ブログ

2019年2月26日

妖怪ブログ 特別編~ SPAC俳優・三島景太インタビュー「ジャン・ランベール=ヴィルドってどんな人?」~

 ジャン・ランベール=ヴィルドは、2011年に上演された『スガンさんのやぎ』から今回の『妖怪の国の与太郎』を含めて4つの作品を静岡で上演し、SPACとの交流を深めてきました。そんな4作品のうちのひとつ、『ジャン×Keitaの隊長退屈男』をジャンさんとともに創作し、2014年の静岡初演後フランス公演を行ったSPAC俳優・三島景太に、ジャンさんの人柄について聞きました。
 

ジャンさんとの出会いについて教えてください。
 最初の出会いは2010年、ジャンさんがSPACに『スガンさんのやぎ』上演に向けた下見に来られたときです。そのときたまたま、私が参加していた別の芝居の稽古を観に来られて、「あの俳優さんの脚の動きが面白い。彼に出演してほしい作品があるんだけど」とスタッフに伝えて帰られた。私は稽古が終わってからその話を聞いて、「ぜひやりたい!」と。それがのちに、ジャンさん演出、出演者は私だけの一人芝居『ジャン×Keitaの隊長退屈男』として上演されることになります。
 当初は実現する保証なんて全然ないわけですよ。もちろん私は絶対やりたいと思っていたんですけど。でも、彼は一度口に出したことは必ず実現させる人なんです。私もやりたいと言っているということが彼に伝わると、「すぐ始めよう!」って。ちょうど日本に行く機会があるから会いましょう、ということになりました。それが忘れもしない2011年2月14日。池袋でお会いしました。

静岡では直接会話されなかったのですか?
 まったくしなかった。直接お話しできたのは池袋でお会いした時が最初でした。そのときにジャンさんが言われたのが、「特別な人とは必ず出会えるものだ」と。それに対して私も「そうなりたいです」と言ったら、「もうあなたは特別な人だから、私たちは出会えているのです」って。

ちょっとロマンチックなやり取りですね。
 ジャンさんはとてもロマンチストです。子どもみたいな目をした人で。本当に純粋な、独特の雰囲気があって、相手に邪気を抱かせない。こういうやりとりも、最初はリップサービスだと思っていたのですが、話すうちに「この人本気なんだ」って。むしろこちらが、「私のどこに、そんなにこの人を惹き付けるものがあるんだろう」って少し不安になったくらい。

『ジャン×Keitaの隊長退屈男』の稽古の様子はどんな感じだったのですか?
 ジャンさんが当時拠点としていた、フランスのカーンという街の劇場に行って、そこの小さめの稽古場に案内されて。私とジャンさんの他に、日本と現地のスタッフ5人くらいで稽古を始めました。フランスでの滞在は2週間だったんですけど、実は、3、4日ほどでほとんど完成してしまった。

最初から、作品に対するお互いのイメージが一致していたのでしょうか。
 それがたぶんそうではなくて。今回の『妖怪の国の与太郎』の稽古でもそうなんですけど、ジャンさんは自分が想定していたイメージに対して、こちらが提出していたものが「ずれて」いても気にしない。どちらかというと、その「ずれ」を大事にする。たとえば、彼の方から何かアイデアを出したとして、こちらは「たぶんこういうことなんだろうな」と思うんだけど、それは私の肉体を通したときにまったく別のものになります。それで「私の感覚と肉体を通して表現すると、こういうものになるよ」という感じで示す。ジャンさんはそういうものを「面白い」と言ってくれる。

実際に一緒に作品をつくってみて、ジャンさんに対するイメージは変わりましたか?
 『ジャン×Keitaの隊長退屈男』から今回の『妖怪の国の与太郎』まで、彼のイメージは全然変わらないですね。本当に第一印象そのままです。純真無垢な人ですが、とても意志が強い。「やると言ったことはやる」というのと一緒で、稽古の進め方も筋が通っている。「この人は常に本気なんだ」って思う。嘘を言わない人。迷いがない。
 『妖怪の国の与太郎』って、実は台本がない状態でつくられていった芝居なんです。俳優が自由に考えた演技を積み重ねて作品にする。もちろん俳優たちは「台本がほしい台本がほしい」っていうわけです。先が不安だから。でも彼は一貫して台本を書かなかった。「大丈夫です。これは絶対にうまくいきます。なぜなら今うまくいっているから。」って。私は「彼は一度こうやるって決めたスタイルを、最後まで貫くだろうな」と思っていましたけど。

そのようなジャンさんのスタイルは、お芝居の演出の際にはどのようなに現れるのでしょうか。
 たとえば、言葉で俳優たちをコントロールしたりはしませんね。また、最初から彼の中に「正解」を用意しておいて、それを俳優に答えさせるような演出もしません。むしろ、俳優にはものすごく自由にさせてくれる。自由にさせたうえで、何が出てくるかをジャンさん自身も楽しむ。その方法が一番良いという確信があるようです。
 今回も、俳優たちはみんな、ジャンさんの中の正解を探そうとはしていないと思います。普通は考えるじゃないですか、演出家としてはどう考えているのかとか、褒められたいとか、嫌われたくないとか。でも、この芝居の稽古場でそういったことを考えている人は、たぶん誰もいないと思う。自分が何を面白いと感じるか、その感覚に正直にやるしかない。それぞれが自分にとって一番面白いものを探している。だから作品づくりとしてはとてもイイ感じです。たぶんジャンさん自身が一番、稽古場にいることを楽しんでいるんだと思う。そこが重要なのでしょうね。
 彼はいつも私たちに言うんですよ。「なにをしてもいい。いまあなたが自由であることが、何よりも大切なんだ。一番嫌なのは、ここが自由を束縛する稽古場であること」って。

俳優さん達にとっても貴重な体験ですね。
 ちょっと童心にかえるというか。小さい頃に友達と遊んでる感覚に近いかも。子どもの頃って、相手にどう思われるか、とか考えないじゃないですか。そんな中で、だんだん彼の魔法にかかっていくみたいな(笑)。

ピーターパンの魔法にかかったウェンディのように…。
 それに近いかもしれない。確かにジャンさんはピーターパン系。大人には見えないかも(笑)。
 個人的な考えですけど、私は、いい演出家は魔術師だと思っていて。私自身、魔法にかかりたいタイプ。うまく魔法にかけてもらえれば、俳優としてはそれだけでいいって感じで(笑)。

完全な自由の中で作品をつくるというのはどんな感じなのでしょうか。
 それが、実は結構大変です。「自由」というのは、本当はなかなか難しい。特に日本人にはそうかもしれません。私たちって、抵抗がないと自由を感じられないところがありますよね。芝居でも同じことが言えます。
 もちろん、台本が無いといっても、稽古が進むとだんだん決め事はできてきます。でも、毎日の稽古でかならず新しいことが起こる。それは、彼が最初から一貫して、この作品を「自由な心」で作ることを第一とし、私たち俳優もその中で作品づくりをしてきたからでしょう。だから、新しいものが出てくることに対して誰も恐れないし、みんなチャレンジングになっている。ジャンさんのつくる空気が「自由」というものに対する恐れを取っ払っていく。

中高生鑑賞事業で今回の芝居をご覧になる中高生の皆さんにメッセージはありますか?
 これは正解がない芝居。正解がないところからはじまって、最後まで正解をださずに作られていった芝居です。ジャンさんが大切にする、「正解をつくらない」ことや、そのための「自由な心」は、若い人たちが一番理解してくれて、好んでくれると思います。なにか、出演している私たちも気づかない、もしかしたらジャンさんだけには見えているものを、中高生の皆さんはキャッチしてくれるかもしれないですね。
 

三島 景太(みしま・けいた)
水戸芸術館ACM劇場専属俳優を経てSPACに創立時より所属。国内外70都市以上での公演経験を持つ。主な主演作品として、『ロビンソンとクルーソー』、『ドン・ファン』、『ドン・キホーテ』など。 2014年ジャン・ランベール=ヴィルド台本・演出の一人芝居『ジャン×Keitaの隊長退屈男』に出演。同作は2016年にフランス・リムーザン国立演劇センターでも上演され、現地で大好評を得た。
 
 

2019年1月21日 静岡芸術劇場にて
聞き手・構成:布施知範(SPAC制作部)

2019年2月11日

妖怪ブログ#6~魂コレクターの妖怪 小豆はかり~

まだまだ、本作に登場する妖怪たちを紹介してまいりますよ!

続いては・・・・・貴島豪さん演じる、妖怪・小豆はかり!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(与太郎のパジャマ同様、こちらの衣裳に見覚えのある方がいらっしゃるかも・・・?)
 

「小豆はかり」は日本に古くから伝わる妖怪で、姿は見せないのですが、人家に住み付き、屋根裏などから小豆の音を立てるのみ。最初は遠慮がちにしているのですが、だんだん調子に乗って大きな音になっていくのだとか。特に悪いことはしないらしいですが、十分迷惑ですよね笑。

さて、本作に登場する小豆はかりはどんな妖怪か・・・端的に言いますと、魂のコレクターです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いつも抱えている容れ物の中にはカラフルな魂がいくつも入っていて、1つずつ手にとっては愛おしそうに、眺めています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここで、恒例?の小豆はかりクイ~ズ★
小豆はかりはエルメスに、とある著名人の魂をあげると言われ、そのかわりに一番のお気に入りをだまし取られてしまいます。さて、その著名人とはいったい誰でしょうか?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

答え合わせは劇場で♪ ご来場お待ちしておりま~す!

====================
SPAC秋→春のシーズン2018-2019 #4
妖怪の国の与太郎
2019年2月16日(土)、17日(日)、24日(日)
3月2日(土)、3日(日)、9日(土)、10日(日)
各日14:00開演 <2月24日(日)のみ15時開演>
会場:静岡芸術劇場

演出:ジャン・ランベール=ヴィルド、ロレンゾ・マラゲラ
台本・翻案・ドラマツルギー:ジャン・ランベール=ヴィルド、平野暁人、出演者ならびにワークショップ参加俳優一同
翻訳:平野暁人
音楽:ジャン=リュック・テルミナリアス、棚川寛子
*詳細はコチラ

2019年2月9日

妖怪ブログ#5~吹替え妖怪?!アテちゃんレコちゃん~

与太郎死神エルメスに続きまして、今回ご紹介するのは・・・この2人!!

吹替え妖怪のアテちゃん(森山冬子さん)と、
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レコちゃん(小長谷勝彦さん)で~す♪
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アテちゃん&レコちゃんは、『妖怪の国の与太郎』オリジナルの妖怪。

この作品は、紙芝居のように語り手が絵を見ながらナレーションや登場人物のセリフを演じ分けていく、という演出。なので、アテちゃんとレコちゃん2人で舞台上で行われていることに合わせて、キャラクターごとに声色を変え、全てのセリフをアテています。
P1340139

その軽快なやり取りはまるで夫婦漫才!
(でも、アテちゃんにはれっきとしたコレ(彼)が他にいるらしいですよ…)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リズミカルにセリフを回しテンポよく場面を進めながら、楽器の演奏をして歌も歌って、そして時々舞台上で起きている事にも加わって・・・と、とにかく忙しそうです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さてここで、レコちゃんクイズ★
レコちゃんは、ある生き物に姿を変えて与太郎たちのもとに現れます。何の動物でしょうか?
ヒントはこの写真↓↓↓
P1990313

答え合わせは劇場で!お待ちしております♪

====================
SPAC秋→春のシーズン2018-2019 #4
妖怪の国の与太郎
2019年2月16日(土)、17日(日)、24日(日)
3月2日(土)、3日(日)、9日(土)、10日(日)
各日14:00開演 <2月24日(日)のみ15時開演>
会場:静岡芸術劇場

演出:ジャン・ランベール=ヴィルド、ロレンゾ・マラゲラ
台本・翻案・ドラマツルギー:ジャン・ランベール=ヴィルド、平野暁人、出演者ならびにワークショップ参加俳優一同
翻訳:平野暁人
音楽:ジャン=リュック・テルミナリアス、棚川寛子
*詳細はコチラ

2019年2月8日

妖怪ブログ#4 ~台本がないのは妖怪の仕業?~

『妖怪の国の与太郎』、
こちらのブログで進めている登場人物紹介も次はいよいよ妖怪たち!

P1990717edt

…の前に、
本日は、その妖怪たちがどんなふうに「生まれたか」を
ご紹介したいと思います!

この作品、実は現在進んでいる稽古は第3期目。
2017年9月に実施したワークショップ、そして2018年4月の稽古に続いて
年明けから今回の稽古が始まっています。

で・す・が、年始の1月5日、稽古場に集合したメンバーたちの手には
「台本」がありませんでした。
妖怪のせいで。
ではなく。
演出のジャンさんの手元にも、誰の元にも、まだ存在しなかったのです。

これまでのワークショップや稽古の中で俳優たちが提案してきた様々な妖怪たちの姿から
個別のシーンのイメージは既に見えてきていたものの、
それぞれの場面や作品全体を具体的にどう描き、まとめていくか?という検討は
この年明けの稽古から始まりました。

それはもう、演出家であるジャンさん・ロレンゾさんと俳優たちとの
綿密でありながら怒涛のような、 “ガチ” の共同作業。
(ガチ、という言葉がよく似合う稽古場です。)

提示された各シーン、各キャラクターに対して、
俳優たちが熱量たっぷりに披露する即興や提案を
これまた熱く熱く受け止め、まとめ、深めていくジャンさん、ロレンゾさん。
時には、演出家チームと俳優たちとの間で長く議論が交わされることも。
既にある台詞をもとに動きや音楽が決まっていくのではなく、
言葉、動き、音楽、いろんな要素が絡み合いながら
各場面が定まっていき、そして作品全体の流れが大きな渦のごとく現れたのでした。

P1990908edt

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

俳優たちが試しに試し、生み出してきた様々な描写には
笑いあり、驚きあり、涙あり苦しみも混じり(?)、
本当に、暑くるし… エネルギッシュな作品になっています。

難しいことは一切無し!
舞台をご覧くださる皆様も、主人公・与太郎と一緒に
パワフルで愉快な妖怪たちとの旅を楽しんでくださいね♪♪♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

====================
SPAC秋→春のシーズン2018-2019 #4
妖怪の国の与太郎
2019年2月16日(土)、17日(日)、24日(日)
3月2日(土)、3日(日)、9日(土)、10日(日)
各日14:00開演 <2月24日(日)のみ15時開演>
会場:静岡芸術劇場

演出:ジャン・ランベール=ヴィルド、ロレンゾ・マラゲラ
台本・翻案・ドラマツルギー:ジャン・ランベール=ヴィルド、平野暁人、出演者ならびにワークショップ参加俳優一同
翻訳:平野暁人
音楽:ジャン=リュック・テルミナリアス、棚川寛子
*詳細はコチラ

2019年2月4日

妖怪ブログ#3~死神エルメスはあの世の案内人~

前回のブログで、主人公の与太郎をご紹介しましたが、今回は渡辺敬彦さん演じる死神エルメスです。

エルメスは死後の世界の案内人。
死者の魂が成仏できるように閻魔大王のところへ導く仕事をしています。

“妖怪の国”に迷い込んでしまった与太郎は、エルメスに出会うのですが・・・
ということはどうやら与太郎は死んでしまったようですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

与太郎に「自分の魂を閻魔大王のところへ持って行くように」と言いながらも、与太郎の魂をくすねてしまうのですが、なんと!その魂を無くしてしまいます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なんだか孤独で退屈そうな死神エルメス。
いつも持っているステッキで一人遊んだり、時折ポエムを口ずさんでみたり。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

退屈しのぎにと色々なことを企むのですが、与太郎はことごとくそれらに巻き込まれてしまいます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんなエルメスは、物語を展開する進行役のような存在でもあります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

====================
SPAC秋→春のシーズン2018-2019 #4
妖怪の国の与太郎
2019年2月16日(土)、17日(日)、24日(日)
3月2日(土)、3日(日)、9日(土)、10日(日)
各日14:00開演 <2月24日(日)のみ15時開演>
会場:静岡芸術劇場

演出:ジャン・ランベール=ヴィルド、ロレンゾ・マラゲラ
台本・翻案・ドラマツルギー:ジャン・ランベール=ヴィルド、平野暁人、出演者ならびにワークショップ参加俳優一同
翻訳:平野暁人
音楽:ジャン=リュック・テルミナリアス、棚川寛子
*詳細はコチラ

2019年2月3日

妖怪ブログ#2~パジャマがお似合い与太郎さん~

年明け早々から本格的に稽古が始まった『妖怪の国の与太郎』。
主人公の与太郎を中心に、入れ替わり立ち替わり様々な妖怪が現れて物語が展開していくのですが、
順番に登場人物(妖怪)をご紹介していこうと思います!

まずはなんといってもタイトルにもなっている「与太郎」から。

「与太郎」という名前は、落語に登場する“失敗ばかりでみんなに笑われるが、正直者でお人好し”な人物に由来しており、今回登場する与太郎も、なんだかちょっと間が抜けていて、とにかく呑気。
何かと周りのドタバタに巻き込まれてしまいますが、何が起きようが動じることなく、持ち前の素直さを武器に様々な困難を乗り越えていきます。

そんな与太郎を演じるのは大内米治さん↓
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水色ストライプのパジャマがとってもお似合いですが、このパジャマ・・・
なんと、『リチャード三世~道化たちの醒めない悪夢』でジャンさんが着ていたものなのです!

さてさて、与太郎はひょんなことから“妖怪の国”に迷い込み、その奇妙な世界での旅がはじまるのですが、
途中、ヘンテコリンな妖怪たちに出くわし、宴会にカラオケにとドンチャン騒ぎに巻き込まれ・・・
P1990292

P1990533

ある生き物に姿を変えられてしまったり・・・
P1990619

そして、ガラの悪い?河童たちとの相撲大会ではもみくちゃにされながらも、
あっという間に打ち解けて仲良くなってしまう与太郎。
P1990784

どんな不可思議なことが起きようと、ひょうひょうと突き進んでいく与太郎ですが、
旅の終着点で彼を待ち受けているのは・・・それは見てのお楽しみ!

さて突然ですが、ここで与太郎クイズ★
与太郎にはとっておきの必殺技があるのですが、それは一体何でしょう?
ヒントはこの写真↓↓↓
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

答え合わせは劇場で。お待ちしております♪

====================
SPAC秋→春のシーズン2018-2019 #4
妖怪の国の与太郎
2019年2月16日(土)、17日(日)、24日(日)
3月2日(土)、3日(日)、9日(土)、10日(日)
各日14:00開演 <2月24日(日)のみ15時開演>
会場:静岡芸術劇場

演出:ジャン・ランベール=ヴィルド、ロレンゾ・マラゲラ
台本・翻案・ドラマツルギー:ジャン・ランベール=ヴィルド、平野暁人、出演者ならびにワークショップ参加俳優一同
翻訳:平野暁人
音楽:ジャン=リュック・テルミナリアス、棚川寛子
*詳細はコチラ