2018年9月7日

スパカンファン稽古場ブログ#5「公演評が届きました(1)」

8月20日から27日までSPACでのインターンシップに参加した、静岡文化芸術大学の日下怜子さん、鈴木まこさんがスパカンファン『ANGELS~空は翼によって測られる~』公演評を執筆してくれました。
「公演評って何だろう?ダンス、どう書けばいいんだろう?」からスタートし、稽古から本番当日を経て、毎日どんどん増えていくおふたりの公演評に向けたメモ、メモ、メモ!!
インターンシップの成果を、ぜひご一読ください。

(日下さんの公演評は次回スパカンファン稽古場ブログ#6にて掲載いたします。お楽しみに!)


色鮮やかでめまぐるしい世界

 8月26日、SPAC-静岡県舞台芸術センターが主催する『ANGELS~空は翼によって測られる~』が静岡芸術劇場にて上演された。出演はオーディションで選ばれたSPAC-ENFANTS(スパカンファン)と呼ばれる静岡県内の中高生12名。振付・演出をフランスを拠点に国際的な活動を展開する振付家・ダンサーのメルラン・ニヤカムが手がけ、振付アシスタントを太田垣悠が務める。中高生と共に新しい舞台を創造するこのプロジェクトは、今年で9年目を迎えた。夏休みのほとんどを費やして、ダンス経験の差に関係なくプロの指導を受けたことは、こどもたちの宝物になるだろう。

鈴木まこ INO_Angeles_011

 本作では、音楽と映像とともに、身体を最大限に駆使して出演者たちは次から次へと様々な感情や意思を表現していく。舞台上には大きな白い木”バオバブ”があり、幹の部分はスクリーンとなっており、葉の部分には様々な模様や動物などの装飾がみられる。白い木の両脇にも出演者の背丈より少し高いスクリーンが設置されている。これらのスクリーンが照明や映像を映し出すことで舞台は表情をくるくる変える。作品冒頭、穏やかな緑色と差し込むような光がちりばめられた空間で私の心は一気に舞台に引き込まれた。
 最初から最後まで観客の案内人のような役割を果たす西出一葉、独特の台詞と動き・表情の使い方で観客を和ませる池ヶ谷優希、場内にのびやかにひびきわたる歌声を披露し天使のようにふるまう永田茉彩、男子ならではの力強いパフォーマンスを披露する宮城嶋開人。それぞれ台詞はほとんどないものの、「よく見るとあの子だけあの子を気にしているな」とか「今あの子が1番に動き出したな」とダンスだけで観客の想像をどんどん膨らませる出演者たち。印象的だったのが何人かで1人を囲んで群がり襲いかかるような場面である。囲まれた1人は「うわーっ」と叫んで周りを追い払うような動きをする。その動きと表情から感じた意志の強さに私はドキドキしてしまった。また、それまでの黒い衣装から色とりどりの花柄の衣装に着替えて、みんなで寝そべって『春が来た』を歌う場面から最後までの盛り上がりの高揚感!汗だくになりながら最後まで楽しそうに力いっぱい踊る姿に自分も一緒に踊っているような気持ちになった。

鈴木まこ INO_Angeles_123

 本作はダンスや歌が好きな人はもちろん、普段は親しみの無い人も鑑賞後は思わず跳ねて歌って踊ってみたくなるような、不思議な魅力であふれていた。まずは1回、出演者ひとりひとりに注目して12回、映像に注目して1回、音楽に衣装に小道具に…というように何度でも観たい。11月3日、4日に東京芸術祭での公演を控えている。10代ならではの繊細な感受性や柔軟な考え方によって、舞台はさらに進化していくだろう。

静岡文化芸術大学2年 鈴木まこ
(写真撮影:猪熊康夫)

======================================
SPAC-ENFANTS
『空は翼によって測られる~』
11月3日(土)15:00開演
11月4日(日)13:00開演
振付・演出:メルラン・ニヤカム
出演:SPAC-ENFANTS
   池ヶ谷優希、岩田麻緒、岡村桃果、勝間田里絵
   金森萌倭、金子綺莉、鈴木舞子、永田茉彩
   西出一葉、伏見彩花、宮城嶋開人、渡邉茉奈
振付アシスタント:太田垣悠、佐川健之輔
メディアディレクション: ニシモトタロウ、松尾邦彦、小柳淳嗣

会場:あうるすぽっと

チケット:入場無料(要予約)

この公演は東京芸術祭2018の一環として行われます。
詳細はこちら
======================================