ブログ

2015年12月30日

<潜入!『黒蜥蜴』の世界(9)>2015年ラストスパート!

カテゴリー: 『黒蜥蜴』2015

2015年ももうすぐ終わり・・・
しかし『黒蜥蜴』チーム、ぎりぎりまで走ります!!
そんな稽古場の様子を、シアタークルー・猪熊康夫さんに撮影していただきました。

演出家席
この日は、舞台美術・高田一郎さん(写真中央)も稽古を見学なさいました。

徐々に、本番で着用する衣裳も登場し始めています!

たきい・鈴木・永井
黒蜥蜴(たきいみき)と侍女(左から、鈴木真理子、永井彩子)。
黒で統一された衣裳から、華やかで妖しげなオーラが漂います。

大高・加藤・春日井・泉
対する明智小五郎(大高浩一)は、は眼鏡にスーツ。その部下たち(左から、加藤幸夫、春日井一平、泉陽二)も理知的でシャープな印象。

吉植・牧山・小長谷
こちらは、用心棒チーム(左から順に、吉植荘一郎、牧山祐大、小長谷勝彦)。
黒蜥蜴に狙われた岩瀬早苗の警護のため、岩瀬家に雇われた彼ら。この日は稽古着でしたが、お揃いの素敵なユニフォームが用意されています!

横山・若宮
岩瀬家に出入りする、洗濯屋(左・横山央)と御用聞き・五郎(右・若宮羊市)。
第三者の二人は、黒蜥蜴の脅迫におびえ、不穏な空気が漂う岩瀬家を、どう思っているのでしょうか・・・?

石井・赤松・榊原・佐藤
岩瀬家で働く老家政婦・ひな(榊原有美)と、女中たち(左から、佐藤ゆず、石井萠水、赤松直美)。
こちらもお揃いのユニフォームです。かわいい!

阿部・たきい
前回のブログでも紹介した東京タワーでの取引のシーン。
岩瀬庄兵衛(阿部一徳)が覗いている望遠鏡は、仮の小道具からパワーアップ。
この場面の黒蜥蜴は、東京タワーの赤の補色である緑色のコートを着ています。
第一幕の彼女の偽名は「緑川夫人」。なんだか象徴的ですね。『黒蜥蜴』のチラシも緑色!

そして、演奏!! 指揮を務める桜内結うを中心に、舞台の左右に演奏スペースが置かれています。

1227黒蜥蜴_015

楽器1

布施

楽器2

若菜

==========

劇場内には、そびえたつ圧巻の舞台装置!
度肝を抜かれること間違いなしです。舞台袖からちょこっとだけご紹介。

DSC_0101

劇場での稽古の様子は、また年明けに!

=============​
​1~2月 SPAC新作
『黒蜥蜴』
演出:宮城聰/原作:江戸川乱歩/作:三島由紀夫
音楽:棚川寛子/舞台美術:高田一郎/照明デザイン:沢田祐二
出演:SPAC
静岡芸術劇場
◆公演の詳細、アーティストトークなど関連企画の詳細はこちら
=============