2016年8月29日

2016年度「SPAC県民月間」ブログ(1)

Filed under: SPAC県民月間

SPACでは、9月3日(土)・4日(日)の2日間、県民月間の事業として、静岡市を中心に活動するコンテンポラリーダンスのプロジェクトチーム「K’s pro.」による公演『Le Petit Petit Prince ちっちゃな、ちっちゃな、王子さま』を上演いたします。

このたび、K’s pro.の制作を担当する小溝朱里さんが、レポートを寄せてくれました!
小溝さんはかつてダンサーとしてもK’s pro.の公演の舞台に立ったことがあり、今でも大学のダンスサークルで踊っているそう。そして、現役のSPACシアタークルーとしても活躍しています☆

そんなパワフルな小溝さんによる密着レポート、ぜひご覧ください!!

==========

このたび、SPAC県民月間2016にて、K’s pro.(ケッズプロ)が
コンテンポラリーダンス公演「Le Petit Petit Prince ちっちゃな、ちっちゃな、王子さま」
を行うことになりました。

私は制作を担当しております小溝と申します。公演まで、ブログを書かせていただけることになりました。本公演の見所やリハーサルの様子など、お伝えしていければ、と思います。どうぞ、よろしくお願いいたします!

さて、まずは皆様に、基本的なところを知っていただきたいと思います。
県民月間とはなにか――?
簡単に言いますと、県内で活動する舞台芸術団体が、舞台芸術公園 野外劇場「有度」を会場に、SPACの事業として自主的な創造・上演活動を行うことで、県民の皆さまに少しでも舞台を身近に感じてもらおう!という取り組みです。

その言葉どおり、K’s pro.は静岡市を拠点に活動しているコンテンポラリーダンスを上演するために結成されたプロジェクトチームです。

続いて団体名の由来も紹介したいと思います。
まず“K”ですが、これは構成・振付の森本“京”子のKと、構成・演出の“陰”山泰のK、この2人を表しています。そして“pro”とついているのは「精神的にプロでありたい」という私たちの姿勢を指しています。ダンサーにはもちろん正真正銘のプロがいますが、実は学生も多いです。が、SPACの舞台に立たせていただく以上は、全員プロ意識を持って日々の練習に励んでいます。さらに、ダンサーとともに舞台を創るスタッフにいたっては、正真正銘のプロばかりです。つまり、ダンサーもスタッフも、この公演に関わる全ての人が“K’s pro.”なのです。

チラシを見ていただくと分かるのですが、K’s pro.は今年で19年目を迎えました。事業の形は変化してきましたが、実にSPACの舞台で19年も公演をしています。その活動が認められ、平成25年には静岡市芸術文化奨励賞を受賞しました。

受賞から3年経ちましたが、まだまだ進化しようと奮闘しております。
今年の演目のモチーフは「星の王子さま」。あの素敵な野外のステージに「星の王子さま」がどのように表現されるのか・・・?是非皆さまに直接体感していただければと思います☆

image1

image2

image3
 
チケット予約、承っております。
皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

==========

SPAC県民月間2016 K’s pro.
Le Petit Petit Prince ちっちゃな、ちっちゃな、王子さま

2016年9月3日(土)、4日(日) 各日19:00開演 ※雨天予備日5日(月)
舞台芸術公園 野外劇場「有度」

◆チケット(全席自由)
前売3,000円/当日3,500円

<チケットお取り扱い>
Tel. 054-282-3221(森本バレエ研究所)080-2622-8410(制作担当・小溝)

★公演の詳細、東静岡駅⇔舞台芸術公園間のチャーターバスの発着時刻はこちら

★8月25日付け静岡新聞朝刊に本公演の記事が掲載されました!
http://www.at-s.com/sp/news/article/local/central/274837.html

==========