2016年6月30日

イナバとナバホの白兎/パリ日記(30・完)

SPAC文芸部 横山義志
2016年6月20日(土)~21日(日)

 
公演が終わり、今日で帰国。雨。
 
 
そういえば、今回はパリのこの季節には珍しく、かなり雨が降ったが、なぜか上演中はそれほど降らなかった。最後に背景幕を開け、庭園を見せる演出だったのだが、午後8時開演だと、午後9時40分頃に背景幕が開くことになる。日の入りは午後10時過ぎなので、まだ明るい。太陽神を祀る場面なので、このときに大雨だったりすると、ちょっと話が合わない。このときには、庭園はいつも鮮やかな緑を見せてくれていた。

13_P1230963

まずは技術スタッフ等7人が午後1時20分に劇場に集合し、持ち帰る楽器や小道具などの機材をトラックに積む。午後3時過ぎに空港着。税関で手続きをして、機材を預ける。今回はANAに協賛をいただき、荷物の受け入れにもご協力いただいて、かなりスムーズに進んだ。午後5時前、俳優など残りのメンバーが空港に到着。

IMG_9275

今回は俳優・スタッフ総勢42人。俳優は26人。そう言うたびに驚かれた。最近ヨーロッパでは一人芝居がやたらと多くなり、そうでなくても、特にツアーをするような作品は、出演者はせいぜい数人、というケースが多い。舞台装置もなるべく作らず、映像を多用する傾向がある。これには経済的要因が大きい。一方『イナバとナバホの白兎』では、映像は使わず、音は全て俳優の声と楽器によって構成されている。その分、旅をするにはかなりの手間がかかる。このような作品は時代の風潮に逆行しているともいえる。

IMG_9277

パリでは多くのお客さんから、「このような作品に出会ったのは何年ぶりだろう」という声を聞いた。毎晩のように絶賛の声を聞くことができたのは、一つには、実際このような作品を見る機会が失われているからだろう。集団創作を行っていた時代の太陽劇団の作品になぞらえてくださった方も少なくなかった。フランスでは、同じメンバーが長年に渡って共同作業をつづける「劇団」という形態が稀少になりつつある。SPACのミッションの一つは、「劇団」でなければできないことを示すことにある。この意味では、この作品はまさに、「劇団」なしではありえなかった作品だといえるだろう。SPACができてからもうすぐ20年、宮城さんが芸術総監督になってからもすでに10年近くになる。既存の戯曲にもとづかない集団創作という実験が可能になったのも、それだけの経験を共有し、蓄積してきたからだろう。

04_IMGP5390

08_P1060501

そういえば、初日が開けてからも毎日稽古していたのにも驚かれた。おかげで静岡公演に比べても、ずっと完成度の高い作品になったと思う。再演してほしいという声も多かった。またこの作品を見られる日も、それほど遠くはないかも知れない。

午後8時過ぎに離陸。翌日午後3時頃、羽田空港着。午後7時頃、静岡到着。片付け作業のあと、各自帰途に着く。

集合写真トリミング済

=============
フランス国立ケ・ブランリー美術館開館10周年記念委嘱作品
『イナバとナバホの白兎』
6/9(木)~19(日) ケ・ブランリー美術館クロード・レヴィ=ストロース劇場
◆公演の詳細はこちら
=============


2016年6月27日

<役者おくぬ~日記>劇的舞踊『ラ・バヤデール―幻の国』世界初演!

ご無沙汰です。
久しぶりのおくぬー日記になってしまいましたが
2014年以降、スイスと日本を行き来する生活を送ることになってから
おくぬ〜日記もちょっとごぶさたしてしまい申し訳ありませんでした。

2014年の衝撃的な舞台だった劇的舞踊「カルメン」以来、
新潟市のレジデンシャルダンスカンパニーNoismさんとの共同作業は
私自身とても刺激的で多くの収穫と成果をもたらしてくれたと思いますが、
今回の劇的舞踊ラ・バヤデールは、SPACからは貴島さんとたきいさんも参加しての
豪華版。

三人とも並々ならぬ覚悟を持って
新潟入りさせていただきました。

今回はベースに同名のバレエの名作があり、
演劇界の重鎮劇作家の平田オリザさんの翻案した戯曲があり、
そこへ宮前義之さんを中心としたチームISSEY MIYAKEの方々、
その気になったら劇場丸ごと設計できちゃう気鋭の建築家の田根剛さんの空間
カルメンの時からユニークな家具が印象的だった近藤正樹さんの木工美術、
大学時代は宮城さんと同級生だったという笠松泰洋さんの音楽、

それら才能あるクリエイターさんたちの作品と関わる出演者一同の表現を
日々昇華させるために腐心する穣さんのもと、
苦労を厭わないいつもの照明、音響、舞台スタッフの皆さん、

特に東京から来られるチーム宮前の衣裳の作業ついては、
みなさん穏やかな方々なのですが、当然みなさんスペシャリストで、
役割分担がきっちり出来ており、
手際よく問題を解決しながら完成度を上げていく集団作業の凄みを感じられました。

今回はNoism1のメンバーさんたちが集団作業で振り付けを生み出すプロセスも
とても興味深く拝見できた。
シーンから連想される言葉を出し合い、一つ一つの言葉をテーマに
一人一人のダンサーさんが振りつけを発表し、
穣さんが構成していくのであるが、
そんな気の遠くなる作業を根気よく続け、
多くの犠牲の上に成り立っている選りすぐられた振り付けは
他の追随を許さない内容のダンスだと言える。

とりわけ今回は静かな演劇の平田オリザさんが初めて取り組む舞踊戯曲、
演劇界の巨匠の紡ぎだしたセリフが鍛え抜かれたダンサーさんの肉体によって
発話しないながらも雄弁にセリフを語りだすのですが、

演出家金森穣によって抽出された才能の結晶のような作品として仕上がった
今回の劇的舞踊『ラ・バヤデール―幻の国』
世界初演となった新潟公演には
連日大勢のお客様が詰めかけて下さり、
終演後のカーテンコールは
熱狂的に受け入れてくださいました。

ヒロインの踊り子ミラン役の佐和子さん、騎兵隊長バートル役の賢さんはじめ、
カルメンでご一緒したダンサーさん達も、前作とは全く違う表現が見られ、
共演させていただきながら豊かな表現力に毎回正直驚かされました。

初日は平田さんはじめ、クリエイターのみなさまも勢ぞろいして下さり、
賑やかな世界初演となりました。

そんな空前のスケールの作品が、7月、
国内4箇所をまわります。
http://labayadere.noism.jp/

7/23・24は静岡公演が待っています。
是非お誘い合わせの上、お越しくださいませ。
ご来場をお待ちしております。

================
Noism劇的舞踊 vol.3  
ラ・バヤデール―幻の国

7月23日(土) 18:30
7月24日(日) 16:30
日本語上演/英語字幕(ポータブル字幕機あり/要予約)
会場:静岡芸術劇場
詳細はこちら
================


2016年6月24日

イナバとナバホの白兎/パリ日記(28)(29)

SPAC文芸部 横山義志
2016年6月18日(土)

 
午後7時20分頃、客席開場直前に照明のトラブル。大事な灯体が点灯してくれない。電球を交換することに。それには高所作業車を出さなければならず、そのためには舞台上のカーペットの一部をいったん剥がさなければならない。スタッフ総出で急ぎの作業をして、10分ほどで電球を交換し、無事に点灯を確認し、カーペットを戻す。なんとかそれほど遅れずに開場できた。

P1240545

今日もほぼ満席。リピーターが少なくない。終演と同時に拍手がわき起こり、次々とお客さんが立ち上がっていった。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

2016年6月19日(日)

 
ついに楽日。衣裳スタッフは10時劇場入り、舞台スタッフは10時半入り。今日は午後の時点で売り切れとの連絡が入る。今日は午後5時開演。
 
午後4時半、開場時間には長蛇の列。受付前には当日券を求める方の列が。せっかくいらしたので、できる限り入っていただいたが、それでも30人くらいはご覧いただけないままお帰りになった様子。

P1240546

終演後の拍手も楽日にふさわしい熱気。先日の昼食時に、ケ・ブランリー美術館のプログラムを統括しているエレーヌさんが「偉大なロックコンサートのようなフィナーレ」とおっしゃっていたのを思い出した。

P1070239

P1070262

その後、ちょっとした打ち上げ。モニック・レヴィ=ストロース夫人がお友達を連れてふたたびいらしてくださった。「宮城さんの作品をまた拝見したい」とのお言葉。

エレーヌさんからは改めて、「私もこれまで多くの演劇作品を見てきましたが、この作品は演劇的な発明と呼ばれるに値する作品だと思います」とのお話。宮城さんから、「ケ・ブランリー美術館・クロード・レヴィ=ストロース劇場10周年を記念する作品、というお題をいただいて、構造人類学を学んだことで初めて、テキストを対位法的に扱うという発想を得ることができました。演劇史にちょっとした貢献ができたような気がしています」とのお返事。マルタン館長からもふたたび、SPACによる定期的な公演を希望します、とのお言葉。

P1070281

すぐにバラシ。午後11時まで作業、午後11時半退館。

P1240587

=============
フランス国立ケ・ブランリー美術館開館10周年記念委嘱作品
『イナバとナバホの白兎』
6/9(木)~19(日) ケ・ブランリー美術館クロード・レヴィ=ストロース劇場
◆公演の詳細はこちら
=============


『東海道四谷怪談』稽古場ブログ第2回 ~写真撮影!~

みなさま、こんにちは!
『イナバとナバホの白兎』パリ公演が無事に終了し、
俳優・スタッフのみなさんが静岡へ帰ってきました!
連日スタンディングオベーションになるほどの盛り上がりだったようです。

一方、着々と稽古が進んでいる『東海道四谷怪談』チームは
先日、チラシビジュアルのための写真撮影を行いました。
今回、撮影用のメイクアップには
池田美容学校の先生・生徒さんたちにご協力を頂いています。


(ご尽力いただいた、池田ゆうき先生)


(池田美容学校の生徒さん。とても真剣なまなざし・・・。)

P1230585

こちらは舞台上での撮影の様子。
和服がとてもよく似合う俳優がそろっております!
照明、メイク、衣裳、小道具のバランスを見て
立ち位置の微調整を繰り返しました。

さてさて
今回はいったいどんなチラシになるのでしょうか!?完成をお楽しみに!
ご協力頂いたみなさま、本当にありがとうございました!

================
SPAC秋→春のシーズン2016 ♯1
『東海道四谷怪談』
一般公演:10月8日(土)、9日(日)、10日(月・祝)
構成・演出:中野真希 原作:四代目鶴屋南北 出演:SPAC
静岡芸術劇場
================


2016年6月21日

イナバとナバホの白兎/パリ日記(27)

SPAC文芸部 横山義志
2016年6月17日(金)

朝10時から午後1時までマスタークラス。演劇学校の学生にSPACの俳優が日々行っているメソッドを経験してもらう。今回は主にフィジカルシアター研修所(Laboratoire de Formation au Théâtre Physique)という学校の先生と生徒が参加。みんな一生懸命、何かを身につけて帰ろうとしている。終了後、「やり方はちがっても、俳優が目指すものはどこでも同じだと感じた。言葉を超えて、身体を通じてコミュニケーションを取れることが実感できて、とても充実した時間だった」と参加してくださった代表のマクシム・フランゼッティさん。

P1070061

P1070072

P1070088

P1070129

午後6時半からプレトーク。ケ・ブランリー美術館研究部門に所属する文化人類学者二人とレンヌ大学演劇科のブリジット・プロさん、横山の四人で、『イナバとナバホの白兎』で参照されているテクストについて話す。今日はとりわけ文化人類学者のお客さんが多い様子。同美術館の「みんなの大学(Université Populaire)」ディレクター、カトリーヌ・クレマンさん(作家・哲学者・人類学者、文庫クセジュ『レヴィ=ストロース』の著者)もいらしてくれた。クレマンさんは1960年代からクロード・レヴィ=ストロースと一緒にお仕事をなさっていた方で、「きっとクロードが見たらすごく気に入ってくれたでしょう。彼と一緒にバリ島のパフォーマンスの研究をしていたのですが、これはバリのオペラだね、と言ってくれたんじゃないかと思います」とおっしゃっていた。コロスにバリ島の音楽技法を取り入れていることに注目してくださった様子。

今日はほぼ満席。ピーター・ブルック演出『マハーバーラタ』にも出演していた俳優の笈田ヨシさん(1970年代からパリ在住)がいらしてくださった。日本から駆けつけてくれた舞台美術家の高田一郎さんとばったり出会って、相当お久しぶりの再会を楽しんでいらした。笈田さんからは、「世界の演劇でもなかなか見られないスタイルを作っていらして、大変感動いたしました」とのお言葉をいただいた。

2016年6月17日笈田ヨシ氏

=============
フランス国立ケ・ブランリー美術館開館10周年記念委嘱作品
『イナバとナバホの白兎』
6/9(木)~19(日) ケ・ブランリー美術館クロード・レヴィ=ストロース劇場
◆公演の詳細はこちら
=============


2016年6月20日

イナバとナバホの白兎/パリ日記(25)(26)

SPAC文芸部 横山義志

2016年6月15日(水)

サッカーユーロ杯、今夜はフランス対アルバニア戦がある。制作の方によると、今日は女性一人のご予約が多いらしい。

今夜の公演には、アヴィニョン演劇祭での『マハーバーラタ』につづいて、デザイナーのジャン=ポール・ゴルチエさんがいらしてくださった。「すばらしい作品だった。日本がいかに伝統を活かしながらアヴァンギャルドでありうるかを見せてくれる」とのコメントをいただいた。

2016年6月15日ジャン=ポール・ゴルチエ氏のコメント

**********

2016年6月16日(木)

午前11時半、ケ・ブランリー美術館全体のプログラムを統括しているエレーヌ・フュルジャンスさんと宮城さんで会食。エレーヌさんは元女優で、公立劇場のディレクターを務めた経験もある方。子どもの頃から母親に連れられてピーター・ブルックやアリアーヌ・ムヌーシュキンなどの舞台を見て育ったという。エレーヌさんは『イナバとナバホの白兎』を「ドラマ的ではない新たな演劇形式、いわば文化人類学的演劇というべきものを創造した」と高く評価してくださっていた。

P1240534

今日は本番のあと、二度目のアフタートーク。お客さんから次々とご質問が。『タカセの夢』演出のメルラン・ニヤカムさん(カメルーン出身、パリ在住)がいらしていて、「手を挙げたのですが、マイクが回ってくる前に時間になってしまって話せませんでした。たまたま近くにいたアフリカ系の女性と、アフリカの神話や儀礼の精神ともつながるところがある、という話で意気投合していました」とのこと。

2016年6月16日メルラン・ニヤカム氏

=============
フランス国立ケ・ブランリー美術館開館10周年記念委嘱作品
『イナバとナバホの白兎』
6/9(木)~19(日) ケ・ブランリー美術館クロード・レヴィ=ストロース劇場
◆公演の詳細はこちら
=============


2016年6月18日

イナバとナバホの白兎/パリ日記(23)(24)

2016年6月12日(日)
SPAC文芸部 横山義志

 
昨日までは20時開演だったが、今日は17時開演。お客さんがどっと増えて、当日券を求めるお客さんの列が発生。お子さん連れの方も少なくない。いろいろ調整して、なんとかギリギリ、来てくださったお客さん全員にご観劇いただくことができた。380席が超満員。

P1060907

アフタートーク。次々と質問の手が上がり、終わってからも宮城さんに質問したい方の列が。

P1060926

明日は休演日。久々のお休み。
 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
2016年6月13日(月)

 
ふたたび公演日。スタッフの多くは12時劇場入り。俳優は15時から稽古。
P1060935

今日は全国で労働法改革反対デモ。すぐそばの広場でも大規模なデモが行われ、交通規制。そして開場の午後7時半頃には強烈な雷雨に。今夜もお客さんが劇場までたどりつくのにかなり苦労した様子。予約していたのにいらっしゃらなかったお客さんも多く、最終的な来場者はふたたび250人前後。一昨年のアヴィニョン以来、ストと雨には縁があるらしい。

NHKパリ支局の取材。「たっぷり静岡」や「ニュースチェック11」で取り上げてくださるそう。

P1240349

今日は元駐日フランス大使のクリスチャン・マセご夫妻がいらした。現在は外務省事務局長(事務官のトップ。日本語で「副大臣です」とおっしゃっていた)。大使時代にも静岡で『マハーバーラタ』をご覧いただいていた。今日は難しい交通事情にもかかわらず、「どうしても見たかったので」と足を運んでくださった。SPACとNHKの取材に応えて、「深い意味を持ち、同時にエネルギーに満ちた作品。非常に心を動かされました」とメッセージをいただいた。

午後11時頃、退館。
 
=============
フランス国立ケ・ブランリー美術館開館10周年記念委嘱作品
『イナバとナバホの白兎』
6/9(木)~19(日) ケ・ブランリー美術館クロード・レヴィ=ストロース劇場
◆公演の詳細はこちら
=============


2016年6月17日

イナバとナバホの白兎/パリ日記(21)(22)

2016年6月10日(金)
SPAC文芸部 横山義志

 
公演二日目。ユーロ杯初日。エッフェル塔下に大スクリーンでユーロ杯が観られる「ファン・ゾーン」があり、人出が多く、周辺地区はブロックされたまま。

添付21

劇場のバーでレンヌ大学演劇科のブリジット・プロさんによるプレトーク。1時間近くにわたってSPACの魅力を熱く語ってくださる。

P1060784

今日は終演後すぐにスタンディングオベーションに。トリプルコール。
 
クロード・レヴィ=ストロースさんのご夫人だったモニックさんがご来場。ケ・ブランリー美術館のマルタン館長から、ショックにならないように、あらかじめ「クロード・レヴィ=ストロースさんが登場しますよ」とメールでお伝えくださったとのこと。宮城さんに「とても感動しました。夢のようで涙が流れました。」とお話しくださった。
 
劇場の方には、「夫が見たらきっと気に入ったでしょう」とおっしゃってくださり、館長宛にお礼のお手紙もくださったという。
P1060518
 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
2016年6月11日(土)

 
公演三日目。フィガロ紙に大きな記事が出た。まだユーロ杯の影響があり、美術館周辺は交通規制。
P1240259
記事はこちらからご覧いただけます。
 
宮城聰をめぐる研究集会。宮城さんからは『イナバとナバホの白兎』について。他に宮城聰演出『マハーバーラタ』や『ハムレット』をめぐる発表、ダニエル・ジャンヌトーやオマール・ポラスによるなど。
P1060864
今日の本番のお客さんは250人程度。終演と同時に割れるような拍手、次々と立ち上がる方々。トリプルコールのあとも拍手が鳴りやまず。
 
=============
フランス国立ケ・ブランリー美術館開館10周年記念委嘱作品
『イナバとナバホの白兎』
6/9(木)~19(日) ケ・ブランリー美術館クロード・レヴィ=ストロース劇場
◆公演の詳細はこちら
=============


2016年6月16日

イナバとナバホの白兎/パリ日記(20)

2016年6月9日(木)
SPAC文芸部 横山義志

今日はいよいよ初日。気持ちのいい天気。

衣裳班は午前10時劇場入り、技術・制作班は12時入り。ジャン・ヌーヴェルを見た!と制作部の丹治・仲村。ジャン・ヌーヴェルはフランスで最も重要な建築家の一人で、ケ・ブランリー美術館も手がけた。美術館の裏口受付で打ち合わせをしていたらしい。制作部の二人は建築学科出身で、かなり興奮していた。

明日からサッカーのユーロ杯(UEFA EURO 2016)がパリで行われるのだが、それを記念して、今夜はエッフェル塔の下で野外コンサートが行われる。2万人以上の集客が見込まれているという。ケ・ブランリー美術館のすぐそばなので、影響があるらしい。

P1060699

19時半開場。受付に行ってみると、お客さんたちが口々に「ここまでたどりつくのが大変だった」という話。エッフェル塔からケ・ブランリー美術館までを含む地区では、車の通行がブロックされていて、道に人が溢れ、歩くのにもいつもの倍以上時間がかかったという。

たどりつけなかったお客さんもいらしたようで、今日のお客さんは250人ほど。第一幕では、昨日のゲネ(最終通し稽古)よりも笑いが起きず、ちょっと不安になる。だが、すごく集中してみてくださっている。

P1060714

終幕してみると、昨日以上の盛り上がり。ダブルコールでは客席の半分近くがスタンディングオベーション。トリプルコールまで、ほとんどのお客さんが残ってくれていた。

P1060766

制作のアンヌさんによれば、初日は作品の価値が定まっていないので、お客さんが緊張しがちだという。また、初日のお客さんは社会的地位の高い方が多く、あまり感情を表に出さない人が少なくないとのこと。美術館でプログラムの統括をしているエレーヌさん(かつて地方の劇場で館長を務めていらした方)からも、パリのお客さんはあまり立ち上がって拍手をする習慣はなく、これだけ盛り上がるのは珍しい、とのお話があった。

何人かの批評家が、「すばらしかった」「これだけの舞台はなかなか見られない、ありがとう」と声をかけてくれた。上々の初日。

P1060770

=============
フランス国立ケ・ブランリー美術館開館10周年記念委嘱作品
『イナバとナバホの白兎』
6/9(木)~19(日) ケ・ブランリー美術館クロード・レヴィ=ストロース劇場
◆公演の詳細はこちら
=============


イナバとナバホの白兎/パリ日記(19)

2016年6月8日(水)
SPAC文芸部 横山義志

衣裳班は午前10時劇場入り、技術・制作班は12時入り。

午後8時から公開ゲネ(最終通し稽古)。SPACからは50人まで招待してよいと聞いたのだが、これまで招聘したアーティストやお世話になった方、今回の公演にご協力くださった日本大使館・日本文化会館・在仏商工会議所の方々など多くの方がご興味を持ってくださり、55人ほどに。ケ・ブランリー美術館からはジャーナリスト、ブロガー、その他関係者にお声がけしたとのこと。

P1240033

P1240034

数日前には100~200人と聞いていたが、なんと300人近い方がご来場くださった。客席が8割くらい埋まっている。これほど多くの方がいらっしゃるゲネははじめて。

はじめの兎の場面から笑いが出ていて、字幕で無事に通じているようで、ほっとする。薄暗い第二幕の「ナバホ篇」になっても、集中して見てくれている。

P1060470

終幕と同時に大きな拍手。立ち上がる方も。ダブルコールでは口笛や歓声も鳴り響く。ゲネでトリプルコールというのは初めて見た。驚くくらいの反応。

P1240184

終演後、レセプション。ステファヌ・マルタン館長からのお言葉。「これほどのクオリティの作品を、まさに当美術館のために作ってくださり、とても感動しています。私は美術館の立ち上げから関わってきましたが、宮城さんも『マハーバーラタ』公演の下見で工事中のクロード・レヴィ=ストロース劇場を訪れてくださり、こけら落とし公演以後、10年間にわたって当美術館の歩みに付き添ってくださっています。今、私が望んでいるのは、当美術館とSPACさんとの関係が恒久的なものになることです。ぜひ、ここが第二のホーム、パリの家だと思って、当美術館で定期的に公演していただきたいと思っています。」

0時近くまで劇場のバーでいろいろな方とお話しして、終電間際のメトロになんとか乗り込み、帰途につく。

=============
フランス国立ケ・ブランリー美術館開館10周年記念委嘱作品
『イナバとナバホの白兎』
6/9(木)~19(日) ケ・ブランリー美術館クロード・レヴィ=ストロース劇場
◆公演の詳細はこちら
=============


1 / 3123