2007年9月24日

第4回中部高等学校演劇研究会秋季公演 第1日目

Filed under: スタッフ便り

[1]今日は、「第4回中部高等学校演劇研究会秋季公演」の第1日目が静岡芸術劇場で行われました。(参加校と上演作品についてはこちら [2])

城南静岡高等学校、静岡女子高等学校、常葉学園橘高等学校の3校がそれぞれ1時間ほどの作品を上演しました。3校とも高校生をテーマとした戯曲を選び、笑いあり涙ありの高校生活の悩みや夢を描いています。熱のこもった演技から、時には観客の涙を誘う場面もありました。

また、幕間と3校の上演が終わった後には、観客と作品について意見を交わす「交流会」の場が設けられました。「交流会」では、他校の生徒から「あの場面は感動した」「この戯曲の場合はもっとこうした方がいいのでは」といった意見が活発に出され、上演した3校にとっても刺激になったのではないかと思います。

この秋季公演では、参加校1校ずつが、SPACのスタッフとの打ち合わせからはじまり、劇場での稽古、リハーサルを経て、本番に挑みます。本番当日も、受付や客席案内などの役割を各校で分担し、高校生の手で運営していきます。静岡芸術劇場ならではの本格的な照明や音響に苦労しながらも、SPACスタッフからのサポートを受けながら舞台を上演します。学校での上演とはまた一味違った作品に、生徒たちも充実した顔でした。

2日目、3日目はコンクール形式で9月29日・30日に9校が上演します。最優秀賞と優秀賞がそれぞれ1校ずつ選ばれ、その2校が県大会に推薦されます。こちらもぜひお楽しみに。

[1] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2007/09/IMG_6031.JPG
[2] http://otsukimi.net/spac/news/?p=38


2007年9月21日

SPAC秋のシーズン 制作発表

Filed under: スタッフ便り

まだまだ残暑厳しい日々が続いていますが、いつの間にか秋の足音は近づいているはずです。

SPACでは、11月9日〜12月2日にかけてSPAC秋のシーズンを開催します。

今回は宮城聰芸術総監督のSPAC初演出作品など、注目作品が目白押しです。詳しいプログラムの内容は、近々HPでもアップされますが、本日、その制作記者発表会が静岡県庁にて開かれました。

[1]

記者発表には、宮城聰芸術総監督、「転校生」の劇作家である平田オリザさんと演出家の飴屋法水さんが出席しました。同年代で一番その才能に脅威を感じていた二人、と宮城聰が平田さんと飴屋さんを紹介し、どんな作品が出来上がるのか、期待が膨らむ会見でした。「日本語」をキーワードにラインナップを組んだ今回のプログラムに、記者の方々からも色々な質問が飛び交い、30分の予定だった記者発表は約1時間にまで延びました。

3人の旗手が一堂に会したこの会見、なかなか貴重なスリーショットです。

その後、静岡芸術劇場で秋のシーズンの開幕にあわせて発行される雑誌「劇場文化」に掲載する鼎談を行いました。お互いに刺激しあう関係から生じる緊張感を保ちながら、話題は作品創りから、最近の女子高校生、そして公共ホールの役割まで多岐にわりました。雑誌「劇場文化」は、公演日各会場で販売しています。こちらもお楽しみに。

[1] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2007/autum/__________.JPG