2017年7月9日

アヴィニョン法王庁日記(4) 2017年6月30日 仕込み二日目

SPAC文芸部 横山義志

午前8時から舞台上に水を入れていく。全て入れるのに8時間かかるという。

日没が午後10時近いので、照明の作業時間が限られていて、照明の調整が終わらず、少し稽古が押すことに。17:30 俳優入り、楽器セッティング。18:30トレーニング。18:30-20:00まだ観光客がいて音が出せないので、静かにサウンドチェック。20:30-21:30演奏込みのサウンドチェック。21:30-23:00照明フォーカス。23:00-午前3:30全体稽古。

駿府城公演に比べ、三倍近い広さ。僧侶が舟で進む距離も倍近くなっているという。舞台は間口40メートル、奥行き16メートルで、約570平米。水深も2~3センチ深くなった。床がかなりでこぼこで、一番床が高くなっているところをカバーできるように調整したという。

IMG_3111

IMG_3120

アヴィニョンでは日没の時刻が21時過ぎなので、開演は22時。日が落ちると気温差が生じ、風が生まれる。法王庁で舞台を観るとき、よく強い風が吹いているのはそのせいもあるらしい。南仏で「ミストラル」と呼ばれる冷たい北風もよく吹く。そして四方の壁に囲まれた巨大な空間のなかで渦を巻く。

P1270437

今日は日中も26度くらいまでしか上がらず、最低気温は13度という。法王庁中庭の体感温度はずっと低い。深夜0時くらいになると風は凪いでいくが、気温はいよいよ下がっていく。水に足を浸している俳優たちは、防寒の工夫を凝らしてはいるが、かなりこたえるようだ。「手を入れてみたら冷蔵庫の水みたいだった」という。
 
 
*アヴィニョン法王庁日記バックナンバー*
(1) 2017年6月27日 静岡からフランスへ
(2) 2017年6月28日 アヴィニョン到着
(3) 2017年6月29日 仕込み一日目
(4) 2017年6月30日 仕込み二日目
(5) 2017年7月1日  仕込み三日目
(6) 2017年7月2日  アヴィニョン法王庁の歴史
(7) 2017年7月3日  法王庁中庭での上演の歴史
(8) 2017年7月4日  フォトコール
(9) 2017年7月5日  最終公開稽古(ゲネプロ)
(10) 2017年7月6日 公演初日
(11) 2017年7月7日 公演二日目
(12) 2017年7月8日 公演三日目
(13) 2017年7月10日 公演四日目

==========
第71回アヴィニョン演劇祭オープニング招待作品
アンティゴネ
構成・演出:宮城聰 / 作:ソポクレス / 出演:SPAC
7月6日(木)・7日(金)・8日(土)・10日(月)・11日(火)・12日(水)各日22時開演
会場:アヴィニョン法王庁中庭
*詳細はこちら
*アヴィニョン演劇祭サイトはこちら
==========