2008年5月24日

消された官僚を探して (2)

Filed under: スタッフ便り

公演日当日、時差は6時間、レバノンの朝9時、日本時間の15時からネットの3回線をつかってのリハーサルが始まりました。結局リハーサルは開演の1時間前までかかり、最後の最後まで技術の調整しながらの開演となりました。上演中は何回か回線が途切れることもありましたが、ラビァの肉声をつなげ続けることを目指し作品を上演しました。1度、ベイルートで停電が起こり、3回線すべてが落ちてしまうこともありましたが、この状況下でも必死にメッセージを伝えようとするラビァの執念に近い熱意に必死で耳を傾ける観客と、2時間にわたるパフォーマンスを遠いレバノンからPCの画面に向かってしゃべり続けるラビァの集中力が公演を成功に導きました。「不在」を扱ったこの作品で、私たちはその瞬間確かにラビァの「存在」を感じることができたのです。

終演後、ラビァからメールが来ました。「あなたがたのおかげで、私たちは、戦争というものに負けずにすみました。あなたがたのおかげで私たちは外に出ることができたのです、兵隊たちが私たちを檻の中に閉じ込めようとしているにもかかわらず。」
 
芸術を伝える魂は自由だと、ラビァが伝えてくれた特別な公演でした。  


世界とつながる窓 『消された官僚を探して』

Filed under: スタッフ便り

「Shizuoka春の芸術祭」2作品目となるレバノンのアーティスト・ラビァ・ムルエの『消された官僚を探して』。 

そのラビァから衝撃的なメールが入ったのは8日のことでした。

「お元気ですか?ビザは取れたのですが、状況は全くよくありません。内戦が始まったようです。すぐには終わらなそうな雰囲気です。空港はヒズボラのメンバーに占拠されて閉まっています。レバノン全体がヒズボラの捕虜になってしまいました。街で戦闘が始まりました。ベイルートは燃えています。」慌ててニュースを探してみたところ、確かに、反政府勢力ヒズボラが空港やそこに至る道を封鎖していて、ベイルートの街で戦闘が起き、死者が出ている、という報道がありました。18年前に終わった内戦以来、はじめての状況だそうです。

翌日には、ラビァが仕事をしている与党系のテレビ局もヒズボラに占拠され、放送が停止になった、というメールが来ました。ラビァと私たちスタッフとで連絡を取り合い、何度も現地の航空会社に問い合わせたりして、一時は飛行機が出そうだ、という話もあり、リスクは自分で負うので、道路が分断されてても空港まで歩いていく、とまで言ってくれたのですが、結局飛行機は飛ばないことがわかりました。今にして思うと、無理をしないでいてくれて本当によかった、と思います。ご存じのように、ベイルートでは激しい銃撃戦が繰り広げられ、今でもレバノン各地で小規模な戦闘が続いています。50人以上の方が命を落としたそうです。

ラビァは、そんな状況だからこそこの作品を上演する意義がある、といってくれたので、わたしたちも一緒に公演が実現できる道を探り、「インターネットのライブ映像通信による公演」という形にたどり着きました。(つづく)


2008年5月21日

守番日記 2千両(センリョウ)~手づくりの庭~

Filed under: スタッフ便り

守番の冬は忙しい。何せ厄介者の虫も、にょろにょろとしたものもいないのだから、勝って放題に伸びる蔓や藪の整理も気にならない。
 そう思って残してきたといえば手前勝手とお叱りもあろうが、園地作業は四季を通しそういう場所での自然との競争だ。
 根止めを施した茶畑際の竹林も、何年も手入れを怠ったので、孟宗も細竹に化してぎっしりと茂り、立ち枯れも出始めている。
 この一月は、兎に角傷んだものから取り除こうと夢中であった。作業が進む中で少しずつ竹林に空間も生じてくる。その瞬間の自然の対応は早い、暗い藪の中へさっと陽が差し込んできた。落葉も息づいているかのように、一枚いちまいが輪郭を見せてくる。“森は生きている”と思わず感動が走る。
 しかし、これだけで終わらなかったのが憎い。さすが舞台芸術公園というべきか。
 つやつやの青い葉の間に輝くような小さな紅色の実をつけた小木。葉は細く披針形で、丈が三十センチ程、紛れもなく百両(カラタチバナ)である。慎重に周囲の小枝を取り除くともう一本。園内に十両(ヤブコウジ)は珍しくないが百両には初めて出会った。嬉しい限りである。
 少し離れた箇所に万両も見つけた。全て鳥たちからの贈り物であろう。
 飴も鞭も、汗も涙も糧にしてほしい。やがてセンリョウも、いや千両役者も続々と出てくるに違いない。感謝。