2013年11月29日

『ロミオとジュリエット』ヨーロッパ・ツアーその11(大内米治編)

今回は、ジュネーブからバスで一時間半、フランスのアヌシーで3ステージのツアーです!(*^^*)

ジュネーブから近いので(バスで、1時間40分位)、朝10時集合、現地に着いたら芝居を最初から最後まで通して本番を迎える!
移動こみの2ステージをやるようなもの!ちょっと、しんどい。

しかも、追い討ちをかけるように、天気は雪!!初雪です!!

さむい!

でも、ジュネーブで迎える初雪。心がはずんでしまいました!(*^^*)

初雪の寒さに凍えながら、いざ出陣!
雪化粧した綺麗な山々を通り抜け、ついた場所は横浜の赤レンガ倉庫の様なところ。
「ナポレオン3世が建てた馬の厩舎」
その敷地内に劇場がありました。

演出家のオマールさんと昔から付き合いのあるディレクターさんが、苦労して建てた劇場だそうです。
雪の降る中、皆凍えながら楽屋口から劇場入り。

入ってみると、ちょっとサーカス小屋かと思うようなバックヤード!簡易な作りに皆ビックリ!(*^^*)
仮設なのかなと思うほどシンプルな造りでした!


劇場に入ると、いつものように舞台スタッフさんが元気に迎えてくれた。
彼らの笑顔を見ると心が温まる!
本当に皆の仕事と優しさに感謝、感謝です。

アヌシーでの公演はというと、シャトーバロンで見つけた勢いが残っていて、皆で駆け抜けることが出来ました。
お客さんも喜んでくれて、現地のスタッフさんも芝居が上手くいったことを祝福してくれました。

個人的には、共演している最年長フランス人のピエール=イブが、芝居が上手くいったときに、いつも「yes!!」(フランス人なのに(笑))と言い、「今日の公演は良かったね!そうだろ?」と聞いてくるのですが、子供のように喜ぶ彼がたまらなく好きで、今回もそんな彼の姿が見れて嬉しかったです。

ツアーの時は、なるべく町を歩くようにしています。
そこで感じ取れたものが、その町に住んでるお客さんとの橋渡しの仕事をしてくれるんじゃないかなと思って。

3
4

アヌシーは、雄大な山々とみずうみに守られた清らかな川の通る可愛らしい旧市街のある町でした。(観光地らしいです) 

by よねじ(大内米治) 

2013.11.26


2013年11月28日

【わが町ブログ*第七幕】 いよいよ最後の公演へ!

Filed under: 『わが町』2013

『わが町』、先週末で一般公演を終え
今週は中高生の皆さんへの鑑賞事業公演が続いています。

鑑賞事業では終演後に出演者が生徒さんたちのお見送りをしていますが
みなさん、俳優を写真に誘ってくれたり
(今日は特にたくさんの生徒さんが声をかけてくださって、1階ロビーでは撮影の嵐でした!)
バスの出発前、それぞれに好きな登場人物の名前を呼びながら窓から手を振ってくれたり。

観劇後、劇場から帰る時にこうして笑顔いっぱいの表情を見せていただけるのは
私たちにとっても本当に、うれしい、のひとことに尽きます。
俳優たちも、バスが見えなくなるまで手を振り続けてお送りします。

ourtown015

ourtown040

ourtown044
▲たくさんの生徒さんたちに囲まれた本多麻紀(ウェブ夫人)、どこにいるかお分かりでしょうか…

ourtown037

ourtown047

そんな『わが町』鑑賞事業公演も、いよいよ明日が最後。

明日は10時30分と14時30分の2ステージです。
千秋楽の日に、2ステージ分のたくさんの生徒さんにお会いできるのが楽しみです。

14時30分の回は一般の方もご覧いただけます。
当日券の販売もございますので
ぜひ!ラストステージをご覧いただければと思います。

これまでの公演でご来場くださった方々もほんとうにありがとうございました。
ご覧くださった皆様の心に残ったものを、
日々の中でまたきっと、思い起こしていただけますように。

SPAC秋のシーズン2013、『忠臣蔵』の稽古も進行中です。
『忠臣蔵』鑑賞事業公演は12月10日から、一般公演は12月14日から!

引き続き、ご来場お待ちしております!

制作部:中野三希子


2013年11月25日

<制作部よもやまブログ#61>まだまだ続くよ、秋のシーズン

こんにちは、制作部の山川です。
今までブログは何度も書かせていただいていたのですが、
「よもやまブログ」は初めてとなります☆

私個人のこととしては
担当させていただいていた『サーカス物語』が
今月3日に無事に千秋楽を迎えることができました。
ご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございました!

そしてふと一息つくと、この絶景。

いつでもきれいな富士山が、
さらに美しくなる季節になってきましたね。
静岡在住一年目の私にとっては
富士山を毎日こんなに身近に拝めることが
未だに不思議です。
まさに「奇跡」。
家族や友達に写真を送っては自慢しています。

SPACでは秋のシーズンが続いています。
来月には宮城聰演出『忠臣蔵』、
そしてSCOTによる『新釈・瞼の母』が控えています。
こちらも今からとても楽しみです。

『忠臣蔵』
『新釈・瞼の母』

SPACはもうすでに来年の演劇祭についても動きだしています。
来年はゴールデンウィ―クに開催することになりました。
(4/26 – 5/6)
みなさま、少し気が早いですが
来年のゴールデンウィークはぜひとも静岡へ。
世界の演劇の最先端が一同に集結する奇跡を、
その目でご覧ください。
関連企画もいろいろと考えておりますので、
そちらにもぜひご期待ください。

日が短くなってきましたね。
もう外は真っ暗です。(ただ今19時過ぎ)
みなさま、寒くなるこの頃ご自愛ください。
また劇場でお目にかかれるのを楽しみにしております。


2013年11月22日

【わが町ブログ*第六幕】 どうぞ、劇場へ!

Filed under: 『わが町』2013

『わが町』開幕しております!
平日は中高生の皆さんにご覧いただき、土日は一般のお客様への公演、と
連日公演が続く中、たくさんの感動の声をいただいています。

さて、すっかり間があいてしまいましたが、今回はギブス家を紹介します。
主人公・エミリの恋人となる、ジョージの家族たちです。

ジョージの父親、ギブス氏(奥野晃士)は町のお医者さん。
ギブス夫人(木内琴子)は、忙しすぎるギブス氏の身体を心配してばかり。
ちっとも休もうとしないギブス氏に困り顔です。
そして、コーラスの練習で帰りが遅い夫人にムッとするギブス氏。
ジョージ(野口俊丞)は野球に夢中で家の手伝いをさぼりがち。
妹のレベッカ(伊比井香織)とジョージは朝から洗面所で喧嘩…。

こうして書いてみると、ギブス家、なんだか大変です(笑)。
でも、作品をご覧いただければ、
ギブス一家が愛にあふれていることをすぐに感じていただけるはず。

夫人の帰りを待ち疲れてふてくされたギブス氏の手をさっと取って、
一緒に庭に出るギブス夫人の笑顔。
ジョージに家のこともきちんとするよう諌めるギブス氏の、優しい語り口。
そんなお父さんからの言葉にはっとして、すぐに素直に反省するジョージ。
ジョージの結婚式の朝には、部屋に閉じこもって泣いているレベッカ。

HI8_5410

ourtown1_l

エミリはこんな家族のところにお嫁にいきます。
…が、ジョージとエミリの結婚生活は、『わが町』では描かれていません。
『わが町』の二幕は、彼らの結婚式の朝から始まり、
二人がお互いの気持ちに気付いたときへの回想シーン、
そして結婚式のシーンに戻り、…と幸せでいっぱいの光景ですが
三幕は、その9年後。
時代は移り、町の人々にもいろいろなことが起きたあとのことです。

この幕では、ギブス夫人の言葉のひとつひとつに
夫人からエミリへの、
そして生きている人たち全てへの思いが見えてくるようです。

ourtown3

そしてギブス氏の家族への愛も
言葉は発さないながらも、この三幕の彼の姿に切ないくらいに表れています…。

一幕と二幕の間は3年間。二幕と三幕の間は9年間。
進行係の台詞によって、さらりと時間の経過が皆さんに伝えられますが
その間にどんな日々が過ぎていったのか、
想像しながら観ていただければ、と思います。
日常を描いている『わが町』だからこそ、
皆さんの琴線に触れる<何か>があふれているはず。

ジョージやエミリと同世代の、若い方々へ。
恋と結婚、を知る方へ。
日々生きていることに何かしらの疑問を持っている人へ。
そして、身近な人を失ったことがある人へ。

一般公演は今週末を残すのみとなりました。
劇場で、お待ちしております。

———————
SPAC秋のシーズン2013
『わが町』
11月14日~11月29日
公演の詳細はこちら
———————

制作部:中野三希子


『ロミオとジュリエット』ヨーロッパ・ツアーその10(美加理編)

11/14

ツアー6 ヶ所目の 南仏シャトーバロンへ。
いつものように俳優陣は、ジュネーヴのコルナバン駅税関前で待ち合わせ。
ツアーの始め頃は、皆であたふたしたものですが、列車での移動も、慣れたもの。

今回は、ジュネーヴから、片道4時間半の南仏の都市ツーロン駅を目指します。
これまでのフランス行きとは違い、アビニヨンやマルセイユを通るルート。
車窓の景色もまた新鮮。

さて、列車の旅、皆どうやって過ごしているかというと、、
音楽を聞く、動画を観る、食べる、飲む、語らう、本を読む、編み物をする、ひたすら景色を見る、パズルをする、寝る。
といった感じです。普通です。
芝居の稽古をする人や、スパーリングを始める人は居ません。

で、今回は、珍しく皆の席が2つのbox席で揃ったので、
お喋りをしながら、折り紙をして過ごしました!
コワオモテの折り紙サークルですね。

実は先日、休暇明けに、この『ロミオとジュリエット』のツアーを共にしていた、舞台スタッフさんが病気を患われ、入院されているということを知りました。
危険な状態は脱し、現在は快方に向かっているということで、安心しました。
そこで、お見舞いに皆で鶴を折ることにしたのです。

このあと、シャトーバロンに到着してからも、フランス俳優陣やスタッフさんも含め、折り紙大会となり、鶴さんは、どんどん増殖するのでした。



夕方、ツーロン駅に到着。

演出助手のファビアナや、神父役のピエール=イブ、パリス役のギガちゃん、ヘアメイクのベロニク、通訳の山上さんらと合流。
迎えに来てくださった現地のスタッフさんの車に 乗り込み、劇場と宿舎のある場所へ。

遥か山の上方に、建造物群が見える。誰かさんが「あんな処にまで人が住んでいるんだねえ」なんて、感心していたら車はずんずんそちらの方へ。

ああ、これは日本平だ、利賀村だ。

シャトーバロン。
訳すならば、「男爵城」です。
辺りは暗くて
全貌はわかりませんが、空気が澄んでいます。朝がくるのが楽しみです。

宿舎は、小さな元お城です。
地下のお部屋は洞窟のようで、男優陣の素敵にうなだれた姿が似合います。
リビングルームでは妖しい笑みを浮かべた ぬいぐるみ男爵が、私たちをみつめています。

それぞれ3日分の食料を買い込んで、キッチンの冷蔵庫は一杯になりました。

宿舎の隣りには、野外劇場があるようです。
私たちが公演をするのは、屋内劇場。
ほかに、敷地内には、スタジオなどもあるそうで、1980年代から、フェスティバルが開催されている歴史ある場所。

やはりここも、芸術の聖地なのでしょう。
身がひきしまります。

==================
11/15 公演初日

敷地内を散策。
太陽と風 、空と大地のハーモニーを味わう。
自然の中にいると、身体に力がみなぎってくる。
感謝。
野外劇場から、地中海が見える。


前乗りして、前日から仕込み作業をしてくださっている舞台、照明、音響、衣装スタッフのみなさんは、既に劇場入りをしている。

私たち俳優は、それぞれのやり方で調整をして、午後からのゲネプロに臨みます。
わたしのこの日は、折角なので、木立ちの中、岩に腰掛けて、歌をうたったり、台詞の練習。劇場に入って、自分の小道具や早替え場のセッティング、そしてストレッチなど。



午後
舞台上に集合。
劇場によって、舞台の大きさも客席との関係も違いますので、まずそれを確認します。
シーンごとに必要な舞台セットの置き位置のバミリ(目印となる小さなテープ)を貼ります。

準備が出来たら、衣装とメイクは無しで、ゲネプロが始まります。
照明や音響、またセットの出し入れなどを担当してくださる、それぞれの公演地のスタッフさんの練習として、必ず各公演地の初日は、昼間に一度、本番と同じように全編を通します。
俳優にとっても、お客様こそいないけれど、その劇場がどういう空間で、どういう特徴を持っているかということを、感じる大事な時間でもあります。

しかし、今回のように、前日からその土地に着いて休めるときはいいのですが、
公演当日に、その土地に来て、ゲネプロをして、公演もして、というスケジュールの時は、流石にぐったりしてしまいます。

13歳のジュリエットを演じているので、はつらつとしていなくてはなりませんね!
けれど終演後の姿はとてもおみせできません。

さて、この日、忙しいお仕事の合間をぬって、演出のオマールさんがいらっしゃいました。
もっと、作品を良くしたいとの思いから、ゲネプロ中にも関わらず、どんどん止めて、新たな演技プランを俳優に試させます。
あらあら、こんな日もありますね。

そうこうするうちに、本番です。

この劇場は、音の響きが、少なく、台詞が、すこし聞き取りにくいようです。

お客様に楽しんでいただけるといいのですが。

終演後、聞いたところによると客席がとても寒かったそうで、お客様の集中力も今ひとつの感。
私たちも、いくらか、慣れてきてオートマチックな演技に傾いていた部分もあったのか、残念ながら、ベストと言える公演ではありませんでした。

明日こそは!

==================
11/16 

シャトーバロン千秋楽

今日はのんびり、夕方のトレーニングまでは、自由です。
昨夜飲み過ぎたわたし、反省の朝。

昼過ぎ、何人かで、折鶴の糸通しの作業、一つ一つ手にとると、折った人の個性が見えて面白い。首も尾っぽ?も太いやつ、メタボな感じのやつ、バレリーナみたいなやつ、半透明で小さいこ、なかには、舞台図面の紙で折ったのもいて、素敵です。

枝を拾って、モビールみたいに仕上げようということになり、バランスなど、皆で頭をひねりひねり
完成は、次の土地、アヌシーに持ち越します。

また、ヘアメイク楽屋では、「サロン・ド・ベロ」が、大繁盛!
ツアー中に伸びた髪の毛を、ヘアメイクのベロニクさんに整髪してもらっています。
何日かに分けて、ほとんど全員、お世話になりました。

夕方、劇場に集まり、SPACトレーニング。
最近では、照明のバロンタン王子も参加しています。ヨロヨロしながら、必死にメソッドに取り組む姿は、かなりキュート。
トレーニング終わりは、今回演出助手の名女優、ファビアナさんの、ノーツタイム(前日の公演の反省や、改善点などの相談をする時間です)。
この日、ファビアナさんは、
「みなさん、もう一度、各シーン、それぞれ自分の役の目的や、全体のなかでどういう位置にある瞬間なのか?丁寧に確認して、本番にのぞみましょう」
というような事をいってくれました。

公演回数が多くなるうちに、どんどん進歩していくことも勿論たくさんあるけれど、
知らず知らず、横に置いてきぼりにしてしてしまうこともでできて、それがとても大切なことだと、我に返してくれることを、このファビアナさんは、時折教えてくれるのです。
彼女は本当にとても素敵な女優さんで、いつも、初めてそのお芝居をみるお客様の 心の動きを忘れない人だと思います。

さて、
この日の公演は、とてもいい舞台でした!
会場の温度も調節され、スタッフ、キャスト、皆、一丸となり丁寧でいい仕事が出来ました!
お客様も昨日とはうってかわり、とても喜んでくださっている。
カーテンコールの後、いつも舞台裏では、皆で、握手をしたり、ハグをしたりしますが、今日の笑顔は、本当にみんな素敵でした。

終演後、突然20人位の団体で見にいらしていた高校生とその先生からのリクエストで、俳優と高校生で質疑応答の時間が設けられました。みな、様々なことを感じてくださったようです。

この後は、また大急ぎでバラシ作業です。
この日は、最後まで皆で作業しました。
終了は、午前2時。

たいそうロングなトラックに、全て積み込んで。

スタッフさん揃って、記念写真をとりました。

お疲れ様でしたー!

美加理(2013.11.19)


2013年11月21日

【映像】宮城聰が語る『わが町』

Filed under: 『わが町』2013

「ソーントン・ワイルダーの言葉がかつてよりも一層ズバッと胸に飛び込んでくる――」
初演から3年を経ての再演『わが町』を観た宮城聰(SPAC芸術総監督)は何を語るのか。

『わが町』一般公演は残すところ、11月23日(土)・24日(日)の2回のみ。
どうぞお見逃しなく!

SPAC秋のシーズン2013
『わが町』
演出:今井朋彦
作:ソーントン・ワイルダー
訳:森本薫
音楽:松本泰幸
出演: 石井萠水、いとうめぐみ、伊比井香織、大内智美、大高浩一、大庭裕介、奥野晃士、木内琴子、小長谷勝彦、すがぽん、保可南、野口俊丞、本多麻紀、牧山祐大、三島景太、横山央、吉植荘一郎

公演詳細はこちら


【映像】『わが町』アーティスト・トーク ゲスト:古川日出男氏 2013年11月17日

SPAC秋のシーズン2013『わが町』のアーティスト・トーク映像をアップ。
11月17日(日)は、ゲストに古川日出男さん(作家)を迎え、
今井朋彦さん、宮城聰の3名で行いました。

生と死の関係、宗教、翻訳劇を上演することの意味、
「書く」ことと身体の関係・・・などなど、
話はさまざまなテーマに及びました。

どうぞご覧ください!


討ち入りまであと23日! 『忠臣蔵』第二期稽古スタート

『忠臣蔵』の稽古が再び始まりました。

第二期稽古からは花魁役の女優陣も加わり、出演者全員14名での稽古となります。

まず初日は、衣裳合わせ※から。
(※本番で使用する衣裳を実際に着用し、全体のバランスやその他問題ないか確認すること)

なんと艶やかな着物姿なのでしょうか…うっとりとしてしまいます。

忠臣蔵1120

よく見ていただきたいのですが、女優の方々1人1人それぞれ着物の色や柄、帯の結び方が違うのです!
7人並ぶとそれだけでパーっとその場が華やぎます。

舞台ではさらに幻想的なシーンとなることでしょう。お楽しみに!

『忠臣蔵』
一般公演 12月14日、15日、21日、22日、23日
中高生鑑賞事業公演 12月10日~12月19日


2013年11月20日

【映像】『わが町』アーティスト・トーク ゲスト:松尾交子氏 2013年11月16日

SPAC秋のシーズン2013『わが町』のアーティスト・トーク映像をアップ。
11月16日(土)は、ゲストに松尾交子さん(演出家)を迎え、
今井朋彦さん、宮城聰の3名で行いました。

地元・浜松を拠点に演劇活動を続けられ、
SPAC県民劇団「劇団静岡県史」の演出も手がけられた松尾さんは
今回の『わが町』を観てどう感じられたのでしょうか?

また、演出の今井さんには、宮城より
「SPACで演出をするとなった時になぜ『わが町』を選んだのか?」
「数ある翻訳の中で戦前の森本薫訳を選んだ理由は?」
といった質問が投げかけられています。

どうぞご覧ください!


2013年11月18日

<制作部よもやまブログ#60>

こんにちは。
ここには1年ぶりに登場の、永井健二です。

先々週まで、『サーカス物語』に出演し、
サーカス団の団長「ピポ」と、
大蜘蛛「アングラマイン」の2役を演じておりました。

12月には、『忠臣蔵』に出演。
物語の後半で泣きながら登場してくる、
「侍F」こと「久保田」を演じます。

そんな出演作品の合間を縫うように、
いまは制作部として、SPACに関わっています。

と言っても、制作室で仕事をする機会はそれほど無く、

生涯学習センターでの朗読講座の講師を務めたり、
小学校での演劇指導の講師を務めたり、
「おはなし劇場」でひとりパフォーマンスを
乳幼児とその保護者に披露したり、

いわゆる、「アウトリーチ」活動に従事する日々が続いています。

あっ!

あと、劇場内のカフェ運営もありました。
カフェはすっかりクリスマス仕様。

気付けばもう年末ですね。
年々、月日が経つのを早く感じます。

10歳の1年は、「じゅうぶんのいち」だけど、
30歳の1年は、「さんじゅうぶんのいち」ですもんね。

1年の割合が、段々と小さくなることが、
歳を重ねるということなのでしょう。

でもでも。

あっという間に過ぎていく日々の中でも、
いつまでも、新鮮な発見をしていきたいですね。

そんな僕とあなたに、SPACの『わが町』を。

何気ない日常が、いかに輝いたものであるか、
我々に気づかせてくれます。

ただいま、絶賛上演中。

一般公演は来週でおしまいですので、ご注意を。


1 / 212