2018年11月20日

歯車ワークス#8 おためし劇場レポート

Filed under: 『歯車』2018

開幕まで5日となった11/17(土)、無料の稽古見学会「おためし劇場」を開催しました!

「おためし劇場」は2015年度の「秋→春のシーズン」から始まった企画。
「演劇を観に行ってみたいけど、敷居が高そう・・・」
「どんな作品か分からないのに、チケット代を払うのはちょっと・・・」
なんて思われている方々に、まずは気軽に劇場に来て“試食”していただきたい、という思いから始めました。
今回の『歯車』で何と12回目。
すっかり定着し、「SPACのお芝居を観るのは初めて」という方から常連さんまで、また小さなお子様連れでも入場OKなので、とっても幅広い方々から好評いただいています。

静岡芸術劇場の2Fカフェ・シンデレラに集合し、制作スタッフの挨拶と説明の後、さっそく劇場へ。
演出の多田淳之介さんの簡単な挨拶の後、冒頭の第1章を通しでご覧いただきました。

この第1章の演出は、SPAC版『歯車』の見どころの一つ。
お客様からは
「自分も演劇に参加している気分になり、ただ受動的に観るのではない点が面白く、すごいと思った」
「演技に迫力があり、内容も底知れぬ恐怖を感じた」
「演出の意図を考えながら拝見するのが楽しかった」
「一人称として参加している感覚を味わえて、終わった後、不思議な疲れを覚えた」

などの感想を多数いただきました。

また、舞台美術はお客様にかなりの衝撃を与えたらしく、
「舞台の構造に圧倒された」
「インパクトのあるセットにぼんやりが具現化されると、迫力に感じる」

といった声も続出でした。

稽古見学の後は、多田さんのトーク&お客様からの質問タイム。
0W1A7853_s

お客様からは、第1章の演出や舞台美術に絡み、「この空間の使い方は、いつ頃から多田さんの中にあったのか、あるいはどういうきっかけで出てきたものなのか教えてください」というご質問が。
0W1A7858_s

これに対し、
「作品を創る時には、お客さまにどういう体験をしてもらうか、ということを考えます。今回は小説が原作ですが、戯曲を使う時もそう。物語とお客さまをどう繋げるか、そのために客席と舞台の関係を考えることが多いです。SPACの場合、客席を取り払って何もない空間を作ることは出来ないので、じゃあどうすれば良いのか、ということを考えたのが最初だと思います。主人公の“僕”を体験してもらう、という演出プランは、稽古を始めてから皆で色々話し合って決まったやり方です」
と多田さん。

さらに
「今はネットもあるし、テレビもあるし、映画もある。そんな中で演劇をどう楽しむかって考えると、やっぱりここに来た時の体験が大事だなと。演劇の歴史を紐解くと、昔はお客さまが演者に声をかけたりもして、双方向で行われていた。しかしある日「劇場」ができて「照明」が開発されて、舞台を集中して観られるようになった一方で、お客様がいないものにされてしまう、といったことが起きてきた。これって勿体ないなぁと思って。色々な人が一緒に同じ舞台を観ていて、笑っている人もいれば飽きている人や泣いている人もいる、それが人が集まってくる面白さだろうと。だから、観客の存在を可視化できるような、実際目に見えなくても良いのですが、客席に座りながらも役者や周りのお客さまの存在を感じてもらえるようにできたらなぁと思っています」
と多田演出の本質とも言える話も飛び出しました。

0W1A7822_s

他にもご紹介できないほど多くのご質問をいただき、お客様の期待感がひしひしと伝わってきました!

『歯車』は、中高生鑑賞事業が今週11/22(木)から、一般公演が11/24(土)からスタートします。
どうぞお見逃しなく!!

=====

SPAC秋→春のシーズン #2『歯車』
構成・演出:多田淳之介
原作:芥川龍之介
出演:大内智美、奥野晃士、春日井一平、河村若菜、坂東芙三次、三島景太[五十音順]

一般公演
11/24(土)・25(日)・12/1(土)・2(日)・8(土)・9(日)・15(土) 各日14:00開演
静岡芸術劇場
★アーティストトークのゲストが決定しました!詳細はこちら

チケット 好評販売中!
料  金:一般4,100円 ペア割引3,600円 ゆうゆう割引3,400円
学割2,000円[大学生・専門学校生]1,000円[高校生以下] ※ほか各種割引あり
購入方法:SPACチケットセンター TEL:054-202-3399(10:00~18:00) ※公式サイト、劇場窓口でも購入可

★【急遽開催決定!】 感想コラージュ画制作ワークショップ
SPAC版『歯車』の舞台をご覧いただき、その観劇感想をコラージュ画にしていただくワークショップを開催します!
11/25(日) 終演後 (『歯車』上演時間:120分以内/ワークショップ所要時間:75分)
静岡芸術劇場 参加費:500円
お申し込み・お問い合せ:SPACチケットセンター
詳細はこちら:http://spac.or.jp/news/?p=14821

★芥川龍之介特集ブックフェア開催中!
県内各地の図書館・書店にご協力いただき、芥川や彼と関係の深い作家の著作を紹介するブックフェアを
開催しています!また、戸田書店静岡本店では、芥川特集に加え、『歯車』出演俳優ぶ“私の1冊”も紹介し
ています。観劇前の予習に、観劇後の振り返りに、ぜひ足をお運びください!
詳細はこちら:http://spac.or.jp/news/?p=14781

★公演の詳細はこちら
http://spac.or.jp/haguruma_2018.html

★トレーラー第一弾はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=NBi9mdWKW5c

★ブログ「歯車ワークス」過去の投稿記事はこちら
http://spac.or.jp/blog/?cat=113

=====