夜叉ヶ池 (韮山)

 


 
【NEW!】
↓『夜叉ヶ池』舞台写真 (静岡芸術劇場/2015年6月)


 

 
宮城聰
Satoshi Miyagi1959年東京生まれ。演出家。SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術総監督。東京大学で小田島雄志・渡辺守章・日高八郎各師から演劇論を学び、90年ク・ナウカ旗揚げ。国際的な公演活動を展開し、同時代的テキスト解釈とアジア演劇の身体技法や様式性を融合させた演出は国内外から高い評価を得ている。07年4月SPAC芸術総監督に就任。自作の上演と並行して世界各地から現代社会を鋭く切り取った作品を次々と招聘、また、静岡の青少年に向けた新たな事業を展開し、「世界を見る窓」としての劇場づくりに力を注いでいる。14年7月アヴィニョン演劇祭から招聘されブルボン石切場にて『マハーバーラタ』を上演し絶賛された。その他の代表作に『王女メデイア』『ペール・ギュント』など。04年第3回朝日舞台芸術賞受賞。05年第2回アサヒビール芸術賞受賞。

<過去の公演>
★秋のシーズン2012(2012年9月‐10月)
★秋のシーズン2009(2009年10月‐11月)
★Shizuoka春の芸術祭2008(2008年5月)
 
yashagaike
↑鑑賞パンフレット(クリックするとご覧いただけます。)

韮山反射炉世界遺産登録応援企画
入場無料(要予約)
 
*祝*
7月5日、韮山反射炉を含む「明治日本の産業革命遺産」の
世界文化遺産登録が決定!
  *詳細はこちら(伊豆の国市HP)
 

★増席決定★
10:00開演/13:30開演ともに、若干見づらい席ではありますが、
増席をいたしました。

7/7(火)10:00予約受付開始
SPACチケットセンター TEL.054-202-3399

 
7/12(日)
 ①10:00開演 (9:45開場)
 ②13:30開演 (13:00開場)
伊豆の国市韮山文化センター 韮山時代劇場 大ホール
入場無料 (要予約)

 
演劇/日本(静岡)
 
演出:宮城聰
作:泉鏡花
音楽:棚川寛子
舞台美術デザイン:深沢襟
衣裳デザイン:竹田徹
照明デザイン:樋口正幸

出演:
岩澤侑生子、奥野晃士、春日井一平、木内琴子、貴島豪、
黒須芯、鈴木真理子、たきいみき、永井健二、中野真希、
仲谷智邦、長谷川直紀、布施安寿香、三島景太、吉植荘一郎

製作:SPAC-静岡県舞台芸術センター
主催:ふじのくに野外芸術フェスタ実行委員会
共催:伊豆の国市
後援:駿豆線沿線地域活性化協議会
協力:伊豆箱根鉄道株式会社

公演情報

7/12(日)
  ①10:00開演(9:45開場) 【追加公演】
  ②13:30開演(13:00開場)
入場無料(要予約)
伊豆の国市韮山文化センター 韮山時代劇場 大ホール
※当日は必ず13:15までに会場受付にお越しください。(受付開始12:30)

上演時間:95分

(会場のご案内)
伊豆の国市韮山文化センター
韮山時代劇場 大ホール

〒410-2123 伊豆の国市四日町772
TEL.055-949-8600 / FAX 055-949-8601
※駐車場は数に限りがありますので、公共交通機関をご利用下さい。
※JR三島駅で乗り換え、伊豆箱根鉄道「韮山駅」から徒歩5分。

作品紹介

失踪した東大生
その友人が山奥の村で見たものは?
伝説、自然、恋物語――。
興奮の舞台が、伊豆の国に甦る!

大正初めの山深い村里を舞台に美しい幻想世界を描いた、泉鏡花の傑作戯曲『夜叉ヶ池』。美しく艶やかな衣裳、舞台に満ち心を揺さぶる音楽と俳優たちの生演奏などを駆使し、俳優ひとりひとりの個性を際立たせた演出は、観客の目と耳を捉えて離しません。

(あらすじ)
その昔、村人たちは夜叉ヶ池の竜神とある約束を交わした。「日に三度の鐘をつくこと。さもなければ竜神は池を飛び出し、大水で村を池の底に沈めてしまう…。」行方不明になっていた東大生の萩原晃は、美しい娘・百合と村の人々を守るために、鐘つきの老人からその役目を引き継いでいた。一方、夜叉ヶ池の主・白雪姫(竜神)は、山向こう千蛇ヶ池の若君に恋をしていた。恋しい人に会いたい一心で鐘を壊そうとするが……。そんな中、日照りが続いた村では、村人たちが百合を生贄に雨乞いをしようと企んでいた。

チケット

6月13日(土)10:00予約受付開始
SPACチケットセンター
TEL.054-202-3399
(10:00~18:00)
※1回のご予約につき5名様まで。
※キャンセルされる場合は必ずSPACチケットセンターまでご連絡ください。
※残席がある場合のみ当日券をご用意いたします。
※未就学児の客席へのご入場はご遠慮ください。

関連企画

◆SPACリーディング・カフェツアー
出演俳優による作品解説を聞きながら、お茶を片手に『夜叉ヶ池』の台本を声に出して読んでみる――。リーディング・カフェは気軽にプチ演劇体験ができる人気企画です!

三島:GALLERY エクリュの森(三島市大宮町2-16-21伸和ビル1F)
 6月13日(土)18:00~ 予約:TEL. 055-976-2320
 ナビゲーター:永井健二
沼津:リヴァージュ洋菓子店(沼津市下香貫柿原2885-2)
 6月14日(日)18:00~ 予約:TEL.055-976-2320
 ナビゲーター:永井健二
伊豆の国:ギャラリー noir / NOKTA(伊豆の国市中750-1)
 6月20日(土)15:00~ 予約:TEL. 055-949-7821
 ナビゲーター:永井健二
熱海:Gallery SOOKO(熱海市林ガ丘町14-7)
 6月27日(土)13:00~ 予約:TEL. 090-2619-5745
 ナビゲーター:永井健二
伊豆の国:願成就院(伊豆の国市寺家83)
 7月1日(水)19:00~ 予約:TEL. 055-949-7676
 ナビゲーター:奥野晃士
三島:みしまプラザホテル(三島市本町14-31)
 7月2日(木)18:30~ 予約:TEL. 055-972-2121
 ナビゲーター:奥野晃士
下田:白龍亭(下田市東本郷1-5-2普論洞・ふろんと2階)
  7月4日(土)19:00~ 予約:TEL. 0558-22-1256
 ナビゲーター:奥野晃士

参加費: 1,000円(ドリンク付き)
予約: SPACチケットセンター
     TEL.054-202-3399
(受付時間10:00-18:00)
※開催時間:各回2時間半ほど
※初心者の方も大歓迎です!

同時開催!
ロビー等に、反射炉特別パネル展示、<三島・函南・伊豆の国・伊豆>観光PRコーナーあります。(同日12:00~)
終演後は出演者との交流ができます。舞台衣裳をまとった俳優との記念写真や握手も!

中高生鑑賞事業公演「SPACeSHIPげきとも!」

SPACでは「劇場は世界を見る窓である」という理念のもと、静岡県内の中学生・高校生を対象に招待公演を行っています。一般のお客様もご観劇いただけます。
*詳細はこちら
 
 
 

ANGELS

 

 
メルラン・ニヤカム
nyakam振付家、ダンサー、歌手、俳優、ラ・カルバス・カンパニー主宰(Compagnie La Calebasse)。14歳でカメルーン国立バレエ団に入団。16歳で主席ダンサーに登りつめる。1990年にラ・カルバス・カンパニーを立ち上げ、91年に金の穂賞、最優秀ダンサー賞などを受賞。92年よりフランスに拠点を移し、さまざまな振付家の作品に出演。97年より、フランスで絶大な人気を誇るモンタルヴォ・エルヴュ・カンパニーに参加。2007年、08年、SPAC主催の「Shizuoka春の芸術祭」に参加。10年より、SPAC-ENFANTSプロジェクトで振付・演出を手がける。
http://www.lacalebasse.org/



 
スパカンファンプロジェクト『タカセの夢』
2010〜2014年
↓詳細はこちら

スパカンファン1
↓トレーラー


 
ダンス/日本(静岡)・カメルーン
振付・演出: メルラン・ニヤカム
出演: スパカンファン(静岡県の中高生)
     池ヶ谷優希、大石晃駆、岡村玲奈、金森萌倭、鈴木舞子、
     所恵斗、永田茉彩、梨田奈名子、西出一葉、西山友雲、
     伏見彩花、宮城嶋開人、吉田燦、渡邉茉奈
振付アシスタント: 木野彩子

spacenfants_logo-550x49612010年よりスタートしたSPAC‐ENFANTS(スパカンファン)プロジェクトは、SPAC-静岡県舞台芸術センターが、フランスを拠点に国際的な活動を展開する振付家・ダンサーのメルラン・ニヤカム氏を迎え、オーディションで選ばれた静岡のティーンエイジャーとともに新しい舞台を創造する国際共同制作プロジェクトです。「世界中の子どもたちが未来への希望を取り戻すことができるダンス」をコンセプトに、芸術表現として世界に通用するクオリティーを持ったダンス作品を目指します。(※ENFANTS=フランス語で「子どもたち」の意味)
10年夏、静岡芸術劇場にて初演(『ユ メ ミ ル チ カ ラ -REVE DE TAKASE-』)、11年より『タカセの夢』と改題し、「ふじのくに⇄せかい演劇祭2011」に参加、さらに東京公演を成功させました。13年には韓国公演と大阪公演、14年にはメルラン・ニヤカム氏(振付・演出)の故郷、カメルーンの首都ヤウンデでの公演を実施しました。

作品紹介

踊る!遊ぶ!弾ける肉体美!夢と希望のダンス伝道師メルラン・ニヤカム。あなたのからだの中にある、ダンス衝動を刺激すること間違いなし!オーディションで選ばれた静岡の中高生「スパカンファン」とメルラン・ニヤカムがともに創る新作ダンス作品『ANGELS』を、8月の本公演に先駆けて一部を上演!

公演情報

5/23(土) 16:30
5/24(日) 16:30
清水マリンパーク(静岡市清水区)
上演時間: 15分

無料 (予約不要)

清水マリンパーク イベント広場
Map_Shimizu
※アクセスの詳細はこちら
 
清水港は、日本のほぼ中心に位置した港です。市民の生活圏と隣接しており、古くから市民の「憩い・交流」の場として親しまれてきました。また、複合商業施設や観光船発着場もあり、多くの人々で賑わっています。
 
 

ダンシング・アフリカ

 

 
メルラン・ニヤカム
nyakam振付家、ダンサー、歌手、俳優、ラ・カルバス・カンパニー主宰(Compagnie La Calebasse)。14歳でカメルーン国立バレエ団に入団。16歳で主席ダンサーに登りつめる。1990年にラ・カルバス・カンパニーを立ち上げ、91年に金の穂賞、最優秀ダンサー賞などを受賞。92年よりフランスに拠点を移し、さまざまな振付家の作品に出演。97年より、フランスで絶大な人気を誇るモンタルヴォ・エルヴュ・カンパニーに参加。2007年、08年、SPAC主催の「Shizuoka春の芸術祭」に参加。10年より SPAC-ENFANTSプロジェクトで振付・演出を手がける。
http://www.lacalebasse.org/



 
ダンス/カメルーン
振付:メルラン・ニヤカム
出演:メルラン・ニヤカム
    アメリー・ジャンヌ・メサガ・アンボロ
    アリマ・アタンガナ・ロラン
    コー・ンガバ・アニセ・ヴィヴィアン
    ファブリス・オトゥー・オナナ
    ンテペ・マクスウェル・オッティ
    アラカ・ヤカナ・アラン・クロード
音楽:マニュエル・ワンジ 
音響:ングワ・フランキー・アニック 
衣裳:エルヴェ・ンゴメ・エワネ 

製作:ラ・カルバス・カンパニー
    アソシアシヨン・コニヤール
共同制作:アンスティチュ・フランセ・デュ・カメルーン
助成:在カメルーン日本大使館 
後援:駐日カメルーン共和国大使館

作品紹介

踊る!遊ぶ!弾ける肉体美!夢と希望のダンス伝道師メルラン・ニヤカム。待望の新作がアフリカ・カメルーンからやってくる。あなたのからだの中にある、ダンス衝動を刺激すること間違いなし!オーディションで選ばれた静岡の中高生「スパカンファン」とメルラン・ニヤカムがともに創る新作ダンス作品『ANGELS』も、8月の本公演に先駆けて一部を上演!

公演情報

5/23(土) 17:00
5/24(日) 17:00
清水マリンパーク(静岡市清水区)
上演時間: 60分

無料 (予約不要)
 
清水マリンパーク イベント広場
Map_Shimizu
※アクセスの詳細はこちら
 
清水港は、日本のほぼ中心に位置した港です。市民の生活圏と隣接しており、古くから市民の「憩い・交流」の場として親しまれてきました。また、複合商業施設や観光船発着場もあり、多くの人々で賑わっています。
 
 

人形劇版マハーバーラタ

 

 
ゴーパル・ヴェヌ
ナタナカイラリ伝統芸術研究研修センター所長。1945年、ケララ州(インド南部)生まれ。父が主宰した演劇学校でカタカリを学び、14歳で初舞台を踏む。76年、一般人がクーリヤッタムを学ぶことができる初の研修所ナタナカイラリを設立、ヒンドゥー教寺院以外での公演を実現。82年にはナタナカイラリ内にパヴァカタカリのグループを結成。89年、自らクーリヤッタムを学ぶことを決意し、2年後に俳優としてもデビュー。海外公演も盛んに行い、世界20ヵ国で上演。2007年、クーリヤッタムの保存・普及活動における功績に対して日経アジア賞を受賞。

伝統人形劇/インド
演出: ゴーパル・ヴェヌ
出演: ナタナカイラリ(ゴーパル・ヴェヌ、K. V. ラマクリシュナン、K. C. ラマクリシュナン、K. スリーニヴァサン、M. ラマクリシュナン、V. タンカッパン)

作品紹介

色鮮やかな人形と打楽器のリズムが繰り広げる、
古代叙情詩の世界。

インド古典芸能の保存・継承で長年の実績を誇る研究所ナタナカイラリが、再び静岡に!今回は、インドの長編叙事詩『マハーバーラタ』より、「ビーマとサウガンディカの花」と「ドゥルヨーダナをやっつける」の2つの物語を上演。

公演情報

5/23(土) 13:30
5/24(日) 13:30
清水マリンパーク(静岡市清水区)
マラヤーラム語上演/日本語字幕 上演時間: 75分

無料 (予約不要)
 
清水マリンパーク イベント広場
Map_Shimizu
※アクセスの詳細はこちら
 
清水港は、日本のほぼ中心に位置した港です。市民の生活圏と隣接しており、古くから市民の「憩い・交流」の場として親しまれてきました。また、複合商業施設や観光船発着場もあり、多くの人々で賑わっています。
 
 

身も心も

 

 
ブリュノ・シュネブラン
演出家:ブリュノ・シュネブランパフォーマンス集団「イロトピー」芸術監督。1949年パリ生まれ。精神分析学、社会学、建築などを学び、舞台の技術監督や、コンテンポラリーダンスの照明デザイン、音楽劇などの美術デザインを行う。78年にカマルグ(ローヌ川下流の三角地帯)の小さな島と出会い、エコフレンドリーな生活を実践。80年にイロトピーの活動を開始。
 
イロトピー
1980年にブリュノ・シュネブランによってフランスのローヌ川河口のサン・ルイ港(マルセイユ近郊)で設立された路上パフォーマンス集団。カンパニー名は「島(île)」と「ユートピア(utopie)」から。自然と人間との共生を訴える作品を発表しつづけている。とりわけ水上で奇抜なイメージを次々と繰り出し、寓話的な世界を作りだしていく手法で知られている。当初は「芸術的なカオスを公共体に売っていく」こと、「劇場に行くことができる特権的な観客のためではなく、ふつうの人々のための作品を作る」ことを目指して活動を開始。水上での作品制作のノウハウを蓄え、1992年、サン・ルイ港に工房、稽古場、レジデンス施設などを備えた「シトロン・ジョンヌ(黄色いレモン)」を設立。これが2005年、はじめての国立路上芸術センターとなる(現在はフランス全国に9カ所)。「シトロン・ジョンヌ」では毎年10前後のカンパニーの滞在制作を受け入れている。  http://ilotopie.com/
 




 
イロトピー『夢の道化師〜水上のイリュージョン〜』
ふじのくに野外芸術フェスタ2013・2014
↓詳細はこちら
 (2013年)

↓トレーラー

 
 

★「野外芸術フェスタ2015」観劇ツアー
 
★K-mixおひるま共同組合プレゼンツ
「Bravo!SPAC!!」

~ふじのくに野外芸術フェスタ2015観劇ツアー~
K-mixラジオおひるま共同組合のパーソナリティ南真世、日下純と一緒に楽しむ1日観劇ツアー。
5月17日(日)『身も心も』『マハーバーラタ』の2作品観劇ツアーとなります(5組10名様をご招待)。
応募締め切り: 5月7日(木)
詳細はこちら

 
★SBSラジオ らぶらじパーソナリティー
「長谷川玲子」と行くSPAC観劇ミニツアー

5月16日(土)の『身も心も』と『マハーバーラタ』をハシゴ観劇する ツアーとなります(定員:約15名)。
お申し込み締め切り:5月11日(月)16:00
詳細はこちら

演劇/フランス
演出: ブリュノ・シュネブラン
製作: イロトピー
助成: フランス文化省、シャロン・スール・ソーヌフェスティバル
後援: 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
協力: 静岡呉服町名店街、七間町名店街

作品紹介

「食」にまつわる類まれなる路上パフォーマンス
街角で味わうどこにもないレシピ!

昨年、一昨年清水港での水上パフォーマンスを成功させた、野外パフォーマンス集団「イロトピー」。静岡での約1ヶ月間の滞在制作を経て「食と身体」をテーマとする新作を上演する。俳優たちは町ゆくひとにまじりながら、自らの身体を観客に食べさせる。「持続可能な世界」のありかたを追い求めてきたイロトピーならではの視点でお送りする驚愕のパフォーマンス!

★滞在制作の様子★ブログページはこちら

公演情報

5/16(土) 15:00
5/17(日) 15:00
札の辻交差点(静岡伊勢丹正面玄関前)
上演時間: 60分

無料(予約不要)
 
★5/16(土)・17(日)は『身も心も』、『マハーバーラタ』を続けてお楽しみください!
※三島・沼津、浜松からの観劇ツアーバス(『身も心も』、『マハーバーラタ』)運行決定!詳しくはこちらをご覧ください。
map_shizuoka
 

ふじのくに野外芸術フェスタ2015 観劇ツアーバス

ふじのくに野外芸術フェスタ2015 三島・沼津、浜松より、『身も心も』 『マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~』をご観劇いただけるツアーバスの運行が決定しました!

【三島・沼津バス】
5 月16 日(土) 12:30 三島駅発/13:00 沼津駅発

【浜松バス】
5 月17 日(日) 13:00 浜松駅発

どちらのバスも、静岡到着後は
 『身も心も』鑑賞(無料)
 「シズオカ× カンヌ ウィーク」街角マルシェ散策
 『マハーバーラタ』鑑賞
をお楽しみいただきます。
※お帰りのバスは『マハーバーラタ』終演後に駿府城公園付近より発車いたします。

乗車条件:乗車日の『マハーバーラタ』公演をご予約済みの方
乗車料金:無料

お申込み、運行スケジュールの詳細は
こちら をご覧ください。
 

マハーバーラタ〜ナラ王の冒険〜

 

 
宮城聰
Satoshi Miyagi1959年東京生まれ。演出家。SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術総監督。東京大学で小田島雄志・渡辺守章・日高八郎各師から演劇論を学び、90年ク・ナウカ旗揚げ。国際的な公演活動を展開し、同時代的テキスト解釈とアジア演劇の身体技法や様式性を融合させた演出は国内外から高い評価を得ている。07年4月SPAC芸術総監督に就任。自作の上演と並行して世界各地から現代社会を鋭く切り取った作品を次々と招聘、また、静岡の青少年に向けた新たな事業を展開し、「世界を見る窓」としての劇場づくりに力を注いでいる。09年6月「Shizuoka 春の芸術祭2009」にて唐十郎作『ふたりの女』を演出。14年7月アヴィニョン演劇祭から招聘されブルボン石切場にて『マハーバーラタ』を上演し絶賛された。その他の代表作に『王女メデイア』『ペール・ギュント』など。04年第3回朝日舞台芸術賞受賞。05年第2回アサヒビール芸術賞受賞。
 
『マハーバーラタ〜ナラ王の冒険〜』アヴィニョン演劇祭
詳細はこちら
 
(2014年7月)
 
↓アヴィニョン公演の報告書 【ebooks】avignon_report
 
↓アヴィニョン公演の初日舞台写真 (撮影:新良太)


 
 

★「野外芸術フェスタ2015」観劇ツアー
 
★K-mixおひるま共同組合プレゼンツ
「Bravo!SPAC!!」

~ふじのくに野外芸術フェスタ2015観劇ツアー~
K-mixラジオおひるま共同組合のパーソナリティ南真世、日下純と一緒に楽しむ1日観劇ツアー。
5月17日(日)『身も心も』『マハーバーラタ』の2作品観劇ツアーとなります(5組10名様をご招待)。
応募締め切り: 5月7日(木)
詳細はこちら

 
★SBSラジオ らぶらじパーソナリティー
「長谷川玲子」と行くSPAC観劇ミニツアー

5月16日(土)の『身も心も』と『マハーバーラタ』をハシゴ観劇する ツアーとなります(定員:約15名)。
お申し込み締め切り:5月11日(月)16:00
詳細はこちら

DSC_1925(クレジットあり)
 
フランス・アヴィニョンで
熱狂を巻き起こした伝説の舞台が
ついに静岡に帰ってくる―――!

 
演劇/日本(静岡)
 
演出: 宮城聰
台本: 久保田梓美
音楽: 棚川寛子
空間構成: 木津潤平
 
出演:
阿部一徳、赤松直美、石井萠水、泉陽ニ、大内米治、大高浩一、片岡佐知子、加藤幸夫、榊原有美、桜内結う、佐藤ゆず、鈴木麻里、関根淳子、大道無門優也、舘野百代、寺内亜矢子、仲村悠希、本多麻紀、牧山祐大、美加理、森山冬子、山本実幸、横山央、吉見亮、若宮羊市、渡辺敬彦

公演情報

5/15(金) 19:00
5/16(土) 19:00
5/17(日) 19:00
駿府城公園 (全席自由)
上演時間: 110分  日本語上演/英語字幕

★5/16(土)・17(日)は『身も心も』、『マハーバーラタ』を続けてお楽しみください!
※三島・沼津、浜松からの観劇ツアーバス(『身も心も』、『マハーバーラタ』)運行決定!詳しくはこちらをご覧ください。
map_shizuoka

作品紹介

宮城聰の祝祭音楽劇『マハーバーラタ〜ナラ王の冒険〜』
アヴィニョン演劇祭版の“リング状”舞台が駿府城公園に登場!

古来インドより伝わる叙事詩の中で最も美しく壮大な愛の物語を、壮麗なビジュアルで描く『マハーバーラタ〜ナラ王の冒険〜』。2014年7月、世界最大の演劇祭「アヴィニョン演劇祭」で2週間にわたって上演、約1000席の会場を連日満席にし、スタンディング・オベーションの嵐を呼びました。KAAT神奈川芸術劇場での凱旋公演でも絶賛を浴びたアヴィニョン演劇祭版の『マハーバーラタ』が、今回ついに静岡に登場。客席の360度を取り囲む“リング状”の舞台が、駿府城の天守閣跡に出現します。2012年、2014年の静岡公演からさらなる旅を経て進化した、宮城聰の祝祭音楽劇の頂点。俳優たちによる生演奏が彩る絵巻物のような舞台を、とくとご覧あれ!!

あらすじ

その美しさで神々をも虜にするダマヤンティ姫が夫に選んだのは、人間の子・ナラ王だった。その結婚を妬んだ悪魔カリの呪いによって、ナラ王は弟との賭博に負け国を手放すことになる。落ちのびていく夫に連れ添おうとしたダマヤンティ。だが疲れて眠っている間に、彼女の衣の切れ端を持ってナラは去る。夫を捜して森をさまようダマヤンティを様々な困難が襲う。行く先々で危機を乗り越えた彼女はやがて父親の治める国へ。一方ナラも数奇な運命を経てその国にたどり着く。果たして夫婦は再会し、国を取り戻すことが出来るのか…。

チケット

一般大人:4,100円
☆ペア割引/グループ割引/ゆうゆう割引(満60歳以上対象)/学割など
 各種割引がございます。詳しくはこちら

※雨天でも上演いたします。客席内では傘はご利用いただけませんので、雨ガッパなどをお持ちください。夕方以降は冷え込みますので、防寒着をご用意ください。

ふじのくに野外芸術フェスタ2015 観劇ツアーバス

ふじのくに野外芸術フェスタ2015 三島・沼津、浜松より、『身も心も』 『マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~』をご観劇いただけるツアーバスの運行が決定しました!

【三島・沼津バス】
5 月16 日(土) 12:30 三島駅発/13:00 沼津駅発

【浜松バス】
5 月17 日(日) 13:00 浜松駅発

どちらのバスも、静岡到着後は
 『身も心も』鑑賞(無料)
 「シズオカ× カンヌ ウィーク」街角マルシェ散策
 『マハーバーラタ』鑑賞
をお楽しみいただきます。
※お帰りのバスは『マハーバーラタ』終演後に駿府城公園付近より発車いたします。

乗車条件:乗車日の『マハーバーラタ』公演をご予約済みの方
乗車料金:無料

お申込み、運行スケジュールの詳細は
こちら をご覧ください。

スタッフ

照明:デザイン大迫浩二
衣裳デザイン:高橋佳代
美術デザイン:深沢襟
音響デザイン:加藤久直

舞台監督:村松厚志
演出部:山田貴大、降矢一美
照明操作:小早川洋也
音響操作:山﨑智美
衣裳:大岡舞
美術担当:佐藤洋輔
ヘアメイク:梶田キョウコ
演出補:中野真希
制作:大石多佳子、中野三希子

照明・音響・電源:株式会社三光
会場設営:アートユニオン株式会社

舞台照明機材提供:丸茂電機株式会社
marumo
製作:SPAC − 静岡県舞台芸術センター

ふじのくに野外芸術フェスタ2015

 

ふじのくに野外芸術フェスタ2015
 
チラシ 【マハーバーラタ/駿府城公園】
Flyer01
 
チラシ 【マハーバーラタ/駿府城公園】
Flyer02
 
チラシ 【身も心も/七間町名店街】
Flyer03
 
チラシ 【清水マリンパーク】
Flyer04

劇場の中だけでなく、屋外広場や公園、路上など、より身近な場所でアートに出会えるお祭りです。
昨年も開催した清水マリンパークに加えて今年は静岡市の駿府城公園や、七間町名店街、さらには伊豆の国市でも開催いたします。
世界中から集まるパフォーマンスをぜひ体感してください!

 
◆5月15日(金)〜17日(日)→駿府城公園、七間町名店街(静岡市葵区)
◆5月23日(土)、24日(日)→清水マリンパーク(静岡市清水区)
◆7月12日(日)→伊豆の国市韮山文化センター 韮山時代劇場大ホール

駿府城公園・七間町名店街 【静岡市葵区】

5/15(金)16(土)17(日)
※三島・沼津、浜松からの観劇ツアーバス(『身も心も』、『マハーバーラタ』)
運行決定!詳しくはこちらをご覧ください。
 

  • mahabharata_banner
  • mimokokoromo

 
 
 

清水マリンパーク 【静岡市清水区】

5/23(土)24(日)

  • pavakathakali
  • dancing_africa
  • angels

 

伊豆の国市韮山文化センター 韮山時代劇場大ホール 【伊豆の国市】

7/12(日)

  • yashagaike

 
 
 
 
主催:ふじのくに野外芸術フェスタ実行委員会