2017年2月7日

【知られざる真夏の夜の夢#6】登場人物紹介その2

『真夏の夜の夢』には、妖精たちの棲む「知られざる森」のほかにもう一つ登場する場所があります。
それが、割烹料理屋「ハナキン」!!
さて今回は、そこで働く人々をご紹介します!個性豊かで味わい深い面々です。

割烹ハナキンの主人(大高浩一・写真奥)
創業130年の老舗ハナキンを守る、ときたまごのお父さんです。
娘が結婚を取りやめたいというものだから、大大大激怒!!

ハナキンの従業員や出入りする業者が集まって、ときたまごの結婚式の余興のため、森で芝居の稽古をすることに。

左側から順番に…
仲居おてもと(桜内結う)
紅一点の仲居さん。強くてお茶目です。

福助(小長谷勝彦)
下足番。森の中では大変な目に!活躍(?)に注目。

豆腐屋(武石守正)
朴訥とした印象ですが、時々鋭い突っ込みも。

氷屋(加藤幸夫)
5人の中ではまとめ役のような一面を見せます。

酒屋(春日井一平)
酒屋なのに、実は下戸なんだそうです(笑)

本作は、割烹料理屋にちなんで、台詞にも食べ物の名前がたくさん出てきます。
テンポのよいやり取りは爆笑必至!!そんな言葉遊びもぜひ楽しんでください♪


決めポーズ!!

================
SPAC秋→春のシーズン2016-2017 ♯5
『真夏の夜の夢』
2017年
2月25日(土)/3月5日(日)・11日(土)・18日(土)・19日(日)・20日(月・祝)
演出:宮城 聰
作:ウィリアム・シェイクスピア 小田島雄志訳『夏の夜の夢』より
潤色:野田秀樹
音楽:棚川寛子
出演:SPAC
静岡芸術劇場
*詳細はコチラ
================