2008年10月8日

湯ヶ島小学校ワークショップ

Filed under: スタッフ便り

10月2日、 「SPACの宮城聰総監督に教えてもらおう 『伝えること、表現すること』を学ぼう」
という授業の依頼を受けて、伊豆市立湯ヶ島小学校へ行ってまいりました。

参加者は5年生、6年生あわせて46名。
「SPAC秋のシーズン」で上演される『ハムレット』の音楽担当の棚川寛子を中心に、俳優5名、スタッフ総勢8名で天城へ向かいました。

学校で給食をいただいたあと(何年ぶり?の給食、実においしかった!ごちそうさまでした)、会場の天城温泉会館大ホールへ。ステージではなく、客席を収納して空いたスペースでさあ、開始です!

あらかじめ児童のみなさんに用意していただいたのは、なんと空のペットボトル。
SPAC俳優陣が持参した打楽器の数々(ジャンベ・クラベス・ジュンジュン・シェイカーなど)のアンサンブルに生徒の皆さんにも空のペットボトルを打ち鳴らして参加してもらおうというわけです。
(実はコカ・コーラ2ℓのペットボトルが一番いい音がするそうですが、なぜでしょうね?!)

身体をほぐすウォーミングをやった後は、輪になって、両手に1本ずつボトルを持ちます。
「自分の音を出すことは、他人の音を聴くことから始まる」
俳優が鳴らしたクラベスのリズムを聞いて、隣の子の持つボトルを叩いてそのリズムを伝えます。隣の子も、そのまた隣の子のボトルを叩いてリズムを伝えていく。一人一音ずつ追いかけて、音を伝えていきます。

次はしりとり。
一人が言ったことばを全員で唱和しつつ、音節でリズムをとる。
最初は声を出すことを恥ずかしがる子や大きな声の子などバラバラだったのが、だんだんみんなが「いま声を出している子」に耳を澄まして、聴き取れるようになりました。

そしていよいよ演奏です。
楽器はペットボトルのみ。4グループに分かれて、グループごとのフレーズを順番に演奏していきます。
複雑なリズムにもしっかりついてきて、 力強い演奏が繰り広げられました。
グループごとに「華やかさ」や「たくましさ」といった特色がはっきり感じられ、ロックも顔負けの迫力にあふれたライブ演奏が天城温泉会館に響きました。

最後に宮城総監督から、打楽器は「合っている」「合っていない」という感覚がダイレクトに返ってくるコミュニケーション・ツール。ズレているという違和感を、おたがいに少しずつ合わせていってハマったときの感触を覚えてほしい。
これからますます人間同士が直に接する機会が減っていくのかもしれないけど、だからこそ「一期一会」――という気持ちを大事にしてほしい、とお話がありました。

台詞も音楽も、呼吸を合わせて相手に伝えることが大切。俳優の身体もそれ自体が一つの楽器のようなものかもしれません。コミュニケーションも一緒です。自分を伝えるには、まず相手を知ること、聴くことが最初の一歩につながります。参加者のみなさん、あのグルーブの感覚を忘れずに!

[1]   [2]

[1] http://www.otsukimi.net/spac/blog/?attachment_id=155
[2] http://www.otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2008/10/img_0174.JPG


2008年10月1日

第5回中部高等学校演劇研究会秋季公演

Filed under: スタッフ便り

第5回中部高等学校演劇研究会秋季公演が、静岡芸術劇場にて開催されました。
9月21日(日)は、ノンコンクール参加作品として、
 ●清水西高等学校『ワライダケ』
 ●島田学園高等学校『正義と悪と・・』
 ●常葉学園橘高等学校『クロスロード』
 ●静岡女子高等学校『ナツヤスミ語辞典[21世紀版]』
 ●島田工業高等学校『ワールド・エンド』

9月27日(土)・28日(日)は、コンクール参加作品として、
 ●静岡東高等学校『桜井家の掟』
 ●焼津水産高等学校『栞』
 ●大井川高等学校『Fermata』
 ●静岡学園高等学校『トシドンの放課後』
 ●静岡高等学校『夏の庭』
 ●榛原高等学校『流れ星の作り方』
 ●静岡城北高等学校『時計の針を進めましょう』
 ●静岡市立商業高等学校『Is―アイズ―』

が上演されました。

この秋季公演では、高校演劇部の皆さんに、静岡芸術劇場での上演を通して、よりレベルの高い舞台作りのスキルを獲得してもらうために、プランの打合せからSPACのスタッフがアドバイスをおこなっています。

静岡芸術劇場という大舞台での舞台づくりも4年目となる今回、どの学校も確実にレベルアップしてきています。前回参加した時とは比べものにならないほど役者、スタッフの力が上がった学校もあり、その舞台成果にスタッフも大変驚きました。

コンクールでは、SPAC文芸部の演劇評論家・大岡淳が審査員として各校の講評と今後の課題について、ノンコンクールでは、打ち合わせの段階から立ち会ってきたSPAC技術スタッフがイメージの具体化、リハーサルの進め方を含めて講評を行ないました。また「合評会」では、演劇部OBOG、客席の皆さんからの意見を含めた議論が活発に行なわれ、彼らの今後の活動の糧になることと思います。

27日・28日のコンクールでの、最優秀校1校、優秀校1校が大岡淳(SPAC文芸部)の審査によって決定いたしました。
この2校は11月15日・16日に行われる県大会に出場いたします。

最優秀校
 静岡高等学校 『夏の庭』
優秀校
 静岡市立商業高校 『Is―アイズ―』

今回の公演をさらにパワーアップさせて頑張ってほしいと思います。


この静岡芸術劇場での高校演劇も4年目を迎えました。初年度に出会った生徒はもう学校を卒業し、それぞれの道を歩んでいます。そして不思議なもので、代替わりしても各学校のカラーというものはあります。先輩達が残した財産を受け継ぎ、新たな課題と向き合いながら、確実に成長しています。卒業生の中には、その後もSPACに足を運び、元気よく声を掛けてくれる人たちもいて、彼らの存在は現役生にとってだけでなく、私たちスタッフにとってもとても励みになっています。
下の写真は、公演を終えたばかりの現役生と演劇部OB、SPACスタッフの記念写真です。終演後、現役生が送ってきてくれました。ここが青春の場所!という感じが溢れているいい写真でしょ。


2008年9月22日

役者おくぬ~日記 「写真撮影」

SPAC秋のシーズンに向けて動き出した。

12月の『ドンキホーテ』の稽古開始まではあと少し時間はありますが、
11月公演、宮城さん演出の『ハムレット』の稽古はすでにスタートし
客演さんを交えて熱い稽古が繰り広げられている‥ようです。

先日、写真撮影がありました。

春の芸術さん2008での『夜叉ヶ池』公演以来、切るタイミングを逸してしまい、
子供の頃から量の多さと毛根の太さで周囲を驚かしてきた私の髪

なにもしないと、さながら黒いヘルメットのようなので、
特に気になる側頭葉の広がりを押さえるためにと
スプレーを持参して楽屋入り‥‥したつもりが、
カバンに入っていたのは
スタイルを保つのには何の役にも立たない
髪をサラサラにするミスト‥

で…あわてて衣装室で髪を固めるジェルを借りようとしましたが
人気のない衣装室に探し物もみつからず‥

やむなく楽屋に戻ってこっそり隣の俳優のジェルを拝借し、
いざ撮影に。

すでに照明とカメラが威圧的にスタンバイされている舞台の一角に
出演者は集められまして、

稽古後だからか、
普段よりいささかテンションが上がっているように思える宮城さんからの要求は

男優は上半身裸…。

そうなると、自慢の胸毛の写り具合が‥ヒゲにもまして気になってまいります。

撮影は順調に進み、やがて私の番に、

Tシャツを脱ぎ捨て、カメラのファインダーの前に立っていざ…本番!

しかし撮影時間はほんの数十秒。

その間、私にできたことはただ目印をにらみつけるだけ。

やはり舞台俳優はからだを使ってナンボという思いがあるのか…
意識は本番なのに体の中が回転しないフラストを感じるのか…
意外とあっけく終わったことに少し戸惑を感じてしまいました。

ナンなんでしょう、この…汗一つかかずに、ドッと湧き出る疲労感…

その場で確認しましたが…
見事に私が一番黒い部分の面積が多かったことは間違いありません。

ま、演技も写真撮影も、
汗をかけば良いというものでもなかろうし…
ま、大丈夫でしょう。

写真は近々ホームページ上にアップする予定ですので、是非チェックしてくださいね。


2008年9月14日

SPAC秋のシーズン 『ハムレット』稽古開始!

Filed under: スタッフ便り

SPAC県民劇団『三文オペラ』のチラシとともに、SPAC秋のシーズンの速報チラシが皆様のお手元に届いたでしょうか。今回のSPAC秋のシーズンは、『ハムレット』と『ドン・キホーテ』の大作2作品を中心に『ハムレットマシーン』、『新ハムレット』を上演、11月9日~12月21日まで開催します。詳細が載った大判チラシ、ハムレットとドン・キホーテの顔が正面に浮かぶポスターは、9月24日に出来上がります。どうぞお楽しみに。

稽古場では、『ハムレット』の稽古が早速始まっています!出演者は以下のとおり。

『ハムレット』

演出:宮城聰 作:ウィリアム・シェイクスピア 翻訳:小田島雄志 音楽:棚川寛子

出演:武石守正、植田大介、高橋等、牧山祐大、野口俊丞、瀧井美紀、布施安寿香、池田真紀子、いとうめぐみ、佐藤七美、青島美奈子、他

実は(他)の部分で秘密兵器が出演するんです!今日はその秘密兵器ちゃんたちとの初めての稽古でした。さてさて、どんなハムレットが誕生するのか、乞うご期待!

 


2008年8月21日

役者おくぬ~日記 「男子三日会わざれば、、、」

SPACに入る前のことですが、
コンビニで見知らぬ男子高校生に挨拶されたことがあります。 聞けば、昔一緒に日舞を習っていた当時小学生の男の子の成長した姿だった。 

僕より身長が高くなってることに少々戸惑いつつも
その時上演を控えていた舞台のチラシを渡すと
「出演者で一番かわいい子を紹介してくれるんだったらいくわ」
ときて…、
武田節をはずかしそうに踊ってた幼い日の彼とのギャップに
少々面食らってしまった。 SPACの「こども大会」などに参加すると
子供の一年と大人の一年のスピードの違いに改めて気づかされます。そういえば、先日、本番だった「オズの魔法つかい」の出演者の中に
6年前のこども大会に参加したことのある子が出演していた。当時小学三年だった彼の特技は「紙切り」。
客席からの家族の熱い声援を受けて
まじめな面持ちで、はさみを操る姿は印象に残っていた。 「男子三日会わざれば、刮目して見よ」というが真っ黒に日焼けしたスポーツマンに成長した彼を前にすると…
6年の歳月が及ぼす成長がいかに大きく、かけがえのないものかがわかる。ともあれ、若さはそれだけ可能性があるということだから
オズの出演者の諸君には、
これからも、
今日の舞台のように、
キラキラ輝く人生を送ってほしい…と月並みですが…思いました。


2008年8月12日

役者おくぬ~日記 「営業よもやま話」

先日、静岡市内某所に「ロビンソンとクルーソー」のチラシをまきに行ってきた…。その時、昔お世話になったある奥さんと久しぶりにお会いして話しをした…
結婚生活についての話も…
十年、二十年と経つうちに…色々あったらしく…話しを聞いてると、旦那さんにイプセンの「人形の家」を読んで頂いて、 

その一歩手前ぶりを認識して頂いた方がよいのでは…と思いながら…

演劇をやっているといろんな結婚生活に出くわす。
彼女の話からある二人芝居のコトが頭をよぎった。

お互いに伴りょも子供も居ながら
たまたま出会って惹かれあって一夜を過ごし、
毎年同じ日、同じ場所で会う約束をして
それから年一回、25年もの間くり返された逢瀬の定番の話題は
お互いの連れ合いのいい面と悪い面を話すこと。

「Same time next year」というタイトルのこの芝居に
こんなセリフがある。

「結婚して、 長い間一緒に住んでいると
夫婦は時には心を鎧ってしまって
自分の気持ちを素直に言い表せられなくなってしまうもんだよ。
心から正直になるしか解決の道はない!」

ま、要は、結婚もしていない私がとやかく言える筋合いではないので
そんな芝居の話もした。
後日、「『ロビンソンとクルーソー』に旦那を誘ってみました…」とメールが届く。
なるべく観やすいお席で観劇して頂ければと思う。


2008年8月10日

役者おくぬ~日記 「夏祭り」

この夏、SPAC創立以来初めての試みとして         

8月2日、池田町内会の夏祭りに参加し
8月7日から15日まで行われる夏休みシアター
「ロビンソンとクルーソー」の公演のPRを行ってきました。

夏祭りの準備に
けたたましく鳴くセミの声が脳を蝕む朝八時の島崎公園に集合

実行隊長のあらどんのヘルプとして、ナルと私の三人で
テントの設営を済ませると

そこに‥コワモテの自治会長さんが登場!
少々ビビリましたが‥

お茶やお弁当を下さったり
机や椅子も沢山貸してくださり、
「静岡県舞台芸術センター受付所」と毛筆で書かれた
自治会と我々との信頼と友情の証ともいうべき
手書きの看板まで用意してくださり…

実際に祭りが始まってからも
会長さんはじめ自治会の皆様方には
新参者のわれわれをとても暖かく見守ってくださり

われわれも盆踊りに参加したりしながら
SPAC新茶をふるまいつつ、
地域の話題にも花が咲き、
8年間住んでいる池田のことでも
知らないことが多かったことに改めて気づいた。

後日、

この祭りを境に
公園に生えている草や落ちているゴミが気になり、
見てみぬふりがなくなった。

 

 

 

 


2008年8月6日

SPAC親と子の演劇教室(その2) ダンスと演奏の練習は大盛り上がり

Filed under: スタッフ便り

 『オズの魔法つかい』ではダンスのシーンがあります。とっても陽気な曲にあわせてみんなで踊ります。テンポが速くて動きの多いダンスなので、すぐには踊れるようにはなりません。しかし、何回も繰り返していくうちにみんなノリノリで踊れるようになってきました。そして、踊りきった後は、いつも歓声と拍手が沸き起こります。 

 稽古終了後もダンスの自主練習に励んでいます。それぞれの個性のある踊りも面白く、見ているだけで楽しくなってしまいます。最後の振付まで進み、ダンスシーンが完成するのが待ち遠しいです。

   

 そして『オズの魔法つかい』には参加者による演奏もあります。 演奏用に一人一つずつ卵型のシェーカーが渡され、曲に合わせてシェーカーを鳴らすことからはじめました。シェーカーは卵の形をしたものの中に砂が入っていて振ると音が出るというものです。見学していたお父さん、お母さんとも一緒に、みんなで元気よく足踏みをしながら、リズムに乗って楽しく演奏することができました。 次に、グループに分かれての演奏です。3つのグループが違うリズムを刻み、それをリーダーの指揮に合わせて、それぞれの音を重ねていきます。ちょっと難しいリズムでしたが、なんと一回目で素敵な演奏ができました。 一つ一つのシェーカーから出る音はリズムでしかないのに、リズムが重なるとアンサンブルで音楽に聞こえてくるのは不思議ですね。   

   

 台詞のあるシーンに合わせての演奏稽古も少しずつ進んでいます。今後シェーカー以外の楽器も登場する予定。演奏と演技がどう重なっていくかとても楽しみです。                         

     

 
 
 
 


2008年8月2日

ロビンソンとクルーソー 帰還!

Filed under: スタッフ便り

本日、韓国で稽古を重ねてきた『ロビンソンとクルーソー』の出演者、三島景太と仲谷智邦が帰国しました!成田空港から静岡芸術劇場に直行、早速、動きをチェックしながら静岡で製作した舞台美術や道具類の確認をしています。明日からの稽古で、彼らの演技を見ることをが出来るのが、スタッフの楽しみでもあります!


2008年7月31日

SPAC親と子の演劇教室(その1) 今年の夏もスタート!

Filed under: スタッフ便り

 今年も7月22日よりSPAC親と子の演劇教室が始まりました。この「SPAC親と子の演劇教室」は学校教育の中では触れることのできない演劇の面白さ、奥深さを親子で体験してもらうこと目的とし、2007年7月から始まった事業です。 今年は、県内全域から中学1年生から高校2年生までの40人の参加者が集まりました。参加者のみなさんにはこれから約1ヶ月間「からだ」と「こえ」を使ったさまざまなプログラムに参加し、その成果として『オズの魔法つかい』を8月17日に発表会という形で広く公開します。   

 さて、稽古がはじまってから、すでに約一週間が経ちました。 その間に、呼吸、発声、スズキメソッドなど「舞台に立つからだ」になるための基礎訓練から、台本読みやダンス、卵型シェーカーの演奏までさまざまなことに挑戦してきました。 その様子をこれからご紹介していきたいと思います。   

 まず、稽古のはじめに行う呼吸の訓練の一つに通称「ホー」というものがあります。みんなで輪になってあぐらで座り、「ホー」と腹式呼吸で発声するのです。このとき、自分の吐く息や声、エネルギーを自分と向かい合って対角線上に座っている友達に向って送ります。そして、だんだん大きくしていったり、小さくしていったりします。これを、参加者全員が意識を集中して行うと、稽古場であるリハーサル室全体の空気がぐっと変わり、とても張り詰めた、エネルギーに満ちた空間になります。    

   

 つぎに、参加者は重心を意識することに取り組みました。自分の前に誰かがいるという意識を持って立つことを念頭に置きながら、重心を移動する。はじめは中々慣れず、前方向に意識を保てなかったり、ふらふらしてしまう子もいましたが、だんだんと自分の重心がわかるようになってきました。 そして、スズキメソッドに挑戦。SPAC俳優による見本を見た後、「えーあんなのできない」なんて不安だった参加者たちも、毎日頑張って取り組んでいます。みんな頑張っている分、成長が早いので、訓練の内容も少しずつレベルアップしてきています。       

     

これから参加者のからだとこえがどんな風に変わっていくのか、そしてどんな『オズの魔法つかい』ができあがるのか、今からとても楽しみです。