2017年8月19日

【シアタースクール通信2017#6】発表会1日目終了!

SPACシアタースクール2017発表会
『オフェリアと影の一座』1日目の公演が終了しました!

満席のお客さんを前に、どんな気分だったのでしょうか。
緊張するかもしれませんが、泣いても笑っても明日が最後!
失敗を恐れず、思いっきり楽しんでほしいと思います。


◆お客様アンケートより…

「影の演出、すばらしかった。とても楽しめました。」
 →そう、様々な場面で「影」が登場します。
  何度も稽古を重ねていて、一番の見どころポイントです!

「一度見ただけでは目が足りない…それくらい見応えがありました。」
 →語りを見るか、動きを見るか、はたまた演奏隊に目を向けるのか…。
  様々な劇中劇が同時進行する場面もあり、両日みても足りないかもしれません…。

「来年はあの舞台に立ちたいな。」
 →いま何年生かしら。お待ちしています!!

◆会場のあれこれ

▲カフェ営業で1階ロビーがとても賑わっています。
カフェの横では稽古風景のスライドショー、演出・中野真希のインタビュー映像を上映しています!


▲参加者によるメッセージカード。
「一番後ろの席まで私の声を届けます!!」
「38人の仲間と最高のステージをお届けします!」
「最後のシアタースクール めっちゃ楽しむ!!」

それぞれの想いが込められています。


▲会場では、『アンティゴネ』アビニョン公演の記録や『病は気から』の衣裳展示も行っています。
シアタースクールだけではない、SPACの様々な活動を知って頂く機会になればと思います。

◆明日のご来場お待ちしています!

SPACではシアタースクールをはじめ、中高生鑑賞事業などの人材育成に力を入れています。
会場では寄附によるご協力をお願いしていますので、ご支援いただければ幸いです

でも、まずは観に来てくれることが一番の支えになります!
ぜひこの夏の一瞬の輝きを見逃さないでください!

==========
SPACシアタースクール2017
『オフェリアと影の一座』
演出・構成:中野真希
原作:ミヒャエル・エンデ
出演:静岡県内の中高生
2017年8月19日(土)・20日(日)各日16時開演
会場:静岡芸術劇場
*詳細はこちら
==========