2011年8月21日

<モモ通信>発表会、そして修了会

7月9日に始まったシアタースクール、
あっという間に8月14日の発表会となりました。

IMG_0228
お見送り2

参加者45人全員が無事舞台に立ち、
客席にはいっぱいのお客様をお迎えし、
この夏のあいだに学んだことや感じたこと、自分の中で変化したもののすべてを
それぞれが精一杯に発揮した発表会でした。

今年は去年よりも少し長い75分の作品になった『モモ』。
台詞と、動きと、そして時には静寂とで紡いでいくこの作品ですが
見事に一日2回公演をやり遂げ、
夜、解散して劇場を後にするまで
信じられないくらいに元気いっぱいの参加者たちでした。

涙が止まらなかったのも、歓声が止まらなかったのも
みんなみんな、本当によく頑張ってきた証拠です。

解散後

 

そして、そんな発表会後の熱さがようやく落ち着いたかという8月19日に早速、
シアタースクール2011夏の修了会を行いました。

「修了証」は発表会後に皆さんにお渡ししていたのですが、↓修了証2

この日は、
参加者たち、保護者の方々、アシスタントたちから振り返りの言葉をもらったのち
修了会2

演出・指導を務めた中野真希が皆さんに向けて一言。
今年で参加が最後になってしまう高校2年生たちとのひとコマも。

修了証

いつも稽古着で集まっていた皆さんが
なんだか私服でおしゃれをしていることもあり、新鮮な気持ちで
そして発表会から一週間も経っていないのに懐かしい気持ちでいっぱいになりつつ
…この日も解散後のお喋りは止まりませんでした。 

『モモ』の舞台を創り上げた45人の参加者の皆さん、
そして保護者の皆さん、発表会を見に来てくださったお客様がた、
それぞれに何を感じ取ってくださったでしょうか。
演劇経験のみならず、シアタースクールを通して出会ったものを、
ずっと大事にしてくださるとうれしいです。

来年も、お待ちしています!

IMG_9269


2011年8月20日

<スパカンブログ24>東京公演終了しました!

8月10日(水)、11日(木)、スパカンファン『タカセの夢』東京シアタートラム公演を行いました。
波乱続きの東京公演でしたが、出演者である子ども達ひとりひとりが抱く、舞台に立ついち表現者としての強さによって行うことができた公演となりました。

公演前日、東京入りする段階で体調を著しく壊していたにも関わらず、本人の強い意志で出演してくれたメンバーの1人。
いつものように身体が動かないながらも、限界まで身体を突き動かし、彼女のトレードマークである笑顔で最後まで踊り続けてくれました。
一度も、一言も弱音を吐かない彼女の意志の強さに、私たち大人は心の底から感服しました。

二日目はどうしても出演できなかった彼女の分までパフォーマンスするスパカンファンのパフォーマンスは、多くの東京の観客の心を打ちました。

彼女だけでなく、他にも体調を壊してしまったこ、腰や足の痛みが悪化するこ、そして普段と異なる土地、会場、東京公演は想像以上に子ども達にプレッシャーをかけていたのでした。

これまで培ってきた精一杯のパフォーマンスを東京の観客に披露しようと、メンバーたちは一瞬一瞬に、振りの一つ一つにエネルギーを注ぎ込んでいるように見えました。

舞台でダンス作品というパフォーマンスをすることを心から楽しんでいた昨年の初演、観客へその祝祭と幸福を伝えることが出来るようになった今年の「ふじのくに⇔せかい演劇祭」での公演、そしてこれまで得たものと共に、芸術作品として昇華させ、観客の心を打つ、そんな東京公演と静岡最終公演。

今、スパカンファンは静岡に戻り、静岡凱旋公演を行っています。

明日の最終公演、たくさんの笑顔と、スパカンファンメンバーそれぞれの個性的な純粋さと最高の感動をお楽しみに!
写真


2011年8月17日

<萌目線。vol.76>GREEはじめました!!

Filed under: 萌目線。

暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
劇場では、『ガラスの動物園』の仕込みが完了し、いよいよ劇場稽古が始まろうとしています。

さて先日もお知らせしたGREEでの公式ブログですが、
わたくし石井 萠水につづき、永井健二さんのブログもスタートしました!!

普段は冷静クールな永井王子の、日常や好きなことが垣間見えるんじゃないでしょうか
昔からの王子ファンの方、シアタースクールで王子チルドレンになったこどもたち、必見です!

SPACのことを全国の方に知ってもらうためにもアクセスランキング上位を狙っていくので!
皆さまぜひのぞきにきてください!!

永井健二http://gree.jp/nagai_kenji
石井 萠水http://gree.jp/ishii_moemi

<萌目線。>とは・・・
SPAC新人俳優石井萠水の目線で稽古場や舞台裏の様子をお届けしています。


2011年8月15日

【ガラスの欠片たち】涼しげ

Filed under: 未分類

ウィングフィールド家の居間をつくりだすために、仮ではありますが小道具が増えてきました。

グラスやレコード、…バランスボール…?

写真 2

天井からは白い薄い布が下がっているところも。

窓から吹き込む風に揺られて、なんとも涼しげです。

写真 1

これもまだまだ欠片のひとつ。


2011年8月12日

【スガンさんのやぎ 最終回】 終演後の様子

Filed under: 未分類

『スガンさんのやぎ』を劇場にみにきれくれたみんな、ありがとう。
オオカミに食べられてしまうとわかっていても、自由をもとめ山へ出て行き、ゆうかんに最後までオオカミとたたかった子やぎブランケット。劇場に来たみんなの目にはどのようにうつったかな?

劇のあとにはアーティスト・トークがあったよ。7日は、演出家のジャンさん、出演したダンサーのエレナさんのほかに、お話を読んでくれた今井朋彦さんも、お客さんからのいろんなしつもんに答えてくれました。いろいろふうに見えたり、考えたりできる場面のしつもんには、ジャンさん、エレナさんがそれぞれの考えをていねいに話してくれました。今井さんは、日本語のナレーションをろくおんした時の様子も教えてくれました。お話は日本語で語られるけれど、舞台で起こっていることはいろいろにとらえることができるから、作品を作ったジャンさんやエレナさんのお話を聞けて、このおしばいをもっともっといろいろな角度からみられるようになったんじゃないかな?

IMG_1665

トークの間、2階のホワイエでは、お絵かき広場をやっていたよ。壁にはられた大きな紙やいろいろな形に切った紙に、絵の具やクレヨンで、みんな自由にいろいろな絵を描いてくれました。

oekaki
お絵かき広場 6日の完成品

IMG_1752
お絵かき広場 7日の完成品

このかべにはられたみんなの背よりも大きな紙。気づいた人はいるかな?これは実は、舞台でかべとして使われていたあの大きな紙だよ。ジャンさんたちにお絵かき広場のことを話したら、「それはすごくいいアイディアだね。舞台で使っている紙はすごく大きくて、かき心地もいいから、ぜひこの紙でみんなに絵を描いてほしいな」といってくれた紙なんだ。エレナさんは、自分のえんじたブランケットの絵を女の子たちからもらって、にっこり。

そして7日にはお絵かき広場のとなりで、ライブペイントもありました。2009年にSPACで上演した『転校生』という舞台に当時高校生で出た、紅林大空(くればやし はるか)さんが来てくれました。

IMG_1698

紅林さんは、ゆかに置かれた布の上にはだしで立ち、指先や手のひらを使って、いろいろな色をあちこちにだいたんにぬっていきます。初めのうちは、ピンクや空色の水玉がぽつぽつと、何をかいているのか、みている人にはわからないけれども、最後にはこんな作品が完成しました。

IMG_1874trimmed
紅林大空さんのライブペイント 完成!!
今回の舞台の美術をたんとうしたステファヌさんの絵に負けないくらい、紅林さんの絵もインパクトがあるね。

以上、『スガンさんのやぎ』の終演後の様子をお伝えしました。

『スガンさんのやぎ』観劇感想文&感想画 大募集!!(8/21(日)しめきり
さて、今回『スガンさんのやぎ』をみたみんなからは、感想画・感想文を大ぼしゅうしています。
舞台のいんしょうに残ったシーンをかくのももちろん、それ以外にも、やぎのブランケットがいなくなって家にひとり残されたスガンさんの様子や、一番こわかったシーンをみている時の自分やお友達の顔を、想像してかいたっていいよ。劇場に『スガンさんのやぎ』というおしばいをみに来て、自分の頭の中にうかんできたものや、おしばいの感想を家族やお友達と話している中でわき出てきたものを、自由に絵や言葉にして、SPACに送ってね。みんなからのすごい絵や作文を楽しみにまっています。もちろん大人もおうぼできるよ。

くわしくはここをクリックしてね

夏休みもあと残り半分くらいかな?いっぱい遊んで、楽しい夏休みをすごしてね。 そしてまたいつか劇場に遊びに来てね。

あっ、そうだ、今度の日曜日にはシアタースクール発表会『モモ』があるよ。  みんなより少しお姉さんお兄さんくらいの小学6年生から、高校2年生の45人が、夏休み中SPACに通って、たくさん練習して作った舞台だよ。こっちもきっと楽しいはずだから、ぜひみに来てね。


2011年8月10日

<モモ通信>もういくつ寝ると発表会?

劇場に入っての稽古も2日目が終わり、
昨日は緊張でいっぱいだった様子の参加者たちも
少しずつ気持ちがほぐれてきたようです。

が、まだまだ確認事項がたくさん。
どこから出る、どこに立つ、どこを通る、どこにハケる、…
どこ?なに?が尽きない劇場稽古。
明日は、そろそろ静岡芸術劇場を自分の空間にしてほしいところです。

実は劇場入りした昨日8/9が
「シアタースクール2011夏」が始まってからちょうど一ヶ月でした。
一ヶ月前の姿と比べたら、びっくりするくらいしっかりとしましたが
もっともっと磨けるところがあるはずです。

残り数日間、集中力を目いっぱいに発揮して
8/14の発表会にお客様に最高の「モモ」を観ていただけるよう
参加者全員でしっかりと稽古に励みます!

そして…
参加者、指導陣ともに稽古中の熱気が高まる中、
制作部では、発表会にご来場いただいたお客様にお渡しする
当日配布物(パンフレット)を作成しています。
その紙面には、参加者の顔写真とともにあるアンケートが。

各参加者の勇姿を観にいらっしゃる皆様の感動を
ちょっとプラスできるような、そんなひとことアンケートです。

こちらも、どうぞ楽しみにご来場ください!


がくらく座・劇団静火:合同ワークショップ&交流会

SPAC県民劇団育成事業、参加劇団の「がくらく座」と「劇団静火」、
10月の公演に向けて日夜稽古をするこの2劇団ですが、同じ稽古場を交替で使用しているため2劇団はすれ違いの日々・・・
そんなわけで今回、「がくらく座」と「劇団静火」の合同ワークショップ&交流会を実施しました!

名札を貼って、軽く身体をほぐしてWSのスタートです。
WSは名前を呼びあったり、話す・聞くなどのコミュニケーションに重点を置いたものが主でした。

握手して、はじめましての挨拶をして、
DSCN1409

稽古場を走り回ったり
DSCN1420

1対1で自分の話をしたり、それを聞いたり
DSCN1444

どれもルールは単純なのですが、いざ自分から言葉を発するとなると
考えてしまい瞬間的に出てこなかったり、あわてて間違えたり。
それを動きも併せてやるとなると結構難しいんです!
また、聞き手に回った場合も、いつ自分の名前が呼ばれてもいいように常に意識したり
相手の話を聞き洩らさないように集中したり、となかなか気が抜けません 

盛りだくさんの内容で、2時間弱があっという間にすぎてしまいました。

「去年の公演であの役をやっていた人だ!」「顔は知ってるんだけど名前は…」といった人も多いかったみたいです。
お互いの劇団を知る、最初の一歩になれたんじゃないでしょうか。

そして本日の〆はお菓子を持ち寄っての交流会@カチカチ山、です♪

お菓子

集まりすぎたお菓子をかこむと、自然と場もなごみますね♪♪

談笑

違うカラーを持った劇団同士、色々と情報交換もできたのではないでしょうか。

ではでは、またぜひ集まりましょう★


<萌目線。vol.75>職場体験!!

Filed under: 未分類,萌目線。

夏休み真っ盛りですね!
劇場には、毎日シアタースクールの子どもたちの元気な声が響いています。

そんな中、職場体験に来てくれる中学生も。

英和女学院中学から、長谷川穂佳ちゃんと丹羽南端ちゃんが来てくれました!!

110807_1525~01

学校の演劇部で役者をやってるというお二人。

私が公園や稽古場の案内をさせてもらいました。

野外劇場の見学をしたときには、炎天下のなか花道から舞台に向かって走りこんでみたり、
楕円堂で『タカセ』チームといっしょに花びらを崩す作業を笑顔で手伝ったり、
元気いっぱいなふたり。

「なんでSPACに入ったんですか?」とか
「演技する上で大切なことってなんですか?」など
なんだか真意を突かれるような質問を色々されちゃいましたよ。

うまくまとめてくれるといいんですが…

その中に、
「中学生のとき何してましたか?」
って質問があったんですけど、
思い起こしてみれば私は今とあんまり変わらなくて。

地元で学生を集めて劇団を旗揚げして、夏休みもずっと稽古して本番やってツアーまわって…って演劇ばっかりやってました。

本当に今とあんまり変わらないです(笑)

当時、SPACの俳優でいらっしゃった蔦森皓祐さんに
「そんなこと大人になってからいくらでもできるんだからもっと遊んでこい」
って言われたのをよく覚えています。

穂佳ちゃんと南端ちゃんも、今しか無い夏休みを思いっきり楽しんでほしいと思います!!

今回の職場体験から、私みたいに将来SPACで働くことになったりして(笑)

二人は8月19日の『タカセの夢』公演もお手伝いしてくれます!

 

 

<萌目線。>とは・・・
SPAC新人俳優石井萠水の目線で稽古場や舞台裏の様子をお届けしています。

 


2011年8月9日

<モモ通信>稽古休みの月曜日にも…

昨日、月曜日は稽古はお休み。
いつもは参加者が集まってきてにぎやかな劇場がちょっと静か…

と思いきや。

劇場では、舞台での稽古に向けて
技術スタッフの作業が着々と進められています。

照明の吊りこみをしたり、音響の調整をしたり、
他にも演出上用いられるいろいろな機材の仕込みを行ないます。

IMG_5369

写真は、照明を調整している時の様子。
上を見上げているのは照明の大迫さん。
参加者たちが劇場に入る前に調整をしておくべく
アシスタントたちが子どもたちの代わりに舞台に立って
照明を当てる位置などを決めていきます。

IMG_5361

ああ、あの子やあの子の立ち位置にあのアシスタントが…!

(実はアシスタントたちもちょっと楽しみながらやっているようでした。)

作業は夜遅くまで続きました。
これまで参加者たちと言葉を交わす機会があまり多くなかった技術スタッフも
全力で参加者たちのサポートをしています。

参加者の皆さんも、今日からの劇場稽古を楽しみにしていてくださいね。


2011年8月7日

<モモ通信>『スガンさんのやぎ』を観劇しました

8月7日。発表会まであと一週間となりました。
普段使っているリハーサル室での稽古はこの日が最後。
次からは、静岡芸術劇場の舞台上での稽古が始まります。

そんな日曜日の午後は、それぞれの手にチケットを握りしめて客席で集合。
最初の1時間で『スガンさんのやぎ』の観劇をしました。
女優一人が舞台に立ち、ナレーションのみで物語が進んでいくこの作品に
どきどきしたりわくわくしたり目を丸くしたり(目を回したり)…
感想はそれぞれながら、いい経験になったと思います。

芸術劇場での公演を観るのが初めての参加者もいましたが、
今日はお客さんだった参加者たちが、来週は出演者です。
1年前にフランス・アヴィニヨン演劇祭で上演された作品を
1週間後に自分たちが『モモ』を上演する静岡芸術劇場で観劇し、
来週の自分たちのことを想像して緊張を感じた参加者も多いことでしょう。

そして、緊張と同時に、舞台に立つことがより楽しみになったはず。

シアタースクールの発表会では
今日のように、作りこまれた装置があるわけではありません。

それは、舞台に立つ参加者の皆さん自身の輝きを第一に観ていただくために
他の要素を出来るだけおさえているから。

参加者45名による『モモ』、いよいよ劇場入りです!
一週間後の発表会にご期待ください!!


1 / 212