2017年8月24日

SPAC県民月間2017ブログ(3)

Filed under: SPAC県民月間

今週22日(火)に小屋入りした県民月間公演K’s pro.『Black Bird』。週末の本番に向け、猛暑の中、舞台芸術公園 野外劇場「有度」では、連日仕込み&リハーサルが行われています。
K’s pro.の制作を担当する小溝朱里さんが、再びレポートを寄せてくれましたのでご紹介いたします!

=====

こんにちは!
K’s pro.制作の小溝です。

いよいよ野外劇場「有度」に、ダンサー・スタッフが揃いました!
来たる公演に向け、最終調整が続いています!

天候にも恵まれ、劇場でのリハーサルを行うことができていますが…
とにかく暑い!特に日中は暑さとの闘いです。熱中症対策、日焼け対策をしながらリハーサルをしています。

県民月間_1 (2)

日が暮れてくると、照明も含めたリハーサルを行っています。
暗くならないと照明が舞台上に反映されないことが、野外の難点でもあります。
ダンサーの動きと照明の動きを揃えながら、細かく調整を重ねています!

県民月間_2 (4)

さて、同じ舞台芸術でも、演劇とダンスは明らかに異なる点があります。
それは、セリフがないこと。
ダンス公演では演者が言葉を発さないため、今どのようなシーンなのか、お客様は自然とイメージしながらご覧になるはずです。
その「イメージ」が、今回のK’s pro.公演でのポイント。
主人公のチルチルとミチルは、あることをきっかけに幸せの青い鳥を探す旅に出かけます。その時、二人が迷い込んでいく世界は、現実とは少し離れたファンタジーな世界。つまり「イメージ」の世界なのです。
お客様の「イメージ」を膨らませるための、万能(?)な舞台装置も使います(それが何かは観てのお楽しみ♪)。モノは変わっていないけれど、前のシーンと違うモノに見える…?ということも。
「イメージ」の正解はひとつではありません。お客様お一人おひとりが「イメージ」したものが、すべて正解なのです。
お客様自身が、“感じたまま”を是非楽しんでいただければ、と思います!

まもなく公演を迎えます。
本年のK’s pro.も、是非ご期待ください!!

=====

SPAC県民月間2017 
K’s pro.コンテンポラリーダンス公演vol.20

ブラック・バード Black Bird
2017年8月26日(土)、27日(日) 各日19:00開演 ※雨天予備日28日(月)
舞台芸術公園 野外劇場「有度」

◆チケット(全席自由)
前売3,000円/当日3,500円

<チケットお取り扱い>
Tel. 054-282-3221(森本バレエ研究所)

★舞台芸術公園の駐車場には限りがございます。お車でご来場予定の方は、グランシップの駐車場に停めていただき、東静岡駅南口から無料シャトルバスに乗車されることをおすすめしております。詳しくはこちらをご覧ください。
http://spac.or.jp/news/?p=13206