2008年10月27日

清水ハムレット極楽ツアー(日帰り温泉割引情報つき!)

Filed under: スタッフ便り

清水ハムレット極楽ツアー(日帰り温泉割引情報つき!)

みなさんご存じのように、静岡は『ハムレット』ゆかりの地でもあります(ご存じない方は至急、SPAC秋のシーズン『ハムレット』 [1]・『新ハムレット』 [2]のページをご覧下さい!)。というわけで、静岡のハムレットの足跡を訪ねて、昨日清水・三保の松原にある三保園ホテル [3]に行ってまいりました。

1941年、太宰治はこのホテルで『新ハムレット』を執筆いたしました。当時としてはかなりハイカラな、洋館風のホテル。静岡市内で数少ない、源泉掛け流しの温泉で知られています。今回は日帰り温泉を試してみました。

さっそく大浴場に足を踏み入れてみると、ミネラル分で黒ずんだ床に期待をそそられます。体を洗って、秋風に凍えながら板敷きの床をくだっていくと、奥には隠れ家風の露天風呂が。「天女の湯」だそうです。黄色く濁り、少しとろみのある、やさしいお湯。海に近いせいか少し塩気があって、ちょっと浮きます。湯温もちょっとぬるめで、ゆっくりつかっていると内側からぽかぽかとしてきます。湯から出ると海風がさわやかで、ひさびさに胸の奥まで、いい空気を吸った気がします。ごくらくごくらく。

ちなみに男湯には一つ、ちょうど肩胛骨の間のツボにはまる岩がありました。男性の方はぜひ探してみてください。

極楽ついでに、「美味なるものの饗宴 [4]」でおなじみの清水・なすび総本店 [5]で「街道一のまぐろ首領(どん)」を食べてきました。その場でぐつぐつ煮立ててくれる漁師風磯汁は絶品で、清水港水揚げの赤身とトロ、静岡のおろしたてワサビ、煎り胡麻とアサツキでつくるまぐろ丼は大満足です。「美味なるものの饗宴」セット券でお召し上がりの際には、これに1ドリンクが無料でつくとのこと。

天女の入った湯につかって、清水であがった魚を食べて、という生活をしていたら、なかなか「生きるべきか死ぬべきか」なんていう台詞は出てこなそうです。太宰は三保の松原で何を悩んでいたんでしょう?

・・・と思ったら、ぜひみなさんも「清水ハムレット極楽ツアー」を試してみてください。

三保園ホテル様のご好意で、『新ハムレット』の公演がある12月20日・21日にフロントで「『新ハムレット』見ます/見ました」といえば、日帰り温泉通常1,000円のところ、500円になるそうです!

[1] http://spac.or.jp/08_autumn/hamlet.html
[2] http://spac.or.jp/08_autumn/hamlet_dazai.html
[3] http://www.mihoen.jp/
[4] http://spac.or.jp/08_autumn/culture.html
[5] http://www.nasubi-ltd.co.jp/honten/index.html


2008年10月17日

ハムレットマシーン始動!!

Filed under: スタッフ便り

「大人と子供によるハムレットマシーン」の稽古がいよいよ始まりました。 

ハイナー・ミュラーの代表作『ハムレットマシーン』。この、シェイクスピアの『ハムレット』をベースとした、わずか数ページの謎めいた詩的テキストに挑むのは、静岡県内に住む大人2名と子供10名の合計12名です。
この12名はSPACのこれまでの人材育成事業の参加者の中から、演出家大岡淳によって選ばれました。<いま日本で『ハムレットマシーン』を上演するのに最高の俳優を選ぼう>と考えた結論が、「親と子の演劇教室」や「高校演劇支援事業」「体験創作劇場」などのSPAC事業に綺羅星のごとく集まっていた少年少女の起用でした。さらに壮年老年も参戦してまさにドリームチームの誕生です。そして私たちスタッフは、稽古初日からその輝く才能の片鱗に早くも驚くこととなったのです。
    稽古初日の最後、演出家からこんな難しい課題が・・・   「では、1人ずつ、ハムレットマシーンを表現する2、3分の作品を作って発表してください。考える時間は20分。」しかし、この無理難題も何のその、各自それぞれ個性あふれ、魅力のある小作品が発表されました。ゼンマイ仕掛けのおもちゃのような動きをする者、床に寝そべり客席に背を向けたままボソボソとセリフを言う者、スキップしたり床をゴロゴロ寝転がりながらセリフを言う者・・・次々と出てくる豊かな表現力に演出家や観ていたスタッフたちもびっくり。今後の可能性の広がりを大いに感じました。

さて、この恐るべき12人が本番でいったい何を観せてくれるのか・・・、乞うご期待です!!                                        

             

  

  

  


SPAC秋のシーズン 『ハムレット』稽古見学会報告

Filed under: スタッフ便り

SPAC秋のシーズン開幕に先がけて、ラインナップ紹介と『ハムレット』の稽古見学会が開催されました。劇場のホワイエで椅子を丸く囲んで芸術総監督宮城聰から、今回『ハムレット』と『ドン・キホーテ』を並べた理由など秋のシーズンの見どころを紹介、また、リハーサル室で約50分に渡る『ハムレット』の稽古を見学していただきました。

舞台と同じ面積を取ることができるリハーサル室とはいえ、やはりその近さには迫力もの!演出家から次々と出される指示に俳優も集中した稽古を行なっていました。間近で聞く俳優の声の大きさにびっくりしたり、演出家とのやりとりに観客からの笑い声もあり。本番までどのように舞台が出来上がっていくのか、その工程を少し垣間見ることができました。

      

14:00からと16:00からの回、どちらも開催前に40名の定員になってしまい、ご覧いただけなかった方、本当にゴメンナサイ!

参加者のみなさんからアンケートをたくさんいただきました!本番まであと少し、みなさんからの熱い言葉を受けてまた頑張ります!

以下一部ですが参加者のみなさんの感想です。

★本番さながらの迫力ある稽古で監督のするどい指摘に演ずる人も大変だなあと感じました。

★ああ私はハムレット型人間だと確信し、胸のつかえがとれすっきりしました。

★俳優の方々がこんな風に稽古をしているんだと素直に驚きました。本当に一つ一つのセリフに重要な意味があるんだと思いました。

★1mの近さで俳優さんの眼差しや声を聞いて、これは心に響くものがあります。

★50分が50秒くらいに感じました。宮城さんのお話し、うなずきっぱなしでした。


2008年10月13日

速報!稽古見学会の模様が放映されます!

Filed under: スタッフ便り

本日、14:00からと16:00から開催している「SPAC秋のシーズン ハムレット稽古見学会」の模様が、本日18:15~のテレビ静岡のニュース番組内で放映されます!

芸術総監督宮城聰や俳優のインタビューも取材されました。

早々に定員になってしまったこの企画、その模様がちょっとでもご覧いただけるかと思います!どうぞお楽しみに。

 


2008年10月10日

役者おくぬ~日記 「出会いの場」

Filed under: スタッフ便り

世はまだまだバブリーな時代、
大阪駅前第四ビル10階にオフィスを構え、「異業種交流会」を主催する、
広告代理店の社長の思い込みで出来た会社の学生スタッフが私の初バイトでした。

自分でイベントを企画したりと楽しい会社でしたが、
初バイト先が「出会い」を売り物にしていたから…かどうかはわかりませんが、
そこで知り合った人達との交流は今も続いてますし、
素敵な出会いができる場所っていつの時代も大切だな…と思うことがよくあります。

12月20日の『ドン・キホーテ』公演にトークゲストに来てくれる柚木さんの主宰する
「スノド・カフェ」は県内外のアーティストが数多く集まるスペースで、
ついつい時間を忘れて語り合って、翌日寝不足気味になったり…することも…
なきにしもあらず…。カフェの本場フランスにまで名が轟くのもわかる気がします。

こんどSPACでも新しい企画が立ち上がりまして、
それも劇場ならではの素敵な「出会い」が出来る機会になるのでは…と期待しているのですが…。

食欲の秋、読書の秋、芸術の秋…そんでもってリーディングの秋ということで、
今週の日曜の昼下がりと来週金曜の夜、劇場のカフェにて

SPACリーディングカフェ『ハムレット』をオープンします。

芝居経験関係なく、古典の名作をダシに集まって、俳優とゆっくりお茶でも飲みながら、
シェイクスピアの「ハムレット」を声に出して読むというもので、
年齢、性別、経験は不問、自分の身体を通して名作の世界に触れながら、
いい時間が過ごせればと思います。

これもまた、素敵な「出会い」の場になればと思っております。

詳しくは
http://www.otsukimi.net/spac/news/?p=69 [1]

[1] http://www.otsukimi.net/spac/news/?p=69


2008年10月8日

湯ヶ島小学校ワークショップ

Filed under: スタッフ便り

10月2日、 「SPACの宮城聰総監督に教えてもらおう 『伝えること、表現すること』を学ぼう」
という授業の依頼を受けて、伊豆市立湯ヶ島小学校へ行ってまいりました。

参加者は5年生、6年生あわせて46名。
「SPAC秋のシーズン」で上演される『ハムレット』の音楽担当の棚川寛子を中心に、俳優5名、スタッフ総勢8名で天城へ向かいました。

学校で給食をいただいたあと(何年ぶり?の給食、実においしかった!ごちそうさまでした)、会場の天城温泉会館大ホールへ。ステージではなく、客席を収納して空いたスペースでさあ、開始です!

あらかじめ児童のみなさんに用意していただいたのは、なんと空のペットボトル。
SPAC俳優陣が持参した打楽器の数々(ジャンベ・クラベス・ジュンジュン・シェイカーなど)のアンサンブルに生徒の皆さんにも空のペットボトルを打ち鳴らして参加してもらおうというわけです。
(実はコカ・コーラ2ℓのペットボトルが一番いい音がするそうですが、なぜでしょうね?!)

身体をほぐすウォーミングをやった後は、輪になって、両手に1本ずつボトルを持ちます。
「自分の音を出すことは、他人の音を聴くことから始まる」
俳優が鳴らしたクラベスのリズムを聞いて、隣の子の持つボトルを叩いてそのリズムを伝えます。隣の子も、そのまた隣の子のボトルを叩いてリズムを伝えていく。一人一音ずつ追いかけて、音を伝えていきます。

次はしりとり。
一人が言ったことばを全員で唱和しつつ、音節でリズムをとる。
最初は声を出すことを恥ずかしがる子や大きな声の子などバラバラだったのが、だんだんみんなが「いま声を出している子」に耳を澄まして、聴き取れるようになりました。

そしていよいよ演奏です。
楽器はペットボトルのみ。4グループに分かれて、グループごとのフレーズを順番に演奏していきます。
複雑なリズムにもしっかりついてきて、 力強い演奏が繰り広げられました。
グループごとに「華やかさ」や「たくましさ」といった特色がはっきり感じられ、ロックも顔負けの迫力にあふれたライブ演奏が天城温泉会館に響きました。

最後に宮城総監督から、打楽器は「合っている」「合っていない」という感覚がダイレクトに返ってくるコミュニケーション・ツール。ズレているという違和感を、おたがいに少しずつ合わせていってハマったときの感触を覚えてほしい。
これからますます人間同士が直に接する機会が減っていくのかもしれないけど、だからこそ「一期一会」――という気持ちを大事にしてほしい、とお話がありました。

台詞も音楽も、呼吸を合わせて相手に伝えることが大切。俳優の身体もそれ自体が一つの楽器のようなものかもしれません。コミュニケーションも一緒です。自分を伝えるには、まず相手を知ること、聴くことが最初の一歩につながります。参加者のみなさん、あのグルーブの感覚を忘れずに!

[1]   [2]

[1] http://www.otsukimi.net/spac/blog/?attachment_id=155
[2] http://www.otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2008/10/img_0174.JPG


2008年10月1日

第5回中部高等学校演劇研究会秋季公演

Filed under: スタッフ便り

第5回中部高等学校演劇研究会秋季公演が、静岡芸術劇場にて開催されました。
9月21日(日)は、ノンコンクール参加作品として、
 ●清水西高等学校『ワライダケ』
 ●島田学園高等学校『正義と悪と・・』
 ●常葉学園橘高等学校『クロスロード』
 ●静岡女子高等学校『ナツヤスミ語辞典[21世紀版]』
 ●島田工業高等学校『ワールド・エンド』

9月27日(土)・28日(日)は、コンクール参加作品として、
 ●静岡東高等学校『桜井家の掟』
 ●焼津水産高等学校『栞』
 ●大井川高等学校『Fermata』
 ●静岡学園高等学校『トシドンの放課後』
 ●静岡高等学校『夏の庭』
 ●榛原高等学校『流れ星の作り方』
 ●静岡城北高等学校『時計の針を進めましょう』
 ●静岡市立商業高等学校『Is―アイズ―』

が上演されました。

この秋季公演では、高校演劇部の皆さんに、静岡芸術劇場での上演を通して、よりレベルの高い舞台作りのスキルを獲得してもらうために、プランの打合せからSPACのスタッフがアドバイスをおこなっています。

静岡芸術劇場という大舞台での舞台づくりも4年目となる今回、どの学校も確実にレベルアップしてきています。前回参加した時とは比べものにならないほど役者、スタッフの力が上がった学校もあり、その舞台成果にスタッフも大変驚きました。

コンクールでは、SPAC文芸部の演劇評論家・大岡淳が審査員として各校の講評と今後の課題について、ノンコンクールでは、打ち合わせの段階から立ち会ってきたSPAC技術スタッフがイメージの具体化、リハーサルの進め方を含めて講評を行ないました。また「合評会」では、演劇部OBOG、客席の皆さんからの意見を含めた議論が活発に行なわれ、彼らの今後の活動の糧になることと思います。

27日・28日のコンクールでの、最優秀校1校、優秀校1校が大岡淳(SPAC文芸部)の審査によって決定いたしました。
この2校は11月15日・16日に行われる県大会に出場いたします。

最優秀校
 静岡高等学校 『夏の庭』
優秀校
 静岡市立商業高校 『Is―アイズ―』

今回の公演をさらにパワーアップさせて頑張ってほしいと思います。


この静岡芸術劇場での高校演劇も4年目を迎えました。初年度に出会った生徒はもう学校を卒業し、それぞれの道を歩んでいます。そして不思議なもので、代替わりしても各学校のカラーというものはあります。先輩達が残した財産を受け継ぎ、新たな課題と向き合いながら、確実に成長しています。卒業生の中には、その後もSPACに足を運び、元気よく声を掛けてくれる人たちもいて、彼らの存在は現役生にとってだけでなく、私たちスタッフにとってもとても励みになっています。
下の写真は、公演を終えたばかりの現役生と演劇部OB、SPACスタッフの記念写真です。終演後、現役生が送ってきてくれました。ここが青春の場所!という感じが溢れているいい写真でしょ。