ふじのくに野外芸術フェスタ2016 in 三島

 

三島市制施行75周年記念事業
ふじのくに野外芸術フェスタ2016 in 三島

Open-air Performing Arts Festival under Mt. Fuji 2016 in Mishima

街がステージ!あなたとつくる不思議なひととき
みしまの街に、「野外芸術フェスタ」がやってくる!


広場や公園、路上など、身近な場所でアートに出会えるお祭り「ふじのくに野外芸術フェスタ」。今年は静岡市・駿府城公園に続き、7月に三島の街で3つの作品をお届けします。
スペインからやってきたおかしな異邦人たちによる路上劇や、
旧・三島市立中央幼稚園での体験型パフォーマンス、
更には楽寿園でのSPAC特別パフォーマンスも。
いつもと違う、ちょっと不思議な三島の街を体験してみてください。

公演情報

7月9日(土)~18日(月・祝)

※雨天決行
※ご来場は公共交通機関をご利用ください。

↓タイトルをクリックすると演目の詳細をご覧いただけます。

おかしな異邦人たちによる「路上パフォーマンス」
『三島の異邦人』
7月9日(土) 16:0018日(月・祝) 15:00
★『異邦人』静岡公演 急遽開催決定!!7月14日(木)18:00~
スタート地点:静岡市・青葉イベント広場(葵スクエア)

懐かしい幼稚園で!「体験型パフォーマンス」
『ライフ・アット・中央幼稚園 ~ふしぎなじかんのながれるところ~』
7月10日(日)、15日(金)、16日(土)、17日(日) 
各日15:00~18:30

楽寿園でSPACの「特別パフォーマンス」
古事記エピソード1 『ヤマタノヲロチ!』
7月16日(土)、17日(日)、18日(月・祝) 
各日14:00

主催: ふじのくに野外芸術フェスタ実行委員会
共催: 三島市
助成: カタルーニャ州政府、カタルーニャ文化産業研究所、INAEM、ラモン・リュイ財団、スペイン大使館
平成28年度 文化庁文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業
三島市、三島市政施行75周年 
ロゴ3ロゴ1ロゴ2

ぶんかちょう市章75周年ロゴA

ライフ・アット・中央幼稚園 ~ふしぎなじかんのながれるところ~

 



アドリアン・シュバルツシュタイン
1967年アルゼンチン・ブエノスアイレス生まれ、バルセロナ在住。イタリアで即興仮面劇の巨匠アントニオ・ファーヴァに師事。1989年からパフォーマーとしての活動を開始し、サーカス、オペラ、テレビなど多分野で活躍。2007年の「大道芸ワールドカップin静岡」で『サーカス・クレズマー』(演出・出演)と、自身のソロパフォーマンス『グリーンマン』を披露し、破天荒な作風で話題をよんだ。


カムチャッカ・カンパニー
2006年にバルセロナで結成された多国籍・多分野からなるアーティスト集団で、路上演劇のワークショップに集まったメンバーで構成される。旅、移民、外国人など様々なテーマで、街角や地下鉄での即興パフォーマンスを重ねる。07年初演の処女作『カムチャッカ』が大ヒット。世界25カ国で300回を超える上演を重ね、注目を集めている。10年初演の『ハビタクルム』も、ヨーロッパをはじめ世界各地の演劇祭で上演され、人気が高い。


◆海外での上演映像

◆地図

Habitaculum

体験型演劇/スペイン​

演出: カムチャッカ・カンパニー、アドリアン・シュバルツシュタイン
出演: カムチャッカ・カンパニー
 アドリアン・シュバルツシュタイン
 ジョルディ・アンドレス
 マイカ・エジェリクス
 クラウディオ・レヴァティ
 アンドレア・ロレンゼッティ
 ジュディット・オルティス
 リュイス・プティ
 エドゥ・ロディーヤ
 サンティ・ロヴィーラ
 ゲリー・ショハット
製作: カムチャッカ・カンパニー

作品紹介

懐かしい幼稚園で!「体験型パフォーマンス」
幼稚園に足を踏み入れると、そこは異国の香りただよう別世界。無邪気な住人たちに歓迎され、目の前には雪や砂、植物や古びた家具で満たされた不思議な部屋が広がります。初めて訪れる場所なのにどこか懐かしい…。そんなノスタルジーに浸りながら、偶然出会った仲間と自由な時間をお過ごしください。
閉園して久しい旧・三島市立中央幼稚園に、たくさんの笑顔を飾ります。

公演情報

7月10日(日)、15日(金)、16日(土)、17日(日) 
各日15:00~18:30

集合場所・受付: 三島市役所中央町別館1階 正面玄関 (三島市中央町5-5、三島駅 南口より徒歩15分)
会場: 旧・三島市立中央幼稚園

※ご入場前の受付および当日券の受付場所は
<三島市役所中央町別館1階 正面玄関>となります。
旧中央幼稚園に直接ご来場なさらないようお気をつけください。

会場_幼稚園

入場料: 500円 (小学生以下無料)
要予約

入場時間:
①15:00 / ②15:20 / ③15:40 / ④16:00
⑤16:20 / ⑥16:40 / ⑦17:00 / ⑧17:20
18:30パフォーマンス終了

●本作品は、俳優のガイドによる体験型パフォーマンスです。
●ご予約の際に、ご希望の入場時間をお選びください。(定員になり次第、受付を終了します)
●滞在時間の制限はございません。
●各回、10分前までに受付にお越しください。
●場内の人数調整のため、入場の際は少人数のグループごとにご案内させていただきます。演出上の都合により来場順とは限りませんのでご了承ください。
●よりお楽しみいただくために、多少汚れてもよい服装でお越しください(裸足になったり床に寝転んだりする場合がございます)。

ご予約: SPACチケットセンター
054-202-3399 (受付時間:10:00〜18:00)
※当日券の有無は、当日にお電話もしくは特設サイトでお確かめください。

主催: ふじのくに野外芸術フェスタ実行委員会
共催: 三島市
助成: カタルーニャ州政府、カタルーニャ文化産業研究所、INAEM、ラモン・リュイ財団、スペイン大使館
平成28年度 文化庁文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業
三島市、三島市政施行75周年 
ロゴ3ロゴ1ロゴ2

ぶんかちょう市章75周年ロゴA

三島の異邦人

 



アドリアン・シュバルツシュタイン
1967年アルゼンチン・ブエノスアイレス生まれ、バルセロナ在住。イタリアで即興仮面劇の巨匠アントニオ・ファーヴァに師事。1989年からパフォーマーとしての活動を開始し、サーカス、オペラ、テレビなど多分野で活躍。2007年の「大道芸ワールドカップin静岡」で『サーカス・クレズマー』(演出・出演)と、自身のソロパフォーマンス『グリーンマン』を披露し、破天荒な作風で話題をよんだ。


カムチャッカ・カンパニー
2006年にバルセロナで結成された多国籍・多分野からなるアーティスト集団で、路上演劇のワークショップに集まったメンバーで構成される。旅、移民、外国人など様々なテーマで、街角や地下鉄での即興パフォーマンスを重ねる。07年初演の処女作『カムチャッカ』が大ヒット。世界25カ国で300回を超える上演を重ね、注目を集めている。10年初演の『ハビタクルム』も、ヨーロッパをはじめ世界各地の演劇祭で上演され、人気が高い。


◆海外での上演映像

Kamchàtka

路上演劇/スペイン​

演出: カムチャッカ・カンパニー、アドリアン・シュバルツシュタイン
出演: カムチャッカ・カンパニー
 マイカ・エジェリクス
 クラウディオ・レヴァティ
 アンドレア・ロレンゼッティ
 ジュディット・オルティス
 リュイス・プティ
 エドゥ・ロディーヤ
 サンティ・ロヴィーラ
 ゲリー・ショハット
製作: カムチャッカ・カンパニー

作品紹介

おかしな異邦人たちによる「路上パフォーマンス」
どこか遠くの地からやってきた異邦人たち。持ち物はスーツケースのみ。言葉も方角も分からない土地で、目に映る街並み、手で触れる何か、道で出会う人々、あらゆることが彼らの喜び!
三島の街を行き交う人々とのコミュニケーションが行き先を左右する、即興の路上劇。異邦人とともに、街角での偶然の出会いをお楽しみください。

公演情報

7月9日(土) 16:00
7月18日(月・祝) 15:00

スタート地点が変更になりました!
スタート地点:三島駅 南口駅前広場付近
スタート地点:白滝公園(三島市一番町1-1)

※三島駅南口より徒歩8分、『ヤマタノヲロチ!』会場より徒歩8分

※※本作は、移動しながら上演されます。

★『異邦人』静岡公演 急遽開催決定!!
7月14日(木)18:00~

スタート地点:静岡市・青葉イベント広場(葵スクエア)
20160701_144942

上演時間:約1時間 
無料・予約不要

主催: ふじのくに野外芸術フェスタ実行委員会
共催: 三島市
助成: カタルーニャ州政府、カタルーニャ文化産業研究所、INAEM、ラモン・リュイ財団、スペイン大使館
平成28年度 文化庁文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業
三島市、三島市政施行75周年 
ロゴ3ロゴ1ロゴ2

ぶんかちょう市章75周年ロゴA

古事記エピソード1 ヤマタノヲロチ!

 




宮城聰
Satoshi Miyagi1959年東京生まれ。演出家。SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術総監督。東京大学で小田島雄志・渡辺守章・日高八郎各師から演劇論を学び、90年ク・ナウカ旗揚げ。国際的な公演活動を展開し、同時代的テキスト解釈とアジア演劇の身体技法や様式性を融合させた演出は国内外から高い評価を得ている。2007年4月SPAC芸術総監督に就任。自作の上演と並行して世界各地から現代社会を鋭く切り取った作品を次々と招聘、また、静岡の青少年に向けた新たな事業を展開し、「世界を見る窓」としての劇場づくりに力を注いでいる。14年7月アヴィニョン演劇祭から招聘されブルボン石切場にて『マハーバーラタ』を上演し絶賛された。その他の代表作に『王女メデイア』『ペール・ギュント』など。04年第3回朝日舞台芸術賞受賞。05年第2回アサヒビール芸術賞受賞。


◆地図

Dragon with Eight Heads from KOJIKI

演劇/日本

演出: 宮城聰
出演:
赤松直美、阿部一徳、石井萠水、大内米治、大高浩一、
片岡佐知子、加藤幸夫、榊原有美、鈴木真理子、武石守正、
大道無門優也、舘野百代、本多麻紀、牧山祐大、美加理、
三島景太、山本実幸、吉見亮

作品紹介

楽寿園でSPACの「特別パフォーマンス」
SPACがお送りする現代神楽パフォーマンス!日本最古の歴史書「古事記」の中に登場する「ヤマタノヲロチ退治」。スサノヲノミコトが八つの頭をもつ大蛇ヤマタノヲロチを退治した際、その尾から静岡にもゆかりのある「草薙の剣」が出てきたことでも知られています。この壮大な物語を、SPAC俳優たちが原始の祭りを思わせる楽器演奏と力強い節回しでお届けします。「大道芸ワールドカップ2013」や「ふじのくに野外芸術フェスタ2014」で好評を博してきた人気作、りりしい男ぶりのスサノヲノミコトが三島の街に降り立ちます!

公演情報

7月16日(土)、17日(日)、18日(月・祝) 
各日14:00

会場: 楽寿園 駅前口広場

会場_楽寿園_三島市

無料・予約不要
上演時間:20分