2018年9月28日

『顕れ』パリ日記(6) ~日曜日の稽古~

SPAC文芸部 横山義志
2018年9月16日(日)

 
日曜日なので、人通りが少ない。入口の警備員室が空だと思ったら、アフリカ系の警備員さんが稽古を観に来てくれていた。

ムアワッドさんは今シーズンの年間プログラムにこう書いていた。「あらゆる公共の場所に入るたびにバッグを開けなければならず、テロ警戒体制が日常になってしまったら、どうやって自由に語りつづけることができるだろうか。」

最後の場面の稽古。宮城さんのダメ出し。

「うまくやろうとすると、自分の体に敏感になれない。自分の体にびっくりしていれば、必然的にたどたどしくなる。それを見せればいい。
こんな無防備な生き物を見てしまっていいのか、とお客さんが思うくらいでなければ持たない。」

照明さんのダメ出し。

「あ、ちょっと止めてください、ハシゴの影が見えてます!」「なにい!」「すみません、大高さん下ろしてください」「ハシゴ消えた。あ、また出た」「あ、たぶんこれ、俺の足です」「あー!このまま大高さんのタッパを上げます・・・」

大高さんの足

今日は20時に早めの退館。

====================
『顕れ』 フランス公演
2018年9/20(木)~10/20(土) 全27公演
 ※9/24(月)、10/1(月)、8(月)、15(月)休演
会場:コリーヌ国立劇場
◆公演の詳細はこちら
====================

年明け、日本でも「秋→春のシーズン」3作品目として上演します!
====================
『顕れ ~女神イニイエの涙~
2019年1/14(月・祝)~2/3(日) 静岡芸術劇場
◆公演の詳細はこちら
====================