2013年9月30日

『サーカス物語』☆プチインタビュー(2) 阿部一徳

こんにちは、制作部の山川です。

先週から始まった『サーカス物語』ブログ特別プチインタビュー、
第二弾はジョジョとジョアン王子の二役を演じる阿部一徳さんです。

ABE_Kazunori1

稽古場に存在するだけでとても頼もしい
ベテラン俳優の阿部さんにお話を聞かせていただきました。
一体何が語られるのでしょうか?
それでは、どうぞ!



**『サーカス物語』☆ブログ特別プチインタビュー**
【ジョジョ/ジョアン王子編】

-思い入れのあるセリフを教えてください。

阿部:
<セリフ>
「きたるべき世界は幻想からしか生まれない
みずからつくりだすもののなかでこそ 
ぼくらは自由なのだ。」

<理由>
僕自身、以前は「ファンタジー」って聞くと
「子供向け」みたいなイメージがあったんだけど、
稽古に入って創り出してみると、
ファンタジー、もしくは想像力っていうのは
大人にこそ必要なんだなぁということをすごく感じていて。
それをぎゅっと凝縮しているのが、このセリフなんじゃないかなと思います。

ABE_Kazunori2

-今、何に力を入れて取り組んでいらっしゃいますか?
(苦戦されていますか)

阿部:
僕は「老けた50歳のピエロ(ジョジョ)」っていう役と、
そのピエロが語る物語の中の「ジョアン王子」<21歳(笑)>という
二役を演じている訳なんだけど、
そのジョアン王子が創り出す「明日国」、言ってみれば「理想の国」というものが
一体どういう国なのかなということを毎日考えています。

最近読んだエンデと何人かが対話している本でも書かれていたんだけど、
例えば僕らが「~は絶対できる訳がない」という概念を取っ払った上で
「理想の国を語ってください」って言われても、なかなか語れないと思うんだよね。
やっぱりどうしても現実に引っ張られちゃって。

一体どういう国なのかなっていうところがね、
どういう世界を見せられるのかなっていうところが、
今一番楽しみながら考えていることでもあり、
なかなか新しいものを生み出せないっていう、
そこが苦労しているところでもあるかな。
「あ~こんな世界もあるんだね」って
観ている人が思うようなものを創ることが、
楽しみでもあり苦しみでもあり。



阿部さんのお話を聞きながら、
自分だったらどんな理想の国を思い描くかなぁと
考えさせられている自分がいました。
「大人のためのファンタジー」、
みなさまにもぜひ『サーカス物語』を通して
感じていただけたらと思います。

最後に阿部さんより、みなさまへのスペシャルビデオメッセージです☆

SPAC秋のシーズン2013
『サーカス物語』
10月19日~11月3日
詳細はこちら

<お知らせ>
11月から東静岡に「木下大サーカス」がやってくるのをご存知ですか?
偶然にも、ほぼ同じ時期にご近所での開催となったことを記念して
10/26(土)『サーカス物語』終演後のアーティストトークでは
木下サーカス株式会社より木下唯志社長をゲストとしてお招きします。

※木下サーカス公式サイトでもご案内いただいております!
http://www.kinoshita-circus.co.jp/