2016年2月13日

■入選■【觀〜すべてのものに捧げるおどり〜】魂の垢すりエステ 鈴木麻里さん

駆け回る獣をしとめたり泳ぎ回る魚を陸に引き上げたり木になっている実をもいだりして、食べていた頃、地球の表面をおそるおそる水平に撫でさすっていた頃も人類にはあった。農耕では地面へ垂直に刃を突き立て土がほぐれたところへ種を蒔く。地球との関係は一層、深くはげしい方へ進んでいる。 続きを読む »


■入選■【聖★腹話術学園】欲望と私 ――人形という存在から―― 須藤千尋さん

 この劇において、俳優のほとんどは、それぞれの腕に人形を携えて登場する。そして、それを操り、魂を与える。俳優―人形間では、一般的な腹話術師と人形の関係と同じように、支配―被支配という関係が成立している。しかし、この物語に登場する腹話術学園においては、それが逆転し、被支配―支配の関係、つまり、腹話術師が人形に支配されている。 続きを読む »


■入選■【例えば朝9時には誰がルーム51の角を 曲がってくるかを知っていたとする】西史夏さん

 小学校にあがるより前だったか、隣家のきょうだいと作った秘密基地が今も忘れられない。その家の門柱の隅にわずかな死角があって、段ボールで囲うと外からはまるで見えなくなった。基地の中ではひっそりと息を殺し、空想の世界に耽った。雨が降る度に段ボールは壊れてしまったから、面倒になっていつか遊ばなくなってしまったが。 続きを読む »


■入選■【ベイルートでゴドーを待ちながら】西史夏さん

 演劇が異なるもの同士の摩擦から生まれるものであるならば、『第七面』と名付けられたこの喜劇は、二人目の俳優が現れた時から始まるのかもしれない。
 暗闇に浮かび上がる浮浪者風の男が一人。ピースサインをして光の輪の中に立っている。 続きを読む »


■入選■【『メフィストと呼ばれた男』&『天使バビロンに来たる』】『天使バビロンに来たる』と『メフィストと呼ばれた男』を観ながら別の劇のことを想う 番場寛さん

 舞台中央に据えられたクッションの効いたいつもの座席ではなく、舞台横に臨時に置かれた椅子に観客がつかされるときから『メフィストと呼ばれた男』という劇はすでに始まっていた。
 歴史の波に飲み込まれてナチス政権下で演じる俳優たちの苦悩を描いたこの作品の設定では、客が一人も入っていない客席が必要だった。 続きを読む »


■入選■【ふたりの女 平成版 ふたりの面妖があなたに絡む】宮城聰のオルタナティブとしての『ふたりの女 平成版 ふたりの面妖があなたに絡む』 番場寛さん

驚いたのは冒頭の影絵に映った男女がロックに合わせてコンテンポラリーダンスを踊る姿やスケートボードに乗って失踪するコメディアン風の人物でカーレースを表したりするなど極めて現代風の演出から入っているにも拘わらず、宮城が、紛れもなく唐十郎の作品の魅力の本質的な部分を再現していたことだ。俳優の言葉は、語り手の無意識から言葉のシニフィアン(音声的特徴)を梃子にまるで自由連想のように紡ぎ出される。それは同事に流される甘ったるいメロドラマ風の音楽に助けられ、非論理的なのに観客の心に届く。シリアスな場面に幕間狂言のように突如現れ観客から「カラー」というかけ声を浴びる場面まで、宮城は自身が出演することで会場から爆笑を得ることで再現していた。 続きを読む »


■入選■【ふたりの女 平成版 ふたりの面妖があなたに絡む】横山也寸志さん

 久しぶりにアングラ演劇を観た気がする。70年代後半に大学生であった私にとって、演劇は唐十郎に代表される、アングラに他ならなかった。「ふたりの女」は舞台で見たことはなかったが、ラジオドラマで、「恋の鞘当て」(「六号室―源氏物語『葵』」)として、この作品の原型を聴いた。緑魔子のアンニュイなしゃべり口調が今でも耳に残っている。だから、今回の劇を見ていても最初は、それが邪魔をして、目の前の女優さんのセリフに入り込めなかった。しかし、場面が進むに従って、違和感がなくなり引き込まれていった。 続きを読む »


2016年2月10日

2014冬〜2015春の劇評塾

Filed under: 2015

2014冬〜2015春の劇評塾に投稿いただいた入選作・準入選作を公開します。

応募数は14作品、入選2作品、準入選9作品です。

(お名前をクリックすると投稿いただいた劇評に飛びます。)

『グスコーブドリの伝記』
(演出:宮城聰 SPAC)

■入選■ 大内理沙さん
■準入選■ 徒川ニナさん
■準入選■ 樫田那美紀さん
■準入選■ 小長谷建夫さん
■準入選■ 鈴木麻里さん
■準入選■ 髙橋顕吾さん
■準入選■ 平井清隆さん
■準入選■ 望月秋男さん

『ハムレット』
(演出:宮城聰 SPAC)

■入選■ 小長谷建夫さん
■準入選■ 源九郎さん
■準入選■ 深澤優子さん


■入選■【ハムレット】エネルギッシュに悩み迷うハムレット 小長谷建夫さん

Filed under: 2015

 世上、ハムレットは悩める青年の代名詞のように扱われてきた。今回の宮城ハムレットのポスターにしたって、「悩め、悩め、悩め」がキャッチコピーとなり、主演の武石の泥顔を飾っている。そういえば、徐々に顔を泥に固められていくハムレットは、狂気を装い自らを閉ざしていく精神の過程を現すのか。
 台詞と動作を二人に分け、人間の意識と行動の危うさを醸し出すことを得意とする宮城だ。ハムレットの悩みをどう捉えるのか。さらに演劇「ハムレット」のメタシアターとしての要素を思えば、劇中劇が進行する中、演技する武石と演技するハムレット、観劇して面白がる我ら観客とを宮城がどう輻輳させ困惑させてくれるかと、誰もがわくわくして劇場に足を運んだに違いない。 続きを読む »


■準入選■【ハムレット】今、なぜハムレットなのか? 源九郎さん

Filed under: 2015

 「ハムレット」の舞台を初めて見たのは、2001年蜷川幸雄演出・市村正親主演の公演だった。その時の印象が強烈だったので、他の人のハムレットを見る気がしなくて、ハムレットから遠退いていた。今回の「ハムレット」は、14年ぶりの観劇である。
 最初はどんなストーリーだったかもあやふやだった。しかし、見ているうちに、こういう内容だったのか?と新たな作品を見るような新鮮さがあった。そして、14年前には気づかなかったことに気付ける自分があった。 続きを読む »


3 / 1812345...10...最後 »