2017年7月23日

【シアタースクール通信2017 #2】稽古!

◆着々と稽古が進んでいます。

稽古もだんだんと本格的になってきました。
毎回の稽古は、まず、SPACの俳優たちが行っているトレーニングから開始します。
このトレーニングは「スズキ・トレーニング・メソッド」と呼ばれる、SPAC初代芸術総監督の鈴木忠志が考案した俳優訓練法をもとにしています。この訓練法は国際的に評価され、いまや世界中の俳優たちの間で、稽古やトレーニングに取り入れられています。

0717-1

この訓練法では、特に下半身の感覚や重心移動などを重視し、さらに呼吸のコントロールや、「丹田(たんでん)」と呼ばれる、おへその下の体の奥にある、力をためるのに重要な部位へ意識を向けることなど、「舞台に立つための身体」をつくっていきます。
このようなトレーニングによって、参加者は、俳優としての身体の使い方や発声にとって大切なことを学んでいきます。

0717-2

◆ダンス稽古開始! 

シアタースクールの公演ではダンスシーンが恒例となっています。今回の『オフェリアと影の一座』にもスピード感あふれるダンスがあります。
参加者はSPACの俳優たちに教わった振り付けを覚え、お互いにアドバイスをしながら練習に励んでいます。

0717-3
0717-4
0717-5

◆劇中劇「マクベス」

『オフェリアと影の一座』では、劇中劇(ひとつの芝居の中で別の芝居が演じられる演出方法)が取り入れられています。いくつかの有名な芝居の名シーン、名セリフが出てきますが、その中のひとつが、シェイクスピアの名作『マクベス』です。全員に「マクベス」の台本が配られ、この難しい芝居への挑戦も始まりました。

0717-6

<マクベス>
ウィリアム・シェイクスピア四大悲劇の一つ。1606年頃の作品。
ストーリー:スコットランドの勇敢な武将マクベスは、魔女の予言と妻の言葉にそそのかされ、主君であるダンカン王を暗殺して王位を奪う。しかし自分の良心に責め苦しめられ、心がすさみ暴君となり、妻も狂い死ぬ。そしてついにダンカン王の子ども達に倒される。
0717-7

==========
SPACシアタースクール2017
『オフェリアと影の一座』
演出・構成:中野真希
原作:ミヒャエル・エンデ
出演:静岡県内の中高生
2017年8月19日(土)・20日(日)各日16時開演
会場:静岡芸術劇場
*詳細はこちら
==========