2008年11月29日

『ドン・キホーテ』演出家・原田一樹を紹介します

Filed under: スタッフ便り

初日まであと一週間となった『ドン・キホーテ』。
演出家の原田一樹さんにその見どころなどを聞いてみました。

―――まずは簡単に自己紹介をお願いします。

原田一樹。舞台演出家です。自分でもキンダースペースという劇団をやっていて、そこでは年に三本、四本、仲間たちとやりたいことをやってます。SPACでの演出は、今度で四本目。ここにはいい意味での緊張感と刺激と教えられることが沢山あって、私にとって重要な現場の一つです。

―――『ドン・キホーテ』というと元々とてつもなく長い話ですが、今回の舞台の見どころを教えてください。

この質問は良く受けるのですが中々応えるのが難しいですね。というのは、演出家はそこにフィクションをどれだけ刺激的に立ち上げられるかがその役割と思っていて、そのために俳優をどう見せるかを第一に様々なことを考えるのですが、一つの見所と言う風にはあまり考えないからです。ましてドン・キホーテは、原作に山ほど舞台化しうるモチーフ、テーマがちりばめられています。あえて言えば、今回私と俳優達が、そこをどう切り取って、私たちのドン・キホーテを作ったか、そこを見ていただきたい。

―――公演に向けて一言お願いします。

今回、芸術総監督の宮城氏の立案の四本のうちドン・キホーテを託されました。企画自体、本当にスタンダードであり、なおかつ画期的で、指名は名誉なことと考えています。だからと言うわけではないのですが、キホーテについて考えを凝らせば凝らすほど、キホーテの中のハムレットに思いが至って、なんだかハムレット以上にハムレットなキホーテかもしれません。しかしそうして描けば描くほど、ドン・キホーテが浮かび上がってくるので、これも不思議です。とにかく、舞台と言うものの深さ広さ、雑駁と核心、拡散と集中、それらの入り混じった祝祭的な空間を届けることが出来ればと、考えています。

 ――公演まで1週間となり、稽古も舞台仕込みも大詰めの中、ありがとうございました!俳優・スタッフとまさにいま創り上げている熱が伝わってくるようなコメントをいただきました。たくさんの方のご来場をお待ちしています!

 


2008年11月28日

『ドン・キホーテ』仕込み開始!

Filed under: スタッフ便り

『ハムレット』公演が無事に千秋楽を迎えました。
11月9日に幕を開けた舞台が、公演回数を重ねるごとに日々成長していく、舞台というのはお客さまに育てられていくのだなぁという思いを強くしました。
ご来場くださったお客様、誠にありがとうございました!

『ハムレット』公演を終え、「SPAC秋のシーズン」もいよいよ折り返し地点です。『ハムレット』をご覧になったお客様、思い出してください、今回のテーマは「ハムレットとドン・キホーテ」。いよいよ『ドン・キホーテ』の出番です!
静岡芸術劇場は、はやくも『ドン・キホーテ』に仕込替え。
シンプルな舞台装置だった『ハムレット』とは対照的に、『ドン・キホーテ』の舞台装置はとても大掛かり!もちろん、あの風車も登場します!装置のほとんどが「木材」で作られているため、なんだか手作り感のある暖かい雰囲気も感じられます。
普段の静岡芸術劇場の雰囲気とはまったく違うので、皆さんきっとびっくりされると思いますよ。

リハーサル室で行なわれている稽古も公演が近づくにつれ、熱がこもっていきます。
俳優の皆さんは、本当にエネルギッシュで、笑えて、泣けて・・・
子どもから大人までどなたがご覧になってもお楽しみいただける舞台になると自信を持ってお届けいたします!

   


2008年11月25日

『大人と子供によるハムレットマシーン』稽古場便り

Filed under: スタッフ便り

『大人と子供によるハムレットマシーン』の稽古もいよいよ佳境に入ってきました。
冬が近づき寒さはつのるばかりですが、追加公演(詳細はこちら [1])も決まり、稽古場は熱気に包まれております。

ひさびさの稽古場便りとなってしまいましたが、今回は、演出を担当する大岡淳さんをインタビュー形式でご紹介します。

―――自己紹介をお願いします。
大岡淳と言います。肩書きは、演出家・批評家・パフォーマーで、理論と実践の両面から、舞台芸術に携わっております。ふだんはSPACの文芸部に所属していて、袋井市にある月見の里学遊館の芸術監督も務めています。教育現場に演劇ワークショップを導入する試みも、あちこちで展開しています。

―――難解なテクストとして名高い『ハムレットマシーン』を10人の子供(中高生)と2人の大人が演じるということ自体、異色の組み合わせだと思いますが、ズバリ今回の舞台の見どころを教えてください。
ハイナー・ミュラーの『ハムレットマシーン』という戯曲は、シェイクスピアの『ハムレット』を、現代人の孤独と重ね合わせる実験的な内容なのですが、今回の私たちの『ハムレットマシーン』は、ハムレット的な「青年」の苦悩を、からかい、笑い、挑発することをテーマとしています。「青年」以前の世代と以後の世代が、寄ってたかって「悩んだってどうにもならねえ」と大騒ぎするお芝居です。稽古場も大騒ぎです。必ず楽しんでもらえると思います。

―――最後に公演に向けて一言お願いします。
美術の石上和弘さん、音楽の河崎純さんと、プロのアーティストが結集し、SPACのスタッフと共同作業を重ねながら、この舞台を支えて下さっています。出演者も面白いのですが、このスタッフの仕事も見ものです。小ぶりだけれども贅沢な作品に仕上がりそうな予感がしています。出演者がオトナになったら上演できない芝居なので、お客様には、ぜひ今回御覧いただきたく存じます。

[1] http://www.otsukimi.net/spac/news/?p=79


2008年11月14日

SPAC+静岡シネ・ギャラリー 共同企画ミニセミナー「ハムレット ON MOVIE」が開催されました!

Filed under: スタッフ便り

葵区のサールナートホール・静岡シネ・ギャラリーは、静岡でミニシアター系映画が好きな方ならきっとご存じでしょう。このたび、静岡の文化を担う「劇場」同士、初めて共同企画を立ち上げることができました。

「SPAC秋のシーズン」で上演される『ハムレット』と『ドン・キホーテ』、この二人の人間像が、古今の映画ではどのように取り上げてきたかを探る連続講座です。
まずは第一回目の「ハムレット ON MOVIE」が、さる10月25日(土)にサールナートホールの2F「研修室」で開催されました。講師はSPAC学芸係・横山義志。
ホンモノの舞台は11月9日(日)から、静岡芸術劇場で開幕となりますが、その前フリに映画でのいろんなハムレットも押さえておこうというわけです。
イーサン・ホークやローレンス・オリヴィエはもちろん、「メル・ギブソンやシュワルツェネッガー(!)も演じている『ハムレット』。
それぞれのハムレットの魅力から、時代を超えた個人の悩みの普遍性、シェイクスピアが生きたイギリスといまの日本との意外な共通項など話題は尽きません。

質疑応答の時間には、お客様からも「インノケンティのハムレットを観たことがある」「静岡で生瀬勝久と古田新太がやった『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』を観た」といったお声がぞくぞくと挙がり、おおいに賑わいました。この日のお客様は、映画にも舞台にも造詣の深い面白い方々で、とても濃い時間を過ごすことができました。

帰りに、次回11月30日(日)開催の『ドン・キホーテ ON MOVIE』を予約していかれた方もいらっしゃって、この企画の今後が実に楽しみです。

次回の講師は静岡県立大学准教授、スペイン語・文学の大楠栄三先生。今回以上に縦横無尽に掘り下げられた講義が展開されることでしょう・・・『ドン・キホーテ』をご予約いただいた方も、まだの方も、ぜひ肩の力を抜いて豆知識を蓄えてみませんか !


2008年11月7日

朝のラジオの宮城聰をチェック!

Filed under: スタッフ便り

11月7日7:15~7:24 SBSラジオの情報三枚おろし に宮城聰が出演します!

まもなく初日を迎える『ハムレット』の見どころなど、たっぷり語ります。

情報三枚おろし以外の部分にも時々登場しますので、通勤の車中などでぜひ聞いてみてください。

もちろん、毎週月曜日のK-mixラジオの「県人・賢人・ご意見人」にも引き続き登場していますよ!

K-mixのパーソナリティの小林千穂さんは、11月23日の「ハムレット」の終演後のトークゲストにもなっていただいています。

宮城との息の合った掛け合いを劇場で聞くことができますのでお楽しみに。

 


2008年11月6日

まもなく開幕!直前の稽古風景取材放映!

Filed under: スタッフ便り

いよいよ今週末開幕となる「SPAC秋のシーズン」。本日、SPAC新作の『ハムレット』の稽古風景の取材が行なわれました。迫力の舞台の一部を少しでもご覧ください。臨場感溢れる劇場内での演出家宮城聰からの見どころの紹介も併せて放映されます。

放映は 静岡ドリームウェーブ(ケーブルテレビ) 11月10日(月)17:30~

 どうぞお見逃しなく!