2011年7月31日

<萌目線。vol.73>スパカンたちといっしょ

Filed under: 萌目線。

7月24日、シズオカダンスマガジン発行記念イベントが清水ドリームプラザで開催されました!

110724_1440~01

 

あの美少女図鑑が発行しているこのフリーペーパー、なんとスパカンファンの渡邊清楓さんが登場しているんです。
すごく綺麗な笑顔の写真といっしょに『タカセの夢』の紹介が載っているので、みなさまぜひいちど見てみてください!

24日のイベントは、このダンスマガジンに登場しているダンサーの方々がドリプラに集結し、実際にパフォーマンスを披露するというものでした。
私はSPACの紹介をするべくMCとして参加。

ヒップホップやジャズの曲が響き、他のダンサーの方々が高いテクニックを見せるなか、スパカンメンバーは笑顔と!個性で!会場を沸かせていましたよ!

その独特さに、居合わせた人たちは驚かれているようでした。

買い物をしていた普通のお客さんたちが、次々足を止めて見入ってくれていましたよ!

小さい子がバッチリメイクして大人顔負けのセクシーな振り付けを踊ったり、
おそろいの衣裳でぴったりそろった踊りをみせたり、
これがダンス!って思うものって沢山あると思うのですが、
やっぱり『タカセの夢』は、今のこのメンバーたちにしかできない唯一無二のものなんだなと思いました。

夏休みに入ってこれから稽古再開!
東京公演ではきっとシアタートラムを子どもたちのエネルギーでいっぱいにしてくれるでしょう。
8月の静岡アンコール公演も、また沢山の人たちに観ていただきたいです!

110724_1227~01

110724_1443~01


2011年7月29日

〔走れメロス2011〕「ドン・キホーテ」という歩行

Filed under: 未分類

レポーター 大道無門 優也

今回の走れメロスの稽古では、各種の歩行を基礎訓練に
とりいれています。
_MG_8352東京稽古1
_MG_8351東京稽古2
_MG_8348東京稽古3

写真は、早稲田大学演劇研究会系の劇団に伝統的に伝わる
「ドン・キホーテ」という歩行です。
風車に向かうドン・キホーテをイメージして歩くのですが、二人
とも上手くできずに、フラフラです。

***
以上、『走れメロス』に出演する大道無門さんからの稽古場レポ
ートでした。(写真撮影は劇団山の手事情社の福冨はつみさん
です。ありがとうございます!)

ただいま『走れメロス』は、劇団山の手事情社さんの稽古場
(東京)にお邪魔しています。劇団山の手事情社さんは、
『走れメロス』を演出している安田雅弘さんが主宰されている
劇団です。
(劇団山の手事情社さんのHP http://www.yamanote-j.org/
***

 


<モモ通信2011>衣裳合わせ&演劇講座

シアタースクール2011の参加者たちのほとんどが、待望の夏休みを迎えました。
それに伴って、8月14日の発表会当日まで
週6日のスケジュールでの稽古が始まりました。

役も徐々に決まり出し、場面稽古を観ていると、
日々『モモ』が形づくられていくのが手に取るように分かります。

稽古中の参加者の真剣な表情をちょっとご紹介しましょう。

IMG_1345

IMG_1349

IMG_1365

IMG_1362

日を追うごとに集中力が高まる参加者の眼差しは、
私たちの感動を毎日新たなものにしてくれます。

そんな中、今週26日、
舞台に欠かせない要素である衣裳のフィッティングが行われました。

皆でお揃いの、ベースとなる衣裳。
これに、今後それぞれの役に合わせて衣裳や小物が追加されていきます。

↓丈をチェックしているのは、衣裳担当の駒井さん。

IMG_1384

IMG_1381

さらに27日には、SPAC文芸部・大岡淳が参加者と保護者の方々に向けて
「演劇講座」を行ないました。

IMG_1435

IMG_1439

約1時間という短い時間でしたが、近現代の演劇史をかけめぐり、
明治時代の日本における西洋文化
(例:音楽・美術をはじめ、セーラー服や詰襟など!)
の受容にまで話が及んだひとときも。

映像資料もふんだんに用いられ、
参加者たちはアングラ演劇や小劇場演劇に興味津津…!?

講座と名のつく学びの時間ではありましたが、
ほっと一息ついて笑い声をあげられるリラックスしたひと時になりました。


2011年7月25日

【スガンさんのやぎ その2】プレ・イベント「おはなしかい」があるよ!!

Filed under: 未分類

前回は『スガンさんのやぎ』のお話をしょうかいしました。自由を求めて、オオカミも恐れずに山へと飛び出したスガンさんの子やぎ・ブランケット。あれ?このお話、どこかで聞いたことがあるぞ。あっ、そのお話、絵本で読んだことがあるよ!と思った君、そうです。このお話は、アルフォンス・ドーデさんというフランスの小説家が、今から150年くらい前に書いたのですが、フランスでは今や誰もが知っているお話。もちろん日本語にも訳されています。日本で読める絵本をさがしてみたら、少し調べただけでも4種類もありました。おとぎ話らしいかわいらしい絵本もあれば、本当のやぎや森を思わせるようなものまで。絵を見くらべてみるだけでも、楽しそう。
  
静岡芸術劇場で上演される『スガンさんのやぎ』は、ドーデさんが生まれ育ったフランスのカーン国立演劇センターという劇場で作られました。今回はるばる海を越えてやってきます。スガンさんの子やぎ「ブランケット」は、お話しの中でとってもかわいいと言われていますが、ぶたいではいったいどんなすがたなのでしょう。今日はちょっとだけ写真をお見せしますね。

05_20100115_tjv[2]

45_20100115_tjv[2]

COMMENT AI-JE PU TENIR LA-DEDANS ?
(C)Tristan Jeanne-Valès

みんなに前回そうぞうしてもらったブランケットと比べてみて、どうかな?

こんなかわいいブランケットを待ちきれないみんなのために、SPAC(スパック)では絵本の『スガンさんのやぎ』を読み聞かせする「おはなしかい」を行うことにしました。

★『スガンさんのやぎ』おはなしかい★
スガンさんのやぎ.jpg
原作 ドーデ 絵 エリック・バテュー 訳 とき ありえ 西村書店
 
「おはなしかい」では、SPAC(スパック)の俳優(はいゆう)木内琴子(きうちことこ)が、エリック・バテューさんが描いた「スガンさんのやぎ」の絵本を読みます。それに合わせて俳優(はいゆう)吉見亮(よしみりょう)が音楽をつけます。

 ●日時:7月30日(土) 10:30~11:00 / 16:00~16:30の2回  
 場所:グランシップ2階 えほんのひろば
 料金:無料(むりょう) 予約はいりません
 
 
 ●日時:7月31日(日)12:00~12:30
 場所:静岡市立日本平動物園 ふれあい館
 料金:無料(むりょう)(ただし大人は動物園入場に500円が必要です)

     予約はいりません
 
動物園での「おはなしかい」では、ほんもののやぎさんの近くで『スガンさんのやぎ』を読ませてもらえることになりました!!どんなおはなしかいになるのか、ワクワク、ドキドキです。やぎさんを見て、お話を聞いて、それからやぎさんをまた見てみましょう。何か見え方がちがってくるかな?

 

  みんな、遊びに来てね!!


2011年7月24日

<モモ通信2011>参加者の皆さんからのアンケート紹介

シアタースクール2011夏、あっというまに開始から3週間が経ちました。
すっかり馴染んだ子もいれば、まだちょっとどきどきしている様子の子もいます。
友達が増えてきた子は、自分を「開いて」表現できるようになったはず。
そして、緊張感が残っている子はそれを集中力に変えてくれるはず。
作品を創る稽古場の空気が、だんだんと賑やかに、かつ真剣味を増してきました。

本日は、先週・5回目の稽古後、
参加者の皆さんに書いてもらったアンケートから抜粋して
参加者のナマの声をご紹介します。

—————————–

・最初は、上手くなじめるか不安で、友達と一緒に参加したけど、
最初の不安がどうでもよくなるくらい周りの仲間たちやシアタースクールでの先輩が気さくに話しかけてくれて嬉しかった。
・他の学校の人達との出会いや友達が増えて毎回楽しみにしています。

IMG_1499

→最初は1人で帰っていた子が、一緒に帰るお友達をどんどん増やしていく様子を
毎日参加者の皆さんを見送りながら嬉しく思っています。

 

基礎の部分もしっかりやってくれるので、とっても勉強になります。
・前よりもっと演技ができるようになりました。そして、もっと好きになりました。
・自分の役の気持ちを考え、その気持ちをこめて読む、ということは、
とても楽しくて、大切なことなんだな、と感じることができました。
・私はこんなに集中できる能力があったのか…!と感心してみたり、
みんなが同じことに向かって頑張ってるのって、青春だなーと感じたり… 

IMG_1192

→40数人もの皆で演劇に打ち込むこと。
自分が発する言葉(台詞)に真正面から向きあうこと。
実はなかなか体験できないことですよね。
演劇経験の有無ではなく、自分の感覚や相手とのキャッチボールに「気付く」ことが大切。
きっと、さらに楽しくなりますよ。

 

・また「モモ」に出会えたことを嬉しく感じています。
今年の「モモ」はどんな風に仕上がるか楽しみにしています。
・終わったときに今までで1番だったと思えるような舞台にしたいと思っています。
倹約なんかする時間もありません!

→私たちも、また皆さんと「モモ」を創ることが出来るのが嬉しいです。
毎日毎日、一分一秒を大事に大事に、今年も最高の発表会にしましょう!

 

・SPACに参加できることは、あまり出来ない体験なので
勉強させてもらうこともあって自分への自信にもつながっていくなって
毎年、感じています。
・自分ではない人になることのできる所であり、
自分が自分らしくいられる場所。
全てが学びの場であり、私の大好きな場所です!!

→か、かんどう。
シアタースクールで学んだこと、感じたことを、あなたの財産にしてください!
そしてそれは、SPACにとっても大きな財産になります。

 

・すっごくたのしいでーす!

IMG_1194

→わたしたちもでーす!!!

—————————–

明日のお休みを挟んだあとは、週6回の稽古が始まります。
体調管理に気をつけて、引き続き頑張りましょう!

*引用したコメントを書いてくれた参加者は、コメント下に載せた写真に写っている参加者の皆さんとは対応しません*


【お知らせ】7月24日(日)エスパルスドリームプラザで『タカセの夢』パフォーマンスを行います!

Filed under: 未分類
本日7月24日(日)13:50~、エスパルスドリームプラザで行われる静岡美少女図鑑「シズオカダンスマガジン」発行&記念ダンスイベントにスパカンファン(SPAC-ENFANTS)が出演し、ミニパフォーマンスを行います。お時間のあるかたは、是非お越しください。
http://www.bishoujo-zukan.jp/shizuoka/localnews/back2.php?id=4279

7月24日(日)13:50~、エスパルスドリームプラザで行われる静岡美少女図鑑「シズオカダンスマガジン」発行&記念ダンスイベントにスパカンファン(SPAC-ENFANTS)が出演し、ミニパフォーマンスを行います。お時間のあるかたは、是非お出かけください!スパカンファンの出番は15:00の予定です。清水港にタカセ旋風が巻き起こる!!

http://www.bishoujo-zukan.jp/shizuoka/localnews/back2.php?id=4279


2011年7月23日

〔走れメロス2011〕第1期、大爆笑の最終​日、山のミドリはこん​もりと。

Filed under: 未分類

走れメロスレポーター たきいみき

2時半から約1時間の基礎トレーニング。
今日は身体トレーニング、「二拍子」について書いてみます。

二拍子というのは、もともとは早稲田の劇研のトレーニングで、
おおもとを辿ると、鈴木メソッドのスタチューだそうです。
今でも、山の手事情社では深めつつあるもののひとつであり、
重い身体、身体のバリエーションを創る目的で行っているそうです。

身体のイメージを飛躍させる、身体は保守的なものだから。
演劇に必要な精神的な冒険、跳躍。
そのために身体の跳躍が必要。
そんなふり幅を広げてくれるトレーニングです。
しゃがんだ状態から、

左から、メロスの大内さん、メロス以外のすべての大道無門さん

合図でこのように!ぽん!

ぽんっ!!(すばやく)

これは、平行とよばれる形。

同じように、しゃがんだ状態から、次は感情を足していきます。
今日は、怒り、喜び。

さらに、~の怒り、というように要素が増えていきます。
今日の~部分のお題は、
「コメの虫!」

「コメの虫の幼虫!その身体で鳴け!」
と言われて、なぞの鳴き声を発するふたり

「入道雲!鳴け!」
また入道雲の鳴き声を発するふたり

「山のみどり!こんもりと!」
・・・こんもりと、・・・って?今日の私の1番のツボでした。

「台風が来た森のみどり!」などなど。
ストップモーションから、連続でポーズをチェンジしていき、
さらにスローモーションへと発展していきます。

もうふたりとも、汗だくだく。だくだく。
汗だくでも、なんだかさわやかだなぁ、このふたり。
今日は、冒頭から読み、
って言いながら、もうノリノリで、
手前左から演出の安田さん、演出助手の竹内さん
初夏、満点の星である
おどるメロス

こんな状態でした。

すっごい楽しそうなんだけど、これでも、
試行錯誤しながら、あ~でもないこ~でもないって、
悩んでる時間もあるんですよ。

次は東京での稽古が始まります!
これからどんな進化を遂げていくのか、
私もますます楽しみになった1週間でした。

新しくなった「走れメロス」、劇場でお待ちしています!

***********************

↓おまけ写真(制作より)↓
基礎トレ、謡の稽古中(左から三番目がたきいさん)
安田さん、静岡稽古ありがとうございました!

*公演情報 (http://spac.or.jp/schedule.html)*
◎2009年話題作の再演
『走れメロス』
構成・演出:安田雅弘
原作:太宰治
出演:大内米治、大道無門優也
会場:静岡芸術劇場
中高生鑑賞事業:9/21(水)、22(木)、27(火)、28(水)、29(木)、30(金)

↓↓たきいみき、次回出演作品↓↓
◎SPAC新作
『オイディプス』
演出:小野寺修二
作:ソポクレス
出演:大高浩一、たきいみき、武石守正、舘野百代、仲谷智邦、
藤田桃子、三島景太、森川弘和、吉見亮、渡辺敬彦
一般公演:11/26(土)、27(日)、12/3(土)、4(日)
鑑賞事業:11/22(火)、24(木)、25(金)、28(月)、29(火)、30(水)、
12/1(木)、5(月)、6(火)、7(水)、8(木)、9(金)
2006年までパフォーマンスシアター「水と油」で活躍し、
コンテンポラリーダンスとドラマを融合させた小野寺修二。
SPAC初登場となる今回は、ギリシア悲劇の傑作を演出。
オイディプス王の破滅を、圧倒的なスピード感で描き出す。


2011年7月22日

〔走れメロス2011〕探す!壊す!産む!変える!

Filed under: 未分類

走れメロスレポーター たきいみき

なか3日あいて、メロスの稽古場にやってきました!
背中(手の甲だけど)がちょっぴりさびしそう?!

昨日は私たきいは、TVCMのナレーションの撮りに行ってました。
舞台とは違う、伝えたいことを声だけで届けるというのはなかなか
難しくもふだん、自分はこんなことにこだわってやってたんだぁ~
とか、なにげなく見てたCMの裏側で、こーんなにプロの技が駆使
されてたんだぁ、などなど新しい発見があって、たのしい1日でした。
東海ガスのショールーム「くりっぴープラザ」のCMは、8月中旬から
オンエアーだそうです。私のこえ、探してみてくださいね~!

そして今日は、芸術公園のメロスの稽古場に。
がっつり男子の世界ですわ、ここは。
2時半から80分間の謡稽古。20分の身体訓練、もう2人とも汗だく
だくに。以前よりさらに厳しさを増す、安田さんのツッコミに全力で応
える2人の姿に、もう感動しちゃったり。

安田さんが、新たな舞台美術プランなどもたくらんでいるらしく、
読みの稽古。4場から、最後まで。2回。
稽古終了後、新しいセットなどについて舞台監督のあこりんちゃんと
ご相談。見守る制作中尾くん、りえちゃん。

遠め3人
今は言えませんが、(←リポーター失格)おもしろいことになってます。
安田さんの発言に至っては、まったく書けません。
あこりんちゃんが同じポーズなのは…ヒント?
でも、学生さんたちにとって、初の劇場体験が
ますますスリリングなものになる事はまちがいなしです!

すべてが、変えられていく様子に、清清しさを感じます。
セット、客席、そしてもちろん、芝居も。

俳優2人にとっても生みの苦しみの時間ですが、
これからの2ヶ月、どう戦っていくのか、

「なにかを信じてることは人間を強くするんだ」
2人の奮闘の結晶を、劇場でご確認くださいね!
お茶目ダイモンくん
(写真にマウスを近づけてみてね)


2011年7月20日

<モモ通信2011>夏休み直前の3日連続稽古

始まったばかりのSPACシアタースクール2011、
夏休み目前の7月16日から18日までの3日間連続で稽古が行われました。

稽古は2週目に入りましたが、
参加者たちにとっては、まだまだ初めてのことばかり。

今回は、この3日間に参加者たちが初めて体験したことをご紹介します。

7月16日、稽古3日目。
この日のリズムトレーニング、参加者たちは「あるもの」を手にしました。

IMG_1158

写真の手前にある白くて丸いもの。

IMG_1107

卵型のマラカス「エッグシェーカー」という楽器。
手に握って振ると、サラサラと優しい音が鳴ります。
ほんの少しの身体の動きも直接伝わる繊細な楽器です。

IMG_1144

その形状の面白さもあり、参加者たちは楽しそうに音を出し、
初めて手にしたばかりの参加者も見事にリズムをとっていました。
このエッグシェーカーは、
これから本格化する稽古から発表会までを共に過ごしていく友です!

7月17日、稽古4日目。
この日のダンスでは、次々と新しい振りが加わり、
3種類のダンスの中から各々踊りたいものを選んで挑戦しました。

IMG_1234

IMG_1254

IMG_1278

どれも、見ているだけで体が自然と動き出してしまう踊りです。
どんな楽曲を使用して、どんな動きでどんな表現をするのか、
発表会当日を楽しみにお待ちください。 

7月18日、稽古5日目。
参加者たちが初めて静岡芸術劇場の舞台に足を踏み入れました。
「劇場体験」と称して、バックステージツアーと、舞台の上での稽古を行ったのです。 

皆、舞台のスタッフの説明に耳を傾け、
動く舞台機構を興味深げに見つめていました。

IMG_1306

IMG_1320

IMG_1332

舞台上で台詞を声に出し、劇場という空間を全身で体感した参加者たち。

約1ヶ月後、彼らはこの舞台の上から、
私たちにどんな世界を見せてくれるのでしょうか。 


2011年7月18日

〔走れメロス2011〕 メロスが走り出しました! 

Filed under: 未分類

メロスが走り出しました!

今日から1週間、第一期の稽古開始です。

まずは関係者全員の集合。
今回は、静岡公演に加えて、香川公演もあり、
安田さんと舞台監督、照明、制作スタッフは
昨日・今日と香川の劇場の下見に行って
さっき静岡に帰ってきたばかり。
演出の安田さんから新たなコンセプトの提案や、
舞台監督から香川の劇場の説明。

「前回よりも先に進みたいよね。
まぁ、あれから1年以上経てるし
ぼくも、俳優のお二人もそれぞれの
時間で、経験を積んでると思うから。
身体については結構厳しく見ていきたいかな。
静岡の中高生にもほ~っと思って貰いたいし
香川の皆さんにも楽しんでほしいからね。」とは、
安田さんの談。

また新たな道を走り出したメロス、秋の公演をお楽しみに!

20110708打合せ風景

レポーター たきいみき


1 / 212