2013年6月26日

「イロトピーのこと」 横山義志(SPAC文芸部)

イロトピーの主宰者、ブリュノ・シュネブランとはじめて会ったのは2003年の夏のことだった。ブリュノが住む、ローヌ川の河口近くの川中島。そこで、なぜか留守番をしていたのである。ダチョウや巨大なイヌなど、どこから来たのかよく分からない生き物たちに、四、五日ほどのあいだ、毎日餌をやっていた。

夏休みに入る頃に、ダニエル・ジャンヌトーから電話がかかってきた。一昨年SPACで『ガラスの動物園』を演出してくれた演出家だが、そのころはまだクロード・レジの舞台美術も手がけていた。ダニエルから、共通の友人の子どもたちを連れて、川中島で留守番をしないかと誘われた。何の話だかよく分からなかったが、とりあえず他に予定もなかったので、行ってみることにした。

町のスーパーで買い出しをして、大量の水道水を汲み、モーター付きの小さいボートに乗って川中島へ。ちょっとディズニーランドのトムソーヤ島を思い出して、なんだかうきうきする。島に着くと、何匹もの犬が寄ってくる。島の中央には大きめの平屋が建っていて、屋根には太陽光パネル。鬱蒼と茂る木をかき分けながら一周してみると、他にも小さな家がいくつか建っていて、川の上に浮いている家まである。

一番大きい家には蛇口もあって、ローヌ河の水でシャワーを浴びたり、食器を洗ったりすることもできる。夜には太陽光発電でランプを点けることもできるが、他の家ではろうそくを使っていた。もちろん電話もインターネットもない。昼間は子どもたちと一緒に、島を探検して虫を見つけたり、水に入ったり、動物と遊んだり。夜はチェスをやったり、本を読んだり。(そういえば、ダニエルはこのときにサラ・ケーンの作品を何冊か持ってきて読んでいた。)このローヌ川河口のあたりは、カマルグと呼ばれる湿地帯で、野生動物も多いが、蚊も多くて、寝るときにはうまく蚊が入らないように蚊帳を吊らなければならない。

そんなこんなで、数日が過ぎると、イロトピーの面々が島にやってきた。ブリュノはすっかり陽に焼けて、髪はもじゃもじゃで、アインシュタインが船乗りになったような風貌。息子のティモンはかなりの男前で、筋肉質で、やはり陽に焼けて、「あちーあちー」などといいながら、素っ裸で川に飛び込んでいく。女性のメンバーも、同じナチュラルスタイルで川に飛び込んでいったりして、目のやり場に困る。

聞けば、海外ツアーをやってきたらしい。ブリュノは今では全く都会育ちには見えないが、実は生まれも育ちもパリだった。パリでは船上に住み、パフォーマンスを行っていたが、やがて都会暮らしも、パリの限られた観客に向けて作品を作るのも嫌になって、1978年にパリ脱出を図る。一人で舟を出して運河を抜け、ローヌ川を下っていった。そして、この川中島に空き家になった掘っ立て小屋があるのを見つけて、住みついてしまう。ブリュノはここを拠点にして、パフォーマンス集団「イロトピーIlotopie」を立ち上げた。「イロ(îlot)」は、フランス語で「小さな島」という意味。それと「ユートピア(utopie)」を組み合わせたわけである。六八年五月革命世代の「想像力に権力を!(Imagination au pouvoir)」という言葉を実現するような活動がはじまっていく。

ブリュノは「劇場に来ない人たちに観てもらえるものを作りたかった」と言う。アヴィニヨン演劇祭で、郊外の廃墟化した高層アパートの全体を使った作品を発表したり、全身を赤や青や緑に塗って裸で街を歩く『有色人種(Les Gens de Couleur / Coloured People)』というパフォーマンスをやったりする傍らで、「水上演劇」の技術を開発していく。そしてローヌ川河口の町に、路上パフォーマンス作品制作のための拠点「ル・シトロン・ジョンヌ(黄色いレモン)」を設立。この活動が認められ、これがフランスではじめての「国立路上パフォーマンスセンター(Centre National des Arts de la Rue)」となって、今では年間に何組ものパフォーマンス集団を受け入れ、創作を支援し、フェスティバルも開催している。

イロトピーは、今では海外での活動が70%にのぼるという。日本では、1992年に「野毛大道芸」(横浜)に参加して路上パフォーマンスの作品を発表しているが、今回は20年ぶりの来日となり、「水上演劇」の上演はこれがはじめて。今回上演される『夢の道化師(Fous de bassin / Water Fools)』はイロトピーの代表作で、シドニー、シンガポール、グリニッジ、シカゴなど世界各地で上演されてきた作品である。you tubeをチェックしてみれば、ブリュノが水のうえで新聞を読んでいる映像が世界中のあちこちで見つかるだろう。

「今では多くの人たちが、蛇口をひねって出てくるのが水だと思っている。歯を磨いて口をすすいだあと、水がどこに行くのか、考える機会もなかなかない。海面は上昇しているのに、世界中で水が足りなくなっている。人間は水がないと生きていけないが、同時に水は恐ろしいものでもある。水のもつ神話的な力に対する想像力を取り戻すことで、もっと水のことを考えてほしい」と、ブリュノはまさに水を舞台とする信じられないような作品をいくつも作ってきた。水上で上演される作品を手がけるのはSPACでもはじめてで、技術・制作スタッフが海上保安庁などと必死に調整を重ねているらしい。

富士が霊峰と呼ばれるのは、いきなり海から突きだしているからでもある。その意味でも、清水港からの富士の眺めは特別なものである。今週末は、日が暮れてから、夜の海をゆっくり眺めてみてほしい。一見まどろんでいるかのように見える水が、どくどくと脈打ち、私たちに何かを伝えようとしていることに気づくだろう。

イロトピー『夢の道化師 ~水上のイリュージョン』
6月28日(金)、29日(土)20時開演
会場:清水マリンパーク

Water Fools


2013年6月24日

クロード・レジ演出×SPAC出演 『室内』 舞台写真&トーク映像公開!

ふじのくに⇄せかい演劇祭2013の『室内』公演が昨日をもって無事に幕を閉じました。
ご来場くださいましたお客様にはあらためて御礼申し上げます。
予約開始とともにあっという間に完売となってしまった本公演。
客席数の関係上、ご覧いただけないお客様が多数出てしまったこと、お詫び申し上げます。

ここで、舞台写真と公演最終日のみ開催いたしました、
クロード・レジさんのトーク映像を公開いたします。
ぜひご覧ください。








写真撮影:三浦興一


2013年6月23日

【映像】『黄金の馬車』アーティスト・トーク ゲスト:北川フラム氏 2013年6月22日

6月22日(土)の『黄金の馬車』アーティスト・トークは、
アートディレクターの北川フラムさんをゲストとしてお迎えしました。

今回はじめて宮城聰演出作品をご覧いただいたという北川フラムさん。
きびしいツッコミ(?)とともにいろいろな質問をに投げかけていただきました。

聞き逃した方はぜひどうぞ!


2013年6月19日

横山義志による『Hate Radio』みどころ・考えどころ ~ルワンダ虐殺はなぜ起きたのか?

横山義志(文芸部)

1994年4月から100日ほどのあいだに、ルワンダで50万人~100万人が虐殺された。人類史上、「最も効率よく行われた虐殺」とも言われる。この事件が起きたとき、遠く離れた「先進国」では、誰もがこれをアフリカのローカルな部族間の争いだとみなそうとした。だが、単なる部族対立でこんなに多くの人が殺されるはずはない。この事件の最大の凶器となったのはラジオだった。ミロ・ラウ率いるIIPM(International Institute of Political Murder)は、当時のラジオ放送を再現した『Hate Radio』で、昨年のベルリン演劇祭招聘演目に選ばれた。ベルリン演劇祭(テアタートレッフェン)は、ドイツ語圏でその年に上演された演劇のなかで、最も重要な舞台を10本選んで上演する演劇祭だが(ヘルベルト・フリッチュ演出『脱線!スパニッシュ・フライ』もここに入っていた)、このように若い演出家が作ったドキュメンタリー演劇が入るのは珍しいのではないだろうか。この作品は静岡のあと、アヴィニヨン演劇祭やバルセロナ・グレック・フェスティバルでも上演される予定になっている。

Hate Radio

自分の記憶をたどってみれば、1994年には高校生で、よく新聞の国際欄を読んでいたはずだが、ほとんど印象に残っていない。日本の大手紙では、この事件は一度も一面では取り上げられなかったらしい。フランスにいたときに、この事件を扱った演劇作品『ルワンダ94』を見た。実際に虐殺を生き延びた人々が、たしか六時間ほどにわたって、自分の経験を証言する作品だった。この作品では、「何が起きたのか」は分かった気がしたが、「なぜ起きたのか」については、あまりよく分からなかった。

『Hate Radio』は、「なぜ起きたのか」に焦点を当てる作品である。ルワンダ虐殺を主題にした作品では、個々の事件の残虐性が強調される場合が多いが、この作品では、凄惨な描写はむしろ可能な限り避けられている。だが、一方で、そういった他の作品よりも、よほど戦慄を覚えさせる作品でもある。なぜなら、これを見れば、この事件が「近代化」を成し遂げたどの国でも起きうる事件だということがよく分かるからだ。

観客はイヤホンをつけて、ラジオのリスナーになる。そこから流れてくるのは、どこかで聞いたことのあるロックや歌謡曲であったり、アフリカの軽快なポップスであったりする。その合間に、ラジオのパーソナリティたちが、「映画館の裏に住んでいるゴキブリ」を始末するように、と視聴者に語りかける。ベルギー人のパーソナリティは、「これは革命なんだ、人口の10パーセントに過ぎないのに国の全てを握っているツチ族を打倒しなければ、真の民主主義は達成できない!」と、熱く語る。実際、「フツ族による革命」を支持していた西洋諸国の出身者も少なくなかったらしい。ニュースでは各国軍の動きも伝わってきて、虐殺の背後で様々な国外の勢力の利害が絡み合っていることにも気づかされる。

新聞の紙面では、最近になって、急にアフリカが近くなったようである。ルワンダはその後、IT産業を主力に急速な成長を遂げたとされ、今月はじめに開かれていた「アフリカ開発会議(TICAD)」でも、注目の的だった。日本経済新聞の一面でも、この「ルワンダの奇跡」を扱った記事が出ていた。5月3日付けの日本経済新聞の記事によれば、アフリカに住んでいる日本人は約8100人。それに対して中国人は15万人を超える。アフリカ向け直接投資額も、中国は日本の7倍だという。「虐殺を乗り越えて経済成長を成し遂げた」という美談が、アフリカへの投資の起爆剤となるのも悪くはないだろう。だが、ルワンダの本当の「近さ」を感じない限り、真のパートナーとなるのは難しいだろう。


【映像】『黄金の馬車』アーティスト・トーク ゲスト:武富健治氏 2013年6月15日

6月15日(土)の『黄金の馬車』アーティスト・トークは、
漫画家の武富健治さんをゲストとしてお迎えしました。

原作であるプロスペル・メリメの「サン・サクルマンの四輪馬車」を読み、
ジャン・ルノワールの映画「黄金の馬車」もご覧になってきたという
予習バッチリの武富健治さん。

かつて演劇活動に関わっていらしたという武富さんが
「漫画って映画より演劇に近いと思う」と言われるその意味とは――。

宮城が演劇をはじめたときの話から、
今回なぜ「古事記」を取り上げたのか?などなど、
笑いに包まれたトークをぜひお聴きください!


2013年6月18日

<制作部よもやまブログ#42>【映像】大岡淳によるポーランド演劇入門!(「まるふ」演目紹介⑨『母よ、父なる国に生きる母よ』2)

「ふじのくに⇄せかい演劇祭2013」第4週の今週末(6/22・23)、
ポーランドから『母よ、父なる国に生きる母よ』がやってきます!
しかしポーランドといっても、あまりなじみのない方が多いのではないでしょうか。
2012年の「ワルシャワ演劇祭」で本作を観劇したSPAC文芸部の大岡淳より、
ポーランド演劇の歴史と魅力を40分でお伝えします!
この映像をご覧いただいたあとに公演をご観劇いただければさらにお楽しみいただけるはずです!
ぜひご覧ください!!

【WEB配信ミニ講義】ポーランド演劇入門 講師:大岡淳(SPAC文芸部)

6/22(土)・23(日)『母よ、父なる国に生きる母よ』チケット販売中!
*6/22(土)は残席わずかです。ご希望の方はお早めにご予約ください。

★ワルシャワ演劇祭のレポートはコチラからご覧いただけます。
ブログ-日本軽佻派大岡淳と申しますっ!
「ポーランド演劇の現在――WARSAW THEATER MEETINGS観劇報告」

———————————
<ポーランド演劇入門:参考資料>

◆イェジー・グロトフスキ
(Jerzy Grotowski/1933年~1999年)

ポーランドの演出家。「貧しい演劇」を提唱、簡素で禁欲的な空間において、徹底した訓練によって成立する、俳優の肉体の表現を重視した。

1933年 ジェシュフ生まれ。
1951年 クラクフの国立演劇大学俳優学科入学。スタニスラフスキーを学習。
1955年 モスクワの演出高等学院に留学。メイエルホリドを学習。
1956年 中央アジアを旅行し、インド哲学に触れる。ポーランドへ帰国。学業の傍ら、演出助手を務める。
1959年 実験劇場(Teatr Laboratorium)をオポーレに創設。この後、ジャン・コクトー作『オルフェウス』、カーリダーサ作『シャクンタラー』、ヴィスピアニスキ作『アクロポリス』等を演出。1962年に初演された『アクロポリス』で、グロトフスキの提唱する「持たざる演劇」が初めて具現化された。
1963年 ワルシャワで開催されたITI(国際演劇協会)総会で、実験劇場で演出助手を務めていた、イタリアの演出家バルバによりグロトフスキの文書が配布され、話題を呼ぶ。このときグロトフスキはクリストファー・マーロウ作『フォースタス博士』を上演しており、成功を収める。
1964年 ジャック・ラングにより、第2回ナンシー演劇祭審査員として招かれる。
1965年 実験劇場をヴロツワフに移す。
1966年 リチャード・シェクナーが教授を務めるニューヨーク大学に招かれる。
1967年 カルデロン作、スウォヴァツキ訳『不屈の王子』によって成功を収める。20世紀史上の最重要作に数えられる。
1969年 最後の演出作品となる『姿のある黙示録』を上演。
1984年 実験劇場を解散してアメリカに移住。
1985年 イタリアに拠点を移し活動を継続。様々な大学で教鞭もとる。
1999年 白血病により死去。


◆タデウシュ・カントール
(Tadeusz Kantor/1915年~1990年)

ポーランドの演出家、画家、舞台美術家。前衛的・革新的なパフォーマンスにより、ポーランド内外で高い評価を得た。

1915年 ヴィエロポーレ生まれ。クラクフ美術大学で絵画と舞台美術を専攻(1933-39)。構成主義、バウハウスに傾倒。
1942年 ドイツ占領下のクラクフで、若い画家のグループと共に地下劇場を結成し、全ての芸術活動に対するドイツの禁止令の下で、活動を展開。
1944年 ヴィスビャンスキ作『オデュッセウスの帰還』を地下劇場で演出。
1947年 奨学金を得て1年間パリに滞在。
1948年 戦後初めてのポーランド現代美術展を企画。クラクフの美術大学の教授に任命。
1949年 社会主義リアリズムの押しつけに対し、公式な文化活動への参加を拒否。教授職を取り消される。
1955年 クラクフの「美術家の家」に劇団クリコット2を結成。
1956年 戦後初めてのヴィトカッツィ公演である『烏賊』を初演。
1969年 ブレドで「不可能の演劇」に取り組む。
1975年 クラクフのクシシュトフォリ画廊で『死の教室』初演。「死の演劇」宣言を著す。
1976年 アンジェイ・ワイダが『死の教室』を映画化。
1982年 『死の教室』を、富山県の利賀フェスティバル、東京のパルコ劇場で上演。
1990年12月8日 クラクフで急逝。



●ポーランド現代史年表

1) 第2次大戦終結まで

1918年 ドイツ、第1次大戦に敗北
 → ポーランド共和国樹立
1939年 9月 ナチスドイツ、ポーランド侵攻
 → ドイツ・ソ連による領土分割
1944年 8月 ワルシャワ蜂起、市民20万人死亡
1945年 第2次大戦終結 → 国民統一臨時政府樹立                


2) 共産主義時代

1948年 ソ連の後援によりポーランド統一労働者党(共産党)結成
 → 一党独裁体制へ
1952年 社会主義憲法制定、国名をポーランド人民共和国に
1956年 フルシチョフによるスターリン批判 → ポズナニ暴動
 → ヴワディスワフ・ゴムウカ、党第一書記に就任し自由化を進めるが、のち、自由化運動を弾圧
1968年 チェコ事件(プラハの春) → ゴムウカ、ソ連と協調
1970年 グダニスク暴動 → ゴムウカ失脚し、エドヴァルト・ギエレク、党第一書記に就任 → ギエレク、経済開放進め西側から外資導入し経済成長実現 → 債務増加と物価上昇により70年代半ばから経済停滞
1980年 政府による食肉価格値上げに対する全国的ストライキ → 東側諸国で初めての自主管理労組「連帯」結成 
→ 電器技師レフ・ヴァウェンサ(ワレサ)を指導者として、1000万人を擁する巨大な社会運動へと勢力拡大、ポーランド統一労働者党は党員300万人の約3分の1が離党
1981年 4月 ブレストでソ連との秘密会談
 → 12月 ヴォイチェフ・ヤルゼルスキ、首相と党第一書記を兼任し、戒厳令を施行
1982年 ヤルゼルスキ、経済改革関連法整備
 → 経済改革進めるも好転せず
1985年 ゴルバチョフ、ソ連共産党書記長就任 → ペレストロイカ(改革)・グラスノスチ(情報公開)開始 
→ ポーランドも漸進的に民主化へ
1987年 経済改革推進や市民権拡大の是非を問う国民投票 → 国民はこれを否決


3) 東欧民主化以後

1989年 党第10回中央委員会総会で政治的多元主義と労働組合複数主義を容認する決議
 → 円卓会議により政治改革(民主化)・経済改革(自由化)実施
    → 6月、総選挙の自由選挙枠で「連帯」が圧勝
 → ヤルゼルスキ、大統領就任、「連帯」のタデウシュ・マゾヴィエツキ、首相就任
    → 9月、「連帯」系閣僚を中心とした、東欧初の非共産党政権誕生
    → 12月、憲法改正し、国名をポーランド共和国に
1990年 旧共産党系勢力を一掃し、脱社会主義化を推進
1991年 ヴァウェンサ(ワレサ)、大統領就任 → 「連帯」分裂し、短命な中道・右派の連立政権が続く
1993年 旧共産党系の民主左翼同盟が総選挙で勝利、左派政権成立
1995年 民主左翼同盟のアレクサンデル・クファシニェフスキ、大統領就任
1997年 総選挙で「連帯」を中心とする「連帯選挙行動」勝利、非共産党系連立政権成立
1999年 北大西洋条約機構(NATO)加盟
2001年 総選挙で左翼民主連合・労働同盟連合が勝利、再び左派政権成立
2004年 欧州連合(EU)加盟
2005年 総選挙で旧「連帯」系の流れを汲む右派の「法と正義」の少数単独内閣が誕生、大統領選も同党のレフ・カチンスキが当選
2007年 総選挙で中道右派「市民プラットフォーム」が勝利、中道右派小政党「ポーランド国民党」と連立し、「市民プラットフォーム」のドナルド・トゥスク、首相就任 → 世界金融危機に直面するも巧みな経済運営により景気後退回避
2010年 政府専用機墜落事故 → 「市民プラットフォーム」のブロニスワフ・コモロフスキ、大統領就任
2011年 総選挙で与党「市民プラットフォーム」が勝利、「ポーランド国民党」との連立政権を維持し、第2次ドナルド・トゥスク内閣が発足
————————————-


2013年6月13日

<萌目線。vol.111>せかい演劇祭での、世界初演!

Filed under: 萌目線。

みなさま、ふじのくにせかい演劇祭2013にはご来場いただけてますでしょうか?!

開幕して3週目になりました。
ここまでにご来場くださいましたみなさま、ありがとうございました!
今週末お会いできるみなさま、お待ちしてます!

私も出演しております『黄金の馬車』は有難いことにご好評をいただいており、先週は満員御礼でございました。
客席から沢山の旗が揚げられている光景と、後ろの方の席の方々も手を上げていっしょにコールしてくださったこと、忘れられません!

ご入場いただけなかった方々には申し訳ありませんでしたが、
今週15日(土)はまだお席がご用意できます!

どうぞお早めにご予約いただきますよう、お願いします!

IMG_2013060242999 (1)

お天気が心配なのは毎度のことですが、
この作品が世界で初めて舞台で上演されているのは今回だけなのです!
一人でも多くの方にお届けしたいと思っています。

IMG_201305266850

みなさまのご来場を心よりお待ちしてます!

<萌目線。>とは・・・ SPAC俳優石井萠水の目線で稽古場や舞台裏の様子をお届けしています。
GREEでもブログ更新中。


【映像】『黄金の馬車』アーティスト・トーク ゲスト:柳家花緑氏 2013年6月8日

6月8日(土)の『黄金の馬車』アーティスト・トークは、
落語家の柳家花緑さんをゲストとしてお迎えしました。
以前から宮城聰の演出作をご覧いただいているという柳家花緑さん。
「幸せな時間を過ごせた」とのお言葉をいただきました。

トークは、演技スタイル(“言動分離”と“言動一致”)から、
落語界にも通じる「観客との関係」などなど、盛りだくさんの内容となりました。

ぜひお聴きください!


2013年6月12日

<制作部よもやまブログ#41>「まるふ」演目紹介⑧『SHOJI KOJIMA FLAMENCO 2013 生と死のあわいを生きて ―フェデリコの魂に捧げる―』2

去る5月27日、小島章司さんが静岡芸術劇場の舞台にお立ちになりました。

『生と死のあわいを生きて』のスタッフとの打ち合わせのために、
この日、わざわざ静岡までお越しいただいたのです。

ロルカの詩とその最期を想いながら創作されるこの作品をどんな形にしようかと、
小島さんを囲んだスタッフたちから次々とアイディアが出てきます。

そして、小島さんは、舞台の床の硬さや音を確かめるため舞台に立ち、

踊り、

踊り、

踊り、

踊られました。

「鳥のように、神のように、ここ静岡に舞い降りる・・・。」とご紹介しているこの作品、
私にもほんの少し見えてきた気がします。

また、この公演には、堀越千秋さんにも朗誦でご出演いただくことになりました。
6月16日、たった1回の新作公演、胸を躍らせてそのときを待っています。


2013年6月11日

『黄金の馬車』ブログ(8 )

『黄金の馬車』、1週目と2週目の公演が終了いたしました。
たくさんのお客様にご来場いただきました!ありがとうございます。

残すはあと2公演!
お席が少なくなっておりますので、ぜひお早めにご予約ください。
野外劇場でお待ちしております!

舞台写真が届きました!






1 / 212