2013年7月29日

<制作部よもやまブログ#46>SPACに来て・・・

初めまして。4月からSPACに参りました制作部1年生の平田大(ひらただい)です。

新卒でないものの、この業界は全く初めてで、宮城芸術総監督はじめ大勢の同僚の方に助けられ生き延びています(笑)

そしてこのブログで何をお伝えすればいいのか…
2日悩んで、締切前日に先輩の丹治さんにアドバイスを乞う事にしました。
こんなことでも助けてくれます。

「SPACに来て、驚いた事とかいいんじゃない?」
的確なアドバイスをいただけました。

ということで、SPACに来てからの驚きを、
といいますか、以前から頭で理解はしていたのですが、SPACではごく当たり前のこと、つまりSPACの特徴というものなのですが…
それは俳優さんたちが身近にいること。

ご存知のようにSPACは劇場のことだけでなく劇団のことでもあり、専属の俳優がいます。
そのため、監督・俳優、技術スタッフ、制作スタッフがそれぞれの分野で力を発揮しながら、一つの公演を共に創り上げ、実績を一つ一つ積み重ねてきました。
今年でSPACは16年目に!

制作スタッフがいつも仕事をしている制作室からドア2枚で舞台裏になっていたり、
俳優やスタッフのほとんどが毎日、制作室の前を通って劇場やリハーサル室、作業場、楽屋に行くため、
頻繁に顔を合わせます。

劇場で稽古が行われているときは、声も聞こえます!

そして俳優は舞台に立つだけではなく、制作スタッフとともに様々な活動も行っています。

現在、私が担当しているのは、県内の小学6年から高校2年までの子どもたちが参加して演劇を創り上げるシアタースクールです。このプロジェクトで俳優は演出家や舞台監督、アシスタントとして子どもたちの演技指導を行っています。

blog_hirata0729

子どもたちが稽古に来る12時半までの、そして稽古が終わった18時からの毎日のミーティングでいろいろな情報を共有し、子どもたちを迎える準備をします。

子どもたちの出欠の確認、稽古の様子、稽古のスケジュールや子どもたちへの連絡事項等々を共有。
子どもたちや保護者の方に読んでもらう学級通信ならぬ「シアタースクール通信」もアシスタントをしている俳優さんたちに協力してもらい作成しています。

現在進行中のシアタースクール。HPも是非チェックしてみてください!
★シアタースクールの詳細はこちら

では、今回はこの辺で失礼します。

次回のよもやまブログもお楽しみに!


2013年7月27日

『サーカス物語』劇場稽古スタート☆

こんにちは、制作部の山川です。

『サーカス物語』は舞台芸術公園での約2週間半の稽古を経て、
ついに実際の舞台となる静岡芸術劇場へお引越し。

まずはユディさん、実際に舞台に立ってみていろいろとチェック。
そしてこの作品の音楽ディレクター、イェンヌさんも来日しています。
ユディさんのインドネシアの劇団「テアトル・ガラシ」で
長年一緒にやってきた仲だそうです。

後ろ姿ですみません。
『サーカス物語』の音楽は彼によって作曲されます。
思わず口ずさんでしまうような、
楽しい音楽が出来上がってきています♪
夢にまで出てきそうです。
ご期待くださいね。

これまでの稽古で模索しながら積み上げてきたものが、
実際の舞台ではどのように見えるのか。
劇場稽古初日は「空間を応用する」ということに徹底して
進められていきました。


ゼロから始まった今回の作品創り。
まだ舞台には何もセットされていません。
しかし日々着実にユディさんとSPACによる『サーカス物語』は
生まれてきています。

まだまだこれから!
きっと素敵な作品になること間違いなしです。
成長著しい(?)新作の創作過程を
これからもレポートしていきます。
―どうぞお見逃しなく!


2013年7月26日

シアタースクール『青い鳥』 劇場を体験!

7月23日(火)にはストレッチなど準備運動をいつものリハーサル室で行った後、本番の行われる劇場で稽古を行いました。
21日(日)にはNoism1『ZAZA~祈りと欲望の間に』を観劇したばかり。
そして、何もない舞台、誰もいない客席、静かな劇場を初めて体験する子どもたちも大勢います。
みんなちょっと緊張した面持ちで劇場に入ってきました。

school1

まず客席に座り、舞台監督の貴島豪さんより舞台についての説明を聞きました。

school2

そして、舞台上に。

school3

下手の舞台袖から上手の舞台袖までぐるっと歩いて回り、
舞台と舞台裏がどうなっているのか確認し、トレーニングが始まりました。

school4

リハーサル室とは違って大きな空間に慣れないせいか…あれ?
みんな声がいつもより小さくなってしまっています。

school5

台本読みも行いました。
だんだん空間に慣れ、このころには緊張もほぐれてきました。

今週でほとんどの子どもたちが夏休みに入ります。
配役も徐々に決まりつつあり、音楽演奏やダンスの割り振りも行われます。
いよいよ子どもたちも『青い鳥』モードに切り替わって…くれるでしょうか?!

7月28日(日)にはチケット予約の受付が始まります!
皆さまからのお電話お待ちしています。

***

SPACシアタースクール2013 発表会『青い鳥』
詳細はこちら


2013年7月21日

<制作部よもやまブログ#45>チラシもきらめく、『タカセの夢』

こんにちは。
7月も下旬に差し掛かりますが、この夏の予定はお決まりでしょうか。
夏祭り、海水浴、夏のイベントはたくさんありますが、
涼しい劇場で元気なダンスパフォーマンス、というのはいかがでしょうか?
本日の制作部よもやまブログでは、SPAC‐ENFANTS(スパカンファン)」による『タカセの夢』をご紹介します。

こちらが公演チラシです!!
2013-07-21_20.20.12
シルバーの地に、蛍光色のオレンジの文字。目を引く素敵なチラシが完成しました。

SPAC‐ENFANTS(スパカンファン)プロジェクトとは、SPACがフランスを拠点に国際的な活動を展開する振付家・ダンサーのメルラン・ニヤカム氏を迎え、静岡の中高生とともに新しい舞台を創造する国際共同制作プロジェクトです。
「世界中の子どもたちが未来への希望を取り戻すことができるダンス」をコンセプトに、芸術表現として世界に通用するクオリティーを持ったダンスパフォーマンスを目指します。
2010年から公演を重ね、昨年には新たなメンバーを加えて新生スパカンファンとして再始動しました。(昨年、『タカセの夢 ワーク・イン・プログレス』の詳細はこちら

そして、今年は、なんと!
2013 第13回 密陽夏公演芸術祝祭 (韓国)
大阪 国際児童青少年アートフェスティバル2013 TACT/FEST 
2か所でのツアーを行います!!

もちろん静岡での凱旋公演もあります。
SPACの会会員は7月24日(水)、一般は7月28日(日)よりチケット前売り開始です!

きらめく笑顔とパフォーマンスを観て、夏の疲れを吹き飛ばしてください!


2013年7月20日

シアタースクール『青い鳥』 稽古4日目!

今日の稽古はいつもの静岡芸術劇場リハーサル室ではなく、静岡県舞台芸術公園で行われました。

まず初めは食堂棟「カチカチ山」で、SPACで過去に上演された『グリム童話~少女と悪魔と風車小屋~』『マハーバーラタ~ナラ王の冒険~』『ロミオとジュリエット』の映像を鑑賞しました。

それから稽古場へ移り、グループに分かれ台本読みをしました。
徐々にみんなの熱い気持ちが台詞に表れてきています!

photo1

そろそろ役が決まり始めるころ…主な役から決まって行くようです。
まだ発表されていませんが、どのような配役になるのでしょうか?!

最後は、今回シアタースクールの音楽構成を務める寺内亜矢子さん指導による演奏稽古。
ダンスで体をほぐした後、まずは手でリズムを取る練習から始まりました。
先生の後について同じリズムをたたきます。

photo2

みんなリズム感良好!

その後、ジャンべの演奏に。
まず先生からベースとオープンという基本的な演奏方法を教えてもらいました。
叩く方法や位置で音程の違う音がうまく出せるように練習しました。
みんなジャンべを叩きたい気持ちがはやるのか、ところどころテンポが速くなってしまいます…

photo3

でも初めての子どもたちが多い中、うまく音を使い分けて、リズムを叩いていました。
『青い鳥』の中でどのように音楽が使われるかも楽しみですね。

明日、子どもたちは稽古の代わりに静岡芸術劇場で上演されるダンスカンパニーNoism1による『ZAZA~祈りと欲望の間に』を観劇します。
自分たちが立つことになる劇場の舞台を初めて見る子どもたちも大勢います。
さて、何を感じて、どんな気持ちになってくれるでしょうか。


2013年7月16日

<制作部よもやまブログ#44>今年もNoismがやってくる!

みなさん、こんにちは。
今週末のNoism1(ノイズムワン)公演『ZAZA~祈りと欲望の間に』を担当する制作部の荒井です。
SPACでは何度も公演を行なっているので、
静岡にもすでにNoismファンの方がたくさんいらっしゃると思いますが、
ひとりでも多くの方に、Noismの舞台を体験していただきたい!と日々願っています。
Noismは、りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館の劇場専属舞踊団として、2004年から活動しています。NoismとSPACは公立の舞踊団と劇団として共通点が多いのです。

ちなみに私のNoism観劇歴は、りゅーとぴあで観た2004年の『SHIKAKU』から始まります。迷路のような舞台装置の中、ダンサーがいたるところに現れては消え、そうかと思えば全速力で目の前を駆け抜けていく…、今まで経験したことのないような衝撃を受けたのを覚えています。もう9年も前の話ですね…!
『SHIKAKU』など過去のNoism作品のダイジェスト映像が見られます。→http://vimeo.com/69518438

今回静岡で上演される『ZAZA~祈りと欲望の間に』は、すでに新潟と神奈川で上演されています。
色々なメディアに紹介されていますのでいくつかご紹介したいと思います。
(★印は舞台の様子が分かる写真が掲載されていますので、当日の楽しみにしておきたいという方はご注意ください)

・新作『ZAZA~祈りと欲望の間に』公演直前インタビュー 金森穣
チャコットwebマガジン
http://www.chacott-jp.com/magazine/interview-report/interview/post-75.html

★神奈川公演(6月2日)レポート
チャコットwebマガジン
http://www.chacott-jp.com/magazine/world-report/from-tokyo/tokyo1307e.html

・鍛え抜かれた身体の価値 舞踊団Noism 金森穣インタビュー
音楽、アート・デザイン、映画、演劇 …
カルチャーニュースサイト – CINRA(シンラ)
http://www.cinra.net/interview/2013/05/14/000000.php?page=3

・金森穣インタビュー動画(8分)
神奈川県発、文化発信ポータルサイト「マグカル ドット ネット」
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=8hKYHjO_4EY

・『ZAZA~祈りと欲望の間に』の公演評(舞踊評論家 貫成人氏)
読売新聞のWEBサイトYOMIURI ONLINE(6月18日付)
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/classic/clnews/02/20130611-OYT8T00806.htm?from=tw

Noism WEBサイトより
★リハーサルの写真
http://www.noism.jp/news/2013/06/noism-photos-32.html
★Noismニュース
『ZAZA~祈りと欲望の間に』神奈川公演 最終日。
http://www.noism.jp/news/2013/06/zaza-2.html

★『ZAZA~祈りと欲望の間に』新潟公演 楽日。
http://www.noism.jp/news/2013/05/zaza.html

・『ZAZA~祈りと欲望の間に』新潟公演2日目。
http://www.noism.jp/news/2013/05/zaza2.html

・『ZAZA~祈りと欲望の間に』初日
http://www.noism.jp/news/2013/05/noism1zaza-5.html

実際の舞台を観てみたくなったかたは、まだ間に合います。
ぜひ、SPACチケットセンター054-202-3399までお電話ください!


2013年7月15日

【わが町ブログ*第二幕】 新メンバー紹介!

Filed under: 『わが町』2013

7月に入ってすぐに始まった稽古は駆けぬけるように進み、
先週末でいったん終了となりました。

初演時の衣裳を合わせての稽古があり、
07151
07152

この作品の音楽を担当されている松本泰幸さんがいらして
劇中の賛美歌の稽古が入り、
07153a

ここで一度お休みに入るのが勿体ないほどに
稽古の密度がいっそう高まってきておりました。

稽古がお休みの間も、そんな第一期の稽古のひとコマ紹介を含め、
『わが町』ブログ、続けてまいります!

今回は、今年の『わが町』に新たに出演する4人の俳優たちを紹介します。

小長谷勝彦さん (ウェブ役)
07154a
SPACではこれまで、
『真夏の夜の夢』、『グリム童話~本物のフィアンセ~』、『ペール・ギュント』に出演。
もともと『わが町』がとても好きで、いつかやりたいと思ってらしたそう。
『わが町』には『グリム童話』にも共通する普遍のテーマを感じる、
初演時ではなく今回このタイミングで出演できたのがよかった、と仰る小長谷さん。
ここで短くまとめるにはあまりにもったいないお話でしたので、
今後改めて掲載させていただきます!

大庭裕介さん (ジョー・ストッダード役)
07155a
『わが町』がSPAC初出演。
2011年にSPACで『オイディプス』演出をなさった小野寺修二さんの作品にも
いくつも出演なさっている俳優さんです。
今回は初めて一緒に作品を創るメンバーばかりの中ですが、
「だからこそ、皆さんの胸を借りながら新しいことを試すべくぶつかっていける」と大庭さん。
第一期の稽古を振り返っていただくと、プレッシャー、という言葉もちらほら?
そんなことはまったく感じさせない存在感でしたが…
今後、さらに魅力を発揮してくださるのでしょうか。楽しみです!

横山央さん (サム・クレイグ役)
07156a
昨年の『マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~』に出演、
「カリ」役でエネルギーたっぷりの演技を見せてくださっていました。
SPAC版『わが町』には初出演ながら、
以前も別の劇場でこの作品に出演されたことがあるそうで
「同じ作品だけど、また違う町にいる感じ」と話してらっしゃいました。
今年のSPAC版のグローヴァーズ・コーナーズは、どんな町になっていくのでしょうか…!

伊比井香織さん (レベッカ役)
07157a
横山さんと同じく昨年の『マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~』、
そして今年の「ふじのくに⇄せかい演劇祭2013」では、
クロード・レジ氏演出の『室内』に出演なさっていました。
これまでの2作品とは全く表情を変えて、はじけるように可愛らしいレベッカをみせてくれます。
伊比井さんは以前より、SPACの中高生鑑賞事業に興味を持ってくださっていたそうで
『わが町』でついに鑑賞事業公演のある作品に出演できるのがとても楽しみ!とのこと。

稽古後に突然にコメントを伺ったにも関わらず、
とても真摯に、たっぷりと答えてくださった皆さん。
それぞれのお話の詳しい内容も、またご紹介したいと思います!

(制作部・中野三希子)


2013年7月14日

シアタースクール『青い鳥』がスタート!

SPACシアタースクールが今年の夏も始まりました!

今年は県内各地から小学校6年生から高校2年生までの52名の参加者が集まりました。

シアタースクールにはじめて参加する子も、
2年目以上の子も新しい出会いにドキドキ、ワクワク。
初日の昨日は、皆さん元気な声で自己紹介をしてくれました。

これから約1ヶ月間、SPACの俳優による指導のもと、発声、スズキ・トレーニング・メソッド(前芸術総監督・鈴木忠志が考案した俳優訓練法)、
楽器演奏やダンスの稽古に取り組み「舞台に立つためのからだづくり」を学びます。
そしてその成果を静岡芸術劇場で発表します。
今年、取り組むのはメーテルリンクの『青い鳥』。

2日目の今日は、発声とスズキ・トレーニング・メソッドに取り組んだ後、台本をみんなで読みました。

school0714

私たち、SPAC俳優&スタッフもこのメンバーでどんな『青い鳥』が創られるのか、
これから約1ヶ月間でこのメンバーがどんな風に成長するのか今からとても楽しみです。

発表会は8月18日(日) 13:30/17:30の2回公演です。(7月28日(日)より一般予約を開始します)
こどもたちの個性あふれるエネルギーをぜひご覧ください。

発表会当日までシアタースクールの様子をこのブログで紹介していきますので、
どうぞお楽しみに!


『サーカス物語』稽古一週目

こんにちは、制作部の山川です。

先日ご紹介させていただいた『サーカス物語』ですが、
おかげさまで順調に稽古が進んでいます。

この一週間は演出家のユディさん曰く
「試みの一週間」ということで、
様々なアイディアを出し合い、
とにかくやってみる!という精神で稽古が行われています。

ユディさんの稽古は
自分の身体と対話するところから始まります。
その日の自分の状態を確かめるように、
感覚を研ぎ澄ませながら、まずは身体の一部分を動かし、
だんだんそのエネルギーを身体全体へ送り込むことによって、
自然に動きを大きくさせていく。

一見ゲームかとも思えるその身体トレーニングは、
まさにダンスクラス!
身体の一部を使って、自分の名前を空中に書いたり、
他人の動きのマネをしたり、
逆に今度は動きをリードしてみたり・・・
「言葉」ではなく、「身体」を使っての表現がそこには生まれていました。

ユディさんより、『サーカス物語』に関連すると思う
「もの」を持ってきてほしいとリクエストがあり、
みんなそれぞれ自分の思いついたアイテムを紹介。
どうしてこれを持ってきたのか、その背景にあるエピソードとは・・・
一人ひとりが全く違うものを持ってきたこともあって、ユディさんも興味津々!
俳優一人ひとりの作品に対するイメージが垣間見えた瞬間でした。

またある日は、午後より「実験」という名のお絵かきタイム!
段ボールや白い布に自分たちの影を映して線を描き、
芝生の上で遠慮なく黒に塗りつぶす☆
みんなで和気あいあいと作業しました。
「幼稚園のお絵かきの時間みたい」とユディさんもニコニコ。

完成したものを並べるとズラリ。
みんな頑張りました。

さてさて、これらがどう舞台で化けてくれるのでしょうか?
それとも全く別のものになるのか?

誰にもわかりません!(ユディさんも含めて)

しかしそれが新作の良いところでもあり、怖いところ。
これからの稽古にも目が離せません。


2013年7月11日

【わが町ブログ*第一幕】 稽古進行中!

Filed under: 『わが町』2013

演劇祭が終了して間もなく、
秋のシーズンの各演目の稽古が続々と始動していますが
11月に公演を行なう『わが町』も!同じく稽古が進んでおります!

2010年にSPACで初演された『わが町』。
多くのみなさんの涙と笑顔を誘った名作が帰ってきます…!!

演出は、
文学座に所属し、俳優として『わが町』を知りつくした
今井朋彦さん。

ourtown

俳優は初演のときから一部のメンバーが入れ替わり、
新たな『わが町』を創っていきます。

IMG_6290
▲芸術劇場での、台本の読み合わせ。

作品の舞台は、アメリカ・ニューハンプシャーの町「グローヴァーズ・コーナーズ」。
この町で生きる人々の、日常の、でもとても豊かな表情が描かれるさまを見ていると
たまらないいとおしさがこみあげてきます。

稽古初日の顔合わせでは、なぜだか自然と、
俳優たちが、そして演出の今井さんが
初演からの3年のあいだに自分の人生に起きた変化をそれぞれに語りはじめていました。

人生、というものを考えずにはいられない作品 『わが町』。

これはきっと、客席でご覧になるお客様にとっても同じはず。
初めてご覧になる方にとってはもちろん、
2010年の初演をご覧になった方も、この3年を経てきっとまた違う思いで
楽しんでいただけると思います。

皆さんにたっぷりとソーントン・ワイルダーの戯曲を味わっていただけるように。
俳優17人、日々稽古を重ねております!

ourtown_actors

『わが町』稽古場レポート第一弾、制作部・ナカノがお届けしました。

次回は、今年の『わが町』に新たに加わった出演者たちを紹介します!

★SPAC秋のシーズン2013 『わが町』 公演日程はこちら


1 / 212