静岡から社会と芸術について考える合宿ワークショップ vol.5

 






【これまでの開催の様子】
・静岡から社会と芸術について考える合宿WS vol.1
「Think globally Act locally 世界と芸術と足元と」
・静岡から社会と芸術について考える合宿WS vol.2
「まちと劇場と祝祭と Dialogue & Act for future」
前編  後編
・静岡から社会と芸術について考える合宿WS vol.3
「フェスティバルと私→たち」
・静岡から社会と芸術について考える合宿ワークショップvol.4
「アートで民主主義をジブンゴトに変える」
レポート1  レポート2

◎ワークショップ・ファシリテーター
白川陽一(Keramago Works(ケラマーゴ・ワークス))
名古屋市青少年交流プラザ所属。NPO法人子ども&まちネットの職員であるとともに、対話と学びのファシリテーターを務める。個々の自立や社会参画を育むための、家でも職場でもない第三の居場所(サードプレイス)づくりがテーマ。各種ワークショップの企画、計画、運営(コーディネート)、進行などを行ったり、そのような場をつくりたい人のための相談役として活動する。「静岡から社会と芸術について考える合宿WS(SPAC主催)」ファシリテーター。

平松隆之(劇団うりんこ/うりんこ劇場制作部所属)
阪大1期ワークショップデザイナー。NPO法人芸術の広場ももなも理事。せんだい短編戯曲賞審査員。子ども,地域,演劇をキーワードに様々な活動を行う。主なプロデュース作品:2010/2012年『お伽草紙/戯曲』(原作=太宰治・戯曲=永山智行・演出=三浦基)、2011年『クリスマストイボックス』(作/演出=吉田小夏)、2014年『妥協点P』(作/演出=柴幸男)、2016年『めぐる、ぐるぐる』(作/演出=永山智行)など。

主催:SPAC ‐ 静岡県舞台芸術センター

「見て見ぬフリと見ているツモリ」

激動の時代と言われる21世紀。
その中でも今年は「イギリスEU離脱」「トランプ氏勝利」などが、何かこれまでとは違った「驚き(不気味さ)」を私達にもたらしました。
集合知がみんなを幸せをするのではなく、誰かにとって「驚き」となる事態。
みんなの声を集めたのに、誰の意見も代表しない事態。
これは一体なんなのでしょう・・・。

果たしてそれは対岸の火事、他山の石、なのでしょうか?
「見ているツモリ」で「見て見ぬフリ」をしていて良いのだろうか・・・?
今こそ、私たちは考えたい。その「驚き」の本質はなんなのかと。

その為に、今回は「みんなでひとつに!」・・・ではなく「みんなでひとり(個人)に」なってみたいと思います。
「黙して語らず」ではなく、立ち止まって考え、つぶさに観察し、そして対話する。
アートを通じて出会った人たちが対話の手法を用いて語り合います。

これからも続く激動の時代。一人一人はちっぽけですが、時代を生きるのは個人、動かすのも個人です。
ただその荒波にさらされるのではなく、時に避け、時に乗り、時にそれを利用することが出来れば・・・それが私たちの願いです。

いつも以上にちょっとガチ&かなりワクワクな3日間のワークショップ。 みなさん、一緒に語り合いましょう!!
(この3日間のプログラムは参加型ワークショップで構成されます。)

合宿WSホスト/白川陽一・平松隆之

開催日程:
2017年2月4日(土)~6日(月)

開催場所:
静岡芸術劇場(静岡市駿河区池田79-4 東静岡駅徒歩5分 グランシップ内)
舞台芸術公園(静岡市駿河区平沢100-1)

主なプログラム内容


2月4日(土) 12:45~20:30 (12:25受付開始)
 会場:静岡芸術劇場
1.合宿ワークショップ(WS)参加者紹介
2.シェイクスピアの『冬物語』観劇 (15:00開演)
3.アーティストトーク
4.シェイクスピアの『冬物語』観劇の感想をシェアする会(ワールド・カフェ)
鑑賞がより深い芸術体験となるように参加者同士で語り合います。
(『冬物語』関連企画の参加者と一緒に行います。)
 ※夕食休憩は20:30以降(カフェ・シンデレラでお弁当)となります。
 
◆◆2月5日(日) 9:30~22:00
 会場:舞台芸術公園 稽古場棟、食堂棟カチカチ山
1.WS1「見て見ぬフリと見ているツモリ」について考えるWS 其の壱
テーマについて、参加者同士の対話などを通して共有/深掘りしていきます。
 <昼食休憩>
2.WS2「見て見ぬフリと見ているツモリ」について考えるWS 其の弐
ペアインタビューや個人の内省を深める方法を活用しながら、実際に「見て見ぬフリと見ているツモリ」について考えます。
 <夕食休憩>
3.WS3オープン・スペース・テクノロジー(この指とまれ方式の対話の時間)
「見て見ぬフリと見ているツモリ」について自分が関心のあるテーマを出し、 出されたテーマごとにグループでじっくり語り合います。
※プログラム終了後、交流会を行います。(22:00~24:00/自由参加・参加費別途500~1,000円程度)
 
◆◆◆2月6日(月) 10:00~16:00
 会場:舞台芸術公園 稽古場棟、食堂棟カチカチ山
1.プロアクション・カフェ(発案者の「その気」が「やる気」になるための話し合いの時間)
1日目・2日目の体験を踏まえ、何かのアイデアを前進させたい人々と、それをサポートしたい人が相互に影響し合いながら、アイデアの実現に向けた第一歩を踏み出すための話し合いを行います。
 <昼食休憩>
2.ふりかえり

参加者募集要項

●定員:20名
●条件:3日間全てのプログラムに参加出来る方。18歳以上の方。
(高校生の方は、保護者の方の承諾が必要です。)
※部分的な参加を希望される方は申し込み時にその旨を記載し、ご相談ください。
●参加費:
[一般]宿泊あり 12,000円 / 宿泊なし 7,500円
[学生]宿泊あり 8,500円 / 宿泊なし 4,000円
※すべて『冬物語』観劇チケット代、ワールド・カフェ参加費を含みます。
※お弁当代別途。

 
=オプション=
●お弁当
ご希望の方には、1日目夕食~3日目昼食までをご用意いたします。
代金については参加者の方にご案内いたします。(一食800円程度)

=その他特記事項=
・参加費、お弁当代は当日の受付でお支払いください。
・ご宿泊は舞台芸術公園内の宿舎となります。
・記録用及び広報用にワークショップの様子を撮影(写真・映像)します。SPACや取材を受けた先のWEBサイト、SNS、チラシ等への掲載を予めご了承いただきますようお願いいたします。

《応募方法》
氏名、メールアドレス、電話番号、住所、年齢、性別、職業(所属)および普段の活動と、参加の動機を200~300字程度にまとめて下記サイトよりお申し込みください。(高校生の方は明記してください。保護者承諾書をお送りいたします。)

申込締切:12月25日(日)
※抽選結果は年内にお知らせ致します。SPAC担当者からの返信を持って受付完了となります。

お申し込みはこちら

打つも果てるも火花の命 ~中原中也の詩とメルヘン~

 

37fe307354142f51cc3dce058db3fe9b_s
 
中原中也
1907年4月29日山口県生まれ。日本の詩人、歌人、翻訳家。旧姓は柏村。300篇以上もの詩を残し、一部は、中也自身が編纂した詩集『山羊の歌』、『在りし日の歌』に収録されている。訳詩では『ランボオ詩集』を出版するなど、フランス人作家の翻訳もしている。病により1937年10月、鎌倉にて亡くなる。享年30歳。詩集『在りし日の歌』は、その翌年、友人小林秀雄によって出版された。
 
☆10/9(日)14:00開演の『東海道四谷怪談』とハシゴ観劇ができます!

SPAC 俳優発案企画 第二弾
 
 
出演:大高浩一、大道無門優也、寺内亜矢子
演奏:片岡佐知子
演出:牧山祐大

OHTAKA Kouichi
大高 浩一(出演)
 
DAIDOMUMON Yuya
大道無門 優也(出演)
 
TERAUCHI Ayako
寺内 亜矢子(出演)
 
KATAOKA_Sachiko
片岡 佐知子(演奏)
 
MAKIYAMA Yudai
牧山 祐大(演出)
 


*2016年度SPAC製作作品出演一覧はこちら

作品について

300篇以上の詩を残した夭折の天才詩人「中原中也」。
彼自身が編纂した詩集『山羊の歌』『在りし日の歌』から「火花」のような詩を選び、SPAC俳優が朗読します。

「初めて中原と会った当時、私は何もかも予感していた様な気がしてならぬ。(略)私は彼の情人に惚れ、三人の協力の下に(人間は憎しみ合ふ事によっても協力する)、奇怪な三角関係が出来上がり、やがて彼女と私は同棲した。この忌まわしい出来事が、私と中原との間を目茶々々にした。(略)中原の心の中には、深い悲しみがあって、それは彼自身の手にも余るものであったと私は思っている。」 小林秀雄『中原中也の思ひ出』より

秋の夜長に「中原中也」という「人間の残像」をご堪能ください。

公演情報

10月9日(日)
18:00開演

会場:静岡芸術劇場 (JR東静岡駅前グランシップ内)
   1階ロビー特設ステージ

入場料:無料 要予約

予約開始日:8月31日(水)

ご予約・お問い合わせ:SPACチケットセンター
054-202-3399 (受付時間:10:00〜18:00)

真夏の夜の夢

 

Flyer_front

【演出】
宮城聰
Satoshi Miyagi1959年東京生まれ。演出家。SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術総監督。東京大学で小田島雄志・渡辺守章・日高八郎各師から演劇論を学び、90年ク・ナウカ旗揚げ。国際的な公演活動を展開し、同時代的テキスト解釈とアジア演劇の身体技法や様式性を融合させた演出は国内外から高い評価を得ている。2007年4月SPAC芸術総監督に就任。自作の上演と並行して世界各地から現代社会を鋭く切り取った作品を次々と招聘、また、静岡の青少年に向けた新たな事業を展開し、「世界を見る窓」としての劇場づくりに力を注いでいる。14年7月アヴィニョン演劇祭から招聘されブルボン石切場にて『マハーバーラタ』を上演し絶賛された。その他の代表作に『王女メデイア』『ペール・ギュント』など。04年第3回朝日舞台芸術賞受賞。05年第2回アサヒビール芸術賞受賞。

 

『真夏の夜の夢』の、新聞紙をモチーフにした衣裳を展示しました!
【第4回富士山紙フェア】
【日時】 2016年10月22日(土)・23日(日) 10:00~16:00
【会場】 富士市産業交流展示場ふじさんめっせ
☆詳細はこちら
dsc_0073
☆『真夏の夜の夢』衣裳デザイン・駒井友美子ロングインタビュー
ユニークな衣裳が誕生するまでの創作秘話が満載!ぜひご一読ください。※インタビューは2014年当時のものです。


★好評の声続々!関連ツイートまとめ(2015年)→
2015年フェスティバル/トーキョー公演ページ→
2014年公演ページ→
2011年初演ページ→
2014年公演ブログ→
2011年初演ブログ→

◎2014年公演プロモーションビデオ


◎宮城聰が語る『真夏の夜の夢』(2014年当時)


★宮城聰演出SPAC作品 スライドショー

 
Flyer_back
 

ausp_5
*SPACレパートリー
 
 
▼写真スライドショー 

 
恋の媚薬(びやく)がまきおこす、
てんやわんやのお祭りさわぎ!

SPAC『真夏の夜の夢』の公演を観たことで、自分の中で新しい演劇の扉が開かれました。どこまでが虚で何が実なのかを楽しんで観られるようになり、虚構である舞台が観ている現実の自分に変化をもたらす体験にとても感動したのです。一人でも多くの方に味わって頂きたい、愉悦の祝祭体験です!
本広克行(映画監督)


演出:宮城 聰
作:ウィリアム・シェイクスピア 小田島雄志訳『夏の夜の夢』より
潤色:野田秀樹
音楽:棚川寛子

出演:
赤松直美、池田真紀子、泉 陽二、大高浩一、春日井一平、
加藤幸夫、河村若菜、木内琴子、貴島 豪、小長谷勝彦、
桜内結う、佐藤ゆず、鈴木真理子、大道無門優也、たきいみき、
武石守正、ながいさやこ、本多麻紀、牧山祐大、森山冬子、
吉見 亮、若宮羊市、渡邊清楓、渡辺敬彦

*写真をクリックすると動きます。

%e8%b5%a4%e6%9d%be
赤松直美
%e8%b5%a4%e6%9d%be
池田真紀子

泉 陽二

大高浩一

春日井一平

加藤幸夫

河村若菜

木内琴子

貴島 豪

小長谷勝彦
%e8%b5%a4%e6%9d%be
桜内結う

佐藤ゆず

鈴木真理子

大道無門優也

たきいみき

武石守正

ながいさやこ

本多麻紀

牧山祐大

森山冬子

吉見 亮

若宮羊市

渡邊清楓

渡辺敬彦
 
*スタッフはこちら

作品について

その恋、気のせい!?いいえ、木の精のしわざかも…
妖精、悪魔、人間が繰り広げる、SPAC「祝祭音楽劇」の真骨頂!

世界的に活躍する劇作家・演出家の野田秀樹が、シェイクスピアの恋物語を大胆に潤色。富士山麓の「知られざる森」を舞台に、原作には登場しない悪魔メフィストフェレスを忍び込ませ、見る者を夢と悪夢のはざまへと誘う。その巧みな言葉遊びに、宮城聰ならではの機智に富んだ演出と躍動感あふれる打楽器のリズムが絡み合い、幻想的な森の異世界が立ちあがる!2011年に初演、14年にはロングラン上演を成功させ、昨年秋「フェスティバル/トーキョー15」のオープニングを飾ったSPACの大ヒット作が、三たび、静岡芸術劇場に堂々登場!!

公演情報

2月25日(土) 14:00
 【東京バス/アーティストトーク/託児サービス】
3月5日(日) 14:00
 【はじめての演劇鑑賞講座/バックステージツアー/託児サービス】
3月11日(土) 15:00
 【静岡東部バス/バックステージツアー】
3月18日(土) 15:00
 【劇的婚活!】
3月19日(日) 14:00
 【アーティストトーク】
3月20日(月・祝) 14:00

※一般公演日の開演25分前よりプレトークあり。

会場:静岡芸術劇場(静岡県静岡市駿河区池田79-4 グランシップ内)

上演時間:2時間5分予定(途中休憩なし)

◎平日の中高生鑑賞事業公演あり。詳細はこちら
◎アーティストトーク、バックステージツアーなど関連企画あり!詳細はこちら
◎東京・静岡東部からの劇場往復バスあり!詳細はこちら
◎2月25日(木・祝)・3月5日(日)に、グランシップ託児サポーター(ボランティア)による無料託児サービスがあります。詳細はこちら

中高生鑑賞事業公演 「SPACeSHIPげきとも!」

SPACでは「劇場は世界を見る窓である」という理念のもと、静岡県内の中学生・高校生を対象に招待公演を行っています。一般のお客様もご観劇いただけます。


2月
24日(金)13:30、27日(月)13:30、28日(火)13:30
3月
1日(水)13:30、2日(木)13:30、3日(金)13:30、6日(月)13:30、8日(水)13:30、9日(木)13:30、10日(金)13:30、13日(月)13:30、14日(火)18:00

※鑑賞事業公演の一般販売は電話・窓口のみでのお取り扱いになります(限定数販売)。お問い合わせはSPACチケットセンターまで。
3月8日と9日は一般販売はございません。

関連企画

劇的婚活!
3月18日(土) 12:30~18:30(観劇含む)
劇場で婚活!ご観劇を恋の始まりに…。(定員:25~45歳の男女各15名)
参加費:5,000円
共催:静岡市
申込先:静岡市コールセンター TEL:054-200-4894(受付期間:2月1日(水)~)

アーティストトーク
2月25日(土)と3月19日(日)の終演後、演出家・宮城聰とゲストによるトークを開催します。
ゲストは決定次第、SPAC公式サイトでお知らせします。

はじめての演劇鑑賞講座はじめての演劇鑑賞講座
演劇初心者の方向けに、SPAC俳優・永井健二が見所を観劇前にレクチャーいたします。観劇が初めてでない方もご参加いただけます。
3月5日(日)12:30~13:30
参加無料/要予約 定員20名

バックステージツアーバックステージツアー
SPAC創作・技術部スタッフが舞台裏を特別にご案内!「あの仕掛けはどうなっているの?」など舞台の疑問にお答えします。
3月5日(日)・11日(土)終演後
所要時間:約30分
参加無料/要予約、定員40名

プレトーク
2Fカフェ・シンデレラでは、舞台をよりおもしろく観劇できるポイントをご紹介しています。(一般公演日の開演25分前より。)

カフェ・シンデレラで逢いましょう!カフェ・シンデレラで逢いましょう!
終演後は、出演者が舞台衣裳でお見送りに登場します!写真撮影や握手など俳優との交流をお楽しみください。

観劇バス

東京と静岡東部から静岡芸術劇場までの往復バスを運行いたします。
お帰りの便は、公演・トーク終了後に劇場前より出発します。

<東京バス>
2月25日(土)
[往路] 9:30渋谷発→13:00劇場着
乗車料:片道1,000円
*申込締切:2月20日(月)
申込先:名鉄観光サービス株式会社 静岡支店 TEL.054‐286-5681(平日9:00~18:00)

<静岡東部バス>
3月11日(土)
[往路] 11:20修善寺駅[南口]発→12:10三島駅[北口]発→12:40沼津駅[北口]発→14:00劇場着
乗車無料
*申込締切:3月9日(木)
申込先:SPACチケットセンター TEL.054‐202-3399(平日10:00~18:00)

劇場往復バスの詳細はこちら↓
劇場直行バス

チケット

◆SPACの会会員先行予約受付開始:10月1日(土)10:00
◆一般前売り開始:10月8日(土)10:00

◎チケット購入方法
SPACチケットセンター
●電話予約 054-202-3399 (受付時間:10:00〜18:00)
●窓口販売 静岡芸術劇場チケットカウンター (受付時間 10:00〜18:00)
※12月29日(木)~1月4日(水)は電話予約と窓口販売をお休みさせていただきます。
●ウェブ予約 http://spac.or.jp/ticket
●携帯電話予約 http://spac.or.jp/m/
●セブン‐イレブンでの販売 店内のマルチコピー機をご利用ください。
[当日券] 残席がある場合のみ、開演1時間前より劇場受付にて販売
※当日券販売の有無を、公演当日に必ずお電話もしくはTwitter(@_SPAC_)でお確かめください。

◎チケット料金 ※全てのチケット代金は税込価格です。

★『冬物語』とあわせてお得に楽しめるセット券
『冬・夏』セット券 一般:7,200円 (日付指定)
※電話・窓口にてお取り扱い。2作品のチケットを同時購入した場合のみ適用となります。


●一般: 4,100円
●ペア割引: 3,600円 (2名様で1枚につき)
●グループ割引: 3,200円 (3名様以上で1枚につき)
※10名様以上の場合は電話・窓口にてお取り扱い
●ゆうゆう割引: 3,400円 (満60歳以上の方)
※公演当日、受付にて身分証をご提示ください。
●学生割引: [大学生・専門学校生]2,000円 [高校生以下]1,000円
※公演当日、受付にて学生証をご提示ください。
●障がい者割引: 2,800円  [障害者手帳をお持ちの方]
※公演当日、受付にて障害者手帳をご提示ください。
※付添の方(1名様)は無料 ※電話・窓口のみのお取り扱い
※各種割引の併用はできません。
※乳幼児の会場へのご入場はご遠慮ください。

☆静岡県内の小学生ご招待(1公演5名様まで)

●SPACの会
一般: 3,400円  ペア割引: 3,200円 (2名様で1枚につき)
♪素敵な特典もたくさん!お得な会員になって秋→春のシーズンを楽しもう♪
bosyu_banner_s

[親子室] (先着3名様・要予約)
静岡芸術劇場では、乳幼児と一緒にご観劇いただける親子室がございます。
[託児サービス]
グランシップ託児サポーター(ボランティア)による無料託児サービスをご希望の方は、ご利用日の1週間前までにSPACチケットセンターへご連絡ください。
託児日 : 2月25日(土)・3月5日(日)
対象 : 2歳以上の未就学のお子様

スタッフ

舞台監督:内野彰子
舞台美術デザイン:深沢 襟
照明デザイン:岩品武顕 [(公財)埼玉県芸術文化振興財団]
衣裳デザイン:駒井友美子
演出補:中野真希
演出部:神谷俊貴、横田宇雄、市川一弥
美術助手:市川一弥
照明操作:神谷怜奈
照明:小早川洋也、板谷 航、加藤悦子
音響操作:原田 忍、清水 慧、澤田百希乃
ワードローブ:川合玲子
ヘアメイク:梶田キョウコ、高橋慶光
技術監督:村松厚志
英語字幕翻訳作成:エグリントンみか
英語字幕翻訳協力:アンドリュー・エグリントン
制作:尾形麻悠子、雪岡 純
宣伝写真:小濱晴美
宣伝美術:坂本陽一(mots)
撮影ヘアメイク:YUKI & RENA(La SUPREME 新静岡セノバ)

主催・製作:SPAC – 静岡県舞台芸術センター
協力:NODA・MAP
支援:平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
ふじのくに芸術祭共催事業
芸術回廊ロゴ
 
 

シェイクスピアの『冬物語』

 

Flyer_front

【演出】
宮城聰
Satoshi Miyagi1959年東京生まれ。演出家。SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術総監督。東京大学で小田島雄志・渡辺守章・日高八郎各師から演劇論を学び、90年ク・ナウカ旗揚げ。国際的な公演活動を展開し、同時代的テキスト解釈とアジア演劇の身体技法や様式性を融合させた演出は国内外から高い評価を得ている。2007年4月SPAC芸術総監督に就任。自作の上演と並行して世界各地から現代社会を鋭く切り取った作品を次々と招聘、また、静岡の青少年に向けた新たな事業を展開し、「世界を見る窓」としての劇場づくりに力を注いでいる。14年7月アヴィニョン演劇祭から招聘されブルボン石切場にて『マハーバーラタ』を上演し絶賛された。その他の代表作に『王女メデイア』『ペール・ギュント』など。04年第3回朝日舞台芸術賞受賞。05年第2回アサヒビール芸術賞受賞。

★宮城聰演出SPAC作品 スライドショー

 
Flyer_back

ausp_4
*SPAC新作
 
 
必ず春は来ます!

演出:宮城聰
作:ウィリアム・シェイクスピア
翻訳:松岡和子
音楽:棚川寛子

出演:
赤松直美、阿部一徳、泉陽二、大内米治、大高浩一、
木内琴子、貴島豪、小長谷勝彦、桜内結う、佐藤ゆず、
たきいみき、武石守正、ながいさやこ、布施安寿香、本多麻紀、
牧山祐大、美加理、山本実幸、横山央、吉植荘一郎、
吉見亮、若菜大輔


赤松直美

阿部一徳

泉陽二

大内米治

大高浩一

貴島豪

小長谷勝彦

桜内結う

佐藤ゆず

たきいみき

武石守正

ながいさやこ

布施安寿香

本多麻紀

牧山祐大

美加理

山本実幸

横山央

吉植荘一郎

吉見亮

若菜大輔
 
*スタッフはこちら

作品について

宮城聰が新たに挑むのは、シェイクスピア晩年のハチャメチャ悲喜劇。
絶望の日々にも、大いなる癒しは訪れる!

幸福なシチリア王は、ある日、美しい妃と親友のボヘミア王の様子に、突如として浮気を疑い始める。不条理なまでの嫉妬から妃を責め立てる王。それを見た王子はショック死し、妃も後を追うように息を引き取り…。大切な人を失いようやく過ちに気づいた王は、悲しみと後悔にあけくれる。しかし16年後、すべての苦悩が癒される奇跡の日が訪れた!奇想天外なストーリーは、天才劇作家が晩年に到達した人間愛に満ちあふれている。演出家・宮城聰の名を世に知らしめた、語り手と動き手による「二人一役」の手法で、この春、新たなSPACシェイクスピア・レパートリーが誕生する!

公演情報

1月21日(土) 15:00
 【東京バス/アーティストトーク】
1月22日(日) 14:00
 【浜松バス/はじめての演劇鑑賞講座/バックステージツアー】
1月29日(日) 14:00
 【バックステージツアー】
2月4日(土) 15:00
 【静岡東部バス/アーティストトーク/ワールド・カフェ】
2月5日(日) 14:00
 【はじめての演劇鑑賞講座/バックステージツアー/託児サービス】
2月11日(土) 15:00
 【バックステージツアー】
2月12日(日) 14:00
 【アーティストトーク/託児サービス】

※一般公演日の開演25分前よりプレトークあり。

会場:静岡芸術劇場(静岡県静岡市駿河区池田79-4 グランシップ内)

上演時間:未定

◎平日の中高生鑑賞事業公演あり。詳細はこちら
◎アーティストトーク、バックステージツアーなど関連企画あり!詳細はこちら
◎東京・浜松・静岡東部からの劇場往復バスあり!詳細はこちら
◎2月5日(日)・12日(日)に、グランシップ託児サポーター(ボランティア)による無料託児サービスがあります。詳細はこちら

中高生鑑賞事業公演 「SPACeSHIPげきとも!」

SPACでは「劇場は世界を見る窓である」という理念のもと、静岡県内の中学生・高校生を対象に招待公演を行っています。一般のお客様もご観劇いただけます。


1月
16日(月)14:00、17日(火)13:30、19日(木)13:30、20日(金)13:3013:00、24日(火)13:30、25日(水)13:30、26日(木)13:30、27日(金)10:00/14:30、30日(月)13:00、31日(火)13:30
2月
2日(木)13:30、3日(金)12:30、7日(火)13:30、8日(水)13:30、9日(木)10:30、10日(金)13:30

※鑑賞事業公演の一般販売は電話・窓口のみでのお取り扱いになります(限定数販売)。お問い合わせはSPACチケットセンターまで。
1月19日・26日・27日・2月9日は一般販売はございません。
1月20日(金)の開演時間は13:30から13:00に変更となりました。

関連企画

アーティストトーク
1月21日(土)・2月4日(土)・2月12日(日)の終演後、演出家・宮城聰とゲストによるトークを開催します。
ゲストは決定次第、SPAC公式サイトでお知らせします。

はじめての演劇鑑賞講座
演劇初心者の方向けに、本作の演出補・中野真希が見所を観劇前にレクチャーいたします。観劇が初めてでない方もご参加いただけます。
1月22日(日)・2月5日(日) 各日12:30~13:30
参加無料/要予約 定員20名

バックステージツアーバックステージツアー
SPAC創作・技術部スタッフが舞台裏を特別にご案内!「あの仕掛けはどうなっているの?」など舞台の疑問にお答えします。
1月22日(日)・29日(日)・2月5日(日)・11日(土)終演後
所要時間:約30分
参加無料/要予約、定員40名

ワールド・カフェ
2月4日(土)アーティストトーク終了後
参加者同士で感想をシェアしよう!
所要時間:2時間
参加費500円/要予約、定員40名

プレトーク
2Fカフェ・シンデレラでは、舞台をよりおもしろく観劇できるポイントをご紹介しています。(一般公演日の開演25分前より。)

カフェ・シンデレラで逢いましょう!カフェ・シンデレラで逢いましょう!
終演後は、出演者が舞台衣裳でお見送りに登場します!写真撮影や握手など俳優との交流をお楽しみください。

観劇バス

東京、浜松、静岡東部から静岡芸術劇場までの往復バスを運行いたします。
お帰りの便は、トーク・バックステージツアー終了後に劇場前より出発します。

<東京バス>
1月21日(土)
[往路] 10:30渋谷発→14:00劇場着
乗車料:片道1,000円
*申込締切:1月16日(月)
申込先:名鉄観光サービス株式会社 静岡支店 TEL.054‐286-5681(平日9:00~18:00)

<浜松バス>
1月22日(日)
[往路] 11:30浜松発→13:00劇場着
乗車無料
*申込締切:1月20日(金)
申込先:SPACチケットセンター TEL.054‐202-3399(平日10:00~18:00)

<静岡東部バス>
2月4日(土)
[往路] 11:20修善寺駅[南口]発→12:10三島駅[北口]発→12:40沼津駅[北口]発→14:00劇場着
乗車無料
*申込締切:2月2日(木)
申込先:SPACチケットセンター TEL.054‐202-3399(平日10:00~18:00)

劇場往復バスの詳細はこちら↓
劇場直行バス

チケット

◆SPACの会会員先行予約受付開始:10月1日(土)10:00
◆一般前売り開始:10月8日(土)10:00

◎チケット購入方法
SPACチケットセンター
●電話予約 054-202-3399 (受付時間:10:00〜18:00)
●窓口販売 静岡芸術劇場チケットカウンター (受付時間 10:00〜18:00)
※12月29日(木)~1月4日(水)は電話予約と窓口販売をお休みさせていただきます。
●ウェブ予約 http://spac.or.jp/ticket
●携帯電話予約 http://spac.or.jp/m/
●セブン‐イレブンでの販売 店内のマルチコピー機をご利用ください。
[当日券] 残席がある場合のみ、開演1時間前より劇場受付にて販売
※当日券販売の有無を、公演当日に必ずお電話もしくはTwitter(@_SPAC_)でお確かめください。

◎チケット料金 ※全てのチケット代金は税込価格です。

★『真夏の夜の夢』とあわせてお得に楽しめるセット券
『冬・夏』セット券 一般:7,200円 (日付指定)
※電話・窓口にてお取り扱い。2作品のチケットを同時購入した場合のみ適用となります。


●一般: 4,100円
●ペア割引: 3,600円 (2名様で1枚につき)
●グループ割引: 3,200円 (3名様以上で1枚につき)
※10名様以上の場合は電話・窓口にてお取り扱い
●ゆうゆう割引: 3,400円 (満60歳以上の方)
※公演当日、受付にて身分証をご提示ください。
●学生割引: [大学生・専門学校生]2,000円 [高校生以下]1,000円
※公演当日、受付にて学生証をご提示ください。
●障がい者割引: 2,800円  [障害者手帳をお持ちの方]
※公演当日、受付にて障害者手帳をご提示ください。
※付添の方(1名様)は無料 ※電話・窓口のみのお取り扱い
※各種割引の併用はできません。
※乳幼児の会場へのご入場はご遠慮ください。

☆静岡県内の小学生ご招待(1公演5名様まで)

●SPACの会
一般: 3,400円  ペア割引: 3,200円 (2名様で1枚につき)
♪素敵な特典もたくさん!お得な会員になって秋→春のシーズンを楽しもう♪
bosyu_banner_s

[親子室] (先着3名様・要予約)
静岡芸術劇場では、乳幼児と一緒にご観劇いただける親子室がございます。
[託児サービス]
グランシップ託児サポーター(ボランティア)による無料託児サービスをご希望の方は、ご利用日の1週間前までにSPACチケットセンターへご連絡ください。
託児日 : 2月5日(日)・12日(日)
対象 : 2歳以上の未就学のお子様

スタッフ

舞台監督:山田貴大
舞台美術デザイン:深沢襟
照明デザイン:大迫浩二
音響デザイン:加藤久直
衣裳デザイン:大岡舞
演出補:中野真希
演出部:降矢一美、守山真利恵
美術助手:佐藤洋輔
照明操作:小早川洋也
音響操作:山﨑智美
ワードローブ:清千草
ヘアメイク:梶田キョウコ、高橋慶光
技術監督:村松厚志
制作:大石多佳子、米山淳一、林由佳
宣伝写真:小濱晴美
宣伝美術:坂本陽一(mots)
撮影ヘアメイク:YUKI & RENA(La SUPREME 新静岡セノバ)

主催・製作:SPAC – 静岡県舞台芸術センター
支援:平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
ふじのくに芸術祭共催事業
芸術回廊ロゴ
 
 

サーカス物語

 

Flyer_front
 
【演出】
ユディ・タジュディン/Yudi Ahmad TAJUDIN
ⒸPaul Agusta

ⒸPaul Agusta

演出家。インドネシア屈指の芸術家集団「テアトル・ガラシ」(2013年豪プリンス・クラウス賞受賞)の創立者の一人で、芸術監督。現代オペラからジャワ伝統芸能まで幅広く手がけ、著名な芸術家との共同制作も多い。東南アジアの舞台芸術の発展に貢献するとともに、国際的な活動を通じて社会と芸術の関係を探り続けている。インドネシア文化省Art Award 2014を受賞。

 

『サーカス物語』の「おためし劇場」
 
2016年11月20日(日)13:30~15:00
会場:静岡芸術劇場
本番まぢかの稽古風景をご覧いただいたり、
演出家のトークをお聞きいただける
無料イベントです。
どうぞお気軽にお越しください!
*詳細はこちら

 
%e3%80%8e%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%82%b9%e7%89%a9%e8%aa%9e%e3%80%8f2016%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

Flyer_back
 
新キャストを迎え待望の再演!

●初演時のお客様からの感想コメント
 
不思議な世界が現実に結実していく。美しい美術と歌うSPACを楽しんで!

(男性/40代/警備業)

 
サーカスという虚構の世界が、本当の真実を見抜いている、という重層構造がおもしろかった。

(女性/40代/公務員)

 
<感想コメント映像その①>

<感想コメント映像その②>

●感想テキストはこちら→その①その②
 
お客様からの感想コメントの他、2013年初演時の様子はこちらでご覧いただけます。

ausp_3
 
エンデが描いた冒険と恋。希望を生みだすミュージカル!

▼プロモーション映像

 
演出: ユディ・タジュディン (俳優・スタッフ一同の構想に基づく)
作: ミヒャエル・エンデ
訳: 矢川澄子 (岩波書店刊『サーカス物語』より)

出演:
春日井一平、榊原有美、鈴木真理子、大道無門優也、舘野百代、
野口俊丞、布施安寿香、森山冬子、若宮羊市

kasugai
春日井一平
sakakibara
榊原有美
suzuki
鈴木真理子
daidou
大道無門優也
tateno
舘野百代
noguchi
野口俊丞
fuse
布施安寿香
moriyama
森山冬子
wakamiya
若宮羊市

 
*スタッフはこちら

作品について

 
“きたるべき世界はファンタジーからしか生まれない。”
名作『モモ』につづく、ピエロの「ジョジョ」の物語。

<あらすじ>
解散の危機にゆれるサーカス団に、巨大化学工場から“おいしい”話がもちかけられた。ただし、一座から少女エリを追い出すという条件付き…。現実を受け入れるか、大切なものを守るためにたたかうか――悩むピエロのジョジョや団員たち。けれど何も知らないエリはいつものようにお話をせがむ。ジョジョが語りはじめた恋と冒険の物語にはエリや団員たちも姿をかえて登場し、いつしか空想は現実を変える力を持ちはじめる。
文明のもたらす豊かさの影でこぼれ落ちていくものを見つめつづけたエンデ。その戯曲を、インドネシアの奇才ユディ・タジュディンが色彩豊かなミュージカルに仕立てあげた。新キャストを迎え待望の再演!

公演情報

12月3日(土)15:00
 【浜松バス/はじめての演劇鑑賞講座/アーティストトーク】
12月10日(土) 15:00
 【静岡東部バス/バックステージツアー/託児サービス】
12月18日(日) 14:00
 【バックステージツアー】
12月23日(金・祝) 15:00
 【★ファミリー観劇day!/アーティストトーク】

※一般公演日の開演25分前よりプレトークあり。
※上演時間:120分(予定)

会場:静岡芸術劇場(静岡県静岡市駿河区池田79-4 グランシップ内)

★12月23日はファミリー観劇day!
ファミリーペア割引:4,000円
一般・ゆうゆう(60歳以上)1枚+高校生以下1枚
※12月23日限定 ※電話・窓口にてお取り扱い

 
◎平日の中高生鑑賞事業公演あり。詳細はこちら
◎アーティストトーク、バックステージツアーなど関連企画あり!詳細はこちら
◎浜松・静岡東部からの劇場往復バスあり!詳細はこちら
◎12月10日(土)に、グランシップ託児サポーター(ボランティア)による無料託児サービスがあります。詳細はこちら

中高生鑑賞事業公演 「SPACeSHIPげきとも!」

SPACでは「劇場は世界を見る窓である」という理念のもと、静岡県内の中学生・高校生を対象に招待公演を行っています。一般のお客様もご観劇いただけます。
 
 
11月29日(火)10:30/14:30、30日(水)13:30
12月1日(木)13:30、2日(金)13:30、5日(月)13:30、9日(金)13:30、13日(火)13:30、14日(水)10:30/14:30、19日(月)13:30、21日(水)13:30

※鑑賞事業公演の一般販売は電話・窓口のみでのお取り扱いになります(限定数販売)。お問い合わせはSPACチケットセンターまで。
12月2日は一般販売はございません。

関連企画

アーティストトーク
終演後、演出家・出演者によるトークを開催します。
12月3日(土)
ユディ・タジュディン、宮城聰(SPAC芸術総監督)
12月23日(金・祝)
布施安寿香、若宮羊市

はじめての演劇鑑賞講座はじめての演劇鑑賞講座
演劇初心者の方向けに、SPAC俳優・永井健二が見所を観劇前にレクチャーいたします。観劇が初めてでない方もご参加いただけます。
12月3日(土)13:30~14:30
参加無料/要予約 定員20名

バックステージツアーバックステージツアー
SPAC創作・技術部スタッフが舞台裏を特別にご案内!「あの仕掛けはどうなっているの?」など舞台の疑問にお答えします。
12月10日(土)、18日(日)終演後
所要時間:約30分
参加無料/要予約、定員40名

プレトーク
2Fカフェ・シンデレラでは、舞台をよりおもしろく観劇できるポイントをご紹介しています。(一般公演日の開演25分前より。)

『サーカス物語』リーディング・カフェ
SPAC俳優による作品解説を聞きながら、お茶を片手に演劇の台本を声に出して読んでみる――。公演より一足先に『サーカス物語』の物語が味わえます。詳細はこちら

◆10/22(土)15:00~
 会場:noir/NOKTA <伊豆の国市中750-1>
 ナビゲーター:片岡佐知子
◆11/12(土)18:30~
 会場:ギャラリーカフェフラン <沼津市高島町3-4>
 ナビゲーター:片岡佐知子  
◆11/14(月)19:00 ~
 会場:いもやゐも蔵(富士の山ビエンナーレ) <富士宮市宮町3-4>
 ナビゲーター:永井健二
◆11/16(水)19:00 ~
 会場:よし川 <静岡市清水区蒲原3丁目5-18>
 ナビゲーター:片岡佐知子
◆11/20(日)16:00~
 会場:エタブル(混流温泉文化祭) <熱海市銀座町6-6 1F奥>
 ナビゲーター:奥野晃士
◆11/25(金)18:30~
 会場:池田の森アトリエ(協力:しろくまLaBO) <静岡市駿河区池田1271>
 ナビゲーター:奥野晃士

観劇バス

浜松と静岡東部から静岡芸術劇場までの往復バスを運行いたします。
お帰りの便は、トーク・バックステージツアー終了後に劇場前より出発します。

<浜松バス>
12月3日(土)
[往路] 12:30 浜松発 → 14:00 劇場着
乗車無料
*申込締切:12月1日(木)

<静岡東部バス>
12月10日(土)
[往路] 11:20 修善寺駅[南口]発→12:10三島駅[北口]発→12:40沼津駅[北口]発→14:00劇場着
乗車無料
*申込締切:12月8日(木)

申込先:SPACチケットセンター TEL.054‐202-3399(平日10:00~18:00)

劇場往復バスの詳細はこちら↓
劇場直行バス

チケット

◆SPACの会 会員先行予約開始:10月1日(土)10:00
◆一般前売り開始:10月8日(土)10:00

◎チケット購入方法
SPACチケットセンター
●電話予約 054-202-3399 (受付時間:10:00〜18:00)
●窓口販売 静岡芸術劇場チケットカウンター (受付時間 10:00〜18:00)
●ウェブ予約 http://spac.or.jp/ticket
●携帯電話予約 http://spac.or.jp/m/
●セブン‐イレブンでの販売 店内のマルチコピー機をご利用ください。
[当日券] 残席がある場合のみ、開演1時間前より劇場受付にて販売
※当日券販売の有無を、公演当日に必ずお電話もしくはTwitter(@_SPAC_)でお確かめください。

◎チケット料金 ※全てのチケット代金は税込価格です。
●一般: 4,100円
●ペア割引: 3,600円 (2名様で1枚につき)
●グループ割引: 3,200円 (3名様以上で1枚につき)
※10名様以上の場合は電話・窓口にてお取り扱い
●ゆうゆう割引: 3,400円 (満60歳以上の方)
※公演当日、受付にて身分証をご提示ください。
●学生割引: [大学生・専門学校生]2,000円 [高校生以下]1,000円
※公演当日、受付にて学生証をご提示ください。
●障がい者割引: 2,800円  [障害者手帳をお持ちの方]
※公演当日、受付にて障害者手帳をご提示ください。
※付添の方(1名様)は無料 ※電話・窓口のみのお取り扱い
※各種割引の併用はできません。
※乳幼児の会場へのご入場はご遠慮ください。

★12月23日はファミリー観劇day!
ファミリーペア割引:4,000円
一般・ゆうゆう(60歳以上)1枚+高校生以下1枚
※12月23日限定 ※電話・窓口にてお取り扱い

●SPACの会
一般: 3,400円  ペア割引: 3,200円 (2名様で1枚につき)
♪素敵な特典もたくさん!お得な会員になって秋→春のシーズンを楽しもう♪
bosyu_banner_s

[親子室] (先着3名様・要予約)
静岡芸術劇場では、乳幼児と一緒にご観劇いただける親子室がございます。
[託児サービス]
グランシップ託児サポーター(ボランティア)による無料託児サービスをご希望の方は、12月3日(土)までにSPACチケットセンターへご連絡ください。
託児日 : 12月10日(土)
対象 : 2歳以上の未就学のお子様

スタッフ

舞台監督:林 哲也
音楽:イェヌー・アリエンドラ
照明デザイン:イグナティアス・スギアルト
舞台美術デザイン:深沢 襟
衣裳デザイン:駒井友美子
演出部:市川一弥、横田宇雄、渡部宏規
音響:原田 忍
照明:神谷怜奈、小早川洋也、板谷 航
美術助手:佐藤洋輔、市川一弥
ワードローブ:高橋佳也子
技術監督:村松厚志
制作:中野三希子、塚本広俊、計見 葵
宣伝写真:小濱晴美
宣伝美術:坂本陽一(mots)
撮影ヘアメイク:YUKI & RENA(La SUPREME 新静岡セノバ)

主催・製作:SPAC – 静岡県舞台芸術センター
支援:平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
ふじのくに芸術祭共催事業
芸術回廊ロゴ


ミヒャエル・エンデ作・矢川澄子訳・岩波書店刊『サーカス物語』
Das Gauklermärchen by Michael Ende
Copyright © 1982 by Thienemanns Verlag GmbH, Stuttgart / Wien
Dramatization rights arranged by Vertriebsstelle und Verlag Deutscher Bühnenschriftsteller und Bühnenkomponisten GmbH, Norderstedt.

高き彼物

 

takaki_flyer_front
   
【演出】
古舘 寛治(ふるたち かんじ)
ⒸHarumi OBAMA

ⒸHarumi OBAMA

劇団青年団、劇団サンプル所属。ニューヨークのHBスタジオで演技を学び、帰国後は舞台を中心に活躍を続ける。近年は映像作品への出演も多く、静岡ではテレビCMで目にしない日はない。第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門にて審査員賞を受賞した『淵に立つ』(2016年、深田晃司監督)が、10月より全国公開される。

 

 
★たくさんの嬉しいご感想をいたいております!
『高き彼物』関連ツイートまとめ

http://togetter.com/li/1044917

 
takaki_flyer_back

↑鑑賞パンフレット(クリックするとご覧いただけます)

 
●11/13(日)アーティストトーク
ゲスト:深田晃司氏(映画監督)
古舘寛治(演出)、宮城聰(SPAC芸術総監督)

 

『高き彼物』の「おためし劇場」
 
2016年10月23日(日)13:30~15:00
会場:静岡芸術劇場
本番まぢかの稽古風景をご覧いただいたり、
演出家のトークをお聞きいただける
無料イベントです。
どうぞお気軽にお越しください!
*詳細はこちら

 

同日に開催される、「大道芸ワールドカップin静岡」に、スパカンファン・プロジェクト『ANGELS』が登場します。
 
パフォーマンス開演時間
◆11月3​日(木・祝)18:00
​◆11月5日(土)18:00
◆11月6日(日)12:45
 
会場:駿府城公園
料金:入場無料(投げ銭形式)

詳細
スパカンファン・プロジェクトとは

ausp_#2_j_logo
*SPAC新作

好評御礼!
SPAC芸術総監督・宮城聰が緊急コメント。今観て欲しい理由を語る! ▼

▼プロモーション映像


 
▼写真スライドショー




受けとめて、生きていく

演出:古舘寛治
作:マキノノゾミ
舞台美術デザイン:宮沢章夫

出演:
石倉来輝、武石守正、とみやまあゆみ、本多麻紀、吉植荘一郎、
若菜大輔、渡辺敬彦

石倉来輝
石倉来輝
武石守正
武石守正
とみやまあゆみ
とみやまあゆみ
本多麻紀
本多麻紀
吉植荘一郎
吉植荘一郎
若菜大輔
若菜大輔
渡辺敬彦
渡辺敬彦

 
*スタッフはこちら

作品について

 
青年団でもっとも暑苦しい男、古舘寛治がSPACで演出をするという。
暑苦しさを粘り強さにかえて、丁寧な舞台づくりを期待したい。
ガンバレ、フルタチ。

平田オリザ(劇作家・演出家・青年団主宰)

<あらすじ>
1978年夏、SLの汽笛が聞こえる静岡県川根町の雑貨屋。友人をバイク事故でなくして失意に沈む高校生・藤井秀一に対し、元高校教師の猪原正義は、時に熱く、時におおらかに、その心の傷を癒やそうとする。しかし、より良く生きたいと願う正義にも、人には言えない秘密があった……。笑い・涙・驚きの全てが詰まったマキノノゾミ珠玉の名作を、リアルな演劇とは何かを問い続けてきた俳優・古舘寛治が演出。他者、そして自身の多面性を受容していく普遍のドラマ。

公演情報

11月3日(木・祝) 14:00
 【東京バス/アーティストトーク/託児サービス】
11月5日(土) 14:00 *完売いたしました。
 【浜松バス/アーティストトーク】
11月13日(日) 16:00
 【はじめての演劇鑑賞講座/アーティストトーク】
11月19日(土) 14:00
 【バックステージツアー】
※一般公演日の開演25分前よりプレトークあり。

 *11月5日(土)は完売となりました。今後はキャンセル待ちとなります。

会場:静岡芸術劇場(静岡県静岡市駿河区池田79-4 グランシップ内)

上演時間:約3時間/休憩あり(予定)

◎平日の中高生鑑賞事業公演あり。詳細はこちら
◎アーティストトーク、バックステージツアーなど関連企画あり!詳細はこちら
◎東京・浜松からの劇場往復バスあり!詳細はこちら
◎11月3日(木・祝)に、グランシップ託児サポーター(ボランティア)による無料託児サービスがあります。詳細はこちら

中高生鑑賞事業公演 「SPACeSHIPげきとも!」

SPACでは「劇場は世界を見る窓である」という理念のもと、静岡県内の中学生・高校生を対象に招待公演を行っています。一般のお客様もご観劇いただけます。
◆静岡芸術劇場

※当初想定よりも上演時間が増加する見込みとなり、現在、休憩込み約3時間を予定しております。これに伴いまして、中高生鑑賞事業参加各校との協議を行った結果、以下の通りの変更を行うこととなりました。ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。
11月2日(水)13:3012:30、4日(金)18:00中止
7日(月)13:3013:15、8日(火)13:3012:30
10日(木)13:3011:45、11日(金)13:3013:10
14日(月)13:30、15日(火)18:0017:45
16日(水)13:30、17日(木)12:3011:30
18日(金)13:3012:00

※鑑賞事業公演の一般販売は電話・窓口のみでのお取り扱いになります(限定数販売)。お問い合わせはSPACチケットセンターまで。
※18(金)は追加公演となります。
11月8日と11日は一般販売はございません。

袋井市メロープラザ
11月24日(木) 13:3012:30  一般販売はございませんが、「袋井市民演劇鑑賞事業」がございます。

関連企画

アーティストトーク
終演後、演出家・古舘寛治とゲストによるトークを開催します。
11月3日(木・祝)
ゲスト:宮沢章夫(舞台美術デザイン)
11月5日(土)
ゲスト:小栗旬(俳優)
11月13日(日)
ゲスト:深田晃司(映画監督)

はじめての演劇鑑賞講座はじめての演劇鑑賞講座
演劇初心者の方向けに、SPAC俳優・永井健二が見所を観劇前にレクチャーいたします。観劇が初めてでない方もご参加いただけます。
11月13日(日)14:30~15:30
参加無料/要予約 定員20名

バックステージツアーバックステージツアー
SPAC創作・技術部スタッフが舞台裏を特別にご案内!「あの仕掛けはどうなっているの?」など舞台の疑問にお答えします。
11月19日(土)終演後
所要時間:約30分
参加無料/要予約、定員40名

プレトーク
2Fカフェ・シンデレラでは、舞台をよりおもしろく観劇できるポイントをご紹介しています。(一般公演日の開演25分前より。)

『高き彼物』リーディング・カフェ
SPAC俳優による作品解説を聞きながら、お茶を片手に演劇の台本を声に出して読んでみる――。公演より一足先に『高き彼物』の物語が味わえます。詳細はこちら

◆9/1(木) 13時30分~
 会場:小松楼 <湖西市新居町新居1190-3>
 ナビゲーター:奥野晃士
◆9/7(水) 19時~
 会場:マルヒラ呉服店 <静岡市葵区横田町8-13>
 ナビゲーター:奥野晃士
◆9/8(木) 19時~
 会場:うるおい+ <静岡市葵区紺屋町11-1浮月ビル5F>
 ナビゲーター:奥野晃士
◆9/17(土) 18時30分~
 会場:凛・百花春 <牧之原市静波1699-49多目的スペース>
 ナビゲーター:横山央
◆9/28(水) 19時~
 会場:エタブル <熱海市銀座町6-6 1F奥>
 ナビゲーター:奥野晃士
◆10/10(月・祝) 13時30分~
 会場:島田市博物館 <島田市河原2-16-5>
 ナビゲーター:横山央
◆10/13(木) 18:30~
 会場:みしまプラザホテル <三島市本町14-31>
 ナビゲーター:奥野晃士
◆10/21(金) 19:00~
 会場:朝日園茶房遊 <島田市川根町身成4693>
 ナビゲーター:奥野晃士

観劇バス

東京と浜松から静岡芸術劇場までの往復バスを運行いたします。
お帰りの便は、公演・トーク終了後に劇場前より出発します。

<東京バス>
11月3日(木・祝)
[往路] 9:30渋谷発→13:00劇場着
乗車料:片道1,000円
*申込締切:10月31日(月)
申込先:日本旅行 静岡支店 TEL.054‐254-8375(平日10:00~18:00)

<浜松バス>
11月5日(土)
[往路] 11:30浜松発→13:00劇場着
乗車無料
*申込締切:11月3日(木・祝)
申込先:SPACチケットセンター TEL.054‐202-3399(平日10:00~18:00)

劇場往復バスの詳細はこちら↓
劇場直行バス

チケット

◆SPACの会会員先行予約受付開始:7月31日(日)10:00
◆一般前売り開始:8月7日(日)10:00

◎チケット購入方法
SPACチケットセンター
●電話予約 054-202-3399 (受付時間:10:00〜18:00)
●窓口販売 静岡芸術劇場チケットカウンター (受付時間 10:00〜18:00)
●ウェブ予約 http://spac.or.jp/ticket
●携帯電話予約 http://spac.or.jp/m/
●セブン‐イレブンでの販売 店内のマルチコピー機をご利用ください。
[当日券] 残席がある場合のみ、開演1時間前より劇場受付にて販売
※当日券販売の有無を、公演当日に必ずお電話もしくはTwitter(@_SPAC_)でお確かめください。

◎チケット料金 ※全てのチケット代金は税込価格です。
●一般: 4,100円
●ペア割引: 3,600円 (2名様で1枚につき)
●グループ割引: 3,200円 (3名様以上で1枚につき)
※10名様以上の場合は電話・窓口にてお取り扱い
●ゆうゆう割引: 3,400円 (満60歳以上の方)
※公演当日、受付にて身分証をご提示ください。
●学生割引: [大学生・専門学校生]2,000円 [高校生以下]1,000円
※公演当日、受付にて学生証をご提示ください。
●障がい者割引: 2,800円  [障害者手帳をお持ちの方]
※公演当日、受付にて障害者手帳をご提示ください。
※付添の方(1名様)は無料 ※電話・窓口のみのお取り扱い
※各種割引の併用はできません。
※乳幼児の会場へのご入場はご遠慮ください。

●SPACの会
一般: 3,400円  ペア割引: 3,200円 (2名様で1枚につき)
♪素敵な特典もたくさん!お得な会員になって秋→春のシーズンを楽しもう♪
bosyu_banner_s

[親子室] (先着3名様・要予約)
静岡芸術劇場では、乳幼児と一緒にご観劇いただける親子室がございます。
[託児サービス]
グランシップ託児サポーター(ボランティア)による無料託児サービスをご希望の方は、10月27日(木)までにSPACチケットセンターへご連絡ください。
託児日 : 11月3日(木・祝)
対象 : 2歳以上の未就学のお子様

スタッフ

舞台監督:内野彰子
照明デザイン:大迫浩二
音響デザイン:加藤久直
衣裳デザイン:駒井友美子
演出助手:守山真利恵
演出部:神谷俊貴
美術:徳舛浩美、三輪香織 
照明操作:加藤悦子
音響操作:山崎智美
ワードローブ:川合玲子 
技術監督:村松厚志
制作:中尾栄治、雪岡 純、佐藤亮太
宣伝写真:小濱晴美
宣伝美術:坂本陽一(mots)
撮影ヘアメイク:YUKI & RENA(La SUPREME 新静岡セノバ)

主催・製作:SPAC – 静岡県舞台芸術センター
支援:平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
ふじのくに芸術祭共催事業
芸術回廊ロゴ
 
 

東海道四谷怪談

 

yotsuya_flyer_front
 
【演出】
中野 真希(なかの まさき)
ⒸHarumi OBAMA

ⒸHarumi OBAMA

1991年劇団「ク・ナウカ」に入団、俳優活動とともに新人公演の演出を手掛ける。2006年よりSPACに在籍し、『王女メデイア』、『マハーバーラタ』などに出演。宮城聰(SPAC芸術総監督)の演出補を務めながら、07年より中高生のための演劇学校「SPACシアタースクール」を主導。主な演出作に『モモ』、『巷談宵宮雨』など。


 

『東海道四谷怪談』の「おためし劇場」
 
2016年10月1日(土)13:30~15:00
会場:静岡芸術劇場
本番まぢかの稽古風景をご覧いただいたり、
演出家のトークをお聞きいただける
無料イベントです。
どうぞお気軽にお越しください!
*詳細はこちら

 
『四谷』ブログバナー
 
yotsuya_flyer_back

四谷鑑賞パンフ表紙

↑鑑賞パンフレット(クリックするとご覧いただけます)

ausp_#1_j_logo
*SPAC新作

▼プロモーション映像

 
▼写真スライドショー 




あんた、わしも見てくりゃれ

構成・演出:中野真希
原作:四代目鶴屋南北

出演:
木内琴子、泉 陽二
大石宣広、春日井一平、河村若菜、永井健二、ながいさやこ、
鈴木麻里改め坂東芙三次、若宮羊市、渡邊清楓

kiuchi
木内琴子
izumi
泉 陽二
oishi
大石宣広
kasugai
春日井一平
kawamura
河村若菜
nagai_k
永井健二
nagai_s
ながいさやこ
bando
鈴木麻里改め
坂東芙三次
wakamiya
若宮羊市
watanabe
渡邊清楓

 
*スタッフはこちら

作品について

 
復讐するは“女”にあり
江戸から平成にいたるまで愛され続ける「お岩さん」の怪談話
孤独の末路や如何に――

<あらすじ>
父に先立たれたお岩は、夫・伊右衛門(いえもん)ひとりを頼みとするが、出産してからはその夫からも冷たく当たられる毎日。孤立感をつのらせるお岩をよそに、伊右衛門は出世に目がくらみ、伊藤家の孫娘との再婚を決める。伊藤の企みにより毒薬を飲まされ顔がみにくく崩れたお岩は、夫の裏切りを知り…。家庭や社会の抑圧に苦悩するお岩の、忍従から復讐にいたる心のありようは、時代を問わず共感を生んできた。怖ろしくも切ない女の性(さが)にゾクリとする怪談話の傑作を、おかしみを込めて描く。

公演情報

10月8日(土) 14:00
 【静岡東部バス/はじめての演劇鑑賞講座/バックステージツアー】
10月9日(日) 14:00
 【はじめての演劇鑑賞講座/バックステージツアー】
10月10日(月・祝) 14:00
 【アーティストトーク/託児サービス】

※一般公演日の開演25分前よりプレトークあり。

会場:静岡芸術劇場(静岡県静岡市駿河区池田79-4 グランシップ内)

上演時間:1時間45分

◎平日の中高生鑑賞事業公演あり。詳細はこちら
◎アーティストトーク、バックステージツアーなど関連企画あり!詳細はこちら
◎静岡東部からの劇場往復バスあり!詳細はこちら
◎10月10日(月・祝)に、グランシップ託児サポーター(ボランティア)による無料託児サービスがあります。詳細はこちら

中高生鑑賞事業公演 「SPACeSHIPげきとも!」

SPACでは「劇場は世界を見る窓である」という理念のもと、静岡県内の中学生・高校生を対象に招待公演を行っています。一般のお客様もご観劇いただけます。
 
 
10月3日(月)13:30、4日(火)12:00、5日(水)18:00、6日(木)10:30、7日(金)13:30、12日(水)18:00

※鑑賞事業公演の一般販売は電話・窓口のみでのお取り扱いになります(限定数販売)。お問い合わせはSPACチケットセンターまで。
10月3日(月)は一般販売はございません。

※掛川市・浜松市での中高生鑑賞事業公演
7月20日(水)10:15、22日(金)10:00
 会場:掛川市文化会館シオーネ 大ホール
9月12日(月)13:30
 会場:静岡文化芸術大学 講堂

関連企画

アーティストトーク
10月10日(月・祝)終演後
演出家と出演者によるトークを開催します。
出演:中野真希、永井健二、坂東芙三次、宮城聰(SPAC芸術総監督)

はじめての演劇鑑賞講座
演劇初心者の方向けに、SPAC俳優・片岡佐知子が見所を観劇前にレクチャーいたします。観劇が初めてでない方もご参加いただけます。
一般公演日 各日12:30~13:30
参加無料/要予約 定員20名

バックステージツアーバックステージツアー
SPAC創作・技術部スタッフが舞台裏を特別にご案内!「あの仕掛けはどうなっているの?」など舞台の疑問にお答えします。
10月8日(土)・9日(日)終演後
所要時間:約30分
参加無料/要予約、定員40名

%e5%90%89%e6%a4%8dプレトーク
2Fカフェ・シンデレラでは、舞台をよりおもしろく観劇できるポイントをご紹介しています。(一般公演日の開演25分前より。)
●スピーカー:吉植荘一郎
 
 
 
 

『東海道四谷怪談』リーディング・カフェ
SPAC俳優・奥野晃士による作品解説を聞きながら、お茶を片手に演劇の台本を声に出して読んでみる――。公演より一足先に『東海道四谷怪談』の物語が味わえます。詳細はこちら

◆8月23日(火) 19時~
 会場:Lot.n(ロットン) <沼津市上土町10>
◆8月24日(水) 19時~
 会場:番町市民活動センター 中会議室 <静岡市葵区一番町50>
◆8月29日(月) 19時~
 会場:喫茶去 夢想庵 <静岡市駿河区丸子5163-1>
◆8月30日(火) 19時~
 会場:Milk crown cafe&bar <静岡市清水区真砂町3-15>

観劇バス

静岡東部から静岡芸術劇場までの往復バスを運行いたします。
お帰りの便は、公演・バックステージツアー終了後に劇場前より出発します。

<静岡東部バス>
10月8日(土)
[往路] 10:20修善寺駅[南口]発→11:10三島駅[北口]発→11:40沼津駅[北口]発→13:00劇場着
乗車無料
*申込締切:10月6日(木)
申込先:SPACチケットセンター TEL.054‐202-3399(平日10:00~18:00)

劇場往復バスの詳細はこちら↓
劇場直行バス

チケット

◆SPACの会会員先行予約受付開始:7月31日(日)10:00
◆一般前売り開始:8月7日(日)10:00

◎チケット購入方法
SPACチケットセンター
●電話予約 054-202-3399 (受付時間:10:00〜18:00)
●窓口販売 静岡芸術劇場チケットカウンター (受付時間 10:00〜18:00)
●ウェブ予約 http://spac.or.jp/ticket
●携帯電話予約 http://spac.or.jp/m/
●セブン‐イレブンでの販売 店内のマルチコピー機をご利用ください。
[当日券] 残席がある場合のみ、開演1時間前より劇場受付にて販売
※当日券販売の有無を、公演当日に必ずお電話もしくはTwitter(@_SPAC_)でお確かめください。

◎チケット料金 ※全てのチケット代金は税込価格です。
●一般: 4,100円
●ペア割引: 3,600円 (2名様で1枚につき)
●グループ割引: 3,200円 (3名様以上で1枚につき)
※10名様以上の場合は電話・窓口にてお取り扱い
●ゆうゆう割引: 3,400円 (満60歳以上の方)
※公演当日、受付にて身分証をご提示ください。
●学生割引: [大学生・専門学校生]2,000円 [高校生以下]1,000円
※公演当日、受付にて学生証をご提示ください。
●障がい者割引: 2,800円  [障害者手帳をお持ちの方]
※公演当日、受付にて障害者手帳をご提示ください。
※付添の方(1名様)は無料 ※電話・窓口のみのお取り扱い
※各種割引の併用はできません。
※乳幼児の会場へのご入場はご遠慮ください。

●SPACの会
一般: 3,400円  ペア割引: 3,200円 (2名様で1枚につき)
♪素敵な特典もたくさん!お得な会員になって秋→春のシーズンを楽しもう♪
bosyu_banner_s

[親子室] (先着3名様・要予約)
静岡芸術劇場では、乳幼児と一緒にご観劇いただける親子室がございます。
[託児サービス]
グランシップ託児サポーター(ボランティア)による無料託児サービスをご希望の方は、1週間前までにSPACチケットセンターへご連絡ください。
託児日 : 10月10日(月・祝)
対象 : 2歳以上の未就学のお子様

スタッフ

舞台監督:林 哲也
美術デザイン:深沢 襟
照明デザイン:樋口正幸
音響デザイン:山﨑智美
演出助手:降矢一美
演出部:横田宇雄
舞台美術助手:三輪香織、渡部宏規
照明操作:板谷航、加藤悦子
音響操作:清水慧、澤田百希乃
衣裳:高橋佳也子
技術監督:村松厚志
制作:髙林利衣、鶴野喬子、梶谷 智
宣伝写真:小濱晴美
宣伝美術:坂本陽一(mots)
撮影ヘアメイク:YUKI & RENA(La SUPREME 新静岡セノバ)

主催・製作:SPAC – 静岡県舞台芸術センター
支援:平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
ふじのくに芸術祭共催事業
芸術回廊ロゴ

SPAC 秋→春のシーズン 2016 – 2017

 

 
ausp_logo

 

 
ⒸOBAMA Harumi

ⒸOBAMA Harumi

宮城 聰 (SPAC芸術総監督)

 
スポーツを観戦するとき、何も知らずに観てもそれなりのおもしろさはありますが、そのスポーツにすこし詳しくなるといっそう楽しく観られるようになりますよね。
 芸術にもそういうところがあって、たとえば演劇を楽しむ上で、世界の演劇のことをすこし知っておくと、おもしろさも倍増します。
 ただ、美術や音楽とちがって、演劇にはそういう知識を得る場がありませんでした。
 そこでSPACでは、「秋→春シーズン」で上演するSPACの舞台を2〜3年観ていると、自然と世界の演劇のことがわかるようなプログラムを組んでいます。(こういう劇場は日本中で静岡にしかありません!)
 日本演劇の古典的名作と、現代の傑作。そして海外演劇の古典的名作と現代の傑作。
 これを観ることで「世界の中の日本」と「歴史の中の現在(いま)」がわかるプログラムです。
 お寿司もオムライスも、ローストビーフもアボカドのサラダも、どれもおいしい、のと似ていますね。
 まずは気になったものからご覧ください。

 
<シーズン総合チラシ/オモテ>
AUSP flyer front
<シーズン総合チラシ/ウラ>
AUSP flyer back

観るだけで、世界がちょっと広がる。
観たことが積みかさなって、面白さがどんどん増していく。
劇場はみんなの教室です。
演劇は難しい、と思っている方にもぜひ観ていただきたい5作品です。

 
2016年10月-2017年3月
 
#1 新作
東海道四谷怪談
 構成・演出:中野真希
 原作:四代目鶴屋南北
 出演:木内琴子、泉 陽二、
   大石宣広、春日井一平、河村若菜、永井健二、ながいさやこ、
   鈴木麻里改め坂東芙三次、若宮羊市、渡邊清楓

108日(土)・9日(日)・10日(月・祝)
詳細→
 
 
#2 新作
高き彼物(かのもの)
 演出:古舘寛治
 作:マキノノゾミ
 舞台美術デザイン:宮沢章夫
 出演:石倉来輝、武石守正、とみやまあゆみ、本多麻紀、
   吉植荘一郎、若菜大輔、渡辺敬彦

113日(木・祝)・5日(土)・13日(日)・19日(土)
詳細→
 
 
#3
サーカス物語
 演出:ユディ・タジュディン(俳優・スタッフ一同の構想に基づく)
 作:ミヒャエル・エンデ
 訳:矢川澄子(岩波書店刊『サーカス物語』より)
 出演:春日井一平、榊原有美、鈴木真理子、大道無門優也、
   舘野百代、野口俊丞、布施安寿香、森山冬子、若宮羊市

123日(土)・10日(土)・18日(日)・23日(金・祝)
詳細→
 
 
宮城聰×シェイクスピア2本立て!

#4 宮城聰 新作
シェイクスピアの冬物語
 演出:宮城聰
 作:ウィリアム・シェイクスピア
 音楽:棚川寛子
 出演:赤松直美、阿部一徳、泉陽二、大内米治、大高浩一、
   貴島豪、小長谷勝彦、桜内結う、佐藤ゆず、たきいみき、
   武石守正、ながいさやこ、布施安寿香、本多麻紀、牧山祐大、
   美加理、山本実幸、横山央、吉植荘一郎、吉見亮、若菜大輔

2017年
121日(土)・22日(日)・29日(日)・
24日(土)・5日(日)・11日(土)・12日(日)
詳細→
 
#5
真夏の夜の夢
 演出:宮城聰
 作:ウィリアム・シェイクスピア 小田島雄志訳『夏の夜の夢』より
 潤色:野田秀樹
 音楽:棚川寛子
 出演:赤松直美、池田真紀子、泉陽二、大高浩一、春日井一平、
   加藤幸夫、河村若菜、木内琴子、貴島豪、小長谷勝彦、
   桜内結う、佐藤ゆず、鈴木真理子、大道無門優也、たきいみき、
   武石守正、ながいさやこ、本多麻紀、牧山祐大、森山冬子、
   吉見亮、若宮羊市、渡邊清楓、渡辺敬彦

2017年
225日(土)・
35日(日)・11日(土)・18日(土)・19日(日)・20日(月・祝)
詳細→

チケット情報

◎発売日 ※公演ごとに発売開始日が異なります。

『東海道四谷怪談』
『高き彼物』
 SPACの会 会員先行予約開始: 7月31日(日)10:00
 一般 前売開始: 8月7日(日)10:00

『サーカス物語』
シェイクスピアの『冬物語』
『真夏の夜の夢』
 SPACの会会員先行予約受付開始: 10月1日(土)10:00
 一般 前売開始: 10月8日(土)10:00

◎チケット購入方法
SPACチケットセンター
●電話予約 054-202-3399 (受付時間:10:00〜18:00)
●窓口販売 静岡芸術劇場チケットカウンター (受付時間 10:00〜18:00)
●セブン‐イレブンでの販売 店内のマルチコピー機をご利用ください。
[当日券] 残席がある場合のみ、開演1時間前より各公演会場受付にて販売
※当日券販売の有無を、公演当日に必ずお電話もしくはTwitter(@_SPAC_)でお確かめください。

◎チケット料金 ※全てのチケット代金は税込価格です。
●一般: 4,100円
●ペア割引: 3,600円 (2名様で1枚につき)
●グループ割引: 3,200円 (3名様以上で1枚につき)
 ※10名様以上の場合は電話・窓口にてお取り扱い
●ゆうゆう割引: 3,400円 (満60歳以上の方)
 ※公演当日、受付にて身分証をご提示ください。
●学生割引: [大学生・専門学校生]2,000円 [高校生以下]1,000円
 ※公演当日、受付にて学生証をご提示ください。
●障がい者割引: 2,800円  [障害者手帳をお持ちの方]
 ※公演当日、受付にて障害者手帳をご提示ください。
 ※付添の方(1名様)は無料 ※電話・窓口のみのお取り扱い
※各種割引の併用はできません。
※乳幼児を連れてのご入場はご遠慮ください。

●SPACの会
一般: 3,400円  ペア割引: 3,200円 (2名様で1枚につき)
♪素敵な特典もたくさん!お得な会員になって秋→春のシーズンを楽しもう♪
bosyu_banner_s

 
[親子室] (先着3名様)
静岡芸術劇場では、乳幼児と一緒にご観劇いただける親子室がございます。
[託児サービス] (対象:2歳以上の未就学のお子様)
グランシップ託児サポーター(ボランティア)による無料託児サービス。公演ごとに託児日がございます。
※親子室、託児サービスの詳細は、SPACチケットセンターまでお問い合せください。

会員になってお得に観劇! 入会、好評受付中

<年間3回公演ご招待>
秋→春のシーズン中、静岡芸術劇場で上演される公演からお好きな3作品にご招待。
そのほか先行予約やチケット割引などの特典もございます。

<年会費>
個人会員/10,300円(税込)
ゆうゆう個人会員/9,300円(税込) ※お申し込み時満60歳以上の方が対象

<ご入会・お問い合せ>
SPACチケットセンター TEL. 054-202-3399

主催:SPAC‐静岡県舞台芸術センター
ふじのくに芸術祭共催事業
支援:平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
芸術回廊ロゴ