2010年3月31日

ボゴタ演劇祭参加の記①

ボゴタ演劇祭参加の記

SPAC文芸部 横山義志

3/29

SPAC宮城作品でははじめての海外ツアーである。ボゴタってどこだ、とお思いの方のために一応言っておけば、南米コロンビアの首都。ボゴタ・イベロアメリカ演劇祭といえば世界三大演劇祭の一つで、なんだか大変な演劇祭らしい。とはいえフェスティバルについての日本語情報は少なく、私も今回はじめて実物を目の当たりにするので、見たこと聞いたことなど、書き記しておこう。

静岡芸術劇場を朝8時30分に発ち、ついさっき23時頃にホテルに着いたのだが、時差がマイナス14時間なので、実際にはかれこれ28時間近くバス・飛行機・バスの旅路を続けていたことになる。飛行機だけならヒューストン乗り継ぎで、乗っていた時間は正味17時間。遠かった・・・。標高2600メートルの高地にあるので、途中で高山病対策の薬を飲む。

ホテルに着き、先発組の俳優たちと合流。総勢34名の大集団である。スーツケースが出てこなかった俳優がいたものの(これはかなり困った・・・)、とりあえずまだ病人は出ておらず、一安心。

技術スタッフたちは超長旅の疲れも見せず、いきなりそのまま一路劇場へ。私は劇場に行っても役に立たなそうなので、とりあえず休んで明日に備えよう・・・。


2010年3月28日

<萌目線。vol.37>感謝デー!!

Filed under: 未分類

SPAC初のイベント、
『ファン感謝デー』が開催されました!!
日ごろ応援してくださっている会員の皆様、ボランティアの方々、劇団員のご家族などの皆様に、
SPAC俳優・スタッフが感謝の意を込めて!!

いつもとちょっとちがう劇場にご招待させていただきました!!
カフェでは、貴島さん・武石さん・永井さんの自慢の手料理が振る舞われたり…

感謝デー永井

感謝デー武石

感謝デー貴島

衣装スタッフハンドメイドのアクセサリーがあったり

感謝デージョンミン

なっかん先輩と腕相撲できたり

感謝デー仲谷

この他にも、

普段はお見せしない劇場のバックヤードのミステリーツアーや演奏体験ブース、
SPAC写真部のアルバム公開、
マッサージや占いや人生相談まで!!

劇場のいたるところでSPACメンバーが皆様をおもてなしさせていただきました。
感謝デー集合

ちなみに私は…
『SPAC大人大会』と称されたステージ企画で、
以前バイトしていたメイド喫茶のネタを公開させていただきました(笑)

感謝デー石井1

感謝デー石井2
なかなか緊張いたしました…

最後には、観に来てくださった皆様と、
チューターをしてくださったたきい姐さんと…ドン・ファン様…?!

と、記念撮影!!

感謝デー舞台
いつもの公演の日とちがって、皆様とゆっくりお話しさせていただくことができて、私たちにとっても嬉しい日になりました。

また是非開催したいと思います!!
それまでSPACメンバーそれぞれ芸を磨いておかなければ…!!
そして本日、
『王女メデイア』コロンビアツアーに出発です!!

SPACに入ってちょうど一年、
初の海外ツアーです。
頑張ってきます!!


<スパカンブログ①>静岡から世界へ「SPAC-ENFANTS」メンバーオーディション!!

出演者は静岡の子どもたち!

演出・振付はフランスを拠点に国際的な活動を展開するダンサー・振付家のメルラン・ニヤカムさん!

SPACが独自のダンス作品を創造する国際共同制作プロジェクト「SPAC-ENFANTS(スパカンファン)」。(ENFANTSはフランス語でこどもの意味)

この「SPAC-ENFANTS」のメンバーオーディションを3月19日から22日までの4日間開催いたしました!!

このプロジェクトで演出・振付をてがけるメルラン・ニヤカムさんはSPAC主催の国際舞台芸術フェスティバル「Shizuoka春の芸術祭」20072008にご自身のカンパニーとして参加されていますので、ご存知の方も多いと思いますが、ご覧になった方々から大変な人気をほこる振付家・ダンサーです。

今回のメンバーオーディションには静岡県内の新小学6年生から新高校2年生を対象に静岡全域からたくさんの子どもたちが参加してくれました。

ウェブ用3

モダンバレエ、ジャズダンス、ヒップホップダンスなどの経験者からまったくの未経験者まで、様々な個性を持った子どもたちの参加で大いに盛り上がりました。

ブログ用1

今回のオーディションは、テクニックを競うテストではなく、振付のニヤカムさんとともに一緒に踊りながらそれぞれの個性や表現をアピールしてもらうワークショップ形式ですすみました。

今まで体験したことのないような身体の使い方、今まで踊ったことのないような振付、言葉も違うなかはじめはとまどう参加者もいましたが、ニヤカムさんのパワフルでユニーク、そして多種多様な表現でみせるダンスにしだいにその個性とあふれる元気を発揮してくれました。

ウェブ用2

非常にタイトなスケジュールでハードなオーディションとなりましたが、たんなるメンバーオーディションとしてだけでなく、ニヤカムさんとの出会い、初めて会う参加者同士の出会い、そしてまさに踊ることの楽しさを実感してもらえた4日間だったと思います。

ブログ用5

このオーディョンで選ばれた10名のこどもたちはSPAC-ENFANTSメンバーとして、9月4日、5日の静岡芸術劇場での公演を目指して夏休み稽古に取り組みます。

ニヤカムさんとともに、SPAC-ENFANTSは世界をも視野に入れたクオリティーのダンスを目指します!

静岡にSPAC-ENFANTSあり!皆さんSPAC-ENFANTSたちの活躍にご期待ください!!


2010年3月26日

SPACの会会員、SPACシアターフレンズ、SPACシアタークルーの皆様に贈る!

Filed under: 未分類

3月の宮城新作「ペールギュント」おかげさまで無事終了、次は「王女メデイア」のコロンビア公演が予定されており、出演俳優は28日の出発を前に稽古も佳境を迎えております。
その、出発の前日、3月27日には…SPAC初の試み、いつもお世話になっているSPACの会、SPACシアターフレンズ、SPACシアタークルーの皆様に贈る「ファン感謝デー」が開催されます。
どんなことをやるかといいますと…
静岡芸術劇場ロビーではフリーマーケットをしたり、カレー屋さん、甘味所、喫茶店等々の気を並べて料理の腕を披露したり…バックステージミステリーツアーを敢行したり…15時からは劇場内でビンゴやゲームといった、劇場全体がお祭りムードに包まれる感じで、参加者の皆様と一緒に楽しめる一日になればと準備をすすめております。
何時に来て頂いてもオーケーです。普段とは違うSPACの新しい魅力と出会えるかもしれません。

SPACの会会員、SPACシアターフレンズ、SPACシアタークルーのみなさまに贈る
「SPAC☆ファン感謝デー」
日時:3月27日(土)13時~18時(13時より受付開始、ロビー企画開始、15時より劇場企画開始)
会場:静岡芸術劇場1階ロビー2階ホアイエ
内容:SPACの俳優、スタッフによる様々な出店やパフォーマンス

・SPACの会会員、SPACシアターフレンズ、SPACシアタークルーのみなさま ご本人様含め4名様までお越しいただけます。
・ 入退場は自由です。

もしお時間ありましたら、ぜひお気軽に劇場にのぞきにきてくださいませ。


2010年3月23日

<萌え目線。vol36>ペール・ギュント千秋楽

Filed under: 萌目線。

3月21日、『ペール・ギュント』千秋楽をむかえました!!

ご来場くださいました皆様、応援してくださいました皆様、
ありがとうございました!!

舞台と兜

新作にして大作だった今回の『ペール・ギュント』、いかがでしたでしょうか?

観に来てくれた小学生のお友達から絵付きの感想文をいただいたり、
終演後のカフェでお声をかけてくださる方もいて、
出演者、スタッフ一同嬉しく思っております。

今回も、劇中の音楽は俳優の生演奏でお送りしました!

舞台装置のサイドにあった演奏エリアがよく見えるようになっていたので、
その楽器の数の多さにびっくりされた方も多いはず。

世界各国の色々な楽器で、世界を飛び回るペールの人生を盛り上げました!

稽古始めの頃、「SPAC俳優の登竜門」とご紹介したアフリカンドラム、ジャンベも大活躍でしたよ。

ちなみにこの「ジャンベ」という名前、
作曲家で演奏指導の棚川さんが教えてくださったのですが、

「ジャは一緒に、ンベは行ってかえってくる。」

という意味なんですって。

出演者みんなで一緒に音楽を奏でて、自分が発した音は誰かのもとに行ってまた還ってくる。

そのお話を聞いてから、ジャンベの音を聞くと、一人じゃないって思えて頑張れるんですよ。

しかしながら演奏の腕前は・・・まだまだまだまだなので・・・
これからも日々精進します!!

 

楽日のカフェは、『シンデレラ』ならぬ『カフェ・ロビクル』(?)で!
カフェロビクル

和装とクラシックな洋装がメインだった今回の衣裳。

一緒にお写真を撮ってくださったり、
「ブログ見てます」とお声をかけてくださったりする方もいて、
嬉しいかぎりです。ありがとうございます!

ペール1
抱腹絶倒の人生ゲーム、さっそくですが再演が決まっておりますよ!

『春の芸術祭』では、さらに自分自身を探す旅へ!

パワーアップして皆様にお届けできますよう、これからも稽古を頑張ります!

お楽しみに。

<萌目線。>とは・・・
SPAC新人俳優石井萠水の目線で稽古場や舞台裏の様子をお届けしています。


2010年3月20日

役者おくぬ~日記「雨の中を走った!駿府マラソン」

春の訪れを感じさせる今日この頃ですが、
最近は更新もまばらで季刊にも満たないおくぬ~日記

3月6日初日を迎えた宮城新作『ペール・ギュント』も
残すところあと二回、
これは見応え十分の大作です。

そういえば

3月7日、ペール二日目、
小雨まじりの寒い朝でしたが、
参加してきました。

「なっかんと走ろう駿府マラソン」

吐く息は白く、足下はぬかるみ、更衣室もごった返し、
荷物を置く場所もなく、雨を凌げる軒すらないこの状況は、
ま、戦争中の兵隊さんの役作りに少しは役立つかもしれないが…

正直、時間とともにストレスも増す。

あたりは人人人でごった返し
受付周辺でチームSPACとしてこの企画に参加してくれるランナー達を見つけるのも一苦労。

それもそのはず、当日参加者は1万3千人以上がエントリーしていたのである。
受付会場の駿府公園は人人人でごった返し、さながら難民収容所のよう。

寒さと体力を奪い、ストレッチも満足に出来ず、
手がかじかんでゼッケンがうまくつけられない。

しかし、そんな悪条件をものともせず
なっかんは颯爽と現れ、悠然とアップをはじめる。

なっかん0096s

制作部からの参加者の荒井、大保も臨戦態勢

一般からも10kコース出場に余裕の劇団静火倉石パパ、
寒さに震えながらも明るいみえさん、
そしていつもながらマイペースのおっちーさん
応援にはちひろさん、さやかちゃん母娘が大会に華を添え
休日返上でSPAC技術部、市とマダムの二人も我々の荷物を引き受けてくれ、
いつのまにか応援団もそれなりに盛り上がりをみせ
悪条件に下がりかけたテンションを上げ、やる気も増す。

この日のためにマダムの指導のもと、
衣装室の端切れ布で作った
SPACノボリの下に集まり
同じく手製のSPACハチマキを全員でしめることで
増した連帯感は体育祭を少し彷彿とさせた。

皆で10kを走る倉石パパを見送り、
そしてハーフのなっかんを送り、
我々もいざスタートへ。

 あらい0108s

しかし、今思えばこの応援…というか声援。

不思議なもので、
走ってる道ばたで「がんばれ~」と沿道の人が声をかけてくれるだけでも
元気が出るから不思議である。

 P1020596trs

P1020586trs

P1020593trs

P1020590trs

今回寒い中、応援にかけつけてくれた皆さんの存在が
我々ランナーにどれだけの力を与えてくれたかわからない。

そのせいか、

ハーフマラソンを走りきったなっかんは
900人近い中で何と16位!
参加ランナーもみんな完走!
雨の中応援してくれた応援団もみんな元気!

20100307211340593仲

なっかんと0124s

SPACの中でも新たなムーブメントがはじまった感じの大会になりました。

来月は桜マラソンでのウォーキングです!

ちなみに、

マラソンの後は
劇場で「ペールギュント」の本番シフト。

ハーフマラソンを走ったにもかかわらず、
なっかんは僕とカフェ業務にいそしんだのでした。

そんなこんなで盛り上がっておりますペールギュント3月公演
20日と21日の二回です。

ちなみに20日は三島から、21日は名古屋から観劇無料バスが運行します。

まだご覧になってない方、ご予約はお早めに!


2010年3月12日

路上パフォーマンスでペール・ギュント!!

Filed under: 未分類

本日、109前広場とペガサートの地上広場で路上パフォーマンスを行いました!

ペガサートでは今回が初の試みです。

実は2月11日に予定されていたのですがあいにくの雨模様で中止、そして本日行うことになりました。

『ペール・ギュント』では俳優による打楽器の生演奏が行われます。ということで、路上でも披露!俳優もなんと20人!にぎやかなパフォーマンスになりました。

109前1

静岡の街中でのパフォーマンスは今回で3回目。

これからも街に繰り出していきますので、劇場以外でもSPACをみつけてください。

全貌を確かめに静岡芸術劇場へもぜひ足をお運びください。


2010年3月8日

俳優仲谷、春風のごとく疾走す!、自己記録更新なる!

Filed under: 未分類

3月7日(日)「駿府マラソン」が駿府城を中心に静岡市内をコースに開催され、SPACの俳優、仲谷智邦がハーフマラソンの部に出場、みごと1時間19分10秒と高タイムでゴールし、自己記録を5分ほど短縮。順位としても833名出場中(30歳台の部)19位と、かなりの高順位につけるという快挙を成し遂げました!

あいにくの冷たい雨の中のスタートになりました。めげずに栄養補給をする仲谷。「なっかんと走ろう!」に応募してくださった、劇団静火の倉石さん(10k)、落合さん(5k)、朝羽さん(5k)も緊張しつつスタートを待ちます。SPACからは俳優奥野と制作部荒井と大保(3人とも5k)も出場しました。全員がお手製のSPACのアップリケが施された鉢巻きとステッカーを身につけて走ります。まさに走る広告塔、雨などに負けられません!。渡邊さんと清楓さん親子も応援に駆けつけてくれました!

P1020583ss

P1020580s

9:30、10kの部に出場の倉石さんを見送り、いよいよ10:00ハーフマラソンのスタートです。県庁前がスタート地点ですが、折り返し地点はなんと用宗港…。(用宗まで走るなんて想像しただけで気が遠くなります。)そうこうしているうちに5kの部もスタートしました。

5kの部の珍レースっぷりは、ブログ<おくぬー日記>でお楽しみください!5k出場メンバーが無事ゴールしてしばらくした頃、ハーフの部のランナーが次々に駿府公園内のゴールに走りこんできます。快走する仲谷!

P1020596trs

ゴールしても息がほとんど上がっていないあたりが立派です。次はフルマラソンに挑戦し、3時間を切りたいとのこと。なんと頼もしい!今後の俳優&ランナー仲谷の活躍に是非ご注目ください。

P1020598s

「なっかんと走ろう!」に」参加してくださったみなさん、ありがとうございました。SPACTシャツを着て必死に走る姿はきっと沿道に人々の目に焼きついた?ことでしょう。来年は衣裳を着て走るのもよいかもしれませんね。あ、その前にまずトレーニングから、ですね!

P1020606s

P1020607s

4月4日(日)の「日本平桜マラソン」の<応援ウォーキングラリー>にもSPAC俳優が参加します。いまのところ俳優の奥野、永井、舘野が参加予定です。制作からも数名参加します。エントリーはすでに締め切られていますが、ウォーキングの応援部隊はいまからでもOKです。一緒に桜咲く日本平を歩きませんか?参加ご希望の方は、メール(mail@spac.or.jp)かお電話(054-208-4008)でご連絡ください。お待ちしております!


2010年3月5日

「なっかんと走ろう駿府マラソン」応援団緊急募集!

Filed under: スタッフ便り

「なっかんと走ろう駿府マラソンの(←企画紹介ページ)応援団を緊急募集します!

3月6日の土曜日、
いよいよ宮城新作「ペール・ギュント」が始まります。
その初日が明けた翌日の3月7日、
なっかんこと仲谷智邦がハーフマラソンに挑む
駿府マラソンの本番です!

「ロビンソンとクルーソー」韓国公演を終えて
油の乗り切っているなっかんの体調は万全、
ランニングシューズも新調し、
いざ決戦の時を待ちます。

そんな彼と共に早春の静岡を駆け抜けるのは…

俳優部からは奥野晃士、
制作部からは荒井洋文と大保和巳、
それぞれ5キロコースに参加します。

5kコース出場者は
なっかんの応援団として、
また自らも走りを楽しむため、
皆でSPAC Tシャツを着て駿府公園を駆けぬけます。

なっかんのエントリーするハーフマラソンのスタートは
10時05分
市役所前からの出発になります。

もし、なっかんはじめ参加者のマラソンを自分も応援したいという方、
いらっしゃいましたら
9時50分くらいまでに
市役所前に駆けつけてくださいませ。

もしよろしければ、SPAC Tシャツご着用の上お越し下されば大変嬉しく思います…

今回はいつもSPACをご観劇いただいている方々からも
この企画に参加してランナーとして出場して下さる方々もおり、
皆そろってなっかんのチャレンジを応援したいと思います。

静火の倉石さんがエントリーする10キロコースは
9時30分に、駿府マラソン参加者13000人の先陣を切ってスタート。
ハーフマラソンの出発を見送った後は
5kコース出場者達も、10:20にそれぞれ市役所前から出発。

こちらの参加者達はお堀の周りをニコニコペースで走ることを楽しむようです。

それでは皆様、よろしくお願いします!!


2010年3月4日

<萌目線vol.35>★兄貴の花道★

Filed under: 萌目線。

お待たせしました!!

新作『ペール・ギュント』のペール・ギュント役、 武石守正兄さんをご紹介します!!

100302_0224~03

『ハムレット』ではハムレット役、 『ふたりの女』の駐車場係役と、

どこかブラックなオーラを背負って舞台に立つ武石さん。

100302_0224~01

劇場に低く響くその美声に、 女性のみならず男性の方も思わずため息を洩らされます。

本番のときだけじゃなく、普段からいい声でいらっしゃいます。

「俺さ、カップ麺は10分くらいおくんだよね」

と仰ってるときもいい声でした。

猫舌らしいです。

そして見る人を射倒すようなその目力、佇まい、 まさに現代の侍です!!
本番のときだけじゃなく、普段から侍でいらっしゃいます。

その証拠に、 海外公演に行ったら現地の人々に

「Samurai!!」

と声をかけられ、 武石さんのまわりに人だかりができるそうです。

好きな食べものは餅!! お風呂は熱め!!

溢れ出て隠せない侍スピリット!!

武石さんはまさに「漢」です!!
武士道を行くその背中のカッコ良さに憧れて、
私とスタッフの武石君(武石さんと同じ名字)は、 「武石守正部」を発足させました!!

活動内容は、 『武石さんのように男気ある行動を心がける』こと。

以上です!!

部員随時募集中(笑)。

『ペール・ギュント』は、主人公ペールが青年の頃から年老いるまでの物語。

波乱万丈で破天荒なペールの人生を、 武石兄さんが駆け抜けます!!

是非!!劇場でご覧ください!!