2007年8月26日

「SPAC親と子の演劇教室」発表会まであと一週間!

Filed under: スタッフ便り

「SPAC親と子の演劇教室」では25日から舞台稽古がはじまりました。

『オズの魔法つかい』の発表会を一週間後に控え、稽古の雰囲気もだんだんと緊張感を増してきています。

[1]25日の稽古では、いままで稽古を行ってきたリハーサル室とは違う舞台での立ち位置や動きなどを確認しながら行われました。舞台稽古では演出の中野さんから細かい指示が出され、より高いレベルのものが要求されます。

  

発表会当日は約400人のお客さんの目に晒されます。それに耐えうるだけの舞台を創り上げなければならないので、否が応でも力が入ります。

[2]『オズの魔法つかい』はみなさんもご存知のとおり、主人公のドロシーが、友達のいない退屈な日常からオズの世界へ行き、エメラルドの都を目指していく途中でいろいろな仲間に出会うお話です。その仲間たちはどこか頼りないのだけれども、ともに苦難を乗り越えて、絆を深めていきます。

ドロシーは日常の世界に戻り、オズの世界で出会った仲間たちは消えてしまいますが、退屈だと思っていた日常の中にも豊かな世界があることを知ることができるのです。

今回のこの演劇教室に集まった59人の少年少女たちにも、この演劇教室を通して世界の豊かさを知ってもらえたらと思います。

[1] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2007/oz/IMG_5816.JPG
[2] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2007/oz/IMG_5867.JPG


「SPAC親と子の演劇教室」講座開催

Filed under: スタッフ便り

8月11日(土)の「SPAC親と子の演劇教室」では、稽古のあとに講座が開かれました。

この演劇教室では、実際に身体を動かすだけでなく、演劇とは何かということを考えるための場として講座を開くこととしました。

今回の講座には、演劇教室の参加者だけでなく、その保護者の方々にもたくさん参加していただきました。

まずは、宮城聰芸術総監督よりこの演劇教室についての説明があり、その後、SPACの文芸部、演劇評論家の大岡淳による講座が始まりました。

演劇とはどういうものか、「非日常」という言葉をキーワードに、演劇とは特別な人間関係を特別な方法によって表現するものだという話がありました。こういうと何だか難しそうですが、講師の大岡による身近なたとえ話を用いた語り口が、聞く者の心をグイグイと引き寄せていきます。

[1]後半は、日本の演劇の変遷をたどっていきました。能や歌舞伎の映像を見ながら、これらが音楽などを用いた特殊な方法によって構成され、俳優も日常生活とは全く異なる動きや声によって演じているものだという話からスタートしました。

次に新劇と呼ばれる現代演劇の舞台を見ます。能や歌舞伎とは打って変わって、私たちと同じような格好をした人々が私たちと同じような会話をしています。後ろには楽器を演奏している人たちもいません。より日常生活に近い風景がそこにはあるのです。

最後は、現代演劇の中でも、独特な手法で舞台を創り続ける鈴木忠志(前芸術総監督)の作品『ディオニュソス』の映像を見ました。冒頭の場面だけでしたが、画面の中の役者のエネルギーに刺激されたのか、参加者のみんなは初めて観る鈴木忠志の舞台に真剣に見入っていました。

駆け足での講義ではありましたが、いくつかの代表的な演劇の表現方法を見ていくことで、参加者は演劇の奥深さに触れることができたのではないかと思います。

この講座で得たものを、稽古の現場でも生かしていきたいです。

[1] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2007/oz/P1010077.JPG


2007年8月7日

「SPAC親と子の演劇教室」7日目

Filed under: スタッフ便り

稽古7日目です。蒸し暑い季節になってきましたが、暑さにめげず稽古に励んでいます。

発声やスズキ・メソッドなどの基礎訓練にも集中して取り組み、台本を使った場面稽古やダンスの稽古などにじっくり時間をかけられるようになってきました。

[1]まずは「エメラルドの都」のダンスシーンからです。一見簡単なように見える振付も奥が深く、みんな覚えるのに苦労していましたが、最後は全員がなんとか習得できました。59名の参加者がいっせいに踊りだす様は圧巻です。このダンスが舞台の中でどのように組み込まれていくのか、今からとても楽しみです。

   

ダンスのあとは、『オズの魔法つかい』の台本を使った稽古です。

[2]今日は冒頭のシーンからかかし、ブリキ、ライオンとの出会いのシーンまでをやりました。ドロシー、かかし、ブリキ、ライオン役の人たちが集まって、ひとつひとつの場面をどのように演じるかを相談して決めていきます。実際の舞台ではその周りをシェーカーを手にリズムを刻む人たちが囲っていきます。

   

どうやら舞台は巨大なアンサンブルとなりそうです。その中でひとりひとりの魅力がどれだけ発揮できるかがカギとなります。

[1] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2007/oz/P1010034.JPG
[2] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2007/oz/IMG_5392.JPG


2007年8月3日

「SPAC親と子の演劇教室」6日目 リズムトレーニング開始

Filed under: スタッフ便り

稽古6日目。今日は準備運動、発声練習のあと、スズキ・メソッドに入りました。スズキ・メソッドを習い始めて10日あまり、参加者たちは自信をもってそれぞれの動きに取り組んでいます。

今日から新たに、エッグ・シェーカーをつかったリズムトレーニングがはじまりました。シェーカーとは、物を振ってリズムを刻む楽器のこと。今回参加者のみなさんが使うのは、手のひらにおさまるたまご形をしたシェーカーです。単純なようで非常に奥の深いこの楽器、上達の秘訣は、楽器と仲良くなること。好きな音楽にあわせて、シェーカーを振ってみてください。素敵なリズム、素敵な音楽が生まれるはずです。59名のシェーカーアンサンブル。すごいことが起こりそうな予感がしますね!

[1] [2]

[1] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2007/oz/P1000995_2.jpg
[2] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2007/oz/P1000999_2.jpg


2007年8月1日

「SPAC親と子の演劇教室」5日目 劇場での稽古

Filed under: スタッフ便り

「SPAC親と子の演劇教室」も5日目を迎えました。今日は、いつものリハーサル室ではなく、静岡芸術劇場の舞台での稽古です。

ここ静岡芸術劇場は馬蹄形の劇場で、舞台と客席を区切るプロセニアムアーチ(絵でいう額縁のこと)がないので、舞台と客席がとても近く感じられます。おまけに舞台は奥行きが深く、高さがあるので、役者は相当なエネルギーを出さないと空間に飲み込まれてしまいます。参加者のみんなは、いつもと違うこの空間で何を感じ取ったでしょうか?

[1]今日も発声練習から稽古が始まります。実際の舞台に立つと一気に緊張感が増します。舞台の上では、いつも以上に強い声を出さないと観客に届きません。みんなこのことを肌で強く感じたようです。

    

次のスズキ・メソッドの稽古もいつもより緊張した感じでしたが、きびきびと動けていました。やはり本物の客席を前にすると「見られる」ということを強く意識するようです。

[2]

[3] [4]

   

   

   

    

最後は『オズの魔法つかい』の台本を使った稽古です。

[5]今日は、冒頭の語りのセリフからドロシーといい魔女の会話まで。語りのセリフは、もうだいぶ慣れてきたようでみなスラスラと言えています。語りの前で繰り広げられる、ドロシー、トトといい魔女、マンチキンの出会いのシーンは、演出・指導の中野さんからいろいろな指示が飛び、だんだんと形になっていきました。これからの展開が楽しみです。

今日の稽古では、観客に「見られる」ということを体験できたことが一番の収穫だったと思います。次回からのリハーサル室での稽古でも、この感覚を忘れないでもらいたいと思います。

[1] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2007/oz/IMG_5039.JPG
[2] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2007/oz/IMG_5112.JPG
[3] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2007/oz/IMG_5090.JPG
[4] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2007/oz/IMG_5112.JPG
[5] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2007/oz/IMG_5151.JPG