2013年5月25日

『黄金の馬車』ブログ(6)

【お知らせ】
シズオカ×カンヌウィーク2013にSPACが出演します!!
演劇祭の開幕に先駆けて、海辺の野外ステージで『黄金の馬車』の特別バージョンを上演します。
当日は衣裳を着た役者たちによる練り歩きも予定しています。
お見逃しなく!!

5月25日(土)1)11:30~ 2)13:30~  
5月26日(日)13:30~
会場:清水マリンパークイベント広場 野外ステージ

☆詳細はこちら
☆昨年、『マハーバーラタ~ナラ王の冒険~』で出演した際の様子はこちら

【チケット情報】(5月24日現在)
6月8日(土)の公演は、おかげさまで満席になりました。ありがとうございます!
ほかのお日にちはまだ間に合います!チケットのご予約はお早めにお願いいたします。詳細はこちら

=====

初日も迫ってまいりましたので、ここで改めて作品を紹介します。

原案は、プロスペル・メリメ作の戯曲『サン・サクルマンの四輪馬車』(リーディング・カフェで読まれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?)を下敷きに1952年にジャン・ルノワールが監督した映画『黄金の馬車』です。

映画では南米ペルーに、イタリアのコメディア・デラルテ(仮面劇)の旅一座がやってくるお話。
しかし、宮城聰演出・SPAC版『黄金の馬車』では・・・。



(※写真は、静岡芸術劇場での稽古風景)

着物に烏帽子・・・?
舞台は室町時代の日本なのです!
コメディア・デラルテは、劇中劇の古事記に!
古事記といえば、ふじのくに野外芸術フェスタ『古事記!! エピソード1』(演出:宮城聰)もお忘れなく。『黄金の馬車』と合わせてご覧いただくと、より一層お楽しみいただけるとおもいます!
古事記といっても難しくはなく、視覚的に楽しめる仕掛けがたくさんあります。

このブログを書いている間も、野外劇場「有度」からは、舞台を彩るパーカッションの生演奏が聞こえてきます。
日々の稽古の様子に関しては、出演俳優・石井萠水によるブログ「萌目線。」をご覧ください!

みなさまのご来場、心よりお待ち申し上げます。

まずは、明日・明後日、シズカンの会場でお会いいたしましょう!