岡へ行って公演を観てみたい」というありがたいお言葉までいただくことができました。

さて・・・、実は、東京で宮城聰演出・SPAC俳優出演作品をご覧いただけるチャンスがもう一回あるんです!来たる12月11日(金)・13日(日)、会場は東京都北区の北とぴあ・さくらホールにて。
なんと、今度はオペラ×演劇のコラボレーション!?パーセル作曲の傑作オペラ《妖精の女王》を宮城聰の新演出でお贈りいたします。

オペラ《妖精の女王》とは?
原作は、おなじみシェイクスピアの『夏の夜の夢』。バロック・オペラの傑作と称えられながらも、日本では上演機会が少なく、なかなか観ることができない貴重な作品です。なぜかというと、ひとつ同じ舞台の上で役者が芝居を<セリフ>で演じ、歌手は<オペラ>で演じる(歌う)という珍しい、そしてゴージャスな作品だからなのです!

フェスティバル/トーキョー15『真夏の夜の夢』をご覧いただいた方にとっては、いろいろな違いを楽しめる、新鮮な発見が満載の作品になることでしょう!そして、ご覧いただけなかった方にとっては、これが宮城聰演出作品を東京でご覧いただける今年最後のチャンス!

宮城聰新演出、オペラ《妖精の女王》。ご好評につき、12月11日(金)18:00開演の部は完売間近です。ぜひお見逃しなく!

=============​
​北とぴあ国際音楽祭2015 オペラ《妖精の女王》
演出:宮城聰  原作:ウィリアム・シェイクスピア『夏の夜の夢』
作曲:ヘンリー・パーセル 指揮:寺神戸亮
北とぴあ さくらホール
(東京都北区王子1-11-1 JR京浜東北線/東京メトロ南北線「王子駅」より徒歩2分)
◆12月11日(金)18:00開演、12月13日(日)14:00時開演
◇公演の詳細はこちら
=============