2013年4月29日

<制作部よもやまブログ#35>「まるふ」演目紹介②『脱線!スパニッシュ・フライ』

こんにちは、制作部の佐伯です。
オフィスでイヤホンしながらとある映像を観ていたのですが
同僚から「あんた大丈夫?」と本気で心配されました。
みんなが真面目に仕事をしている横で必死に堪えていた笑いが漏れていたそうです・・・。

それこそが、
『脱線!スパニッシュ・フライ』
ドタバタ喜劇で、ベルリンで全公演完売するほど大ブレークしたとか。
6/8・9になったら、ここ静岡芸術劇場にやってきます。
(作品紹介はこちら

一言で表すなら・・・「ドイツの吉本」


(c)Thomas Aurin

台詞はダジャレの応酬らしいです。
「らしい」というのは字幕がまだないもので・・・。
しかし、字幕なしでも、ドイツ語さっぱりでも笑えるほどホント馬鹿馬鹿しい

「ドイツ演劇って難しそう」というイメージを見事に裏切ってくれる、
まさに「笑える」ドイツ演劇でした。
小さなお子さんも一緒に楽しめますよ。

(紹介ビデオ)

いやしかしコレ・・・動く動く動く、喋る喋る喋る。
そして観客も、ウケるウケるウケる。

巨大なペルシャ絨毯が波打って敷かれた舞台の上で、
カラダを張った「体当たりのボケ」がスピード感ある
早いテンポで繰り出されます。

あまりにも動いて走り回りすぎるものだから、
タワーのように高く盛られたかつらが折れそうだったり、
付けヒゲがとれかかって残り1センチで繋がってたり、
終盤になると女優の髪もボッサボサだったり。
時にはビックリしすぎて舞台から落ちる俳優もいます。

体内から、エネルギーが目に見えて放出されている、そんな舞台。

でも、一見しっちゃかめっちゃかに好き勝手やっているように見えて、
実はデリケートな間合いやルールが存在しているのです。
役者がお互いに決まり事を守って信頼しあいながら
縦横無尽に舞台を駆け抜けていることに気が付かされます。
暴走しているようで、緻密な計算がされているのです。

それもそのはず。
この「ベルリン・フォルクスビューネ」
100年の歴史と伝統を持つ由緒ある劇場です。

出演している俳優はドイツの実力派揃いなのです。
本当に上手い役者が、くだらないことをとことんやり尽くす。
そんな面白さがこの作品にはあります。

演出したヘルベルト・フリッチュさんは、
元々はベルリン・フォルクスビューネの所属俳優として欠かせない名優でした。


(c)Thomas Aurin

60歳代で本格的に演出家としての活動を始め、
2011・2012年と二年連続でベルリン演劇祭
(ドイツ語圏演劇ベスト10が選ばれる演劇祭)に
自身の3作品が選ばれたという、いま最も勢いがある演出家の一人です。
(『脱線!スパニッシュ・フライ』は2012年に選ばれています。)

フリッチュさんからのメッセージもご覧ください。

(演出家からのメッセージビデオ)

「・・・この作品にメッセージはないけど、マッサージにはなるよ
 お客さんにとって癒しとなる演劇なんだ。」

一度も吹かずに見れたらスゴイ!というこの舞台。
本物の演技を劇場でお楽しみください。
当日はフリッチュさんにも会えます!

そして最後に、SPAC期待の新人・山川より皆さんへのメッセージです。

==================
こんにちは、4月からSPACの一員となった山川です。

はじめての演劇祭で担当させていただく演目はベルリンのフォルクスビューネによる『脱線!スパニッシュ・フライ(Die (s)panische Fliege)』です。地元ベルリンでも全公演完売となった話題の演目が、ここ静岡にやってきます。

ドイツ語での上演に不安を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心を。もはや言葉なんて関係ない!大きな絨毯が敷かれた舞台の上で俳優たちが繰り広げる訳のわからない、でもなぜか笑える身体表現をご覧になれば、それだけで楽しめちゃう作品です。
この来日公演を記念して5月にはトークショーも催されます。

ドイツ演劇専門家とSPAC俳優、という異例のコンビによって語られる『脱線!スパニッシュ・フライ』、そしてドイツ王道喜劇論。演劇祭を前に少し作品について先取りしちゃいませんか?きっと新たな視点から作品をもっと楽しめること間違いなしです!
==================

・・・そうです、プレイベントがあるのでした!
ナイスフォローな山川さん。

5/11(東京ドイツ文化センター)と5/12(静岡シネ・ギャラリー)の二日間、
大阪大学のドイツ文学・演劇の専門家、市川明先生をお呼びして、
SPACが誇る喜劇俳優・三島景太とのトークショーを行います。

『鉄板!ドイツ王道喜劇論~民衆劇場・フォルクスビューネ、笑いの主成分~』

市川明先生といえば、NHKラジオのドイツ語講座でお馴染み。
三島は、先週まで上演されていた『ロビンソンとクルーソー』の出演や
今回の演劇祭ではSPAC新作『黄金の馬車』にも出演する俳優です。

この異色コンビで、舞台に潜む「笑い」のツボに迫ります!

さらに当日はなんと!
・ドイツといえばコレ、お洒落なアンペルマンのトートバッグが当たる抽選会
・クマの形のカラフルなグミ「ハリボー」を来場者全員にプレゼント
・静岡会場ではフォルクスワーゲンの展示も!(車内の乗り心地を体感できます。)
・そして、SPAC俳優・奥野晃士も「動読」ライブで参戦!(静岡会場のみ)

これまでドイツに縁が深かった方も、
私もそうですが、ドイツを全く知らなかった方も、
演劇をとおして皆さんとつながることができれば嬉しいです。
劇場はいつも、何かに出会える場所なのです。


2013年4月28日

静岡県が生んだSPAC、静岡県特産のお茶を摘む!

本日4月28日、舞台芸術公園のお茶畑でSPACメンバーと一般参加者の皆さんによるお茶摘みが行われました!
天候にも恵まれ、青空の下、きらきら光る若緑色のお茶畑でのお茶摘みとなりました!
お茶畑の向こうには富士山も!静岡ならではの絶景です。
1
今日は、普段から舞台芸術公園内のお茶畑を管理してくださっているお茶農家の牧野さん(写真右)の指導のもとお茶摘みが行われました。
そして芸術総監督の宮城(写真左)もお茶摘みに参戦です!

まず、牧野さんからお茶の摘み方を教えてもらいます。
2

さあ、いよいよお茶摘み開始!
3

本日の収穫目標30kgを目指して、みんな黙々とお茶を摘みます!
4
5

今日は稽古の合間を縫って『黄金の馬車』の出演俳優なんと21名が参加!
そして、一般参加者の方は、小さなお子様も含めて30名近くの方が参加してくださいました!
6

そして、皆ががんばっている中、『古事記!!エピソード1』に登場する「スサノオノミコト」が応援に来てくださいました!

子ども達と一緒にお茶を摘むスサノオノミコト。
7

途中お昼休憩も挟んで、14時過ぎに終了!合計31kgを摘むことができ、無事目標を達成しました。
8

本日摘んだお茶は、新鮮な今日のうちに牧野さんが製茶してくださり、
そして、ふじのくに⇔せかい演劇祭呈茶サービスで振舞われます。
皆様、ふじのくに⇔せかい演劇祭に足をお運びいただき、私たちが摘んだお茶をぜひご賞味ください。
お待ちしております!


2013年4月27日

『室内』パリ稽古・レポート(3)

4月21日(日)

パリに来て2週間が過ぎようとしています。

着いた当初の真冬並みの寒さからは脱脚しましたが、2、3日置きにTシャツでいいくらいだったり上着ないと寒くて仕方なかったり、朝快晴で気持ちよく出掛けるといきなりどしゃ降りだったり…、と気まぐれな天気が続いてます。

さて。
ということは稽古も2週目。

「Bon…」
近くの教会の鐘の音と共にレジさんの声で始まる「クロード・レジ研究室」。

まるで何百年も昔からそこに座ってずっと俳優達を見つけてきたかの様な佇まい。

「お芝居をやるのではないのです。
生き生きとしたものをやるのです。」

俳優としてこれ以上の至言はありません。
それを検証し実践する為の実験室が日々進んでいます。

2週間経ってきてようやく少しずつ俳優達がこの空間に浸み出してきた気がします。

どこまでも人間の無限の想像力を信じ、追い続ける老教授(?)レジさんと共に…
幸せな時間です。

そしていつもの様に
「今日はここまで。
ゆっくり寝て下さい。
たくさん夢を見て下さい。
そして夢を見続けて下さい。」

ああ、こんなパリ生活もあと一週間。

もう少し美味いものも探し足りないわたくし、貴島のレポートでござんしたm(_ _)m

パリの稽古場のレジさん_後姿


2013年4月24日

不定期連載 クロード・レジがやってきた(4) ~『室内』関連ブログ~

遅れてきた巨匠
SPAC文芸部 横山義志

クロード・レジはフランス演劇において、パトリス・シェロー以降、最も重要な演出家の一人である。今活躍しているオリヴィエ・ピィ(1963生まれ)、フレデリック・フィスバック(1966生まれ)、ダニエル・ジャンヌトー(1963生まれ)といった60年代生まれの演出家は、いわばレジの洗礼を受けて育ってきた世代と言える。この世代の演出家の多くは、一度はレジの真似をしてみたことがあるのではなかろうか。

といっても、レジは1923年生まれで、1944年生まれのシェローよりもずっと年上である。さらに、アントワーヌ・ヴィテーズ(1930年生まれ)、アリアーヌ・ムヌーシュキン(1939年生まれ)、ピーター・ブルック(1925年生まれ)よりも年上である。上記の世代にとって、レジはある意味で、遅れてきた巨匠だった。

レジは無名だったわけではない。しかし、ピィらの世代より一つ上の世代にとっては、レジはあまり参照項になるような存在ではなかった。理由は二つある。

第一の理由は、レジが主に私立劇場を拠点に活動していたことである。シェローらが活躍した1960年代・70年代は、公共劇場が現代演劇の拠点として確立していった時代でもあった。だが、レジが演劇活動をはじめた第二次大戦前後において新たな演劇を育んでいったのは圧倒的に私立劇場だった。レジは60年代の終わりから公共劇場でも演出をするようになるが、完全に公共劇場に軸足を移すようになるのは80年代以降である。この移行期において、私立劇場は徐々に商業劇場化していき、若い演劇人たちが足繁く通う場ではなくなっていったようだ。

第二の理由は、レジが「アンガージュマン(政治参加)」と距離を置いていたことだろう。このレジの姿勢はサルトルの時代から一貫していた。とりわけ60年代・70年代においては、「政治に無関心な演出家」とみなされた時点で、評価される機会を逸したこともあっただろう。レジはいわゆる左翼的な活動には参加しなかったが、かといって保守派や右派にシンパシーを持っているわけでは全くない。むしろ、演劇の政治性はいわゆる「政治活動」にあるわけではない、と考えているのではないだろうか。これはピィらの世代にも見られる態度である。

レジが暗さと沈黙を極度に重視するようになったのは1980年代以降のことらしい。レジは1985年にメーテルリンク作『室内』を公共劇場であるジェラール・フィリップ劇場(サン=ドニ市)で初演しているが、これは転機になった作品の一つだろう。70年代にはマルグリット・デュラスやナタリー・サロートといった「ヌーヴォー・ロマン」の作家たちと緊密なコラボレーションを展開していたレジが、この時期、たびたび現代戯曲から離れ、古典をいくつか上演している。これは公共劇場の要請でもあったのだろう。一方で、公共劇場の比較的恵まれた条件で作品を作ることで、やりたいことができるようになった部分もあるに違いない。

ダニエル・ジャンヌトーはこの『室内』が、はじめて見たレジの作品だったという。「全ては二十分間の沈黙から始まった。観客は気が狂いそうになっていた。でもこの静けさの中にはじめて響いた言葉は、本当に裂け目としかいいようのないものだった・・・。崇高だった」(『ル・モンド』紙のインタビュー)。ジャンヌトーはこれをきっかけに舞台美術を志し、数年後にはレジから舞台美術を任され、その後十五年近くのあいだレジの舞台装置を作りつづけることになる。

レジの創作活動を支えてきたのは、新たな才能を発見する類い希な能力である。このジャンヌトーにしても、この時点では全く無名の学生に過ぎない。1992年にレジがオペラ・バスティーユで『火刑台の聖ジャンヌ』(クローデル作、オネゲル作曲、イザベル・ユペール主演)を演出したときに、まだ20代だったジャンヌトーは、オペラ座のディレクターに「私の舞台美術家です」と紹介されて戸惑ったという。だが、この『火刑台の聖ジャンヌ』をはじめとする舞台美術で、ジャンヌトーは瞬く間に頭角を現し、フランスの舞台美術界を代表する存在になる。

レジは「実験」という言葉を好んで使う。今回の『室内』再制作にむけたインタビューでも語っているように(下のビデオメッセージを参照)、つねに未知の領域に踏み込まなければ満足できないたちらしい。前回『彼方へ 海の讃歌』で来日した際に、「次回作は?」と聞いたら、「実験的な小品なんだが」という返事が返ってきて、ちょっと驚いた。蓋を開けてみれば全くその通りで、ブルターニュ国立劇場付属演劇学校のワークショップで知り合った20代前半の俳優による一人芝居を、パリの小さなスタジオで発表していた。もともとツアーの予定はなかったそうだが、パリ公演はかなりの評判になり、結局二年間にわたってフランス各地で上演されることになった。それが、今回の演劇祭でも上映される『神の霧』である。俳優の集中力にも驚愕させられるが、演劇学校を出たばかりの俳優にかなりの時間をかけて向き合い、それを引き出したレジには唖然とするほかない。

レジは形式主義的な演出家だと思われがちだが、稽古場では俳優に形式を指示することはほとんどない。俳優にはむしろ「自分自身が詩人にならなければならない、自分の作品を作るクリエーターにならなければならない」と言い、俳優自身に演技の方向性を探らせていく。だが、レジが俳優に求めるものを実現しようとすると、必然的にあまり動かなくなっていくらしい。

2002年に上演された『4.48サイコシス』(サラ・ケーン作、ブッフ・デュ・ノール劇場他)では、主演のイザベル・ユペールは、2時間近くの間、ついに一歩も動かなかった。暗転を経て、次の場面になっても、変わるのは腕の位置くらいで、足は金縛りにでもあったかのようにその場にとどまっている。そして2009年初演の『海の讃歌』(ペソア作、アヴィニヨン演劇祭、パリ市立劇場他)では、一人舞台に立つジャン=カンタン・シャトランが、ふたたび一歩も動かないまま語りつづけていた。この『海の讃歌』は、これだけ特殊な作品であるにもかかわらず、翌年「批評家連盟演劇大賞」を受賞している。レジはキャリアに比して公式に顕彰されたことが非常に少なく、大きなものではこれと、1991年の「フランス演劇大賞」くらいのものらしい。この意味でも「遅れてきた巨匠」と言えるだろう。

では、それまでの数十年間、レジは何をしてきたのか。レジはあまり昔話をしない人だと思ってきたが、最近のインタビュー集では、家庭環境や演劇をはじめたきっかけなどについても話している。次回はそんな話を。

(つづく)


2013年4月23日

『黄金の馬車』ブログ(4)

4月20日(土)に、『黄金の馬車』稽古見学会+ふじのくに⇄せかい演劇祭2013ラインナップ紹介イベントを開催しました。多くのお客様にご参加いただき、にぎやかで楽しい一日になりました!
ご来場誠にありがとうございました。

まずはリハーサル室にて、トレーニングの見学。
SPAC俳優が日々行なっている身体訓練を見ることのできる貴重な機会です。
集中力を切らさず身体を動かし続ける俳優たちと、それを見つめる見学席の真剣な視線。
厳粛な雰囲気が漂います。



午後は、宮城聰演出『黄金の馬車』の稽古見学。
新作のため、これが初公開となりました。
SPAC作品ならではの楽器演奏も目の前で行なわれ、迫力満点です。


この時点では衣裳や小道具も仮のものですし、これからいろいろな変化があるかと思います。
はたして本番はどうなるのでしょうか?
稽古を見学なさった方も、そうでない方も、ぜひご自分の目でお確かめください!

チケットの一般発売は、21日より開始いたしました。
他の演目と合わせての「ハシゴ観劇」もおすすめです!


2013年4月22日

<制作部よもやまブログ#34>「まるふ」演目紹介①

こんにちは。「ふじのくに⇄せかい演劇祭2013」『ポリシネルでござる!』担当の仲村と高林です。
『ポリシネルでござる!』は、フランスの人形劇団「ラ・パンデュ」による作品です。仏題では『Poli dégaine』といいます。実はこの作品のポスター、ずっと静岡芸術劇場の廊下に貼られています。おととい20日の稽古見学会にいらっしゃったみなさんも通った廊下です。気づいた方、いらっしゃったでしょうか。

このポスター、私の知っているかぎりでは5年ほど貼ってありますね。
ボランティアスタッフさんたちも覚えがある方、多いのではないでしょうか。
「ラ・パンデュ」はエステル・シャルリエさんとロミュアルド・コリネさんという二人組のグループ。このお二人の出身校はシャルルヴィル・メジエール国立人形劇学校というところ。じつはこの学校、2年に1回たった10人くらいしかとらない、人形劇のエリート学校なんです。世界で少数の「国立」の人形劇学校というのも驚きポイント。このふたりが今回、初来日!


© Denis et Christelle GREGOIRE

エリートだけど、おふたりのプロフィール写真、とても親しみやすさを感じます。
「・・・でも<フランス語・日本語上演>ってむずかしいのかな」と迷われている方がいましたら、ご安心を。
タイトルロールになっているポリシネルは「ぐぅ~、ぐぅ~」「んがっ」「ふ~ふふ、ふ~ふ」という風にしゃべっています。小さなお子様でも十分たのしめる作品です。もちろん大人の方にもおすすめできるクオリティ。なにせ人形劇のエリートですもの。お試しにプロモーションビデオをぜひご覧ください。

『ポリシネルでござる!』は東静岡駅そばグランシップ広場にて上演します。
グランシップ広場は、芝生が広がっていて、普段はお散歩している人がいたり、体操している人がいるみんなの憩いの場です。SPACのチケット代は基本4000円ですが、『ポリシネルでござる!』はワンコイン500円です(未就学児は無料となります)。
諸々まとめますと、今回は、大人も子どもも楽しめる、人形劇のエリート、「ラ・パンデュ」の作品がワンコインで観られる貴重なチャンスなのです。

さて、『ポリシネルでござる!』担当のわたしたちは「ラ・パンデュ」から、あるお願いをされています。
「お客様は子どもだけ、大人だけでもなく、大人も子どもも一緒に楽しんでほしい」と。
ぜひ大人の方は子どものお客様を、子どもの方は大人のお客様と一緒にグランシップ広場へお越しください!


2013年4月21日

不定期連載 クロード・レジがやってきた(3) ~『室内』関連ブログ~

闇と沈黙
SPAC文芸部 横山義志

レジの舞台は暗い、という話をした。前回『彼方へ 海の讃歌』を招聘した際には、スタッフから「照明操作卓はなるべく新しいものを用意してほしい。レジの作品では出力0%~1%のあいだをどれだけちゃんと操作できるかが重要だから」という話があった。これは、「感覚の閾」を探るためだという。「閾」とは、視覚であれば、「見える」と「見えない」のあいだにある領域のことである。「閾」においては、感覚が研ぎ澄まされる。ふだんは見えないもの、感じられないものにも、感覚が開かれていく。

レジの作品には、ほとんど「舞台装置」と呼べるようなものがない場合が多い。極めて抽象的な空間を作り上げ、俳優と照明によって場面を作っていく。レジは近作のアフタートークで、「どんな立派に作られた舞台装置でも、人間の無限の想像力に勝るものはない」と語っていた。「感覚の閾」を探る照明は、感覚の向こう側にあるものに向けて、舞台を開いていくものなのである。

そして、さらにその想像力をも越えた領域へと導いていくのは、沈黙である。レジの作品において重要なのは、「意識も無意識も越えたところにあるもの」なのだという。ベネディクトのワークショップでは、一番はじめに、メーテルリンクの「沈黙」というテクストを読んだ(『貧者の宝』所収)。ここでは、「沈黙」を共有したことがない恋人は、まだお互いのことを十分に知り合っていない、という話があった。メーテルリンクによれば、「沈黙の水源は思考の水源をはるかに超えたところにある」(山崎剛訳)。

レジが静岡で舞台を作ろうと思った理由の一つは、この闇と沈黙に適した場所を見つけたと思ったからだろう。静岡での稽古は、日本平の原生林のなかにある「舞台芸術公園」で行われる。レジは、この自然公園のなかの、茶畑を見渡す宿舎で日々を過ごすこととなる。そしてこの公園の最も奥に位置するのが、楕円堂という木造の劇場である。夕方にこの劇場に来れば、そこに辿りつくまでのあいだに、すでに視覚が変化しているのが分かるだろう。楕円堂に辿り着くと、黒塗りの階段を下りて、古い日本家屋の闇を再現した舞台空間に身を置くことになる。

レジと『室内』のために選ばれた俳優たちは、今月はレジの住むパリで稽古し、5月にはパリの喧噪を遠く離れて、ふたたび静岡へと戻ってくる。

レジの演劇観には、どこか日本の演劇観に通じるところがある。フランスにおいては、これはかなり特殊な演劇観だと言える。だが、レジはこれまで、特に日本文化に大きな影響を受けてきたわけではない。では、レジはどのようにしてこの独特の演劇観を育んできたのだろうか。次回からはレジの経歴について書いていこう。

(つづく)


2013年4月19日

『室内』パリ稽古・レポート(2)

4月14日(日)

第一週を終えました。
週の前半は立ち稽古。
新しい空間で一歩ずつ。

後半はテーブルを囲んで、台本の確認作業。
フランス語で書かれた原文と、翻訳された日本語とを、一語ずつ照らし合わせていく。

土曜日には、舞台美術の模型も見ました。

その日の稽古が終わると、クロード・レジ氏がわたしたちに向けておっしゃいます。

「また明日。
よい食事を。
よく寝てくださいね。
そして、たくさん夢をみてくださいね」

現場から泉陽二でした。


2013年4月18日

『黄金の馬車』ブログ(3)

ご覧になった方もいらっしゃるかも知れませんが、ふじのくに⇄せかい演劇祭2013の各演目ページがオープンしました!『黄金の馬車』ページはこちらから。
イラストは、メインビジュアルとともにエドツワキさんが描いてくださいました。

さて、4月17日(水)の稽古は野外劇場「有度」へ!
それぞれの立ち位置や流れを確認しています。


2013年4月16日

『室内』パリ稽古・レポート(1)

『室内』のパリでの稽古に参加している俳優より、稽古レポートが届きました。
『室内』ワークショップ・レポートと平行して、ブログで公開していきます。

初回は、SPAC作品初出演の弓井茉那さんからです。

◆◆◆◆

4月11日(木)

今週から『室内』パリ稽古が始まりました。
稽古の模様を出演者によるリレー形式でお伝えして行きたいと思います。

第1回目は、弓井がお送りします。

稽古場はバスティーユ広場近くの、パリの劇場の稽古場をお借りしております。

DSC_0961
DSC_0972

写真は、稽古場の建物内部と、稽古場です。

パリらしいアパルトマンの一室に稽古場はあります。

稽古場には、こども達の声や街を行き交う人の声などが聞こえます。
そして時折隣の教会から鐘の音が響きます。
これらが稽古場で行っている作業に深く良い影響を与えてくれています。

ここ最近雨が多かったのですが、稽古を終えて外に出ると
なんと大きくて綺麗な虹が!

DSC_0965

虹は“神様の約束”だと出演者のたきいさんが教えてくれました。
ノアの方舟の大洪水の後、もう二度と生きとし生けるものを
絶滅させるような大洪水を起こさないとした神の契約の証だそうです。

稽古場では聖書の話、絵画や音楽の話もたくさん出ていて、
それらをイメージしながら想いを馳せながら、
そして目に見えない何かの力を感じながら、
今日も稽古を重ねております。

それでは、出演者によるパリ稽古場レポートはまだまだ続きます。
どうぞお楽しみに!

演出・レジさんの可愛らしいファッションチェックが
密かな楽しみとなっている弓井茉那でした。


1 / 212