古事記エピソード1 ヤマタノヲロチ!




宮城聰
Satoshi Miyagi1959年東京生まれ。演出家。SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術総監督。東京大学で小田島雄志・渡辺守章・日高八郎各師から演劇論を学び、90年ク・ナウカ旗揚げ。国際的な公演活動を展開し、同時代的テキスト解釈とアジア演劇の身体技法や様式性を融合させた演出は国内外から高い評価を得ている。2007年4月SPAC芸術総監督に就任。自作の上演と並行して世界各地から現代社会を鋭く切り取った作品を次々と招聘、また、静岡の青少年に向けた新たな事業を展開し、「世界を見る窓」としての劇場づくりに力を注いでいる。14年7月アヴィニョン演劇祭から招聘されブルボン石切場にて『マハーバーラタ』を上演し絶賛された。その他の代表作に『王女メデイア』『ペール・ギュント』など。04年第3回朝日舞台芸術賞受賞。05年第2回アサヒビール芸術賞受賞。


◆地図

Dragon with Eight Heads from KOJIKI

演劇/日本

演出: 宮城聰
出演:
赤松直美、阿部一徳、石井萠水、大内米治、大高浩一、
片岡佐知子、加藤幸夫、榊原有美、鈴木真理子、武石守正、
大道無門優也、舘野百代、本多麻紀、牧山祐大、美加理、
三島景太、山本実幸、吉見亮

作品紹介

楽寿園でSPACの「特別パフォーマンス」
SPACがお送りする現代神楽パフォーマンス!日本最古の歴史書「古事記」の中に登場する「ヤマタノヲロチ退治」。スサノヲノミコトが八つの頭をもつ大蛇ヤマタノヲロチを退治した際、その尾から静岡にもゆかりのある「草薙の剣」が出てきたことでも知られています。この壮大な物語を、SPAC俳優たちが原始の祭りを思わせる楽器演奏と力強い節回しでお届けします。「大道芸ワールドカップ2013」や「ふじのくに野外芸術フェスタ2014」で好評を博してきた人気作、りりしい男ぶりのスサノヲノミコトが三島の街に降り立ちます!

公演情報

7月16日(土)、17日(日)、18日(月・祝) 
各日14:00

会場: 楽寿園 駅前口広場

会場_楽寿園_三島市

無料・予約不要
上演時間:20分