ブログ

2008年1月25日

『しんしゃく源氏物語』連日上演中

現在、SPACでは連日『しんしゃく源氏物語』の公演を行なっています。

静岡県の中学生文化芸術鑑賞推進事業の一環として、静岡県内の中学生が1月21日〜2月1日の10日間、静岡芸術劇場で『しんしゃく源氏物語』を鑑賞するこの事業、今日が折り返し地点です。10日間もある公演ですが、毎日反応の違う中学生を前に、俳優たちは日々新鮮な気持ちで舞台に立っています。

[1]終演後は、出演俳優が一言ずつ中学生にメッセージを、そして技術スタッフの紹介があります。技術スタッフが今見た舞台の中で、季節の移り変わりがどのようにして表現されているのか、照明と音響を使ってもう一度振り返りながら解説していきます。

これからご覧になる方は、どこで季節が変わるのか、ちょっと注目しながら観てみてくださいね。

 

[2]ロビーでは、出演者が生徒を見送ります。さっきまで舞台で演技をしていた俳優を目の前にすると、舞台上にいたときよりも意外と背が小さく見えたり、普段の表情を垣間見ることができます。

SPACには芸術総監督のもと、俳優、舞台・照明・音響・衣裳スタッフ、制作スタッフがいて、専用の劇場・稽古場を拠点として、演劇活動を行なっています。舞台芸術作品の創造はもちろんのこと、演劇を通しての教育活動も行なっています。静岡芸術劇場でのSPACの公演は中学生は30名までの招待枠があります。ぜひまたこの劇場でお会いできる日をお待ちしています!

[1] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2008/01/IMG_7355.JPG
[2] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2008/01/IMG_7376.JPG

2008年1月20日

高校演劇ワークショップ <常葉学園菊川高等学校>

今年のSPACはさまざまな教育事業で新年のスタートを切っています。そのうちのひとつ、「高校演劇ワークショップ」では静岡県内の高校にSPACの俳優が出かけていき、演劇部を対象に俳優訓練法スズキ・メソッドを教えています。19日(土)は常葉学園菊川高校に行ってきました。

静岡市から車を走らせること1時間。のどかな田園風景をぬけた丘の上の学校で我々を待っていてくれたのは12人の演劇部員でした。会場に移動し、Tシャツと短パンに着替え、普段あまり履くことのない足袋を履いて、いざワークショップのスタートです。

[1]まずは、スズキ・メソッドについて簡単な説明をしました。「普段の日常生活の中では見えない身体を意識するために行なう」「重心・呼吸・エネルギーを意識する」といったSPACの俳優・三島景太からの言葉を皆とても熱心に聞いていました。これから行なわれる動きは何を意味し、どんなことに目標を置いて取り組むのか、説明を聞いた後は、いよいよ実践です。

 

重心を意識して基本的な立ち方をつくった後に、音楽に合わせて足踏みをし続けたり、ゆっくりと腰の高さを変えずに歩くなど、普段の生活では行なわない動作を繰り返していきます。身体に負荷をかけながらの重心の移動や、何か対象に向き合う感覚(実際にいるわけではないけれど、誰か相手がいてそれに向き合うような感覚)などなど、意識することが多くて大変ですが、演劇部の皆さんはとてもまじめに取り組み、飲み込みの速さにとても驚かされました。

[2]左の写真は、身体の一番高いところに重心をすばやく移動して、目の前にいる見えない相手を意識してポーズをとる、というメニューです。

二組に分かれて、お互いの動作を見てみると、自分が出来ていないこと、他人のいいろこと、悪いところがよくわかります。スズキ・メソッドというのは、その動作をきれいに行なうということ以前に、まず自分の身体を自覚化すること、自分の身体の“できないこと”を発見することが大切なのです。

2時間のワークショップは、あっという間に終わってしまいましたが、スズキ・メソッドによって「舞台に立つことの基礎」は伝えることができたと思います。これからも部活の中でぜひ続けていってほしいと思います。

[1] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2008/01/IMG_7109.JPG
[2] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2008/01/IMG_7202.JPG

2008年1月12日

静岡文化芸術大生集中講義

[1] [2]

 1月8日〜10日、静岡文化芸術大学の学生の集中講義が行なわれました。今年は13名の学生が3日間静岡芸術劇場に通い、『しんしゃく源氏物語』の演出家・原田一樹さんの講義を受けました。舞台芸術公園のバックステージツアーやスタッフからの解説、説明など充実度たっぷりな内容でした。(写真は『しんしゃく源氏物語』の舞台上でスタッフからの説明を受ける様子です)中には、照明サークルや音響サークルに所属している生徒もいて、プロのスタッフからの話はとても興味深い内容でした。最後はレポートを提出して終了します。学生のみなさん、これからも劇場に足を運んでくださいね!

[1] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/
[2] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2008/01/IMG_6963.JPG

2008年1月5日

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。2008年もSPACの活動へのご支援、ご協力よろしくお願いします。

今日から初足踏み、初訓練と初舞台稽古が始まりました。1月21日から開催される中学生文化芸術鑑賞推進事業のために上演される「しんしゃく源氏物語」の稽古です。出演俳優だけではなく、舞台や照明、音響などのスタッフも一緒に訓練に参加しました。スタッフたちは久しぶりの身体訓練に、身体がきついと言いながらも、楽しみながら真剣に取り組みました。

新しい年、今年はどんな年になるのでしょうか。どんなことにも真剣に、そして楽しみながら取り組んで行きたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

2007年12月3日

SPAC秋のシーズン終了

11月9日から12月2日まで開催されたSPAC秋のシーズンが終了しました。宮城聰芸術総監督のSPAC初演出作品『巨匠』をはじめ、県内の女子高校生と飴屋法水がタッグを組んだ『転校生』など話題作、注目作が並んだシーズンでした。

12月1日、2日に上演された『転校生』は、18人の現役女子高校生と転校生役にSPACで舞台衣裳家として活動してきた70歳の女性を起用し、本当にいまここでしか見ることのできない舞台になりました。この時代特有のキラキラした輝きと、生を生きるという不思議さとはかなさを感じさせる舞台。夏休みのオーディション・ワークショップから4ヶ月、高校生たちにとっても、そしてわたしたちにとっても、演出家・飴屋法水さんにとっても二度とない貴重な時間、その時間そのものが顕れているような舞台でした。

劇場は出会いの場です。この偶然の出会いが生み出す奇跡。また劇場でみなさまにお会いできるのを楽しみにしています。

2007年11月23日

みのむし版赤ずきんちゃん ただ今準備中!

[1]本日、13:30と16:30に上演する糸あやつり人形劇団みのむしの「赤ずきんちゃん」が朝から仕込みを行っています。

紙しばい小屋のようなミニシアターの中で上演される「赤ずきんちゃん」。まず劇場で迎えてくれるのは、灯りの下でちょっとうとうとしているおじいさん。チケット受付の方でしょうか。人形はもちろんですが、一つ一つの小道具の細かい部分までよくできていて、とってもかわいいんです。きっと大人の方も楽しんでいただけると思います。

[2] [3]

当日券も販売中です!みなさんのご入場をお待ちしています!

[1] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2007/autum/IMG_6716.JPG
[2] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2007/autum/IMG_6719.JPG
[3] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2007/autum/IMG_6720.JPG

2007年11月15日

「王女A」劇場入り!

11月17日、18日に舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」で上演される『王女A』が劇場入りしました。

『王女A』の劇作・演出の松田正隆さん率いる岡山の劇団「水蜜塔」のみなさんです。

今回のプロジェクトは、SPACと岡山に本拠をおくNPO法人アートファームとの3ヵ年に渡る共同製作の第一弾です。名づけて「プルーラル・シアター・プロジェクト」。どんな舞台になるのでしょうか。本日15日19:00からの演劇講座の2回目に松田正隆さんが登場します。その劇作の秘密、舞台創造の秘密に迫れる時間になると思います。

出演者のみなさんの稽古場通信のブログも要チェック。http://blog.goo.ne.jp/erigland [1] 

[1] http://blog.goo.ne.jp/erigland

2007年11月9日

SPAC秋のシーズン 開幕!!

本日より「SPAC秋のシーズン」が開幕します。

スタートは宮城聰芸術総監督のSPAC初演出作品『巨匠』。終演後には宮城聰が観客のみなさまのご質問にお答えするトークも開催します。当日券も販売中です。

皆さまと劇場でお会いできるのを楽しみにしています。

2007年11月4日

SPAC演劇講座 近代編

「SPAC秋のシーズン」のスタートを切る演劇講座が開催されました。「歴史の中の文学と演劇」と題して全2回でお送り [1]するこの講座。第1回目は、近代編 新劇の誕生として、木村直恵さん(学習院女子大学専任講師)を講師に迎え、「明治の欧化主義と演劇・文学の『改良』」というテーマでお話いただきました。木村さんは1971年生まれの気鋭の文化史家。明治の転換期の時代背景をとても分かり易く解説してくださいました。

明治19年(1887年)に結成されたという「演劇改良会」のことや日本語の語彙の転換期のことなど、初めて知ることが一杯。そもそも、それまではsocietyに対応する「社会」という言葉や概念がなかったという話は驚きでした。

次回は15日、現代編 現代演劇のことば として劇作家・演出家の松田正隆さんを講師に迎えます。

[1] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2007/autum/IMG_6354_2.JPG

世界お茶会議

グランシップを中心に開催されている世界お茶まつり。お茶に関連したブースが出展されたり、国内外のお茶関係者らが交流を行っています。

舞台芸術公園の楕円堂でも世界お茶会議が2日間にわたり開催されました。11月2日の会議終了後には、会議関係者の方が静岡芸術劇場で「巨匠」の舞台稽古を見学。約1ヶ月前に行われた公開舞台稽古のときとはまた違い、舞台装置や衣裳もほぼ本番のもの。全編の通し稽古ではありませんでしたが、公演間近に迫った舞台が演じられました。