2007年6月12日

そら豆くんとめだかの子

Filed under: スタッフ便り

今日は静岡中央養護学校小学部の生徒さんが、椿姫の稽古の見学にいらっしゃいました。炎天下の野外劇場の舞台の前に車椅子でかぶりつきになって、椿姫に出演する俳優の訓練やオープニングの稽古を見学しました。

今日来てくださった10名の生徒さんはいま、自分たちで一つの舞台を創ろうとがんばっているところだそうです。

「ナレーションの役なんだけれど、大きな声が出せません。どうしたら大きな声が出るようになるますか?」

「役になりきるにはどうしたらいいですか?」(この子は、グリンピースの役!だそうです)

「本番で緊張しないためにはどうすればいいですか?」

稽古見学の後に設けられた質問タイムでも、実際に舞台を創る体験をしての、とても率直な、一人一人にとってとても具体的な質問が飛び出します。これらの質問は、大人の俳優でも、プロの俳優でも、だれもがみんな悩むことです。でも、緊張すると身体が震えてきてしまったり、どうにも大きな声ではっきりしゃべれなかったりする子どもたちにとっては、私たち以上に切実な、大きな悩みです。このとても素直な質問に答えながら、ああ一緒だね、舞台を創るってそういうことだよね、と改めて思いました。

中央養護学校の生徒さんが創ろうとしている舞台は、「そら豆くんとめだかの子」という舞台だそうです。出来上がったらビデオを送ってくださるとのこと。彼らがどんな舞台を創るのか、本当に楽しみです。


2007年6月9日

公演が始まるまでの時間

Filed under: スタッフ便り

公演が始まる1時間前から、静岡芸術劇場では2階のカフェ・シンデレラで、舞台芸術公園では喫茶カチカチ山の営業が始まります。なんといっても目玉は、SPACの女優、男優がカウンターに立っていること。舞台の上でしか見たことがない俳優たちの素顔を垣間見ることができます。

今年の「春の芸術祭」では、少しずつ新しいメニューも加わって、開演前の時間をゆっくりと過ごせる空間を演出。ご近所のお米屋さん、イチゴ農家、喫茶店などから提供されるおにぎり、アイス、キッシュをはじめ、スタッフが開拓したレアなメニューがいっぱいです。

今週はイタリアのカンパニー、ピッポ・デルボノ・カンパニーの「戦争」と「沈黙」の2作品を上演するということで、パニーニやブラッドオレンジなどイタリアにちなんだメニューが登場します。

舞台の幕が開く前から、作品を楽しむ時間は始まっています。どうぞお立ち寄りください。