2008年6月22日

『ハルッの物語』(韓国)職場体験

Filed under: スタッフ便り

5月31日、6月1日の公演の劇団ティダ(韓国)による『ハルッの物語』に、静岡市立末広中学校の渡邊清楓さんが職場体験でスタッフとして参加しました。

5月28日(水)は、韓国から到着するティダのみなさんの宿舎などの受け入れ準備、29日、30日は舞台の仕込みの手伝い。本来は3日間の職場体験プログラムですが、31日、6月1日の本番日もスタッフとしてお客様を迎え、一緒に働くことができました。以下、渡邊さんの言葉です。

★★★★

職場体験をさせていただいて、もう毎日が夢のようでした。

私にとって演劇は「夢の世界」というイメージだったので、お客さんを一時だけ、現実からひっぱり出して、嫌なこともすべて忘れさせてくれるような夢を作ることにかかわることができて、本当に楽しかったです。

今回はTuida(ティダ)のみなさんにもかわいがってもらい、仕事も見学も沢山させてもらったのでじゅうじつした貴重な時間をすごすことができました。

役者の体験はできても、制作の体験ができることはありません。なので、この貴重な3日間は何よりも大切な経験で宝だと私は思います。

★★★★

渡邊さんは昨年の親と子の演劇教室プログラムの参加者で、今回学校の職場体験プログラムにSPACで、と申し込んでくれました。ちょうど子ども向けのファミリー劇場『ハルッの物語』の公演の週に、スタッフとして渡邊さんを受け入れることができたのは、私たちにとってもとても貴重な体験でした。