2017年3月12日

【知られざる真夏の夜の夢#14】演奏エリアの秘密♪

『真夏の夜の夢』は、演奏がすごい!!!
幻想的な森から響くその音が、一瞬にして劇の世界に誘い込みます。

指揮や演奏をしているのは、出演者たち。
自分の台詞がない場面では、休む間もなく楽器を手に取っています。
俳優が演奏するからこその一体感を、観客の皆さんにも感じていただけたら嬉しいです。

ここがその演奏エリア。なんと二階建てです!

P1270013

多種多様な楽器が並んでいます。
『真夏の夜の夢』は見どころたくさんで、観客の皆さんもてんやわんやだと思いますが、
ぜひ演奏にもご注目ください!(プロモーション映像で演奏の一部をお聴きいただけます♪)

P1270005

P1260996

P1270001

天井にはマイクが設置されています。
音を拾って、それぞれの楽器や台詞とのバランスを調整したりするのが、音響さんです。
手元を照らす明かりも見えます。

P1270009

まな板や包丁も楽器に!?さすが、割烹料理屋「ハナキン」です。
どこで使われているのか、耳を澄ましてくださいね。

さらにさらに、新聞紙も楽器として使っているんです!
新聞紙を揺らしたり振ったり破ったり。工夫を凝らしています。

0W1A2042_s

演奏エリアから見た客席!!
お客様の楽しんでくださっている様子は、ばっちり届いています♪

P1260995

平日の中高生鑑賞事業公演を含め、残すところあと5公演となりました。
SPAC祝祭音楽劇の真骨頂をぜひ劇場で味わってください!

================
SPAC秋→春のシーズン2016-2017 ♯5
『真夏の夜の夢』
2017年
2月25日(土)/3月5日(日)・11日(土)・18日(土)・19日(日)・20日(月・祝)
演出:宮城 聰
作:ウィリアム・シェイクスピア 小田島雄志訳『夏の夜の夢』より
潤色:野田秀樹
音楽:棚川寛子
出演:SPAC
静岡芸術劇場
*詳細はコチラ
================