2012年5月31日

摩訶マハ日記(6)

5/25〜27の三日間、静岡では「シズオカ×カンヌウィーク2012」が開催されました。

そのイベントのひとつとして、SPACは清水港に面したエスパルスドリームプラザ・清水マリンパークの野外特設ステージにて、『マハーバーラタ~ナラ王の冒険~』のスペシャルパフォーマンスを披露してまいりました!

2日間ともよいお天気で、たくさんの方々に観ていただくことができました。

 

海と富士山の見える最高のロケーションに、青と白のステージ。

マハーバーラタの白い衣裳が映えていました。

 

いよいよ6月2日から本番が始まります。

シズカンでのパフォーマンスをご覧になった方も、見逃してしまった方も、皆様のお越しをSPAC一同心よりお待ちしております。

 

CIMG0963

ナラ王とダマヤンティの婚礼にやってきた神様御一行。

 

続きは劇場で!


2012年5月24日

『ペール・ギュント』稽古&バックステージツアー大公開! レポート

『ペール・ギュント』稽古&バックスター時大公開! レポート
さて、6月2日開幕の「ふじのくに⇔せかい演劇祭2012」まであと残すところ、10日ほどとなりました。
今日は、開幕まで待ちきれないという皆様に急遽開催しました、<『ペール・ギュント』稽古&バックスター時大公開!>の様子をレポートします。
当日は予定していた定員の30名を上回る方に、ご参加いただきました。
15:00 受付を済ませ、みんな集まったら、いよいよ劇場客席へ
劇場に入ると巨大なすごろく盤のような台がステージと奥に。
写真を入れる。
みんなが劇場に入って、席に着くか着かないかくらいに、おもむろに音楽がスタート。舞台のすごろく盤の両サイドから音が聞こえてきます。そして、ペールが4カ国の外国人と会議をするシーンから、アニトラという娘とむつまじくしているシーン、ペールが難破しそうな船に載っているシーンまで。稽古なのに、途切れることなく、稽古なのに本番さながらにすすんでいきます。俳優さんたちは、みんな衣裳も本番に限りなく近い状態。
30分経ったところで、演出の宮城が稽古をストップ、「ペール・ギュント」の物語や、今回の演出を解説。『ペール・ギュント』はノルウェーを舞台にして今から150年ほど前に書かれた物語。その物語はそのままに今回の演出では、なんでもペールをちょうど今から150年くらい前の近代国家を目指す日本の姿になぞらえているそう。
ここではこの5色の旗の意味を説明しています。
旗を持っているのはソールヴェイ他を演じる女優・布施です。
そして、宮城の解説が終わったら、バックステージツアーです。
一旦客席から出て、中のスタッフの準備が整ったところで再入場です。
舞台監督の内野が、まずはこの作品のことや舞台装置のことについて説明し、舞台のスタッフ竹内も、本番中どんなことをしているのかを説明しています。
なんでも、舞台のスタッフさんはこのすごろく盤の下にもぐって、お客さんには人がいると気づかれないように黒い手袋をしたり、顔を黒い布で隠したりしながら、小道具を俳優さんに渡したり、舞台の転換をしているそうです。
一通りの説明が終わると、いよいよ舞台の上に。3つのグループに分かれて、舞台のすごろく盤に乗ったり、大きな丸い穴を覗き込んだり、実際に入ってみたり、再度にあるいろんな楽器をならしてみたり。舞台の袖に見えないように置かれている小道具や衣裳も間近で見れます。そして、参加者と案内役の俳優やスタッフとはいろいろな会話が。参加している人たちも、いろんな興味がわいてきていろいろと質問します。
客席から舞台を観ているだけでは分からないことが、いろいろ分かって、更に聞きたいことが沢山出てきます。
俳優がスタッフが

さて、「ふじのくに⇔せかい演劇祭2012」、
6月2日開幕のまであと残すところ、10日ほどとなりました。

開幕まで待ちきれないという皆様に向けて、5月19日に開催しました、
<『ペール・ギュント』稽古&バックステージ大公開!>の様子をレポートします。

2010年3月初演

2010年3月初演

当日は予定していた定員の30名を上回る方に、ご参加いただきました。

15:00 受付をすませ、みんな集まったら、いよいよ劇場客席へ。
劇場に入ったとたん、ステージ上の巨大なすごろく盤に釘付けです。

そしてみんなが劇場に入って、席に着くやいなや、おもむろに音楽が。
舞台のすごろく盤両サイドから聞こえてきます。稽古開始です。

ペールが4カ国の外国人と会議をする場面から始まり
異国の地で惚れた娘アニトラとの仲睦まじく語らうシーン、
ぐらぐらゆれる船の甲板で船員と会話するシーン、、、。

稽古のはずなのに、途切れることなく、
本番さながらにすすんでいきます。

俳優の衣裳も本番に限りなく近い状態。

30分経ったところで、演出の宮城が稽古をストップ!!
そして、「ペール・ギュント」の物語や、今回の演出を解説します。

『ペール・ギュント』はノルウェーを舞台にして
今から150年ほど前に書かれた物語。
今回の演出では、物語はほぼ原作のそのまま。
けれども、ペールをちょうど今から150年くらい前の
近代国家を目指す日本の姿になぞらえているそう。

IMG_2097

小道具で出てきた5色の旗や、登場人物の衣裳から、
ペールという男の物語を、どういう風に明治時代の日本と
重ねてみることができるのかを説明しています。

旗を持つのはソールヴェイを演じる女優・布施です。

そして、宮城の解説が終わったら、バックステージツアーです。
いよいよ舞台の裏側や穴の中が見れます。

IMG_2103

まずは 舞台監督の内野が、この作品のことや舞台装置のこと、
それから照明や音響、衣裳といった舞台を
裏側で支えるスタッフの仕事について説明します。

IMG_2106

舞台班の竹内登場。
本番中、どんな仕事をしているのか紹介します。

黒い手袋をしたり、時には顔を黒い布で覆ったりして、
お客さんには気づかれないように、
小道具を俳優さんに渡したり、舞台の転換をしているそうです。

一通りの説明が終わると、いよいよ参加者も舞台の上にあがってみます。
3つのグループに分かれて、俳優やスタッフの説明や注意に耳を傾けながら、
順番に舞台に乗ったり、楽器に触らせてもらったり。

みんな、思い思いにあちこち。

IMG_2117

そして、とうとうあの舞台の上の穴です。

『ペール・ギュント』では、沢山の登場人物が
この穴からいきなりひょこんと現れては、
すとんと落ちて消えていきます。

まるでどこか他の世界に通じているかのような、
舞台の上にぽっかりと空いた穴。
いったいその中はどうなっているのでしょうか。

P1020896
まずは穴に接近。

ん?

よ~くみると、真っ黒な穴の周りがうっすらほんのり明るく縁取られています。
さらに目を凝らしてみると、これは実は穴にあわせて、
照明をあてているんです。芸が細かいですね。

そして、穴の中。

P1020901

ただの穴でした。

ペールも村人もあんなに勢いよく飛び出てくるので、
何か仕掛けでもあるのかと思いきや、
あの勢いの正体は俳優の足のバネヂカラだったんですね。

P1020909

舞台奥の穴の中には、階段も。

この穴から見た景色。

s-P1020905

あっ、主役のペールを演じる武石発見!
稽古のあと、舞台上にいないので、どこにいるのかと思ったら、こんなところに。
記者のインタビューに答えています。

そして舞台袖には小道具置き場やおびただしい数の衣裳が。

P1020898

P1020888

出演者が20人いて、同じ俳優がいくつもの役を演じる『ペール・ギュント』の衣裳は、
なんと100着以上もあるそうです。

P1020893

P1020890
舞台裏を見れば見るほど、聞きたいことや、
知りたいことが、次から次へと浮かんできて、
俳優やスタッフへの質問は絶えません。
舞台の上や下やらあちこちで、話に花が咲きます。

すごろく盤下の暗がりでも、参加者と俳優が、
3月に南米コロンビアのイベロアメリカ国際演劇祭招聘公演の
苦労話をしていたり…。

あっという間の1時間半でした。

俳優たちは、これからまだまだ磨きに磨きをかけ、
皆さんのご来場をお待ちしています。

6/2&3の本番も、どうぞお楽しみに。

<ふじのくに⇔せかい演劇祭2012 >

『ペール・ギュント』
6/2(土) 6/3(日) 13:30開演 @静岡芸術劇場
上演時間160分(途中休憩含む)

詳細はこちら↓
http://spac.or.jp/f12peergynt.html


2012年5月19日

摩訶マハ日記(5)

『マハーバーラタ~ナラ王の冒険~』チラシです!かわいらしいポストカードサイズ!!

CIMG0959

マハーバーラタはインドの叙事詩・・・というわけで、近所のインド料理屋さんにも置かせていただきました。

やはり、この演目には注目してくださっている様子。嬉しいですね!

CIMG0958

猟師/ビーマ王役、そして演出助手を兼ねます、中野真希(なかのまさき)さんと。

こちらのチラシ、見かけましたらぜひGETしてください!!


<役者おくぬ~日記>リーディング・カフェ東京~関西へ

ろぐいん東京でのリーディング・カフェ、お陰さまで無事終了しました。

3日で五ヵ所を廻らせて頂き、面白い出会いがありました。

リピーターの方や劇場でよくおみかけするお客様や、懐かしいお友達、お店の常連さんや、何をやるのか分からずに駆けつけてくれ、台本が配られたのを見て呆気にとられた大勢の皆様、トークが盛り上がりすぎて4時間にも渡った日など、思い出深いツアーになりました。

特に、散歩かふぇちゃらぽこさんには、秋から映画が封切られたりと「鈴木先生」がブレイク中の武富健二さんや「オルゴール」などの小説中園直樹さんがみえられ、熱く語ってくれました。

名称未設定

中園さんは自身のいじめ体験もふまえた作品を数多く執筆し、今「ピンクシャツデー」という活動に熱心に取り組んでいます。

カナダである日、ピンクのシャツを来て登校した子がいじめを受けたのをみて、それに反対する生徒2人が50枚に及ぶピンクシャツを購入、友人たちに呼びかけ、翌日ピンクのシャツを着て登校し、学校中がピンクに染まった…ことに由来する反いじめ運動だとか。

このエピソードにも趣旨にも大変感銘を受けました。

なかなかやりますカナダの学生さん。

日本ではまだこの活動が知られていないらしく、中園さんはこの運動を推進しております。

◉『中園直樹からのお願い』のページ

http://nakazono.nanzo.net/onegai.htm

そして、

19日から奈良は生駒市、20日は大阪は高槻市で昼夜2回リーディング・カフェを開催します。

古巣大阪でのリーディング・カフェ、楽しみです。

関西の皆様、お目にかかりましょう!

名称未設定

◎5月16日椿の里KISUIさんでは、木漏れ日の中、職場体験の中学生も参加してくれました。

・ 5月19日(土)19:00 「ロミオとジュリエット」

縄庵 (じょうあん) 奈良県生駒市光陽台219

5月20日(日)14:00 「ロミオとジュリエット」

高槻現代劇場 大阪府高槻市野見町2-33

共催:(公財)高槻市文化振興事業団

・ 5月20日(日)1:30 「マハーバーラタ」

アートデアート・ビュー/ART de ART VIEW New!

大阪府高槻市北園町13-30

21日は曲金

22日は焼津と鷹匠

24日は三保と池田…と、近場が続きます。

・ 5月21日(月) 19:00 「ロミオとジュリエット」

cafe corubeau New! 静岡市駿河区曲金6-2-7

劇場近くの隠れた名店、はっきりいって穴場です!曲金のテンジンヤ工場のとなり、コルボ(フランス語でカラスの意味)と読みます。】

・ 5月22日(火)14:00 「マハーバーラタ」

そば屋 案山棒New! 焼津市大住99
【焼津の人気店、様々なイベントでも有名なお店です。】

5月22日(火)18:30 「ロミオとジュリエット」

ロコマニ New! 静岡市葵区鷹匠1-10-6
【素材にこだわったマクロビ料理のお店です。】

※22日は18:30より奥野はNHKに10分だけ生出演(汗)

5月24日(木)14:00 「マハーバーラタ」

川村農園CAFE New! 静岡市清水区三保3163
【新鮮素材が人気の超人気カフェです】

5月24日(木)18:30 「ロミオとジュリエット」

池田の森アトリエ 静岡市駿河区池田1265
【ご存知、くせになる天然酵母パンのお店です】

25日は静岡県西部にいきます。まずは磐田市に…

・ 5月25日(金)14:00  「マハーバーラタ」

福王寺 磐田市城之崎4-2722-1
【1000年の歴史をもつ古刹、素敵なお庭が見える心休まるお寺です】

そして愛知県は豊橋へ

◯彦坂玲子追悼記念◯

5月25日(金)19:00 『ハムレット』

(参加費無料)

太平寺 愛知県豊橋市老津町東高縄204
【戦国武将によって保護された名刹。今も多くの文化財が保護されている】

5月27日(日)19:00 「ロミオとジュリエット」

珈琲香爐 浜松市板屋町522 MYビル1階
【このシーズン2度目、川勝知事ご推薦の高級感溢れる名店です】

529日(火)1300 「マハーバーラタ」

Cafe ちゃ茶cha New! 沼津市大塚70-1
【藏を改造したような、とっても落ち着く話題の古民家カフェ】

◎参加費 静岡県内1000円 静岡県外1500円


2012年5月14日

<萌目線。vol.99>まるふ『ペール』にむけて!

Filed under: 萌目線。

もうすぐ、ふじのくに世界演劇祭が始まります!!
『ペール・ギュント』は先月末に鑑賞事業の公演を経て再び集結、
『マハーバーラタ』も野外劇場に装置が組まれ、劇場での稽古が始まったようです。
私が出演している『ペール・ギュント』は初演から数えて4回目の再演になりますが、
今もなお稽古の度に新しいアイディアがみんなから飛び出してくる!活気に溢れた現場になっています。
そんな『ペール・ギュント』に加わった新しい要素を、2つほどご紹介。
まずは、私が劇中で吹くシャボン玉のシャボン液。
大道芸グッズのお店で買ったもので、普通のシャボン液と比べてとても割れにくいシャボン玉ができるんです!
なんとドイツ製。
照明が当たったときの色合いも日本製のものより濃くて綺麗です。
以前はずっと日本製のシャボン液を使っていましたが、今回はこのドイツ製と日本製を動きのプランによって使いわけています。
ぜひシャボン玉に注目してみてください(笑)
次は先月よりオーディションを勝ち抜いて加わってくれた新メンバー3名。
写真左より、
関西から静岡に借り暮らし。
通称マリエッティこと谷野麻里江さん。
ご実家は藤枝の農家、差し入れはキャベツ。
一平ちゃんこと春日井一平さん。
味わい深い繊維質。
通称ねぎこと根岸絵美さん。
3人が加えてくれた新しいエッセンスにもぜひご注目ください!
各日お席が埋まってきております。
チケットのご予約はお早めにお願いします!
<萌目線。>とは・・・
SPAC新人俳優石井萠水の目線で稽古場や舞台裏の様子をお届けしています。 GREEでもブログ更新中。

もうすぐ、ふじのくに世界演劇祭が始まります!!

『ペール・ギュント』は先月末に鑑賞事業の公演を経て再び集結、

『マハーバーラタ』も野外劇場に装置が組まれ、劇場での稽古が始まったようです。

私が出演している『ペール・ギュント』は初演から数えて4回目の再演になりますが、

今もなお稽古の度に新しいアイディアがみんなから飛び出してくる!

活気に溢れた現場になっています。

そんな『ペール・ギュント』に加わった新しい要素を、2つほどご紹介。

まずは、私が劇中で吹くシャボン玉のシャボン液。

120509_1721~01

大道芸グッズのお店で買ったもので、普通のシャボン液と比べてとても割れにくいシャボン玉ができるんです!

なんとドイツ製。

照明が当たったときの色合いも日本製のものより濃くて綺麗です。

以前はずっと日本製のシャボン液を使っていましたが、

今回はこのドイツ製と日本製を動きのプランによって使いわけています。

ぜひシャボン玉に注目してみてください(笑)

次は先月よりオーディションを勝ち抜いて加わってくれた新メンバー3名。

120511_1426~01

写真左より、

関西から静岡に借り暮らし。

通称マリエッティこと谷野麻里江さん。

ご実家は藤枝の農家、差し入れはキャベツ。

一平ちゃんこと春日井一平さん。

味わい深い繊維質。

通称ねぎこと根岸絵美さん。

3人が加えてくれた新しいエッセンスにもぜひご注目ください!

各日お席が埋まってきております。

チケットのご予約はお早めにお願いします!


<萌目線。>とは・・・

SPAC新人俳優石井萠水の目線で稽古場や舞台裏の様子をお届けしています。 GREEでもブログ更新中。


2012年5月12日

県民劇団2012 劇団ほしぞら☆サーカス

Filed under: <県民劇団>

2012年県民劇団、始動!!

その名も「劇団ほしぞら☆サーカス」。

宣材

上演作品:『HELLO! こちらウォーキンポスト 私の青空!』
演出:和久田理人一

作 :北村想
日時:9月14日(金)、15日(土)
会場:舞台芸術公園 野外劇場「有度」
チケット:7月中旬発売開始(予定)

いやぁ、大変なことになりましたぞ、いやいや、おもしろいことになりましたぞ。生まれも育ちも年齢も雑多な20人の県民が、縁ありまして、日本平の野外劇場(!)でお芝居をすることになりましたぞ。演目は北村想の『私の青空!』。果たしてこれは新たな演劇表現なのか?静岡演劇界に宣戦布告しちゃうぞ。乞うご期待!

※諸事情により今年度の県民劇団は解散となりました。それに伴い予定していた公演は残念ながら中止となりました。


2012年5月11日

<役者おくぬ~日記>東京「ペールギュントでペールギュント@両国」他

お陰さまでこれまで順調に進んできましたリーディング・カフェですが

いよいよ12日から東京5ヵ所で開催します。

リーディング・カフェではおなじみの両国ペールギュントに始めて行ったのは

かれこれ2009年の年末だったと思います。

その頃はまだ宮城演出のペールギュントの初演前、制作の手伝いをやってた時、

写真1

たまたまペールギュントというお店が両国にあるという情報を得たので「ペールギュントでイプセンの『ペールギュント』を読むリーディング・カフェを開催したら面白い!」と思って、休みの日に行ってみたのでした。

写真2

ご主人を待つ事2時間、店員さんからオーナーの岩野さんを紹介していただいて、こちらの身分を明かし、挨拶をしましたら、

「今、鈴木忠志さんはどうされてますか?」と、いきなりSPAC初代芸術総監督のお名前が…

普段から演劇に精通されているのかと思い「お詳しいですね、よくお芝居はごらんになるのですか?」と聞くと

「実は私、早稲田の自由舞台では鈴木さんの5つ後輩にあたるもので…」

「えっ…!?」

つまり、この岩野さん、鈴木さんが大学時代に所属していた劇団自由舞台の劇団員だったわけです。

写真3

でも、もう舞台からは遠ざかって久しいとか。

7年に渡って鈴木忠志さんから薫陶を受けた私を大変懐かしがってくださり、

「面白いものを見せてあげる」

といって中からもって来てくれたのは…

1963年発行の「自由舞台通信」なる小冊子。

丁度、「ガラスの動物園」の公演の特集でキャストを見ると

何とアマンダを演じていたのがSCOT制作の斎藤郁子さん!?

おまけに舞台監督に鈴木忠志さんの奥様の広子さんの名前が…。

「ガラスの動物園」に対する思いが大変立派な文章とともに綴られておりました。

5月12日(土)久しぶりにこのペールギュントで「ペールギュント」のリーディング・カフェを開催します。

写真4

その他昨年秋に引き続き、下北沢Roomsさん(ご主人が演劇人)、渋谷B.Y.G、東高円寺ちゃらぽこ、そして洗足の洗足カフェと3日で五ヵ所を廻る予定です。

詳しい日程は以下の通りです。

東京の皆様、ご都合つきましたら是非いらして下さいませ!

5月12日(土)13:00  @DINING&BAR ペールギュント『ペール・ギュント』

墨田区両国4-32-16 両国プラザ2階

5月12日(土)17:00  @Rooms下北沢 『ロミオとジュリエット』

世田谷区北沢2-39-13 田丸ビル2階

5月13日(日) 17:00 @B.Y.G 『マハーバーラタ』

渋谷区道玄坂2-19-14

5月14日(月)14:00 @散歩かふぇ ちゃらぽこ 『マハーバーラタ』

中野区本町6-45-1

5月14日(月)19:00  @洗足カフェ 『マハーバーラタ』

目黒区洗足2-7-17 1F&2F

☆予約受付中☆

ご予約・お問い合わせは・・・

SPACチケットセンター TEL.054-202-3399 (10:00-18:00)

【年齢、性別、経験不問、途中参加OK!】

◆参加費(ドリンク代込み)1,500円

◆開催時間はそれぞれ2時間半ほどです。


2012年5月10日

摩訶マハ日記(4)

本日、マハ劇場入りです!!

雨も上がり、出演者のみなさんは実際に組まれたセットの上で動きの確認をしていました。

野外の祝祭劇にふさわしい、驚きのセットです。

 

 舞台の背景に広がる自然と宮城さん(演出)。

CIMG0948

 

 そして衣裳の製作現場にもお邪魔してきました。

CIMG0957

 どうやらメインカラーは白のようですね。

実は、初演のマハーバーラタの衣裳は和紙でできていました。しかし、今回は野外。いろいろ工夫が必要だとのこと。

今作は出演者が多いため、衣裳もたくさんありますね。

これは誰の着物でしょうか?

CIMG0954

本番に向けて着々と準備が進んでおります!

チケット好評発売中!!


2012年5月8日

摩訶マハ日記(3)

GWもマハーバーラタは稽古です。

稽古場から少し離れた舞台芸術公園の本部まで発声や楽器の音が聞こえてきます。

 

 さて、先日ご紹介した野外劇場「有度」。覗いてみると…

CIMG0943

 マハーバーラタのセットが建てられ始めています!(一部だけご紹介)

出演者の皆さんも見学し、イメージをつかんだ様子。

実際に野外劇場を使って稽古をする日が近づいています。

 

舞台芸術公園内はお散歩も可能。

休憩スペース「カチカチ山」では、過去の公演ポスターなどを展示しております。

昨年の演劇祭、野外劇場演目『天守物語』の美加理さんパネルも。

CIMG0936

 マハーバーラタの本番まで待ちきれないという皆様、ぜひ足をお運び下さい!


<役者おくぬ~日記>「湖西市新居宿の寺田さんのこと…」

後半は晴天に恵まれたGW、お陰さまでイタリアのポンテデーラ演劇財団の自転車を使った話題のパフォーマンス「旅」も大勢の皆様にごらん頂き、またSCOTによる、親子で楽しめる鈴木忠志演出の「シンデレラ シンデレラ」も、大好評のうちに幕、親子向けの芝居として、新しい地平を開く作品となったのではないでしょうか。

SPACのアウトリーチ活動として県内外で展開しているリーディング・カフェですが、県下東海道22宿をリーディング・カフェでまわるツアーも、4月28日(土)日坂宿の川坂屋さんでゴールイン。

SPAC中沖専務からのご助言で、22宿を廻ろうとこの企画がスタートしたのが2010年4月22日、場所は静岡県下の東海道宿場町でいちばん東の三島宿エクリュの森から…(エクリュさんでは今月15日も、ペールギュントでリーディング・カフェ開催)

それから丁度2年後の2012年4月22日(土)、本当はこの日にいちばん西の端の湖西市の白須賀宿でゴールイン…になるはずでした。

湖西市でのリーディング・カフェのキーマンが寺田さん。

写真1(写真中央が寺田さん)

元芸者の置屋であった小松楼の保存を実現させた方で、

写真2

かつては新居に十軒以上もあった芸者の置屋が、この小松楼ただ一軒になり、

写真3

それも風前の灯だったのを、日本財団に助成金を申請したり、市議会に働きかけたり、町の人と協力して掃除や傷んだ箇所の修繕をしたり…と並々ならぬ努力と知恵で、貴重な建物を「まちづくり交流館」として復活させたのでした。

写真6

その裏には、湖西市と新居市の合併にまつわる真実のドキュメントがあり、これがまたドラマティックで芝居にもなりそうで…

4月22日、午後2時からの白須賀の前に、ここ新居小松楼で開催された特別企画のリーディング・カフェ「無人島漂流記」は、1718年、新居の漁師14人が乗った船が千葉沖で遭難し、一年以上の漂流の末に無人島に漂着。それから20年近くにわたるサバイバル生活の末生還した3名の漁師の実話は、小松楼のような場所でリーディング・カフェを通して語り継ぐのも面白いなと思いました。

http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2005/00365/contents/0012.htm

この3名の生還者は時の将軍徳川吉宗とも直に会い、ねぎらいを受けたとか。

その後、彼らは故郷の新居に戻り、生涯年金をもらって幸せに暮らした…とは、なかなかいかなかったようですが…。

今でも生還者の一人、平三郎の子孫の方は、現在でも新居にお住まいだそうです。

28日の日坂での22宿達成ゴールインを、文句も言わず静かに見届けに来てくれた寺田さんのひたむきな姿には私も頭が下がりました。

とにかく何が出来るか分かりませんが、折りにふれて湖西に出向けたらと思います。

何といっても町に文化人が多く、食事も美味しくとりわけ海の幸が豊富、臨海公園にある、旬の魚貝類をだしてくれるお店は絶品料理です。
写真7

なかでもぷりぷりのカキとワンコインで食べれるシラス丼は最高でした。
写真8

静岡県の最西端にある湖西ですが、

皆様気は優しいですし、2時間ドライブしてでも、また行きたくなります。

4月22日14時からのおんやど白須賀でも、皆様明るくペールを読んでくださいました。

写真9

中でも礼雲寺のご住職でおんやど白須賀の管理をされてる加藤住職は、大変に徳のあるご風貌で周囲からの信頼もあつい方。しかしひとたび台詞を読み出すや、そのキュートな読みっぷり(ペールにさらわれる花嫁イングリや緑衣の女などなど)は、83歳というお年からは想像もできないほどに艶やかなお声で参加者を魅了してくれました。

また湖西市役所の職員として四月から単身赴任でこられた大変華やかなオーラをお持ちのお姉さま、福永さんは私と同じ兵庫出身、関西弁でのトークに癒されました。

同じく兵庫出身の某有名商事のM静岡支店長とともに、静岡で兵庫県人会を作ろうという動きもありますので、今後ともよろしくお願いします。

五月前半のスケジュールです。

12日から14日東京に伺います!

『マハーバーラタ』5月7日(月)19:00 東寿院

静岡市清水区但沼町873

『マハーバーラタ』5月8日(火) 19:00 カフェ コンコルド

浜松市中区鴨江 2-55-23

『ロミオとジュリエット』5月9日(水)19:00 高松珈琲

静岡市駿河区池田581-2

『マハーバーラタ』5月10日(木) 19:00 リアルフードレストラン伊太利亭

静岡市葵区紺屋町3-4

『ペール・ギュント』5月11日(金)18:30 三福旅館

焼津市本町3-2-1

★リーディング・カフェ@東京

『ペール・ギュント』5月12日(土)13:00 DININGBAR ペールギュント

東京都墨田区両国4-32-16 両国プラザ2階

『ロミオとジュリエット』5月12日(土)17:00 Rooms下北沢

東京都世田谷区北沢2-39-13 田丸ビル2階

『マハーバーラタ』5月13日(日) 17:00 B.Y.G New!

東京都渋谷区道玄坂2-19-14

『マハーバーラタ』5月14日(月)14:00 散歩かふぇ ちゃらぽこ New!

東京都中野区本町6-45-1

『マハーバーラタ』5月14日(月)19:00 洗足カフェ New!

東京都目黒区洗足2-7-17 1F&2F

☆予約受付中☆

ご予約・お問い合わせは・・・

SPACチケットセンター TEL.054-202-3399 (10:00-18:00)

【年齢、性別、経験不問、途中参加OK!】

◆参加費(ドリンク代込み):静岡県内1,000円、静岡県外1,500円

◆開催時間はそれぞれ2時間半ほどです。

開催情報が決定次第順次アップしていきますので、ご期待ください !

みなさまのご参加をお待ちしております。(出張開催のご要望も承っております。)

5月のリーディング・カフェ日程は下記へ

(19日は奈良、20日は大阪は高槻市、25日は豊橋市です)

http://spac.or.jp/news/?p=5140


1 / 212