2012年3月31日

ボゴタ演劇祭二回目参加の記(7)

ボゴタ演劇祭二回目参加の記(7)

3月25日(日)

SPAC文芸部 横山義志

コロンビアの楽しみは朝食のフルーツ。毎日名前も知らない果物が出てくる。何百種類もあるという。ジュースもいろいろ。

ホテルの朝食

ホテルの朝食

スーパーのフルーツ売り場

スーパーのフルーツ売り場

お昼はフェスティバルディレクターのアナマルタさん邸で。

アナマルタ・デ・ピサロさん 2年前に静岡にも来てくれました

アナマルタ・デ・ピサロさん 2年前に静岡にも来てくれました

ボゴタ名物の「アヒヤコAjiaco」(鶏肉とポテトとトウモロコシのスープ)を食べながら、参加カンパニーの代表者たちと歓談。

アナマルタさんちの厨房

アナマルタさんちの厨房

サンパウロからいらした記者さんは、「ボゴタはいつも天気が悪くて、青空のサンパウロに帰りたくなる」とおっしゃっていたが、それを聞いて、なぜボゴタでこれだけ演劇が好きなお客さんが多いのか、ちょっと分かった気がした。

パリも、ロンドンも、ベルリンも、ウィーンも、ニューヨークも、演劇が盛んなところは、たいてい冬はえらく寒くて、外に出るのが億劫な日が多い。イプセンが生まれたノルウェーもきっとそうなんだろう。ボゴタは赤道直下(北緯4度!)にも関わらず、2600メートルという高地にあって雨期が長く、肌寒い日も多い。ちょっと着飾って劇場にでも行こうか、という気分にはなりやすい。(ボゴタの人がおしゃれなのもそのせいだろう。)

ボゴタ演劇祭が開催されるこの時期も雨期。お客さんが毎回これだけ集中して見てくれるのも、長い雨期を楽しく過ごす術を知っているからではなかろうか。同時に、「常夏」とはほど遠い、厳しい気候条件とアンデス山脈の圧倒的な自然環境のなかで、人間の生活のはかなさにも敏感であり、都市として建設されてから5世紀のあいだ、歴史の変転にも揉まれている。ボゴタに住んでいると、人が生きているということの意味を考えさせるような機会に事欠かない気はする。

ボゴタ、世界最大の舞台

ボゴタ、世界最大の舞台

今回はヨーロッパ経済危機などの諸事情でけっこう赤字も出ているらしいが、現大統領は「カーニバルとして重要なイベントなので」支援を表明してくれているとのこと。ここには演劇が必要なお客さんがいるんだろう。

スタッフは12時20分集合、俳優は午後1時20分集合。劇場入りしてすぐにトレーニング。

IMG_1886

この劇場ではこれまで山海塾や鼓童が出演(暗い劇場内でiPhoneで撮っているので、基本ぼけてます。すみません・・・。)

フェスティバルグッズも売れ行き好調

フェスティバルグッズも売れ行き好調

アナマルタさんから劇場に熱帯生け花が届く

アナマルタさんから劇場に熱帯生け花が届く

今日は日曜日なので、開演は少し早めの午後6時。字幕もすっかり読みやすくなり、場面ごとにお客さんのくすくす笑いが聞こえる。俳優も反応に気をよくして次々とスペイン語を導入。ちょっとスペイン語が出ると、ドッと湧く。加藤幸夫さん演じる「トロルの子供」が出てくる場面は毎回爆笑。

前半で笑いが取れると、後半のもっとブラックな場面でも、お客さんがアイロニーを感じてくれるようになる。コロンビア人はブラックユーモアが好きらしく、難破したペール・ギュントとコックが丸太を奪い合う場面でもかなり受けている。「5幕半ばで主人公が死んだりはしません」でどっと笑いが起きるのは、やはり芝居慣れしている観客なのだろう。

コロンビアでは、日本よりもずっと「喜劇」として見てくれている印象。それでも、ボタン作りがペールの魂を取りに来る場面で「おまえの人生は中くらいといったところだ」といった台詞でも笑いが起きるところを見ると、最終幕の哲学劇としての展開をよく理解してくれているようだ。

舞台が終わってすぐにスタンディングオベーション。

IMG_1893

今日は舞台と会場の呼吸がよく合っていた。帰り際に「『メデイア』もよかったけど『ペール・ギュント』はすごく楽しかった」とおっしゃってくれるコロンビア人のリピーターも。ありがたい。

アンコールに一曲!

IMG_1891

終演後、もう一人の前回通訳、福岡雪さんとも再会。

制作丹治さん、30歳の誕生日をボゴタで。

誕生日ケーキの残り

誕生日ケーキの残り


ボゴタ演劇祭二回目参加の記(6)

ボゴタ演劇祭二回目参加の記(6)

3月24日(土)

SPAC文芸部 横山義志

今日は演劇祭のオープニングパレードがある。演劇祭事務局で用事を済ませた帰り道、同行してくれた英語通訳のアルバロさんが「近くでやっているから」と連れて行ってくれた。

ボゴタ演劇祭事務局

ボゴタ演劇祭事務局 中央にコロンビア国旗とファニー・ミケイをかたどった赤いオブジェ

今回の演劇祭のキャッチフレーズは「千の顔の祝祭 Vive la fiesta de la mil caras」

今回の演劇祭のキャッチフレーズは「千の顔の祝祭 Vive la fiesta de la mil caras」最上列の右から三番目に本多麻紀さん

パレードにはこんな人たち。

IMG_1819

楽隊登場

楽隊登場

雨が降ったり止んだりの天気にも関わらず、メインストリートの両側に、人が文字通り鈴なりになって、パレードを出迎えている。2万人の人出だという。

雨でもパレードからは目を離せない

雨でもパレードからは目を離せない

(フェスティバルのFacebookページにはもっとまともな写真も)

¡Gran desfile inaugural del Festival de Teatro!

http://www.facebook.com/media/set/?set=a.272064422876812.64539.156252337791355&type=3

通訳のアルバロさんはなかなか面白い方で、ボゴタ出身で、フラメンコダンサーとしてニューヨークに旅公演中にそのままアメリカに住み着いてしまい、24年前からワシントンに住み、ダンサーとしての活動をつづけながら、クリントン政権からオバマ政権にかけて、ホワイトハウスのインテリアデザインをなさっていたとのこと。

IMG_1848

アルバロさんとカーニバルな人びと

ボゴタ演劇祭創立者のファニー・ミケイさんとお友達だったそうで、6年前からフェスティバルのたびにボゴタに帰ってきていて、近いうちにコロンビアの田舎に買った家に引っ越すとおっしゃっていた。ダンサーだけあって、とても70歳とは思えない背筋。コロンビアにはいろいろな方がいるものだ。

アルバロさん

アルバロさん

演劇祭の創立者ファニー・ミケイ

ありがとう、ファニー・ミケイ!

何事も予定通りに行かないコロンビアで、どうやってこんな世界有数の規模の演劇祭がオーガナイズできているのか、不思議でならないが、アルバロさんによれば、そのカギはスタッフ間の信頼関係にあるという。みんな「不測の事態が起きるのが当たり前」だということを知っているので、何かあるとすぐにスタッフ同士が電話で連絡を取り合って、誰がどう対応するかを決めていく。

アルバロさんを含め、フェスティバルの関係者はみんな一つの枠にはめようがない人ばかりで、こういった不思議な人たちが信じられないようなエネルギーを注いで成り立っているのかと思うと、なんだか少し分かるような気もしてくる。

『ペール・ギュント』にとっては、今日はマチネ・ソワレ二公演の最もしんどい一日。スタッフは朝9時20分集合、俳優は10時20分集合。

昨日、字幕が見にくいという話が出たために、劇場では試行錯誤がつづく。結局、午後3時の回は開場25分押し、開演10分押し。

字幕で苦労している制作米山さん

字幕で苦労している制作米山さん

楽屋も大忙し

楽屋も大忙し

3時の回には、文化庁の派遣でボゴタにいらしている中学校の先生が、差し入れを持っていらしてくださった。

夜8時半の回になってようやく新しい字幕用のスクリーンとプロジェクタが全て設置されて、読みやすくなった。お客さんの熱気で、俳優も盛り上がりを感じたらしく、熱演だった。なんとか試練を乗り切ったようである。

終演後、フェスティバルディレクターのアナマルタさんから宮城さんに記念品の贈呈。

演劇祭参加証

演劇祭参加証


2012年3月26日

ボゴタ演劇祭二回目参加の記(5)

ボゴタ演劇祭二回目参加の記(5)

3月23日(金)

SPAC文芸部 横山義志

新聞を開くと、『ペール・ギュント』の記事が。

IMG_1787

今日はいよいよ初日。今回はフェスティバルの開幕演目。

体調が回復せず、日中はホテルで休ませてもらい、一人、本番直前に劇場に入る。今回のツアーではじめて劇場の表玄関に。

IMG_1785

『ペール・ギュント』 そのあとはイ・ユンテク演出『ハムレット』

劇場の扉が開くと、不思議な生き物たちが待っている。

IMG_1734

開場を待つお客さんたち

IMG_1753

こっちで待てばコーヒーも飲める

IMG_1738

午後8時半開演。

IMG_1089

舞台へ

『ペール・ギュント』、前回の『メデイア』とは違い、楽しい場面、笑える場面もけっこうあるので、観客の反応が感じられて、ちょっとほっとする。

お祭りだ!

お祭りだ!

字幕が途切れる場面があったりもしたが、みんなじっと見てくれている。

ペール、ソールヴェイ(池田真紀子さん)と出会う

ペール、ソールヴェイ(池田真紀子さん)と出会う

ソールヴェイの妹ヘルガ(石井萠水さん)

ソールヴェイの妹ヘルガ(石井萠水さん)

終演と同時に、あちこちから「ブラボー!」の声が上がる。少しずつ観客が立ち上がっていき、スタンディングオベーション。

IMG_1797

アンコール。全員で演奏し、それぞれがちょっとしたソロパートを披露する。

IMG_1728

バモス!

それまでは演奏スペースは暗くなっているので、ここではじめて、演奏していたのが俳優だったことに気づく人もいるのではないだろうか。劇場にパーカッションの音が轟き、歓声が上がる。まずまずの初日。

『ペール・ギュント』は2時間40分あるので、舞台が終わると11時半近くになる。

IMG_1235

通訳の小林さん、カテリンさんご夫妻 いつも遅くまですみません

フェスティバルのメイン演目は基本的に8時半開演なので、短い作品でも10時くらいにはなる。コロンビア人は宵っぱりなのかと思っていたら、今日来てくれた前回通訳のアンヘリカさんによると、大学や高校では授業が朝7時とか6時とかから始まるらしい。「コロンビア人はあんまり寝ないんですか?」と聞いたところ、「そうですねえ」とのお答え。このエネルギーはどこから湧いてくるのだろうか。

IMG_1776

お久しぶりです! アンヘリカさん


2012年3月25日

ボゴタ演劇祭二回目参加の記(4)

ボゴタ演劇祭二回目参加の記(4)
3月22日(木)

SPAC文芸部 横山義志

昨日は比較的天気がよかったが、夜半から雨が降りつづく。ボゴタは標高が高いので、変わりやすい山のお天気。3月は雨期で、前回も含め、あまり快晴というのは見たことがない。ヨーロッパでは演劇のシーズンは秋から冬が中心だが、舞台が盛り上がるのはやはり外に遊びに行けない時期なのかも知れない。

スタッフは午前8時20分ロビー集合。
俳優は9時20分ロビー集合。劇場に行ってすぐにトレーニングがはじまる。暗闇のなかでお経を唱える俳優たちに興味津々の現地スタッフたち。

軽い昼食を取って、午後1時から場当たり。

お昼のサンドイッチ

お昼のサンドイッチ

午後4時、プレスも交えたドレス・リハーサル。急にご指名があり、テレビ生中継のインタビューを受ける。リハーサルをやっている劇場で、舞台を背景にしてインタビュー。たしかに、編集不要で便利な方法ではある。

IMG_1365

ペール・ギュント役の武石守正さん

ペール・ギュント役の武石守正さん

もちろん宮城さんも

もちろん宮城さんも

その後、体調不良で一人ホテルに戻る。丸一日、何もできず・・・。

ゲネ前はコロンビア弁当で栄養補給

ゲネ前はコロンビア弁当で栄養補給 アニトラ役のたきいみきさん、桜内結うさん

劇場では午後8時30分からゲネ。

舞台ではこんな感じに アニトラ役のたきいみきさん

舞台ではこんな感じに たきいさんのアニトラ

どうしてくれるのよ! 本多麻紀さんのイングリ

どうしてくれるのよ! 本多麻紀さんのイングリ


ボゴタ演劇祭二回目参加の記(3)

ボゴタ演劇祭二回目参加の記(3)
3月21日(水)

SPAC文芸部 横山義志

スタッフは午前8時20分ロビー集合。集合時間の直前にフロントから電話が入り、「もうすぐ大統領がホテルに到着するので、バスの出発時間を早急に知りたい」とのこと。ロビーに行ってみれば、ものものしい警備体制。フェスティバルの担当者から、「バスをすぐに出さなければならないことになった」とのことで、あわてて全員に集まってもらい、なんとか定時より前に出発できた。

俳優のみなさんにはちょっと体を休めてもらい、午後2時20分ロビー集合。高山病で体調の優れない俳優もいれば、高山病の薬の副作用で気持ちが悪い人も。難しいところ。3時前に劇場に着き、すぐにトレーニング。

IMG_1762

舞台ができあがったので、4時から導線チェック。

せまいなあ 穴の入り具合、出具合をチェックする牧野隆二さん

せまいなあ 穴の入り具合、出具合をチェックする牧野隆二さん

穴から見た劇場

穴から見た劇場

「私がはがす板、ビスで止めてあったよ。ちょっとメリッていったかも」と女優。あわてて電動ドライバーを手に駆けつけるスタッフ。

暗転場面転換の導線チェックでなかなかハケられない村松さん。
技術主任村松さん「じゃあみなさん、この転換、大丈夫ですか?」
男優「村松さんがもっと早くハケてくれれば、それ以外は大丈夫です。」
村松さん「ええ、ええ、いくらでも早くやってみせますよ・・・。」

5時、サウンドチェック。舞台の両側から俳優総出で演奏する場面を重点的に。俳優たちは、芸術劇場のリハーサル室から大きな劇場に移ったときにどう聞こえるか、心配していたが、なかなかの迫力。

ドラムの木内琴子さん、ギターの貴島豪さん

ドラムの木内琴子さん、ギターの貴島豪さん

そのあと稽古に入り、8時半には照明班に舞台を譲る。照明は機材が揃わず、まだまだ大変らしい。

IMG_1765

俳優陣はそのまま劇場を出て、明日のゲネに備えてホテルに戻る。技術スタッフは11時まで作業。


2012年3月22日

東京記者発表会を行いました

3月16日(金)、東京日仏学院にて、「ふじのくに⇔せかい演劇祭2012」の記者発表会を行いました。
当日は、SPAC芸術総監督の宮城聰のほかに、『旅』の演出 アナ・スティースゴーさん、『おたる鳥をよぶ準備』の振付 黒田育世さんもゲストとしてご登場いただきました。

スリーショット

アナさん

演劇祭に先駆けて静岡県内各地で上演を行う『旅』。演出のアナさんは既に県内各地の下見を行い、路上(野外)で上演することの理由を語ってくださいました。

黒田さん

新作『おたる鳥を呼ぶ準備』について、自らの“死”と重ね合わせた作品コンセプトを語る黒田さん(BATIK)。
野外劇場での新作公演に期待が高まります。


『THE BEE』演出の野田秀樹さんからは、静岡公演に向けてビデオメッセージをいただきました。

フォトセッション

懇親会

記者発表会後は、登壇者を囲んで懇親会を行いました。

アナさん黒田さん

布施さん三島さん

今回の記者発表会の司会、進行はSPAC俳優の三島景太と布施安寿香がつとめました。

★記者発表会の詳細を高野しのぶさんがレポートしてくださっています。
しのぶの演劇レビュー


【動画あり】『グリム童話~本物のフィアンセ~』アーティスト・トーク ゲスト:ひびのこづえ氏(コスチューム・アーティスト) 2012年3月11日


【動画あり】『グリム童話~本物のフィアンセ~』アーティスト・トーク ゲスト:小熊英二氏(社会学者)、やなぎみわ氏(美術作家・演出家) 2012年3月10日


ボゴタ演劇祭二回目参加の記(2)

ボゴタ演劇祭二回目参加の記(2)

3月20日(火)

SPAC文芸部 横山義志

午前7時起床、朝8時10分にホテルのロビーに集合。

演劇祭関係者が泊まるテケンダーマ・ホテル。赤い物体はボゴタ演劇祭の創始者で女優のファニー・ミケーを模した演劇祭のシンボル

演劇祭関係者が泊まるテケンダーマ・ホテル。赤い物体はボゴタ演劇祭の創始者で女優のファニー・ミケーを模した演劇祭のシンボル

トラックに楽器や衣裳などの荷物を積み込む。

重い、重い

重い、重い

この楽器はトラックでいいのかな?

この楽器はトラックでいいのかな? 演奏隊の俳優森山冬子さん

荷物を積み込んで、9時に劇場入り。前回と同じコルスブシディオ劇場。雰囲気のある、なかなかすてきな劇場である。900席くらい。

マルセル・マルソーもコルスブシディオ劇場で公演

マルセル・マルソーもコルスブシディオ劇場で公演

早速仕込みが始まる。

現地スタッフと顔合わせ

現地スタッフと顔合わせ

衣裳部も打ち合わせ。技術部深沢さん、駒井さん、ヘルガ役石井萠水さん、アルシーラさん

衣裳部も打ち合わせ。技術部深沢さん、駒井さん、ヘルガ役石井萠水さん、アルシーラさん

今回は『ペール・ギュント』の巨大な装置を一日で建て込むという。大きな物はすでに船便で送り済み。セリを使ってパネルを舞台まで上げていく。

舞台装置のすごろくパネルが上がってくる

舞台装置のすごろくパネルが上がってくる

俳優も上がってくる。イングリ役の本多麻紀さん

俳優も上がってくる。イングリ役の本多麻紀さん

こっちこっち! 技術部主任村松さん
こっちこっち! 技術部主任村松さん
力持ちの舘野百代さん 「緑衣の女」役で出演

力持ちの舘野百代さん、「緑衣の女」役

空気が薄く、たちまち息が切れるので、少しゆっくり目に動く。息切れした方はこちらに。

息切れした方はこちらに

舞台横には酸素ボンベ

12時半、お昼休憩。中華が届くはずが、一向に届かない。休憩終了直前の午後1時20分になって、ようやく配達。

野菜炒め+チャーハンの中華定食

野菜炒め+チャーハンのぎっしり中華定食

届いてみたら、信じられないようなボリューム。朝からどれだけ中華鍋を回したのだろうか。舞台班は20分後に作業復帰とのこと・・・。早飯に慣れたスタッフもさすがに戦意喪失。結局、一人として完食者は現れず。まさか中華でこれほどのカルチャーショックを味わわされるとは。

午後、見る見るうちに装置が組み上がっていく。

照明・舞台が同時に作業

しだいに舞台らしくなっていく

上にいる人

上にいる人

見上げる人

見上げる人

予定していた照明の灯体が届かず、照明班は大幅に作業が遅れている。

あれえ、ないぞ 照明の大迫さん

あれ、ないなあ。 照明の大迫さん、神谷さん

どうにか装置も完成。

楽器も揃ってきた。

楽器班、アニトラ役のたきいみきさん

楽器班、アニトラ役のたきいみきさん

ヒロイン、ソールベイ役の池田真紀子さんは役作りのため断髪中 「宮城さんくらいに」なるとのこと。カットはヘアメイクの梶田キョウコさん

ヒロイン、ソールベイ役の池田真紀子さんは役作りのため断髪中。「宮城さんくらい」になるとのこと。カットはヘアメイクの梶田キョウコさん

小道具班もお片付け完了。

小道具班、「くねくね入道」の大内米治さんとオーセ役の榊原有美さん

小道具班、「くねくね入道」の大内米治さんとオーセ役の榊原有美さん

全俳優が夜10時まで仕込み等の作業、さらに照明班の俳優がスタッフとともに11時半まで作業。今日も長い一日だった。


2012年3月21日

<萌目線。vol.98>こども大会2012

Filed under: 萌目線。

3月18日、第13回SPACこども大会が開催されました!!

一年に一度、元気いっぱいの子どもたちが劇場を占拠する日です!!

今年も個性あふれる芸をもったこどもたちがあつまってくれました。

今年も来てくれてありがとう!の子たちもいれば、
初めまして!よろしくねって子たちもたくさんいて、
劇場には一日中、楽しそうな笑い声と元気な足音が響いていました。

私は今年も司会をつとめさせていただきましたが、
去年パフォーマンスでやったダンスをぜんぶ覚えてくれている子もいて、今年もいっしょに元気におどってくれて、感激でした。

実は前日の夜に『ペール・ギュント』ツアーに行くための荷物のパッキングをすませ、
翌日にはコロンビアに向けて出発するというスケジュールだったSPACメンバー。

ツアー出発前でみんなのなかには緊張感が張りつめていたり、連日の稽古で疲労気味だったりしましたが、
こどもたちからばっちり元気をもらいました!

出演してくれた県内の小学生のみんな、ご来場くださいましたみなさま、本当にありがとうございました!

kodomo_taikai

 

そんなこんなで今、コロンビアはボゴタで仕込み作業の真っ最中です。

6月のふじのくに世界演劇祭では凱旋公演も行うので!
こども大会で出会ったお友だちのみんなにも観にきてもらえるように、
こちらでの公演を大成功させてきたいと思います!


1 / 212