2018年11月16日

『マハーバーラタ』パリ・サウジ日記(1)

SPAC文芸部 横山義志
2018年11月13日(火)

『マハーバーラタ』のスタッフがパリに到着。夕暮れ。

バスから

今月はラ・ヴィレットというところで『マハーバーラタ』を上演の予定。そのあと、12月にはサウジアラビアのダーランで、やはり『マハーバーラタ』を上演することになった。

パリからサウジアラビアへ、というツアーはあまり聞いたことがないが(そもそもサウジアラビアで日本の現代演劇が上演されるというのもかなり珍しいだろう)、実はどちらもアヴィニョン演劇祭での上演がきっかけになっている。やっぱりアヴィニョンで公演すると、いろいろな人が見に来てくれるものだ。

ラ・ヴィレットはパリ市内で最大の公園。そのなかの一番大きな建物ラ・グランド・アールのなかに、駿府城公園やアヴィニョンのブルボン石切場などでの野外公演で使ったリング状舞台を組んで上演する。
*駿府城公園にて上演した『マハーバーラタ』演目ページはこちら

グランドアール

着いて早々、一応場所だけでも下見に。夜中に外から会場を見つめる怪しい人々。

下見

明日11月14日から仕込みをはじめ、11月19日~26日まで6回公演。また、「ふじのくに⇄せかい演劇祭2018」の開幕式で川勝知事も出演してくれた『喫茶去(きっさこ)』という小作品も、静岡茶のプロモーションのために11月24日・25日に無料公演の予定。(詳細はこちら
*『喫茶去』の様子も紹介した演劇祭のブログはこちら:【シアタークルーレポート】開幕式

すでに満席の日もあるようですが、お近くの方はぜひ遊びにいらしてください!

===
『マハーバーラタ』(ラ・ヴィレットのウェブサイトへリンク)
https://lavillette.com/programmation/satoshi-miyagi_e20

『マハーバーラタ』フランス公演(SPACウェブサイト内)
http://spac.or.jp/mahabharata_japonismes2018.html

ジャポニスム2018参加企画 ふじのくに魅力発信事業(SPACウェブサイト内/日仏併記)
静岡県は、ジャポニスム2018公式企画に選定されたSPACの『マハーバーラタ』公演を活用し、公演期間である2018年11月19日から11月25日の間、「Mt. FUJI × TOKAIDO(富士山と東海道)」をテーマに、パリ市内で静岡県の魅力を世界に向けて発信するさまざまな事業を展開します。
http://spac.or.jp/news/?p=14636
===

SPAC海外ツアーブログ
アヴィニョン演劇祭参加の記:2014年『マハーバーラタ』『室内』上演記録
アヴィニョン法王庁日記  :2017年『アンティゴネ』上演記録
『顕れ』パリ日記2018:宮城聰最新作『顕れ』上演記録
カテゴリすべて