ジャン×Keitaの隊長退屈男

Array

ジャン×Keitaの隊長退屈男



ツーショット splendeur_201
【演出家プロフィール】
ジャン・ランベール=ヴィルド 
劇作家・演出家。1972年、アフリカ・アジア・ヨーロッパの文化が混在するレユニオン島(フランス海外県、マダガスカル島の東方)生まれ。その特異な風土で培われた詩的想像力と、舞台技術に関する豊富な知識に支えられた魔術的演出術が高く評価され、2007年にノルマンディー国立演劇センター「コメディ・ド・カーン」の芸術総監督に就任。

【俳優プロフィール】
三島景太 
水戸芸術館ACM劇場専属俳優を経て、創立時よりSPACに所属。鈴木忠志、宮城聰、今井朋彦、小野寺修二、原田一樹、イ・ユンテク、オマール・ポラス等様々な演出家の作品に出演。国内外70都市以上での公演経験を持つ。主な主演作品『ロビンソンとクルーソー』、『ドン・ファン』、『ドン・キホーテ』など。

ジャン×Keitaの隊長退屈男
ジャン×Keitaの隊長退屈男
 
公式ガイドブック電子書籍
312_96

不退転のニッポン男児!

フランスの演出家・ジャンがSPACの肉体派俳優・景太の演技に一目惚れ。
そして生まれた日仏合作。朽ちた櫓に浮かぶイワタニ隊長。
果てなき夢想の行く末は!?

みどころ

ジャン・ランベール=ヴィルドが俳優・三島景太に一目惚れ!
そして誕生、日仏合作夢芝居!

戦争によって、自尊心以外のすべてをはぎ取られた磐谷和泉(イワタニ・イズミ)隊長。この類稀なる主人公は、演出家ジャンの、軍人だった実在の大叔父がモデルだという。いつか日本人の俳優と本作に挑戦したいとの想いを現実にしたのは、SPAC俳優・三島景太との運命的な出会いだった。誇り高く強靭な肉体と、繊細な精神を併せ持つ魅力的な「ヒーロー」がここに誕生!

だから人生は素晴らしい!
泥と汗の中から再生する「仁」そして命の火を見よ!

一人のニッポン男児の不屈の精神を描きながら、詩人ジャンは、戦争の犠牲となった魂たちの救済をも試みる。「人は自分自身の物語を書かねばならない」と語る彼にとって、本作はまさしく彼自身の物語だ。国を誇り、家族を想い、美しい軍服を纏う磐谷隊長…。そこは砲弾飛び交う戦場か?追憶が生んだ妄想か?錯乱の中でも尊厳を棄てず、迫り来る死の恐怖さえも一喝する隊長の姿は、現在を生きる我々に何を伝えようとしているのか?

翻訳者より

「真に良質の字幕は観客に良かったという印象すら与えない」といいますが、美しい戯曲翻訳に欠かせないのも同様の奥ゆかしさかもしれません。ただし僕が翻訳家としてこの『隊長退屈男』に寄せる懸念はまた別次元……もはやセリフ自体が不要に感じられてしまうかも!櫓という文字通りの一人舞台を得て、ジャンから捧げられた夢幻の詩的言語と格闘しながら踊り、怒り、怯え、嗤(わら)う俳優・三島景太の孤高にして圧倒的な身体をとおして、兵となり前線を戦い抜いてなお一個の男へと還ることでしか死んでゆけなかった命の物語が描き出されます。
(平野暁人/翻訳家)

公演情報


4/26(土)15時  4/28(月)15時  
4/29(火・祝)15時30分
4/26(土)は予定枚数を終了いたしました。今後はキャンセル待ちにて承ります。(TEL. 054-202-3399)
◎開演25分前より、『ジャン×Keitaの隊長退屈男』をより深くお楽しみいただくために宮城聰ほかによるプレトークを行います。(会場:楕円堂内 富士見の間)
◎4月28日の終演後にジャン・ランベール=ヴィルド(演出)と宮城總(SPAC芸術総監督)によるアーティスト・トークを行います。

舞台芸術公園 屋内ホール「楕円堂」(全席自由)
※乳幼児を連れてのご入場はご遠慮ください。

上演時間:75分(予定)  日本語上演/英語字幕

ゴールデンウィーク期間中は交通機関などで混雑が予想されますのでご注意ください。

【お願い】舞台芸術公園へは無料チャーターバスをご利用ください。
☆無料チャーターバス運行予定
演劇祭期間中(GW)の日中は、日本平動物園周辺は大規模な渋滞が予想されます。自家用車・タクシーをご利用の場合は、開演に間に合わない恐れがございます。そのため、舞台芸術公園での公演にご来場の際は、無料チャーターバスをご利用ください。お車でお越しのお客様は、自家用車をグランシップ一般駐車場等に駐車のうえ、上記の無料チャーターバスに乗り換えていただくことをおすすめいたします。なお、交通渋滞による遅延のためのチケット代の払い戻しには対応できませんので予めご了承ください。

チケット

一般大人:4,100円/SPACの会会員割引:3,400円
☆ペア割引/グループ割引/ゆうゆう割引(満60歳以上対象)/学割など各種割引がございます。詳しくはこちら

スタッフ / キャスト

台本・演出: ジャン・ランベール=ヴィルド
出演: 三島景太(SPAC)
翻訳: 平野暁人
製作: ノルマンディー国立演劇センター[コメディ・ド・カーン]

共作: ジャン・ランベール=ヴィルド、三島景太(SPAC)、平野暁人

照明: ルノー・ラジエ
技術指揮: クレール・サガン
音響: クリストフ・ファリオン
演出助手: アリシア・カルソンティ
舞台美術: ジャン・ランベール=ヴィルド
衣裳: アニック・スレ
通訳・字幕操作: 平野暁人
制作: カトリーヌ・ルフーブル

SPAC スタッフ
舞台監督: 三津久
照明: 神谷怜奈
音響: 大塚翔太
衣裳: 畑ジェニファー友紀、清千草
舞台: 永野雅仁
制作: 高林利衣

技術監督: 村松厚志
照明統括: 樋口正幸
音響統括: 加藤久直

後援: 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
助成: アンスティチュ・フランセ/バッス=ノルマンディー地方パートナーシップ協定
4fd4656575b071db605cd6aa434c27721
rogo