2016年12月13日

【シェイクスピアの『冬物語』稽古ブログ#2】12月12日稽古再開しました!

12月12日(月)、いよいよ本番に向けて『冬物語』の稽古が再開しました。

夏のプレ稽古のあと、台本も配役も大幅に変わって緊張の再スタートです。

稽古の最初には、舞台美術のデザイナーが、
今回の舞台装置のコンセプトを模型とともにプレゼンします。

続けて、舞台監督も目下制作中の舞台装置の具体的な質感や、
その中で演技するにあたっての注意点などを説明していきます。

「床面はどんな材質なの?」
「このエリアにはどうやって出入りできるの?」
「楽器はこの部分だけに全部置けるかなあ?」
演出の宮城や俳優から、つぎつぎに質問がとびだします。

「エリアのあいだの段差は、ステップがなくても上がり降りできるかなあ?」と質問がでると、
衣裳デザイナーが、それぞれの衣裳の足元のつくりを説明したり…

顔合わせの日に、いつも、
演劇では、沢山の人たちの知恵とチームワークによって、
初めて一つの舞台ができあがるということを実感させられます。

芸術劇場のリハーサル室で稽古が進められる一方、
そのとなりの衣裳室でも、もくもくと作業が進められています。

デザイナーが演出家と話をしながら描き起こしたデザイン画から、
パターンがつくられ、ひたすら縫製!


廊下のハンガーには出来上がったパーツがずらーり。

衣裳は出演者一人一人に合わせて、ひとつひとつ手作業で作られています。
『冬物語』の出演者は総勢22名。
一人で何役もこなす俳優もいるので、衣裳の総数はそれ以上。
いったい何着の衣裳ができるのでしょうか?

そして、舞台芸術公園の野外劇場では、
舞台装置の実物が作られています。

かなり大がかりな装置になりそうです。

まだ誰も見たことがないものが作られていく
新作の現場は、俳優もスタッフも全員がドキドキです。

SPACでは、そんな作品創作の様子をご覧いただける、
「おためし劇場」という企画も実施しています。

ぜひ、舞台が出来上がるまでのドキドキを
皆さんにも共有していただけたらうれしいです。

================
★おためし劇場 
第8回 『冬物語』
日時/2017年1月8日(日) 
   13:30~15:00
会場/静岡芸術劇場 (JR東静岡駅前グランシップ内)
参加費無料 (要予約)

 
◆ご予約・お問い合わせ
SPACチケットセンター TEL.054-202-3399 (受付時間=10:00~18:00)

================
SPAC秋→春のシーズン2016 ♯4
シェイクスピアの『冬物語』 
一般公演:1月21日(土)、22日(日)、29日(日)
     2月4日(土)、5日(日)、11日(土)、12日(日)
演出:宮城聰 作:ウィリアム・シェイクスピア 翻訳:松岡和子
音楽:棚川寛子 出演:SPAC
静岡芸術劇場
*詳細はコチラ
================