2010年9月30日

<『わが町』のちょっといい話⑮>三島景太さん(ウィラード教授役)にちょっと聞いてみました

Filed under: 『わが町』2010

稽古場には少しずつ小道具や衣装も加わり始めました。

IMG_0506

気温がグッと下がり、「わが町」チームには只今風邪が大流行しています。

皆さんもどうぞ御注意ください!

 今回のインタビューは三島景太さんです!

三島IMG_0537

 Q)ご自分の役について紹介して下さい。

A)ウィラード教授という田舎学者の役です。本編とは関わりのない人物です。時空を超えていて“ちょっと変わった変な人”、そんなイメージですね。

Q)「わが町」について一言。

A)親子の関係とか身近な話ではあるけれど、登場人物は医者であったり、新聞記者などの文化人であったり、あるいは僕の演じている大学教授であったりと、割と社会的地位の高い人たちが多いと思うんですね。ここに出てくる人たちは、普通とは言いつつも、僕らにとってはちょっとフィクション的な人たちと言えるのかも知れない。生きるということに対してキュウキュウにならず、悩まずにすむような身分の人たちと言えるのではないかなと感じています。

Q)今井さんについて一言。

A)僕はマジックにとてもかかりたいと思っている役者なんです。今井さんはいつの間にかマジックをかけていて、気が付かないうちに違う面が引き出されている感じがします。“さりげない騙し上手”という印象ですね。

Q)もし死んでから、生きている頃の世界に戻れるとしたら、いつを選びますか?

A)戻れるのであれば、1991年3月某日の初舞台の日ですね。いかに自分が挙動不審だったかを、もう一度再体験してみたいですね(笑)。

「戻りたい日はたくさんあるんだけれど・・・」と前置きした上で、初舞台の日以外にも「大人と子供の境目を意識した14歳の秋。」と答えてくれた三島さん。恋に狂った?その時の感覚を秋になる度に思い出すという、とてもロマンティックな三島さんです!


2010年9月26日

<令嬢ジュリー ここを見て!Ⅱ> 踊り狂う群衆

Filed under: 未分類

令嬢ジュリーみどころ紹介 続いては、

台本には書かれていないが、

しかし、

今回の『令嬢ジュリー』には欠かせないキーパーソンたち

踊り狂う群衆 をご紹介します。

 

この元気いっぱいのメンバーが舞台で踊ります!騒ぎます!

踊り狂う群衆

出演者公募で集ったのは、若手俳優や、東京の演劇大学に通う学生、静岡の大学生、静岡のダンス好き、
人生経験豊富なSPAC県民劇団出身者などなど、
個性豊かなメンバーにが集りました。
そこにSPACの俳優大内米治と若宮羊市、演出助手のブノアも加わり、さらに迫力が増した群衆シーン。

今回、演出家フレデリック・フィスバック氏はこれまであまりにも語られることの少なかった、『令嬢ジュリー』の舞台をとりまく舞台外の状況、つまり祝祭を行う群衆に注目しようとしています。
令嬢ジュリーと召使ジャンを悲劇的袋小路に押し込んでいく群衆に
声を与えることで、フィスバックはこの古典戯曲に新たな光りを投げかけています。

この15人の活躍をお見逃し無く!


<『わが町』のちょっといい話⑭>いとうめぐみさん(ソームス夫人役)にちょっと聞いてみました

Filed under: 『わが町』2010

9月も終わりに近づき、稽古場にも涼しい風が入ってくるようになりました。

その涼しさとは裏腹に、稽古場はますます熱気を帯びてきています!

IMG_0539

 

今回のインタビューは、いとうめぐみさんです!

いとうIMG_0529

 

Q)ご自分の役について紹介して下さい。

A)ギブス家とウェブ家の奥さん達と仲良く一緒のコーラス隊に入っています。ソームス夫人には旦那さんがいるらしいんですけど、旦那さんの職業が何であるとか、子どもがいるのかいないのかなど、ほとんど情報がないので、逆に自分でストーリーをつくって演じています。

Q)もし死んでから、生きている頃の世界に戻れるとしたら、いつを選びますか?

A)戻りたくないですね。過去の自分にあまり興味がないですし。
今は亡くなってしまった自分の大切な人に、その人が元気な時にもう一度出会うというのは、切なすぎてちょっと耐えられないなぁと思って・・・。                                                      
思い出の中にいてくれる方が、逆にちゃんと一猪にいられるし、寄り添える気がするので。

Q)『わが町』の見所について教えて下さい。

A)自由に楽しんで下さい!観ていて気になったところがその人の見所だと思います。100人いたら100通りの感じ方が出来る作品になったら良いですね。

ソームス夫人の裏ストーリーを自分でつくりながら演じられているいとうさん。観劇にいらっしゃる方々も、ソームス婦人の裏ストーリーを想像しつつ作品を観ていただくと、また違った楽しみ方ができるのではないでしょうか!


<萌目線。vol.53>制作部所属の俳優、永井さんの一日。

Filed under: 未分類

現在、県民体験創作劇場の稽古と、
制作部のお仕事を忙しくこなしてらっしゃる永井王子の一日のスケジュールをうかがいました!!

■10:00 芸術劇場へ出勤
チケット予約の電話応対や新聞チェックなど。
制作室でも華麗に動いていらっしゃいます。

0926
■12:00 お昼を食べて芸術公園へ
この日のランチはすき家のしょうが焼きだったとか。
意外と庶民的じゃないですか?(笑)

■13:00   稽古

『世界は踊る ~ちいさな経済のものがたり~』

大岡さんの台本に関するレクチャーを一時間ほど受けた後、ストレッチの指導やムーブメントのおさらいなど。
なにやら可愛い小道具もいろいろ用意されてるようです。

0926-1

「ラストまであと一歩のとこまで来たので、もうすぐ通しができる。覚えることが多くてみんな大変ですが、もうちょっとでやっとスタートラインに立てるかな。」
と、稽古での手ごたえを話してらっしゃいました。
100925-163058

■18:20 劇場へ戻り
再び制作業務。ホームページ更新のための準備やカフェのメニューの発注などもされてます。

0926-3
■00:45 施錠確認
芸術劇場内をぐるっと一周。
こんな時間でもまだまだお仕事。
■帰宅後
録画してある韓流ドラマ『イ・サン』を鑑賞。
最近ハマっていらっしゃるそうです。

 毎日お忙しいのに疲れた表情も見せず、
「歌の稽古が楽しい。この秋は、歌の発声をきちんと身につけたい。」

と、話してくれた永井さんでした。

秋のシーズンのチケットのご予約は、午前中にお電話いただけると永井さんが出るかもしれませんので、
ファンの皆様は是非!!(笑)

<萌目線。>とは・・・
SPAC新人俳優石井萠水の目線で稽古場や舞台裏の様子をお届けしています。


<世界は踊る稽古日記⑤・9/25>・・・セリフ無いの!?

Filed under: 未分類

体験創作劇場 『世界は踊る~ちいさな経済のものがたり~』の稽古風景。

第5回は、掛川から参加、弾き語りライブもやっているミュージシャン、横山香代子さんです。

=======

あのステキな野外劇場「有度」に立てるんだ……、それを知ったら何も考えずに掛川から応募に参加、そして稽古が始まった。

すると、いきなり私を想定外のパンチが襲った。えーっ!  パフォーマンス!?  セリフ無いの…?

今まで市民参加の芝居やミュージカルなどに何度か参加してきたけど、今回のような体動表現は、人生五十数年の中で初めてだ。  最初は、振りのひとつひとつが 何をやっているのか解らなかったが、先生の説明を聞くたびに、それぞれが意味のある動作だということが理解出来るようになり、またそれが、集団パフォーマンスになると、とても美しく、いつの間にか私自身も、不思議な空間に居るような感覚になる。 更に流れてくる 美しい音楽…。きっと客席から観たら ステキなんだろうな…。 出来れば、大勢の人達に、この 余り体験したことの無い世界を、空間を、観に来て感じて欲しい。ステージ「有度」の背景と重なったらもっとスゴイ…! そんな感じがする。

それから もう一つ、私は今、30年ぶりに「学生生活」を やっているような感じがしている。演出家大岡先生の話が とても面白い!  芝居の説明から、どんどん枝葉が伸びて、私の知らない事を いっぱい話してくれる。まるで、大学の講義を聴いているみたい。50過ぎのオバチャンの脳ミソに新しい知識がドンドン入る…、とても気持ちが良い。 きっと公演が終わる頃には、良性の「メタボ・脳ミソオバチャン」に成ってるかも…。まさに、普通の叔母さんに成りたくない私には、打ってつけ…(笑)

皆さ~ん、本番までに 脳ミソも表現も美しくなってるはずの「ヨコさん」を、ぜひ探しに、見つけに来て下さい。お待ちしてま~す。

100925_162625

=======

体験創作劇場 『世界は踊る~ちいさな経済のものがたり~』

(10月23日(土)/24日(日)、野外劇場「有度」)


2010年9月25日

<スパカンブログ⑰>夢みる力

『ユ メ ミ ル チ カ ラ-REVE DE TAKASE-』はSPAC静岡芸術劇場での公演後、9月12日(日)磐田公演、9月23日(木・祝)伊豆長岡公演を行いました。

メンバーは学校もはじまり、必ずしも十分な稽古日を得ることができませんでしたが、ニヤカムさんと一ヶ月以上ともにしたウォーミングアップや振りを確認している様子は、まるで稽古場や舞台上でニヤカムさんが見守ってくれているかのようでした。ツアー公演も、よりダンスに磨きをかけて、笑顔でパフォーマンスする姿に観客の方たちもまた笑顔になっていました。

生きることの喜びを伝えることをコンセプトとしている本作品は、生きること、それ自体が生ける者すべてにとって本質的な喜びであることを伝えようとします。舞台で踊る、大人でない子どもたちの全身と表情から生まれる純粋なエネルギーは時に神秘性をもって、劇場いっぱいにひろがります。

ダンスの経験、未経験関係なく、高度なダンステクニックを披露するのでもなく、全身全霊で表現する子どもたちの笑顔が、ニヤカムさんとスパカンファンメンバーが観客に贈る夢見る力、未来への希望だったのかもしれません。

舞台空間と日常との境を行き来し、“いま”、“ここ”でしか創れない一つの奇跡のような夢の欠片をたくさんの人々に贈ってくれたスパカンファンの今後にご期待ください!!

画像 002

挨拶3


<令嬢ジュリー ここを見て!> ローランの舞台美術 

Filed under: 未分類

SPAC新作『令嬢ジュリー』 
いよいよ本番まで一週間をきりました。
ここで少しみどころをご紹介していきます!

まずは舞台美術
舞台美術を手がけるのは、美術界・建築界で世界的に注目される

ローラン・P・ベルジェ

1972年生まれという若手ながら、2010年ヴェネチア・ビエンナーレ建築展にも招聘されるなど、活躍がめざましい気鋭のアーティストです。

会場は、磯崎新が設計した静岡芸術劇場。ローランはアラタ・イソザキの建築の中にもうひとつ建築をつくる。この舞台美術ではふたつの建築の関係が重要だ。つまりこの美術はイソザキへのオマージュでもある。」と語っています。

自然主義と象徴主義の両方の面からアプローチされてきた『令嬢ジュリー』の演出史をふまえ、このふたつの考え方が両立しうる空間が模索された結果、19世紀末の令嬢ジュリーの屋敷は、白く切り取られた現代的な空間に置き換えられました。

ぜひ客席でこの空間を体感してください!!

ジュリー2ol

ローラン・P・ベルジェ Laurent P. Berger
アーティスト。パリ在住。1998年に国立高等装飾美術学校を卒業。映画、インスタレーション、彫刻、建築、パフォーマンス、ビデオ、写真、グラフィックデザインの要素を活用しながら、「観客」「時間」「空間」の調和を重視した、新しい表現と知覚のシステムづくりを作品のなかで展開している。2004年、ダン・グラハム、トニー・オースラーとの共同プロジェクト『Don’t Trust Anyone Over 30』に参加し、同企画は舞台作品として2005年にウィーン・フェスティバルとドイツ国立歌劇場などで上演された。また演劇、ダンス、オペラの分野でも舞台美術や照明を担当し、フィスバック以外にもロバート・ウィルソンなどさまざまなアーティストと共同作業をしている。


<世界は踊る稽古日記④・9/23>コーラス出演もあるんです!

Filed under: 未分類

体験創作劇場 『世界は踊る~ちいさな経済のものがたり~』の稽古風景、第4回。
フランス人俳優と、一般参加の静岡県民によるコラボレーションのこの舞台。
演劇作品ではありますが、一般参加者には、コーラスで参加される皆さんもいます。
今日は、そんなコーラスメンバーからの稽古場レポート。
舞台芸術公園のご近所に通ってい、大学生の高田智佳さんです。

体験創作劇場 『世界は踊る~ちいさな経済のものがたり~』の稽古風景、第4回。

フランス人俳優と、一般参加の静岡県民によるコラボレーションのこの舞台。演劇作品ではありますが、一般参加者には、コーラスで参加される皆さんもいます。

今日は、そんなコーラスメンバーからの稽古場レポート。舞台芸術公園のご近所に通っている、大学生の高田智佳さんです。


=======

今日は前回の稽古でやったことを復習しながら最初の場面の具体的な流れ・段取りを確認しました。

私がまず感じたのは動きや形にはそれぞれ物語と深く関わっている意味があるということです。
台詞はもちろんのこと目で見えるものからもメッセージ性を感じられる舞台になっているのではないかなと思いました。そういったところが演劇の大きな魅力だと思います。

長い時間動いている場面では全体的にゆっくり重く動くため、丁寧さが求められます。
私はコーラスとして参加させていただいてるので、歌いながら動く部分もあります。歌と動きとを同時進行しているときはかなり集中します。もしかしたら大学のレポートを書くとき以上に集中しているかも(笑)と思いました。

大勢で作り上げる舞台に立てる喜びを感じながら、その中の一人として頑張っていきたいと思います。

また静岡英和学院大学の学生として舞台芸術公園は大学から近いというのもあるので、是非多くの英和生にも見に来ていただきたいです。

ちょうど1ヶ月後には本番だと思うと今からドキドキしています。
果たしてどんな舞台になっているのでしょうか。

=======


体験創作劇場 『世界は踊る~ちいさな経済のものがたり~』

(10月23日(土)/24日(日)、野外劇場で上演)


2010年9月23日

<『わが町』のちょっといい話⑬>石井萠水さん(ウォーリ役)にちょっと聞いてみました

Filed under: 『わが町』2010

稽古場には舞台装置も置かれ、さらには松本さんの作曲された素敵な音楽も加わり、芝居に新たな彩りを与えてくれています。

今回のインタビューは石井萠水さんです!

IMG_0553

Q)ご自分の役について紹介して下さい。

A)ギブス家の長男でエミリの弟です。古き良きアメリカの、幸せな家庭のパーツのひとつだと思っています。

Q)もし死んでから、生きている頃の世界に戻れるとしたら、いつを選びますか?

A)小学校に上がる前の頃ですかね。まだ本当に無邪気で、日々幸せだなぁと純粋に思える最後の時だったし、この頃って単純に幸せだった記憶しかないから、戻れるならそこに戻りたいですね。

Q)今井さんの演出はいかがですか?

A)今井さんの演出は受けていて楽しいというか、今まで出会ったことのないタイプの演出家の方です。否定をしないし、こちらがネガティブにならないように気を使ってくれているのを日々感じます。私たちもポジティブでいられるし、現場の雰囲気もクリエイティブで・・・すごく新しいというか、初めての経験ですね。

Q)『わが町』の見所について教えてください。

A)この作品には、すごく哲学的なものを感じます。結婚や幸福について描かれているけれど、結局この世においては何も救いがない。私も劇中で死んでしまうし・・・。でもそのこと自体を楽しむというか、その可能性だけが提示されている戯曲だと思います。普通の人たちの普通の日常生活を描いているんだけれど、ギリシア悲劇やファンタジー的な話よりもフィクション性が感じられます。そんな作品をSPACがやるというも見所のひとつですね。

「男の子の役ですが、女の子が演じている男の子という感じでやっています。「ポニョ」のソウスケみたいな感じも出しつつ。でも、これ書かないでね・・・(笑)。」
と可愛く語ってくれた萠水さん。(書いてしまってゴメンナサイ・・・)
ブログ<萌目線。>も合わせてご覧ください!


2010年9月21日

<萌目線。vol.52>萠水、戸田書店さんにお邪魔した日。

Filed under: 萌目線。

やっと少しずつ秋めいた気候になってきましたね。
実は私、日頃お客様とお話しするときに、
「SPACの俳優さんて普段どんな生活してらっしゃるんですか?」
というような質問をよく受けるんです。

というわけで、SPAC秋のシーズン2010期間中は、
SPAC俳優の日常をご紹介していこうと思います!!

一回目は、とりあえず私、石井萠水のある一日を
恥ずかしながらご紹介させていただきます(笑)

 
■10:00 芸術劇場入り

リハーサル室にてストレッチ。
先輩たちと、先日観た芝居の情報交換などお話ししながら。

 
■11:00  訓練

お馴染みスズキメソッド。
この日は珍しく鏡で自分の体を見ながらやりました。
呼吸が上がってしまって、思い通りに動けないことにやきもき。
終わった後に、貴島さんにご指導いただきました。

 
■13:00 戸田書店本店へ

『宮城聰と俳優たちが選ぶ21冊の本フェア』が開催されている、
葵タワー内の戸田書店さんにお邪魔してきました!!

100920_1320~01

2階のフロアに大きなコーナーをつくっていただいてます。
宮城さんと俳優一人ひとりの写真付きパネルも飾られていて、
結構見ごたえがあるかと。

それぞれ全くちがう趣向の本を紹介していて、
盛りだくさんの内容になっていますので、
皆様にお楽しみいただけると思います。100920_1319~01

是非、戸田書店さんに行ってみてください!!

ちなみに私の写真、18歳のときのなんですが…さばをよんでるわけではないです。

100920_1319~03
 

■15:00  接骨院へ

池田先輩おすすめの接骨院へ行きました。
たまにこうして体のメンテナンスをします。

 
■17:00 芸術公園へ

芸術公園の芝生のあたりで一人で台詞を練習。
自然の中だといつもと違う感じが見つかるかと思いまして。

 
■19:00  夕御飯

『わが町』出演者のメンバー数名で。
ごはんを食べながらだと、演技のことから人生についてまで色んな話が盛り上がります。
若手としては先輩の話をうかがえる貴重な機会でもあります!!

気づいたらこの日の食事はこれだけでした(笑)
『わが町』の稽古も再開になり、
これから秋のシーズン盛り上げていくぞー!!
と気合いの入った一日でした。

 
次回は、
県民体験創作劇場2010『世界は踊る~ちいさな経済のものがたり~』に、
なんとコーラスで出演される永井さんをご紹介します!!

大岡さんと一般参加者の皆さんと一緒にどんな稽古をされているのでしょうか?

お楽しみに!!

 

<萌目線。>とは・・・
SPAC新人俳優石井萠水の目線で稽古場や舞台裏の様子をお届けしています。


1 / 3123